防衛省 の検索結果: 62 件

2020年 美幌駐屯地で成人式


2020年 美幌駐屯地で成人式

関連記事

社会人、自衛官として成長誓う 2020/01/14掲載(美幌町/行事) 陸自美幌駐屯地で20人の成人を祝賀 / 陸上自衛隊美幌駐屯地の成人祝賀行事が10日、駐屯地で行われた。二十歳を迎えた隊員が先輩隊員らの祝福を受け、社会人や自衛官として成長を誓った。今年、成人を迎える美幌駐屯地の隊員は20人。祝賀行事には教育などで不在の隊員を除く14人が出席した。佐藤靖倫駐屯地司令は「今日からは大人として権利と義務を行使し、責任を負って歩むことになる。今まで以上に信頼される人物に成長し、自ら挑戦して」と式辞を述べた。先輩隊員や来賓と会食後、新成人隊員は「陸曹を目指して頑張る」「謙虚に頑張る」などそれぞれに一言ずつ抱負を述べた。代表して第6普通科連隊の男性が「感謝の気持ちを持ち、社会の一員として自覚を再認識し、自衛官としてさらに貢献できるよう精進する」とあいさつした。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

関連エントリ

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

自衛隊音楽隊ふれあいコンサート

自衛隊音楽隊ふれあいコンサート

関連記事

陸自第5音楽隊コンサートに400人 2020/01/27掲載(美幌町/行事) 息の合った演奏に喝采 / 陸上自衛隊第5音楽隊(帯広)による「ふれあいコンサートinびほろ」が21日、美幌町民会館びほーるで開かれ、町民ら約400人が演奏を楽しんだ。主催は陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会。第5音楽隊が美幌でコンサートを開くのは2016(平成28)年9月以来3年4カ月ぶり。団員36人がマーチ「ブルースカイ」、「スラヴ行進曲」、ボサノバ「イパネマの娘」などクラシック、ポップスまで幅広い曲を披露。聴衆は息の合った演奏に聴き入り、1曲ごとに惜しみない拍手を送っていた。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

陸自第5音楽隊ふれあいコンサート 2020/01/10掲載(美幌町/告知)美幌町民会館びほーるで 14日に入場整理券を配布 / 1月21日 / 陸上自衛隊第5旅団第5音楽隊のふれあいコンサートが、21日(火)午後6時半から美幌町民会館びほーるで開かれる。入場無料だが整理券が必要。整理券は14日(火)午前9~11時にマナビティーセンターで配布する。第5音楽隊は帯広を拠点に、主に道東地域で活動。隊員の士気高揚などをはじめ、スポーツや祭りなどのイベント、国家的行事で演奏をしている。コンサートは陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会が主催。入場整理券は先着順で、1人2枚まで。問い合わせは美幌町駐屯地対策担当(0152・73・1111内線219)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

自衛隊音楽隊「ふれあいコンサート」開催 / 陸上自衛隊第5旅団第5音楽隊による演奏会を開催します。第5音楽隊は帯広を中心に、隊員の士気高揚、儀式及び広報のための音楽演奏を主な任務としており、演奏技術も高く評価されています。みなさまのご来場をお待ちしております。 日時 令和2年1月21日(火) 開場:午後6時 開演:午後6時30分 場所 美幌町民会館「びほーる」 入場料 無料ですが、入場整理券が必要です。下記のとおりお求めください。〇配布日時:令和2年1月14日(火) 〇配布場所:美幌町マナビティーセンター 1階会議室(美幌町字稲美137番地1) ※整理券は先着順で、お一人様2枚までとします。なくなり次第、終了とさせていただきます。 主催 陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会 問い合わせ 総務グループ 駐屯地担当 電話 73-1111(内線219) (自衛隊音楽隊「ふれあいコンサート」開催 – 美幌町のホームページ)

音楽隊(おんがくたい)は、諸外国の軍楽隊に相当する陸上自衛隊の部隊である。陸上自衛隊の職種の一つである「音楽科」(おんがくか、英: Band)の隊員で編成され、音楽演奏を主な任務とする。同様に海上自衛隊と航空自衛隊にも、それぞれ音楽隊が編成されている。 (音楽隊 (陸上自衛隊) – Wikipedia)

関連サイト

部外演奏支援 陸上自衛隊第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

第5音楽隊 陸上自衛隊第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

関連エントリ

自衛隊音楽隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令 佐藤靖倫

陸上自衛隊第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令 佐藤靖倫

関連記事

新任ですよろしく 2019/12/16掲載(美幌町/社会)陸上自衛隊美幌駐屯地司令 佐藤靖倫さん(48) / 強じんな部隊 錬成を / 12月1日付で陸上自衛隊第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令に着任した佐藤靖倫(やすみち)さん(48)。「あらゆる任務に対応する強じんな部隊を錬成したい」と抱負を述べる。青森県出身で防衛大学校卒。1994(平成6)年の第5普通科連隊(青森)を振り出しに、統合幕僚監部(市ヶ谷)、中部方面総監部(伊丹)などに勤務した。東チモール国際平和協力隊や米国実動訓練に参加し、東日本大震災、熊本地震でも現地に勤務した経験をもつ。道内の勤務は倶知安、真駒内に続き3カ所目で、道東は初めて。「非常に寒いが〝熱い〟方ばかり。地域との連携が確立されていることは任務を遂行するにもありがたく、維持したい」災害に関しては「自治体と防災訓練を行い、迅速に対応したい。北海道では昨年、大規模停電があったので、想定外と言われないよう協力したい」と語る。趣味は走ること。何度もフルマラソンを完走しており「機会があればこちらでも出場したい」。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

第6普通科連隊(だいろくふつうかれんたい、JGSDF 6th Infantry Regiment(Light))は、北海道網走郡美幌町の美幌駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第5旅団隷下の普通科連隊(軽)である。警備隊区は北見市、網走市、網走郡の2市8町である。 (第6普通科連隊 – Wikipedia)

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 (美幌駐屯地 – Wikipedia)

関連サイト

【第6普通科連隊】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

関連エントリ

第6普通科連隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国立療養所美幌病院について (北海道美幌町)

国立療養所美幌病院について (北海道美幌町)

1947年(昭和22年) 国立療養所美幌病院の開設。建物は、日本海軍・美幌海軍航空隊の建物。この年は、美幌音楽人 加藤雅夫が誕生。

1972年(昭和47年) 国立療養所美幌病院で慰問演奏会開催。小林啓一郎指揮 クシロマンドリンクラブ(北海道釧路市)。美幌ギター愛好会(美幌マンドリンクラブ、美幌ギター・マンドリン協会、オホーツクマンドリンアンサンブル)。美幌音楽人 加藤雅夫(25歳)。慰問コンサート終了後の1か月後に風邪をこじらせて国立療養所美幌病院の一般病棟に入院。入院患者たちは「あなた、この間、慰問演奏に来た人ですね、今度は入院しに来たの? ギターを持ってきたの?」私は「はい、ギター・マンドリンを持ってきました」。

国立療養所美幌病院には15年・20年の長期の入院患者たちがいました。国立療養所美幌病院附属の看護学校・准看護学校があり数十人の学生がいました。学生たちは、美幌高等学校定時制に通っていました。毎日、皆さんのためにギターを演奏しました。学生たちは、退院後にギター・マンドリンを習いに来てくれました。

関連記事

国立病院・国立療養所の一覧 ウィキメディアの一覧記事 / 日本の国立病院・国立療養所の一覧(こくりつびょういん・こくりつりょうようじょのいちらん)を下に示す。 北海道 / 国立療養所美幌病院(美幌町)2005年3月1日、経営移譲し美幌療育病院が開院した。 (国立病院・国立療養所の一覧 – Wikipedia)

国立療養所 ウィキメディアの曖昧さ回避ページ / 国立療養所(こくりつりょうようしょ)は、第二次世界大戦後に設置された長期入院患者向けの国立医療施設である。 1945年、50傷痍軍人療養所(結核36・精神3・脊髄1・温泉10)が厚生省に所管替えとなり、1947年には95結核療養所が日本医療団から厚生省に移管されて、国立療養所の体系が形成された。厚生省(のち厚生労働省)の附属機関(のち施設等機関)に位置づけられ、医療の専門化高度化に伴い整備・再編が進められた。2004年、独立行政法人化により多くが国立病院機構に改編された。 (国立療養所 – Wikipedia)

関連サイト

施設案内(病院の概要) – 美幌療育病院のホームページ

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

関連エントリ

国立療養所美幌病院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

200px-Go-shichi_no_kiri_crest.svg

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

関連記事

防衛白書(ぼうえいはくしょ)は、日本の防衛省(旧防衛庁)が毎年刊行している白書である。防衛政策の基本理念について日本国民の理解を求めるために作成されている。2003年(平成15年)からは『日本の防衛』というタイトルが付されている。 概要 / 防衛省の防衛政策や、近隣諸国への認識を理解できる一次資料である。1970年(昭和45年)10月に第1回が発行され、1976年(昭和51年)の第2回以降毎年発行されている。 日本の防衛の根幹となる日米関係、近隣諸国(主に韓国、北朝鮮、中国、ロシア)などの軍事動向、自衛隊海外派遣など自衛隊の国内外の活動や隊員の声を記載したコラム、防衛政策の提言などを主に行っている。 特に近年では北朝鮮の動向を注視しており、テポドン(弾道ミサイル)の発射などを強く非難している。また、中国に対しても軍事費などに関しての透明性を求めている。 なお、1970年(昭和45年)及び1976年(昭和51年)以降に刊行された白書は防衛省のウェブサイトでも公開されている。ただし、著作権上の理由から、通信社・新聞社提供の写真は、書籍のみの掲載となっている。 (防衛白書 – Wikipedia)

関連動画

平成30年版防衛白書概要説明動画 – YouTube

防衛省・自衛隊 : 防衛省動画チャンネル

関連サイト

平成30年版防衛白書 | 平成30年版防衛白書の発刊に寄せて – 防衛省・自衛隊のホームページ

防衛省・自衛隊 | 平成30年版防衛白書

防衛省・自衛隊 | 防衛白書

関連エントリ

防衛白書 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

防衛省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自衛隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2007年(平成19年)1月9日 日本の防衛省が発足

Great_Wave_off_Kanagawa2.jpg

2007年(平成19年)1月9日 日本の防衛省が発足

関連記事

1月9日 歴史 / 2007年 防衛庁が防衛省に昇格。 (1月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

1月9日 できごと / 2007年 – 日本の防衛庁が省に昇格して防衛省が発足。 (1月9日 – Wikipedia)

防衛省(ぼうえいしょう、英語: Ministry of Defense、略称:MOD)は、日本の中央省庁の一つである。 「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の規定に基づくアメリカ合衆国政府の責務の日本国内における遂行に伴う事務で他の行政機関の所掌に属しないものを適切に行うこと」を任務とする。 日本では防衛省だが、英語での名称は他国の国防省と同じである。 (防衛省 – Wikipedia)

関連サイト

防衛省・自衛隊ホームページ

関連エントリ

防衛省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊の即応機動連隊について

187px-JGSDF_5th_Brigade_svg.jpg

beebo1_2.jpg

陸上自衛隊の即応機動連隊について

関連記事

即応機動連隊を美幌に 美幌駐屯部隊充実整備期成会 / 美幌町内の自衛隊関係団体でつくる、陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会(会長・土谷耕治町長)の総会がこのほど、しゃきっとプラザで開かれた。国が新たな中期防衛力整備計画(2019~23年度)の策定を進める中で、美幌に駐屯する第6普通科連隊の即応機動連隊への改編・増強に向け、陳情を強化する方向性を確認し、事業計画を決めた。陳情前倒しし強化 / 13年度に策定された防衛計画の大綱で、抑止力と対処力を高めるため「統合機動防衛力の構築」が盛り込まれた。これを受け、新たな計画では第6普通科連隊が属する第5旅団が機動旅団に改編され、旅団内の美幌、帯広、釧路の普通科連隊のうちいずれかが即応機動連隊に改編されることが見込まれる。即応機動連隊は普通科中隊に機動戦闘車隊などを加え、機動力を高めた部隊。重迫中隊、火力支援中隊なども加えられるという。美幌駐屯地の隊員数は現在約700人とされるが、即応機動連隊は100人多い800人規模の編成が予想される。期成会はこの改編を実現させるため、本年度は陳情活動を国の新年度予算の概算が固まる8月以前に前倒しして集中的に計画。すでに行った4月を含め、7月下旬までに防衛省、国会議員などに対し計6回の陳情を盛り込んだ。期成会の陳情活動に加え、隊区内2市8町でつくる美幌地方自衛隊協力会の訪問活動も実現を図るとしている。土谷町長は総会のあいさつで「ぜひとも即応機動連隊を美幌に配置していただきたいという思いで、陳情をしていかなければならない」と決意を述べた。(浩)(2018年430日の記事 経済の伝書鳩

即応機動連隊への改編要請へ 美幌地方自衛隊協力会も / 第6普通科連隊を…総会で方向性と事業計画 / 美幌地方自衛隊協力会(会長・土谷耕治美幌町長)の総会がこのほど、美幌駐屯地で開かれた。30年度事業計画を決めたほか、美幌に駐屯する第6普通科連隊を即応機動連隊に改編し、増員を図るよう防衛省などに要請する方向性を承認した。協力会は陸上自衛隊美幌駐屯地の隊区内2市8町などで組織。第5旅団が機動旅団、旅団内にある美幌、帯広、釧路の普通科連隊のいずれかが即応機動連隊にそれぞれ改編されると見込まれることから、協力会として強く訴える。7月下旬にオホーツク圏活性化期成会が行う夏季要望に合わせて防衛省などを訪問するよう調整する。美幌町内では、関係機関でつくる陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会(会長・土谷耕治町長)がすでに陳情活動を開始。協力会が加わることでより強力に改編を訴えていくことになる。事業計画では、駐屯地と2市8町が結ぶ協定に基づく災害対処研修会や7月16日の駐屯地創立67周年記念式典での祝賀会食の開催などを決めた。(浩)(2018年5月12日の記事 経済の伝書鳩

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

即応機動連隊(そくおうきどうれんたい、英称:Rapid Deployment Regiment)とは、平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(25大綱)によって示された統合機動防衛力の一翼を担うべく、陸上自衛隊に新編される連隊の一種。この連隊は新たに編制される「機動師団・機動旅団」の隷下部隊として平成29年度末(2018年3月27日)から編成を開始した。従来、連隊は単一の職種で構成される最大の単位であったが、即応機動連隊は16式機動戦闘車を初めとする装輪装甲車などにより機動力と被輸送性を高めた諸職種部隊でパッケージ化されたものとなる。有事の際などに必要に応じて諸職種部隊となる普通科戦闘団とは異なり、平時より諸職種部隊で編成されている。概要 / 新たに示された統合機動防衛力を実現すべく中期防衛力整備計画(26中期防)が策定、陸上自衛隊は15個ある師団・旅団の内、約半数に当たる7個を機動師団・機動旅団に改編して新ドクトリンが目指す機動運用能力を獲得させる方針を取る。この方針の下で即応機動連隊は機動師団・機動旅団の中核を担う隷下部隊として各種事態に即応すべく、航空機輸送に適した装備を重点的に導入する予定である。主たる装備品として機動戦闘車、重迫撃砲などを配備し、軽装備の普通科部隊からなる先遣部隊はヘリコプター輸送により展開、引き続いて装甲車を含む一次展開部隊が航空機輸送により事態発生地点を抑える運用が取られる。機動手段としてはヘリコプターや輸送機のみならず、海上輸送も考慮されている。即応機動連隊は約800人規模で成るとされ、部隊主力は30トンの貨物を積載できるC-2輸送機で機動して各種事態の対処にあたる。(即応機動連隊 – Wikipedia

関連サイト

美幌駐屯地 生活情報 | 曹友連合会

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

陸上自衛隊:美幌駐屯地 – 防衛省

関連エントリ

陸上自衛隊美幌駐屯地の創立62周年記念行事 – 美幌音楽人 加藤雅夫

陸上自衛隊 美幌駐屯地 第6普通科連隊 (北海道 美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

公益社団法人隊友会 美幌支部(北海道) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

JGSDF Camp Bihoro の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

即応機動連隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Rapid Deployment Regiment の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊 美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式について

bi_bo.jpg

陸上自衛隊 美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式について

関連記事

候補生21人が美幌で入隊式 立派な自衛官に / 陸上自衛隊美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式が8日、駐屯地で行われた。駐屯地で3カ月間の前期教育に臨む21人が、一人前の自衛官になるためのスタートを切った。式では21人を代表して津別町出身の男性(19)が「自衛官として必要な知識、技能の修得に励むことを誓う」と宣誓。司令が式辞で「目の前のことに全力を」「同期との絆を大切に」の2点を要望し「国民の負託に応えられるたくましい陸上自衛官に成長を遂げ、第一歩を踏み出される日を楽しみにしている」と激励した。式後は祝賀会食が行われた。(浩)(2018年4月12日の記事 経済の伝書鳩

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

関連サイト

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

陸上自衛隊:美幌駐屯地 – 防衛省

関連エントリ

自衛官候補生入隊式 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の美幌駐屯地で冬季戦技競技会

GXKG_Poster.jpg

187px-JGSDF_5th_Brigade_svg.jpg

beebo1_2.jpg

北海道の美幌駐屯地で冬季戦技競技会

関連記事

5年ぶりに冬季戦技競技会 美幌駐屯地隊員340人がスキーで競う
陸上自衛隊美幌駐屯地第6普通科連隊の冬季戦技競技会が7日と8日の2日間、駐屯地で開かれ、4つの中隊合わせて約340人がクロカンスキー競技に挑んだ。隊員達は冬場の基礎体力と冬季戦技能力向上のため、重点的にスキーに取り組んでいる。競技会は5年ぶりで、各隊員が約6キロの駐屯地内のコースを1周し、中隊全員の平均タイムで順位を競った。隊員は小銃、水筒など約6キロの装備品を身に着け、32人ずつが10分おきにスタート。「スキー山」と呼ばれる小高い丘では白い息を吐きながら、懸命にスキーを滑らせた。(浩)(2018年2月12日の記事 経済の伝書鳩

第6普通科連隊(だいろくふつうかれんたい、JGSDF 6th Infantry Regiment(Light))は、北海道網走郡美幌町の美幌駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第5旅団隷下の普通科連隊(軽)である。(第6普通科連隊 – Wikipedia

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

関連サイト

【第6普通科連隊】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

関連エントリ

第6普通科連隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

安倍総理のメッセージ (2014年 11月4日)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

首相官邸からの 新着情報メールです。 日本や世界各地の皆様にお知らせします。
New information mail of the Prime Minister’s Office. to everyone around the world and Japan.

安倍総理のメッセージ (2014年 11月4日)
Prime Minister Abe of the message (November 4, 2014)

安倍総理のメッセージ (2014年 11月4日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る