旅愁 の検索結果: 9 件

アメリカ合衆国の楽曲、日本の翻訳唱歌 旅愁 (唱歌)

アメリカ合衆国の楽曲、日本の翻訳唱歌 旅愁 (唱歌)

関連記事

旅愁(りょしゅう)は日本の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に詞を訳した翻訳唱歌である。 1907年8月に発表された音楽教科書「中等教育唱歌集」で取り上げられて以来、日本人に広く親しまれてきた。原曲はジョン・P・オードウェイ(John P. Ordway)による“Dreaming of Home and Mother”(家と母を夢見て)という楽曲である。2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。 中国では、李叔同の作詞により『送別』の題で広く知られている。日本と同様にアメリカ音楽だと気がつかない人も多い。1982年の中国の映画『北京の思い出(城南旧事)』(沈潔主演)でも劇中歌として使われた。李叔同は1907年当時日本留学生であったから、日本でこの曲に接し中国語で作詞した可能性がある。 (旅愁 (唱歌) – Wikipedia)

旅愁(りょしゅう) / 作詞: 犬童球渓(1884 – 1943) / 作曲: ジョン・オードウェイ(1824 – 1880) / 原曲: 「家と母を夢見て」(Dreaming of Home and Mother、1868年) / 掲載: 山田源一郎編『中等教育唱歌集』共益商社楽器店、1907年(明治40年)8月 (旅愁 – Wikisource)

関連エントリ

旅愁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Dreaming of Home and Mother の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

台湾の女流作家 林海音

台湾の女流作家 林海音

関連記事

林 海音(りん かいいん)は台湾の女流作家。小名は英子。 両親が日本で事業経営していた関係で林海音は大阪で出生している。出生後台湾に戻るが、間もなくして北京に移住、城南地区の廠甸小学、春明女子中学、北京新聞専科学校を卒業している。林海音の父親は12歳の時に死去しており、残された母親と共に弟2人、妹3人を育てている。卒業後は『世界日報』の見習い記者として勤務し、作家である夏承楹と結婚している。その後は『聯合報』の副刊に10年にわたり主筆し、1960年に小説『城南旧事』を発表し、小説家としての地位を確立した。 晩年は糖尿病、脳卒中、肺炎に苦しみ、内臓機能の低下により2001年12月1日11時46分に死去している。 林海音の残した言葉に「有人得意、看背影就可以知道。有人失意,聴脚歩音就可以知道(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)」がある。 (林海音 – Wikipedia)

林海音(1918年4月28日-2001年12月1日),原名林含英,出生于日本大阪,原籍台湾新竹州竹南郡頭分街(今苗栗縣頭份鎮),屬於半唐山本省人,4歲前居住在母親故鄉臺北州海山郡板橋街(今新北市板橋區),後遷居北京至成年,臺灣文學作家、編輯,提攜了大量台灣的文學青年。成名作为小说《城南舊事》。曾任北平世界日報記者、編輯,爾後隨國民政府播遷來臺後跟著回到臺灣,之後曾任國語日報編輯、聯合報副刊主編。身為編輯的林海音,除了致力於發掘優秀的寫作人才並鼓勵停筆多年的日治時期作家重新寫作,同時也曾受聘於省教育廳及國立編譯館編輯兒童讀物與編寫小學國語教科書,於語文教育上貢獻許多。而身為作家的林海音除了寫小說外,另有創作散文、兒童文學等。她也在1967年創立《純文學》月刊,隔年創立《纯文学》出版社,堪稱臺灣第一個文學專業出版社。四十餘年來,林海音與其作家丈夫何凡(夏承楹)從事編輯、寫作、出版三項工作,從未間斷,對台灣現代文學的推展,深具影響。 (林海音- 维基百科,自由的百科全书)

旅愁(りょしゅう)は日本の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に詞を訳した翻訳唱歌である。 1907年8月に発表された音楽教科書「中等教育唱歌集」で取り上げられて以来、日本人に広く親しまれてきた。原曲はジョン・P・オードウェイ(John P. Ordway)による“Dreaming of Home and Mother”(家と母を夢見て)という楽曲である。2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。 中国では、李叔同の作詞により『送別』の題で広く知られている。日本と同様にアメリカ音楽だと気がつかない人も多い。1982年の中国の映画『北京の思い出(城南旧事)』(沈潔主演)でも劇中歌として使われた。李叔同は1907年当時日本留学生であったから、日本でこの曲に接し中国語で作詞した可能性がある。 (旅愁 (唱歌) – Wikipedia)

旅愁(りょしゅう) / 作詞: 犬童球渓(1884 – 1943) / 作曲: ジョン・オードウェイ(1824 – 1880) / 原曲: 「家と母を夢見て」(Dreaming of Home and Mother、1868年) / 掲載: 山田源一郎編『中等教育唱歌集』共益商社楽器店、1907年(明治40年)8月 (旅愁 – Wikisource)

関連動画

《读书》 林海音 《城南旧事》 爸爸的花儿落了 | CCTV科教 – YouTube

送別城南舊事 – YouTube

関連エントリ

林海音 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

75px-Chinafilmsvg.png

2fdda3cc7cd98d10b7558677213fb80e7aec54e737d1b8cf.jpg

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

林海音の残した言葉に「有人得意、看背影就可以知道。有人失意,聴脚歩音就可以知道(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)」がある。

関連記事

『城南旧事(じょうなんきゅうじ、城南舊事)』は台湾の女性作家・林海音(リン・ハイイン)が、子供時代から青年期までを過ごした北京の思い出を元に綴った自伝的小説。林海音の代表作であり、台湾の文学史において懐郷文学と称される作品群の作詞的な作品でもある。初版発表は1960年。序章となる『冬の太陽・幼年時代・駱駝隊』(原題:冬陽・童年・駱駝隊)から始まり、『恵安館』・『みんなで海を見に行こう』(我們看海去)・『妾の蘭さん』(蘭姨娘)・『ロバのころげ回り』(驢打滾児)・『お父さんの花が散った』(爸爸的花児落了)という6編の短編でストーリーが構成されている。映画 / 1982年、中国で呉貽弓監督により映画化された。邦題は『北京の想い出』(My Memories of Old Beijing)。ビデオ未発売。天真爛漫な主人公の少女・林英子(リン・インズ)を演じた沈潔が多くの人々の心を奪い、1980年代の中国映画を代表する作品の一つとなった。劇中では日本で親しまれている唱歌の『旅愁』が使われている。(城南旧事 – Wikipedia

沈 潔(シェン・ジエ Shen Jie, 1972年-)は、中国の上海出身の女優。1982年、10歳のとき、台湾系作家・林海音の自伝小説を呉胎弓監督が映画化した『北京の想い出』に主人公の英子役で出演した。沈潔は天真爛漫の少女を演じて沢山の人々の心を奪った。1992年3月に高校を卒業して来日し、2年後に東洋大学法学部に入学。NHKのラジオ、テレビの中国語講座に出演した。(沈潔 – Wikipedia

関連エントリ

北京の想い出 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南舊事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南旧事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

My Memories of Old Beijing の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2月15日、「北京の想い出 -城南舊事」 (上映のお知らせ)

75px-Chinafilmsvg.png

2fdda3cc7cd98d10b7558677213fb80e7aec54e737d1b8cf.jpg

林海音:
有人得意、看背影就可以知道。有人失意、聴脚歩音就可以知道。
(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2014年2月上映会のニュースレターが送られてきました。映画ファンにご案内いたします。

上映日、2月15日(土)
中国映画 「北京の想い出 (城南舊事)」 上映のお知らせ

2月15日、「北京の想い出 -城南舊事」 (上映のお知らせ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

安倍総理からの新着情報メールです。(2013/04/22)

The_Bridge_on_the_River_Kwai_poster.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

首相官邸「新着情報」メール配信された。日本や世界各地の皆様にお知らせします。

安倍総理からの新着情報メールです。(2013/04/22) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

旅愁(唱歌)、送別(歌曲)


送別 – 城南舊事

『城南旧事(城南舊事)』は台湾の女性作家・林海音が、子供時代から青年期までを過ごした北京の思い出を元に綴った自伝的小説。 1982年、中国で呉貽弓監督よりに映画化された。邦題は『北京の想い出』。 天真爛漫な主人公の少女・林英子(リン・インズ)を演じた沈潔が多くの人々の心を奪い、1980年代の中国映画を代表する作品の一つとなった。劇中では日本で親しまれている唱歌の『旅愁』が使われている。(Wikipedia

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2012年6月上映会のニュースレターが送られてきました。映画ファンにご案内します。

旅愁(唱歌)、送別(歌曲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

張継七言絶句「寒山寺楓橋夜泊」(俊岳吟詠)

705px-China_Jiangsu_svg.png

江蘇省(こうそしょう、中国語:江苏省、英語Jiangsu)は中国東部にある行政区。長江の河口域であり、北部は淮河が流れ黄海に面する。名称は江寧(現南京市)の江、蘇州の蘇による。省都は南京市。略称は蘇。(Wikipedia

(社)日本詩吟学院岳風会認可オホーツク岳風会北見支部「大和吟詠会」の俊岳(末久勝俊)さんが、中国蘇州市「寒山寺」訪問されたニュース。

張継七言絶句「寒山寺楓橋夜泊」(俊岳吟詠) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

アジア・中国映画「茉莉花开(ジャスミンの花開く)」

mlhk28.jpg mlhk27.jpg mlhk26.jpg

現代中国映画上映会(略称:現中映)から第446回定期上映会のお知らせです。上映作品は、章子怡主演の大河ドラマ「ジャスミンの花開く」上海を舞台に1930年代から1980年代までの親子3代の女性の物語です。
アジア・中国映画「茉莉花开(ジャスミンの花開く)」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

心の糧に

心の糧になる素晴らしい音楽をすべての人々と分かちあいたい!
音楽は生きた心の財産です。それは人間だけに与えられた心の糧です。音楽を深く楽しめることは本当に幸せです。人に希望と勇気も与え、愛を育て、社会にうるおいをもたらします。
私達はよい音楽を運ぶメッセンジャーになりたい。番人にはなりたくない。心の糧となる音楽を感動をもって語るプロフェッショナルになりたい。与えるのではなく育てる人になりたい。そして誰もが価値ある音楽をおう歌し、共に楽しみ、心の文化と機械の文化の歯車が美しくかみ合うユートピアを実現したい。

bihorokato(Masao Kato) began to Twitter! http://twitter.com/bihorokato

加藤雅夫(bihorokato)はツイッター(Twitter)をはじめました! http://twitter.com/bihorokato

心の糧に の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る