シューマン の検索結果: 9 件

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

450px-Robert-Schumann-Haus.JPG

Robert_Schumann.jpg

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

関連記事

7月29日 忌日 / 1856年 ロベルト・シューマン (独:作曲家) <46歳> Robert Alexander Schumann (7月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月29日 忌日 / 1856年 – ロベルト・シューマン、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 – 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。ドイツ語発音: [ˈroːbɛrt]に基づきローベルト・シューマンと表記されることもある。ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残した。 とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 – 1873年)に師事する。しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となる。ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 – 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼした。文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行う。このころから精神障害の症状に悩まされるようになる。1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動する。この間、子供向けのピアノ曲を作曲するなど教育分野での貢献も残した。1853年にヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)と出会い、「新しい道」と題する論文で若き天才として紹介するが、翌1854年にライン川に投身自殺を図る。救助されたシューマンはボン近郊のエンデニヒの療養所に収容され、2年後の1856年に46歳で死去した。 (ロベルト・シューマンWikipedia)

Robert Schumann (German: [ˈʃuːman]; 8 June 1810 – 29 July 1856) was a German composer and influential music critic. He is widely regarded as one of the greatest composers of the Romantic era. Schumann left the study of law, intending to pursue a career as a virtuoso pianist. He had been assured by his teacher Friedrich Wieck, a German pianist, that he could become the finest pianist in Europe, but a hand injury ended this dream. Schumann then focused his musical energies on composing. Schumann’s published compositions were written exclusively for the piano until 1840; he later composed works for piano and orchestra; many Lieder (songs for voice and piano); four symphonies; one opera; and other orchestral, choral, and chamber works. Works such as Carnaval, Symphonic Studies, Kinderszenen, Kreisleriana, and the Fantasie in C are among his most famous. His writings about music appeared mostly in the Neue Zeitschrift für Musik (New Journal for Music), a Leipzig-based publication which he jointly founded. In 1840, Schumann married Friedrich Wieck’s daughter Clara, against the wishes of her father, following a long and acrimonious legal battle, which found in favor of Clara and Robert. Clara also composed music and had a considerable concert career as a pianist, the earnings from which, before her marriage, formed a substantial part of her father’s fortune. Schumann suffered from a mental disorder, first manifesting itself in 1833 as a severe melancholic depressive episode, which recurred several times alternating with phases of “exaltation” and increasingly also delusional ideas of being poisoned or threatened with metallic items. After a suicide attempt in 1854, Schumann was admitted to a mental asylum, at his own request, in Endenich near Bonn. Diagnosed with “psychotic melancholia”, Schumann died two years later in 1856 at the age of 46 without having recovered from his mental illness. (Robert Schumann – Wikipedia)

関連エントリ

シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ロベルト・シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Robert Schumann の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

344px-El_pelele.jpg

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

その昔、北海道の北見市民会館で、アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏を聴きました。横田先生、ありがとうございました。

関連記事

アリシア・デ・ラローチャ・デ・ラカジェ(Alicia de Larrocha de la Calle, 1923年5月23日 – 2009年9月25日)は、スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。人物 / バルセロナに生まれ、地元でグラナドスの愛弟子であるフランク・マーシャルに師事。5歳で初舞台を踏んでから、世界各地で演奏活動や録音活動に活躍した。アルベニスやグラナドス、ファリャ、モンポウ、モンサルバーチェといった、19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名だが、手が小さく8度しか届かない中で美しく照り輝く音色と正確な演奏技巧、音楽の自然な呼吸と安定感ある曲の運びによって、モーツァルトやショパン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフにも優れた解釈を示した。独奏曲だけでなく、モーツァルトのピアノ協奏曲を得意として録音もしており、カーネギー・ホールでの引退コンサートでも、室内楽版を演奏した。2009年9月25日、バルセロナの病院で死去。(アリシア・デ・ラローチャ – Wikipedia

Alicia de Larrocha y de la Calle (23 May 1923 – 25 September 2009) was a Spanish pianist and composer. She was considered one of the great piano legends of the 20th century. Reuters called her “the greatest Spanish pianist in history”, Time “one of the world’s most outstanding pianists” and The Guardian “the leading Spanish pianist of her time”. She won multiple Grammy Awards and a Prince of Asturias Award for the Arts. She is credited with bringing greater popularity to the compositions of Isaac Albéniz and Enrique Granados. In 1995, she became the first Spanish artist to win the UNESCO Prize. (Alicia de Larrocha – Wikipedia

音楽動画

フランツ・リストのピアノ曲『ラ・カンパネッラ』(La Campanella)ピアノ演奏 / アリシア・デ・ラローチャ。

関連エントリ

アリシア・デ・ラローチャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2017年(平成29年)ありがとうございました さようなら

399px-Snowman-20100106.jpg

2017年(平成29年)ありがとうございました さようなら

関連記事

2017年の日本
2017年の日本(にせんじゅうしちねんのにほん)では、2017年(平成29年)の日本の予定・出来事・流行・世相などについてまとめる。 日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致してい号 平成29年。神武天皇即位紀元。皇紀2677年。 本年は将棋界で様々な記録等が生まれ注目を集めた。 史上最年長プロ棋士(当時77歳)である加藤一二三九段が現役を引退し、62年10か月にわたるプロ棋士生活を終える。その愛らしいキャラクターから「ひふみん」の愛称で親しまれた。 史上最年少プロ棋士(当時14歳)の藤井聡太四段がデビュー戦から半年間負け知らずで、公式戦の新記録となる29連勝を達成した。 羽生善治棋聖が竜王戦で勝利し、史上初の「永世七冠」を達成した。 2017年の流行語 「インスタ映え」、「忖度」が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。(2017年の日本 ー Wikipedia

オールド・ラング・サイン
「オールド・ラング・サイン」(もしくは「オールド・ラング・ザイン」、Auld Lang Syne )はスコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。 作曲者不詳である。 歌詞を現在伝わる形にしたのは、スコットランドの詩人のロバート・バーンズである。 従来からの歌詞を下敷きにしつつ、事実上彼が一から書き直している。この歌詞は、旧友と再会し、思い出話をしつつ酒を酌み交わすといった内容である。 こうして採譜された「オールド・ラング・サイン」には、ハイドンやベートーヴェン、シューマンといった著名な作曲家たちも伴奏を付けたり編曲したりしている。(Wikipedia ー オールド・ラング・サイン

関連エントリ

大晦日の音楽です。(世界的) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

2017年の日本 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

2014年5月16日の配信、「イスラエル関連文化事業案内」

image013.jpg

東京にあるイスラエル大使館文化部からのメールマガジンです。

「イスラエル関連文化事業案内」 (2014年5月16日)
Culture sec-Embassy Of Israel In Tokyo

2014年5月16日の配信、「イスラエル関連文化事業案内」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ウィーン少年合唱団 コンサート情報 (2014)

Palais_Augarten_Vienna.jpg

札幌にあるオフィス・ワン(office ONE)から 最新情報のメールが送られてきました。

ウィーン少年合唱団コンサート
2014年5月15日(木)
札幌コンサートホール Kitara

ウィーン少年合唱団 コンサート情報 (2014) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

カジュアルのクラシックスコンサート(びほーるで)

Gcaccini.jpg

Vvavilov1971.jpg

ジュリオ・カッチーニ(Каччини, Джулио) – Wikipedia
“カッチーニのアヴェ・マリア”実際には1970年頃ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov 1925-73)によって作曲された歌曲である

ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Вавилов, Владимир Фёдорович) – Wikipedia
《カッチーニのアヴェ・マリア》ヴァヴィロフ自身は作者不詳としていたが、いつの間にかジュリオ・カッチーニ作として定着した。

カジュアルのクラシックスコンサート(びほーるで) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

藤原真理さんチェロの演奏会~美幌町(北海道)

Dances_with_Wolves_poster.jpg

B--tn__hoe.jpg

藤原真理(Mari Fujiwara)
藤原 真理(ふじわら まり、1949年1月18日 – )は、日本のチェリストである。(Wikipedia

藤原真理さんチェロの演奏会~美幌町(北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第36回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

ピティナ(PTNA)とは:
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の略称です。(The Piano Teachers’ National Association of Japan) 

ピティナ・ピアノコンペティションは、日本で行われているピアノのコンクールである。文部科学省所管の公益法人「社団法人全日本ピアノ指導者協会」が主催している。1976年より毎年開催されており、現在では、参加者が日本全国で3万人を超える日本最大のコンクールである。これまで特に特級グランプリ受賞者から日本の前途有望な若手ピアニストたちを輩出している。(Wikipedia) 

ピアノコンペティション のニュースブログ(Google 検索) 

第36回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第24回北見室内管弦楽団定期演奏会(北見市・音楽ホール)


社団法人日本アマチュアオーケストラ連盟(The Federation of Japan Amateur Orchestras Corp.)とは、全国のアマチュア・オーケストラ活動を促進するために1972年に結成された連盟である。JAO連盟。加盟団体(北海道):北見室内管弦楽団、帯広交響楽団、北海道交響楽団、札幌フィルハーモニー管弦楽団、函館市民オーケストラ。(Wikipedia

北見室内管弦楽団について(これまでの定期演奏会プログラム、あゆみ

音楽動画:ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲(ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団)、交響曲第3番 (ベートーヴェン)

第24回北見室内管弦楽団定期演奏会(北見市・音楽ホール) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る