はやぶさ の検索結果: 4 件

6月13日 はやぶさの日(日本)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

6月13日 はやぶさの日(日本)

関連記事

6月13日 はやぶさの日 / 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所がある神奈川県相模原市が2012年に制定。2010年のこの日、小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」までの7年間の旅を終えて地球に帰還した。歴史 / 2010年 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。(6月13日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月13日 できごと / 2010年 – 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。6月13日 はやぶさの日(日本)2010年のこの日、世界初の小惑星サンプルリターンなどを成し遂げた宇宙探査機はやぶさが地球に帰還したことを記念。(6月13日 – Wikipedia

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。反応 / 複数の技術的なトラブルに見舞われ帰還を絶望視されつつも、それを乗り越えて地球への帰還を目指すはやぶさの旅程は、多くの日本人に美談として受け止められ共感を呼んだ。天皇・皇后 / 天皇誕生日に先立つ2010年12月20日の記者会見で、今上天皇は「はやぶさ」について次のように述べた。小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰ったことは誠に喜ばしい今年の快挙でした。一時は行方不明になるなど数々の故障を克服し、ついに地球に帰還しました。行方不明になっても決して諦めず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました。— 今上天皇。また皇后は、はやぶさが大気圏に突入した時のことを和歌に詠んだ。その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと— 皇后。メディア / 2010年6月13日の地球帰還が近付くにつれてニュースやワイドショーで取り上げられる機会も増え、6月10日にはNHKの『クローズアップ現代』で「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」が放送された。インターネットによる広報と反響 / はやぶさは、「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーンを実施し、国内外から88万人の署名入りターゲットマーカーを積んでいたことで、投下成功のニュースには多くの励ましのメールがJAXAに届けられた。(はやぶさ (探査機) – Wikipedia

Hayabusa (はやぶさ, literally “Peregrine Falcon”) was an unmanned spacecraft developed by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) to return a sample of material from a small near-Earth asteroid named 25143 Itokawa to Earth for further analysis. Hayabusa, formerly known as MUSES-C for Mu Space Engineering Spacecraft C, was launched on 9 May 2003 and rendezvoused with Itokawa in mid-September 2005. After arriving at Itokawa, Hayabusa studied the asteroid’s shape, spin, topography, colour, composition, density, and history. In November 2005, it landed on the asteroid and collected samples in the form of tiny grains of asteroidal material, which were returned to Earth aboard the spacecraft on 13 June 2010. (Hayabusa – Wikipedia

Littleprince.JPG

関連サイト

「はやぶさ」 奇跡の帰還 | NHK名作選(動画他) – NHK語学番組 – NHKオンライン

JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」 ついに地球へ帰還!

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)

小惑星探査機「はやぶさ」 | 科学衛星・探査機 | 宇宙科学研究所

関連エントリ

Hayabusa2_rendezvous.jpg

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「『はやぶさ』が持ち帰ったもの」(総理の語録)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

800px-Hayabusa_hover.jpg

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンは、世界初である。(Wikipedia

『小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰ったことは誠に喜ばしい今年の快挙でした。一時は行方不明になるなど数々の故障を克服し、ついに地球に帰還しました。行方不明になっても決して諦めず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました』(明仁天皇)
『その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと』(皇后美智子)

はやぶさ についてのニュースブログ記事(Google)
野田総理 についてのニュースブログ記事(Google)

内閣広報室(首相官邸)からメール配信:首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/12/01)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

「『はやぶさ』が持ち帰ったもの」(総理の語録) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣)


的川 泰宣(まとがわ やすのり、Yasunori Matogawa、1942年2月23日 – )は、日本の宇宙工学者、工学博士である。日本初の人工衛星「おおすみ」の打上げに貢献。日本の宇宙開発の広報・教育活動は、この人なしには考えられない。 2011年3月現在、JAXA技術参与・名誉教授、東海大学教授、日本学術会議連携会員、国際宇宙教育会議日本代表、米国惑星協会(TPS)評議員、リモートセンシング技術センター(RESTEC)評議員、日本宇宙フォーラム顧問・評議員、日本惑星協会(TPS-J)理事、日本宇宙少年団(YAC)副本部長、中央教育審議会臨時委員、相模原風っ子教師塾塾長、財団法人 極地研究振興会評議員の職にある。日本の宇宙活動の「語り部」である。的川は「宇宙教育の父」とも呼ばれる。(Wikipedia

宇宙 についてのニュースブログ記事(Google)
的川泰宣 についてのニュースブログ記事(Google)

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

皆既月食(2011年12月10日)

月食(げっしょく、月蝕、lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。望(満月)のときに起こる。日食と違い、月が地平線より上に見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。(Wikipedia

日食(にっしょく、本来の用字は日蝕。solar eclipse)とは太陽が月によって覆われる現象である。朔の時に起こる。(Wikipedia

皆既月食 についてのニュースブログ記事(Google)

皆既月食(2011年12月10日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る