宇宙 カテゴリのアーカイブ

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日)

NASA_sealsvg.png

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 1 and 2″. (August 25)

375px-Voyager_spacecraft.jpg

150px-Saturn_planet_large.jpg

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー2号」は 土星に最接近した。(1981年 8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 2″ was closest approach to Saturn. (August 25, 1981)

375px-Voyager_spacecraft.jpg

180px-Neptune.jpg

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー2号」は 海王星に最接近した。(1989年 8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 2″ was closest approach to Neptune. (August 25, 1989)

375px-Voyager_2.jpg

450px-Solar_sys8.jpg

ボイジャー1号が太陽から約190億kmの地点で、人工物として太陽圏を離脱した初めての人工物となりました。(2012年 8月25日)
At a point about 19 ​​billion km from the sun, Voyager 1 became the artifact was the first to leave the heliosphere as artifacts. (August 25, 2012)

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「美幌 福豊小学校」 (美幌町の福豊)

ET_Moon.jpg

004.jpg

美幌町の福豊
美幌 福豊小学校

「美幌 福豊小学校」 (美幌町の福豊) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年1月、イランカラプテの川柳

450px-Kanesa-black_2013obihirokinen.jpg

川柳 (Senryu)
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句 (Haiku)
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ (Irankarapte)
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年1月)

平成26年1月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1972年12月7日に撮影: ザ・ブルー・マーブル / The Blue Marble

300px-Ap17recon.jpg

599px-The_Earth_seen_from_Apollo_17.jpg

ザ・ブルー・マーブル(英語名:The Blue Marble)は、1972年12月7日にアポロ17号の乗組員によって、地球からおよそ4万5千キロメートル(2万8千マイル)の距離から撮影された、著名な地球の写真である。英語で「青いビー玉」または「青い円盤」を意味する。宇宙飛行士からは、地球がまるで子供が遊ぶガラスのビー玉のように見えたため、これが写真の題名となった。 「ザ・ブルー・マーブル」は、現存する写真の中で世の中に最も広まった写真の一つである。また、宇宙飛行士が太陽を背に撮影した、完全に輝く地球を捉えた数少ない写真の一つでもある。(wiki/ザ・ブルー・マーブル

1972年12月7日に撮影: ザ・ブルー・マーブル / The Blue Marble の全文を読む

このページの先頭へ戻る

駐日米国大使の キャロライン・ケネディ

Caroline_Kennedy_US_State_Dept_photo.jpg

800px-JFK_with_Caroline_on_the_Honey_Fitz_1963.jpg

キャロライン・ブーヴィアー・ケネディ(英: Caroline Bouvier Kennedy、1957年11月27日 – )は、アメリカ合衆国の弁護士。駐日アメリカ合衆国大使(第29代)。第35代大統領ジョン・F・ケネディの長女。 来歴: 生い立ち: 父ジョン・F・ケネディと母ジャクリーン・ケネディの長女として、ニューヨークで生まれた。 外交官として: 2013年の春頃からジョン・ルースに代わる駐日大使への起用が取り沙汰され、同年7月24日にホワイトハウスが駐日大使への起用を発表した。10月16日の上院本会議で承認され、11月12日に国務省で宣誓式に臨み、同月19日の皇居での信任状捧呈式を経て正式に着任した。 ja.wikipedia.org/wiki/キャロライン・ケネディ

駐日米国大使の キャロライン・ケネディ
Caroline Kennedy U.S. Ambassador to Japan

駐日米国大使の キャロライン・ケネディ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

330px-Sagittarius2.jpg

The_Last_Samurai.jpg

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。 現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。 西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。 季節: わずかながら雪が降り始めるころ。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。 七十二候: 小雪の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる(日本・中国)。 次候: 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける(日本)。 天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす) : 天地の寒暖が逆になる(中国)。 末候: 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の葉が黄葉し始める(日本)。 閉塞而成冬(へいそくして ふゆをなす) : 天地の気が塞がって冬となる(中国)。 前後の節気: 立冬 → 小雪 → 大雪。 ja.wikipedia.org/wiki/小雪

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

暈と雲の話題

402px-Halo_-_STJ_2.jpg

暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。 ja.wikipedia.org/wiki/暈

120px-Iridescent_contrail.jpg

飛行機雲(ひこうきぐも)は、飛行機の航跡に生成される細長い線状の雲。ジェット機などのエンジンから出る排気ガス中の水分、あるいは翼の近傍の低圧部が原因となって発生する、排煙ではなく雲である。別名航跡雲(こうせきうん)、英語ではcontrail(コントレイル)。 ja.wikipedia.org/wiki/飛行機雲

暈と雲の話題 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月19日は 小林一茶の忌日です

Kobayashi_Issa-Storehouse.jpg

Kobayashi_Issa-Portrait.jpg

Kobayashi Issa
小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)- 文政10年11月19日(1828年1月5日))は、江戸時代を代表する俳諧師の一人。 文政10年閏6月1日(1827年7月24日)、柏原宿を襲う大火に遭い、母屋を失い、焼け残った土蔵で生活をするようになった。そしてその年の11月19日、その土蔵の中で64年半の生涯を閉じた。 ja.wikipedia.org/wiki/小林 一茶

11月19日は 小林一茶の忌日です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月26日、植松努 – 講演会(美幌町民会館びほーるで)

ET_Moon.jpg

bi_bo.jpg

CAMUIロケット(カムイロケット)とは、特定非営利活動法人「北海道宇宙科学技術創成センター (HASTIC)」が中心となり、北海道大学、北海道工業大学等の北海道内の大学・植松電機をはじめとする北海道内の民間企業によって開発が進められているハイブリッドロケットである。 目的: 新しい形式のハイブリッドロケットを実用化し、従来から用いられてきた小型固体ロケットに比較して打上げ単価を1/10以下に引き下げることを目標としている。微小重力環境の実験や高空気象の観測、衛星部品の作動試験、小型衛星の打ち上げなどの利用が想定されている。 概要: 2006年12月には、宇宙関連機器の研究開発および製作販売、実験の請負などを目的に、北海道大学教授永田晴紀と植松電機取締役植松努の出資により株式会社カムイスペースワークスが設立された。
ja.wikipedia.org/wiki/CAMUIロケット

11月26日、植松努 – 講演会(美幌町民会館びほーるで) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

アイソン彗星 – C/2012 S1 (ISON)

Abashiri_Municipal_Museum.jpg

Comet_ISON_by_Hubble_on_8_May_2013_STScI-PRC2013-24.jpg

網走市立郷土博物館は、北海道網走市にある郷土博物館である。
ja.wikipedia.org/wiki/網走市立郷土博物館

ISON彗星(アイソンすいせい、ISON)とは、彗星の1つである。アイソン彗星とも呼ばれる。
ja.wikipedia.org/wiki/ISON彗星

アイソン彗星 – C/2012 S1 (ISON) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る