大正琴 カテゴリのアーカイブ

北見市のことぶき大学、美幌町の明和大学

800px-Its_all_about_love.jpg

808E17~1.JPG

高齢者(老年、Old age、Elderly)とは、社会の中で他の成員に比して年齢が高い一群の成員のことである。一般に満65歳以上の者であると定義されている。 一般的に、一部の高齢者は経験を積み、様々な事に熟達しているとされる。加齢に伴う認知機能及び運動機能の衰えや、老衰に伴う記憶力の減退等といった理由により、第一線を退いた者は多いが、その豊富な経験と、その経験によって導き出される勘は、学習によって得られる知識や、練習によって習得する技能を超えた効率を発揮する高齢者もなかには存在する。これらを若者は学ぶべき点は学び、また後代に伝えるべき物とされる。(Wikipedia

高齢者の性格特性
円熟型 – 過去を後悔することもなく未来に対しても希望をもつタイプ。
安楽型 – 消極的で、現実を受け入れるタイプ。
防衛型 – 若い時の生活水準を維持しようとするタイプ。
憤慨型 – 老いに対する不満が他者への攻撃となってあらわれるタイプ。
自責型 – 人生を失敗だったと考えてふさぎこむタイプ。

北見市のことぶき大学、美幌町の明和大学 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ポロナイスクの訪問で、20年前の「大正琴」を見てきてください

Taisho_goto.jpg

Sea_of_Okhotsk_map.jpg

大正琴 のニュースブログ(Google 検索)

ポロナイスク のニュースブログ(Google 検索)

ポロナイスク (Poronaysk、Порона́йск)は、サハリン中南部のテルペニア湾に面した都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代 (1905年 – 1945年) の敷香町にあたる。 1972年、北海道北見市 と提携を結び、その友好都市となった。(Wikipedia

ポロナイスクの訪問で、20年前の「大正琴」を見てきてください の全文を読む

このページの先頭へ戻る

大正琴で「イランカラプテinピアソンコンサート」(ピアソン記念館)

Pierson_museum.jpg

isanlog.jpg

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物及び博物館。大正時代のアメリカ人宣教師ジョージ・ペック・ピアソンの業績を記念して開設された。1996年に北見市指定文化財、2001年に北海道遺産に指定された。(Wikipedia


オホーツク伝説「火まつり」(作曲:伊藤正範 編曲:仁木奈々華)

北の大正琴ソリスト – 奈々華 Web –
(北海道北見市を拠点に活動する大正琴ソリスト奈々華のホームページです)
http://nananemu.yama-japan.net/

大正琴で「イランカラプテinピアソンコンサート」(ピアソン記念館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

東北がんばれの歌「Dash for Tomorrow」

450px-Goblet_drum_01.jpg

800px-All_Gizah_Pyramids.jpg


フセイン・ザナティ(Hussein Zanaty)

ダラブッカは、タブラ、ドゥンベク、ダラブッケともいい、ゴブレット(足付酒杯)形太鼓の一種。膜鳴楽器に分類される打楽器である。アラブ音楽やトルコ音楽で使われる。 大きく分けて、エジプトスタイルとモダンスタイルの2つの流れがある。 中近東エリアではタブラとは太鼓全般の事をさしており、とくにダラブッカを示す事が多い。(Wikipedia

東北がんばれの歌「Dash for Tomorrow」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(12月5日)、フジ子・ヘミング(Fuzjko Hemming)誕生日

フジ子・ヘミング(1932年12月5日 – )、本名イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング(Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming)は、日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ(おおつき フジ)。ロシア系スウェーデン人の画家・建築家のヨスタ・ゲオルギー・ヘミング(Josta Georgii Hemming)と、日本人ピアニストの大月投網子の間にベルリンで生まれる。(Wikipedia

今日(12月5日)、フジ子・ヘミング(Fuzjko Hemming)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

大正琴で生きがいを見つけた男(北海道北見市)

Taisho_goto.jpg

UnderwoodKeyboard.jpg

大正琴(たいしょうごと、Taishogoto)は、1912年(大正元年)、名古屋の森田吾郎が二弦琴をもとにタイプライタにヒントを得て発明した。家庭用楽器として大正時代に大流行した。大正琴用の数字譜があるため五線譜の読めない人でも演奏可能となっている。音楽学者小泉文夫は「大正琴は日本人の作り出した唯一のオリジナルな楽器」という。音色を変えられる電子大正琴も存在する。独奏合奏の両方の用途に使用されている。日本以外に東南アジア等でも演奏されることがある。(Wikipedia)

※タイプライターは視覚障害者が文章を書く上で強力な助けにもなった(タッチタイピング)。

音楽動画: 感動大正琴Hokkai Do (ikeikegogo100

大正琴についてのニュースブログ記事 (Google)
生きがいについてのニュースブログ記事 (Google)

大正琴で生きがいを見つけた男(北海道北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見文化連盟のホームページが完成しました!

今日(8月1日)、北海道北見市の「北見文化連盟ホームページ」が完成しました。北見文化連盟加盟団体(洋楽・邦楽、文学・演劇、日本舞踊、美術工芸)の皆様に心よりお祝い申し上げます。(美幌音楽人 加藤雅夫)

北見文化連盟ホームページ kitami-cl.ciao.jp

北見文化連盟のホームページが完成しました! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

サイト開設3周年に寄せて

img_index01.jpg

img_index02.jpg

9月3日は ドラえもんと加藤雅夫の誕生日です。美幌音楽人 加藤雅夫のウェブサイトは 2007年9月3日に開設しました。本日、3周年を迎えることができました。 どうもありがとうございます!

社会的ネットワーク(価値、構想、提案、友人、などのつながり)を大切にして皆様と交流していきたいと考えています。 これからもどうぞよろしくお願いいたします!

写真: ギタリスト加藤雅夫と楽器(スペインのクラシックギター、アルトギター、ギターバンジョー、コントラバス、メキシコのギタロン、ロシアのバラライカ、イタリアのマンドリン、マンドラ、オカリナ、リコーダー、クロマティックハープ、日本の大正琴、三尺筝、三味線、中国の琵琶、二胡、笛子、ハワイのウクレレ、そして、3人の孫たちに囲まれて幸福です)

このサイトについて(美幌音楽人 加藤雅夫) http://masaokato.jp/about
美幌音楽人 加藤雅夫の連絡先 http://masaokato.jp/contact

サイト開設3周年に寄せて の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本と東南アジア諸国で愛好されてきた楽器

大正琴は、日本の楽器です。
The Taishogoto is a Japanese musical instrument.
写真(1984): 美幌町明和大学「大正琴クラブ」(昭和59年)

日本と東南アジア諸国で愛好されてきた楽器 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る