置戸町 カテゴリのアーカイブ

伝書鳩の連載 – 各分野で活躍する理学療法士

200921.jpg

理学療法
理学療法(りがくりょうほう、英語:physiotherapy、physical therapy)とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気療法、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。理学療法の中には、大きく分けて、運動療法と物理療法、動作訓練がある。 また能力障害が残ったときには、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするため、福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケア等も含まれる。近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象であるといえる。

理学療法士
理学療法士(りがくりょうほうし、Physical TherapistまたはPhysio Therapist)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。

理学療法 についてのブログ記事ニュースの検索結果 – Google

伝書鳩の連載 – 各分野で活躍する理学療法士 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist)

800px-Reeve_41457.jpg

800px-Occupational_therapy_psychiatric_hospital.jpg

作業療法
作業療法 (さぎょうりょうほう、英語:occupational therapy) は、作業をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。 作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味である。 作業療法士の仕事は、作業ができるようクライエントの能力を強化したり、環境を整えることである。

作業療法士
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるうちの一つである。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。

作業療法士 についてのブログ記事ニュースの検索結果 – Google

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています

120px-HumanRightsLogosvg.png

400px-P_catsvg.png

オホーツク総合振興局の自治体
1.北見市 / 2. 網走市 / 3. 紋別市 / 4,5. 大空町 / 6. 美幌町 / 7. 津別町 / 8. 斜里町 / 9. 清里町 / 10. 小清水町 / 12. 訓子府町 / 13. 置戸町 / 15. 佐呂間町 / 17. 遠軽町 / 18. 湧別町(上湧別地区) / 19. 湧別町(湧別地区) / 20. 滝上町 / 21. 興部町 / 22. 西興部村 / 23. 雄武町

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.PNG

Hokkaido_Abashiri_Br_16cl.png

殺処分
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。 動物の愛護と管理に関する法律第35条5項によって定められた、犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置第4で定められている「処分」とは、殺処分の他に譲渡処分とされており、飼い主への返還や里親募集業務による希望者への譲渡も含めた「愛護施設から出て行く全ての事例」を指している。特に子犬は生後よりある程度(2〜3か月)の日数が経っていて健康上の問題さえ無ければすぐにでも新たな飼い主が見つかる場合が多く、都市部などでは需要に対して供給が追いつかない状態でもある。

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見赤十字病院の「ドクターカー」(Rapid response car)

Cessna_Citation_II.jpg

航空救急(英:Air rescue / Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。(wiki/航空救急

ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターであって、救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターをいう。救急医療用ヘリコプターとも言う。「航空救急医療活動」、「ヘリコプター救急医療活動」、「ヘリコプター救急」ともいう。(wiki/ドクターヘリ

ドクターカーとは、患者監視装置等の医療機械を搭載し、医師、看護師等が同乗し、搬送途上へ出動する救急車である。医師派遣用自動車、ラピッド・レスポンス・カー(Rapid response car)とも言う。(wiki/ドクターカー

北見赤十字病院の「ドクターカー」(Rapid response car) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

上映会情報「モンサントの不自然な食べもの」(訓子府町と置戸町から)

800px-Fte_de_la_Fraternit_2009_-_Marie-Monique_Robin_by_Mikani.jpg

モンサントの不自然な食べもの – Wikipedia
『モンサントの不自然な食べもの』(モンサントのふしぜんなたべもの)は、マリー=モニク・ロバンが監督した2008年のドキュメンタリー映画である。 はじめLe monde selon Monsantoとしてフランスでリリースされ、のち42か国で放送された。日本では、2008年6月14日、NHKBS世界のドキュメンタリー「アグリビジネスの巨人“モンサント”の世界戦略」の題で放映された。 映画はロバンによる、アメリカの農業の巨人モンサント社の世界各国での企業活動についての3年間の長期調査に基づいている。

上映会情報「モンサントの不自然な食べもの」(訓子府町と置戸町から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヒグマとカラスの問題

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

ヒグマ に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

カラス に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

ヒグマとカラスの問題 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

5月13日から、ドクターカー運用が開始されます!(北海道北見地方)

800px-Abashiri_Subprefecture.png

800PX-~1.PNG

800px-Postpartum_baby2.jpg

周産期母子医療センター(Perinatal Medical Center)は周産期(出産の前後の時期という意味)を対象とした医療施設で、産科と新生児科の両方が組み合わされた施設。施設の状況により「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」に別けられて認定されている。(Wikipedia

ドクターカー(Rapid response car)とは、患者監視装置等の医療機械を搭載し、医師、看護師等が同乗し、搬送途上へ出動する救急車である。医師派遣用自動車、ラピッド・レスポンス・カーとも言う。(Wikipedia

ドクターカー に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

5月13日から、ドクターカー運用が開始されます!(北海道北見地方) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

犬猫の殺処分のゼロ、市民の理解が不可欠です

800px-Aibo_img_0807.jpg

Ginza_Sony_building.jpg

動物の権利(アニマル・ライツ、animal rights)とは、動物には人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、それぞれの動物の本性に従って生きる権利があるとする考え方である。(Wikipedia

動物の愛護及び管理に関する法律は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称動愛法。 目的は、動物虐待等の禁止により「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」こと(動物愛護)、動物の管理指針を定め「動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止する」こと(動物管理)である。(Wikipedia

動物愛護団体は、主としてコンパニオンアニマルとして家庭で飼育されている動物の虐待や遺棄の防止や、適正な飼育・取り扱いの普及啓発を推進するための団体で、全国的なものからローカルのものまでさまざまな団体が多数活動している。 活動の具体的な内容は、捨て犬、捨て猫の保護ならびに飼い主探しや、飼い主に飼えなくなったとして保健所、動物管理センター、動物保護施設 に連れてこられた犬猫、もしくは捕獲された犬猫の殺処分を減らす運動、地域猫活動などさまざまである。(Wikipedia

犬猫の殺処分のゼロ、市民の理解が不可欠です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考

Rainbow-Bridge-heaven.jpg


殺処分のニュースブログ記事(Google 検索)

殺処分(さつしょぶん)
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。(Wikipedia

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク圏の医療体制整備と北網地域の医療再生事業について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

800PX-~1.PNG

周産期(しゅうさんき)とは、出産前後の期間の事を指す。 最近は、救急車で搬送される妊婦の受け入れ拒否による死亡事件が相次いだ事などにより、妊娠中期から出産数日後までの期間を組み合わせた周産期医療の重要性が強く認識されるようになった。(Wikipedia

ドクターカーとは、患者監視装置等の医療機械を搭載し、医師、看護師等が同乗し、搬送途上へ出動する救急車である。医師派遣用自動車、ラピッド・レスポンス・カーとも言う。(Wikipedia

オホーツク圏の医療体制整備と北網地域の医療再生事業について の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る