健康・福祉 カテゴリのアーカイブ

平成30年度「少年の主張」全道大会 (美幌北中学校 男子生徒)

hane_img03a.jpg

平成30年度「少年の主張」全道大会 (美幌北中学校 男子生徒)
「あたりまえという名の奇跡」

関連記事

「少年の主張」全道大会へ 美幌北中3年・男子生徒 / 自分の体験、思いを言葉に 町内からの出場は22年ぶり 平野教育長に抱負語る / 美幌北中学校3年の男子生徒が、9月7日に札幌市で開かれる平成30年度「少年の主張」全道大会に出場する。8月16日、中学校で平野浩司教育長に抱負を述べた。男子生徒は2年生だった昨年11月の美幌町少年の主張大会中学生の部で最優秀賞を受賞。美幌町代表として出場した今年7月のオホーツク地区大会でも最優秀賞を受賞し、全道大会の出場権を得た。町内から全道大会に出場するのは22年ぶり3人目になる。全道大会には道内から16人が出場する。男子生徒は「あたりまえという名の奇跡」のタイトルで、過去に母親が入院し、生活が一変した経験から「当たり前だと思っている日常は奇跡の組み合わせ」だと実感したことや、当たり前の日常があることに感謝することの大切さを訴える。平野教育長の激励を受けた男子生徒は「支えてくれる周りの人に感謝し、聞く人にしっかりと主張できたら。自分の体験を思い起こし、思いを言葉に乗せたい」と述べた。 (浩) (2018年8月21日の記事 経済の伝書鳩)

関連エントリ

少年の主張 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌北中学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本アンガーマネジメント協会 北海道支部 (長谷川恵)

Old_guitarist_chicago.jpg

日本アンガーマネジメント協会 北海道支部 (長谷川恵)

関連記事

北見で「アンガーマネジメント」講座 “怒りの感情”と上手に付き合うには / 講師の長谷川さん「6秒待って冷静に」 / 怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング法「アンガーマネジメント」を学ぶ講座が11日、北見市の西地区住民センターで開かれた。親向けと子ども向けの講座に計25人が参加し、怒りに振り回されないポイントなどを学んだ。主催は日本アンガーマネジメント協会北海道支部。講座は普及を目的に同協会が全国40カ所で一斉に実施したもので、道内では札幌や帯広など5カ所で開かれた。北見会場では同支部の長谷川恵支部長らが講師を務めた(写真)。長谷川支部長は、怒りは第二次感情と呼ばれ、その奥に不安や悲しみ、心配、後悔などの第一次感情が存在すると解説。「怒ることは身を守るための自然な感情であり、悪いことではありません。第一次感情に気付くことで怒りをコントロールしやすくなります」と語り掛けた。怒りのコントロール法の一つとして「怒りを感じたら6秒待つ」を挙げ「この数秒をやり過ごすことで、反射的な言動や行動を防ぐことができます」。また、あらかじめ自分が落ち着く言葉を用意し、それを唱えることも効果的で「たいしたことない」「大丈夫」などのポジティブな言葉は、気分を落ち着かせると紹介した。長谷川さんは「アンガーマネジメントはダイエットと似ていて、知っているだけでは何も変わりません。生活に取り入れることで少しずつ変わっていきますよ」と話した。(理) / メモ…【アンガーマネジメント】 / 怒らないことを目的とするのではなく、必要のあることは上手に怒り、必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標とした心理トレーニング法。1970年代にアメリカで生まれ、日本でもここ数年、企業やスポーツ選手が取り入れていることで注目が高まっている。 (2018年8月21日の記事 経済の伝書鳩)

アンガーマネジメント(Anger management)とは、怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、怒りを上手く分散させることができると評価されている。怒りはしばしばフラストレーションの結果であり、また自分にとって大事なものを遮断されたり妨害された時の感情でもある。怒りはまた、根底にある恐れや脆弱感に対する防衛機制でもある。アンガーマネジメント・プログラムでは、怒りは定義可能な理由によって生じる、論理的に分析可能な強い感情であり、適切な場合には前向きにとらえてよいものだと考えられている。「怒りは誰もが経験する感情だ。怒りが重大な懸念事項となるのは、それがあまりにも頻繁に、強烈に、長い時間、発生し続ける場合だけだ。」- レイモンド・W・ノヴァコ(1984年) / 概要 / 「怒ることは誰にでもできる。ただ怒るのは簡単なことである…しかし適切な相手に、適切な程度に、適切な場合に、適切な目的で、適切な形で怒ることは容易ではない。」- アリストテレス / アンガーマネジメントの究極の目標は、怒りが深刻な問題にならないように上手く制御し、管理することである。怒りとは、何かに反応して呼び起こされる強い感情である。怒りの問題は、扇動する(そそのかす)側と扇動される(そそのかされる)側がどちらも対人関係において自制心を保つ技術や社会的技術をもたないために生じる。このような人々に対しては、怒りへの反応を訓練することにより、怒りが必要だと反応するのではなく、怒りは不要であり不快であると感じるようにすることができる。怒りのスイッチを切る方法としては、見なかったことにすること、または許すこと等がある。十分な睡眠、運動、正しい食事も怒りを予防する上で有効である[3]。上手くアンガーマネジメントができない人々を治療する専門家としては、作業療法士、精神衛生カウンセラー、薬物およびアルコール・カウンセラー、ソーシャルワーカー、心理学者、精神科医などが存在する。 (アンガーマネジメント – Wikipedia)

Haende-30.jpg

関連サイト

長谷川 恵 | 日本アンガーマネジメント協会のホームページ

関連エントリ

アンガーマネジメント の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

関連記事

「子ども支援食堂」オープン 北見市幸町に / 安心して楽しく過ごせる / 小中学生を主な対象にした子ども食堂が北見市幸町1の「お食事処てんてこまい」(幸ビル2階)にオープンした。未就学の妹、弟や高校生の姉、兄も利用ができる。安心して楽しく過ごせる子ども達の新しい居場所になりそうだ。子ども食堂の名称は「子ども支援食堂」。社会福祉法人・北の大地が地域貢献活動の一環として開店した。月曜と金曜の週2回、いずれも午後5時半から6時半まで営業する。食事の代金は1食100円。同法人では「まず、子ども達の居場所をつくり、将来的には開店時間や学習支援など、子どものニーズに合わせて検討したい」と、従来の子ども食堂にとらわれず、地域に合った居場所づくりを目指す。問い合わせは、同法人(TEL 0157-23-1867)へ。 (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

社会福祉法人 北の大地ホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

支援食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

関連記事

対象に子ども加えリニューアル 北見市新生町の地域食堂「きたほっと」 / ボランティアの運営により毎月2回、高齢者に格安でランチを提供する北見市新生町の地域食堂「きたほっと」が、利用対象に子どもを加えリニューアルオープンした。新名称は「高齢者・こども地域食堂きたほっと」。営業は従来通り第2土曜と第4火曜の午前10時~午後1時で、広く利用を呼び掛ける。従来通り高齢者も格安ランチ…交流の場にも 営業時間は変わらず、広く利用呼び掛け / きたほっとは、お年寄りやその家族の相談を受け専門機関につなぐ組織「北見高齢者110番の家」の拠点施設として、2012年3月にオープンした。誰でも気軽に立ち寄れることをコンセプトに毎月2回、ボランティアの運営によりランチを200円程度で提供。食事や会話を楽しみながら、困り事や心配事を打ち明けられる場となっている。これまで子ども連れの家族の利用があったが、孤食でさびしい思いをしている子どもも利用できる場にしたいと利用対象の拡大を明確にし、リニューアルした。北見高齢者110番の家は4月、認知症による徘徊(はいかい)などの行方不明者を捜索する組織「行方不明から安全に戻れる事を願う会」と合併。新組織「北見高齢者・こども110番の家」(中崎孝俊会長)となっており、きたほっとを行方不明者の捜索拠点としても活用する。リニューアル後、初の営業となった11日にオープニングセレモニーが行われた(写真)。福祉関係者や地域住民ら約50人が出席し、中崎会長が「子どもと高齢者が生き生き活動する場所になるよう、ご支援、ご協力をお願いします」と呼び掛けた。きたほっとの問い合わせは、デイサービスエーデルワイス5号館(TEL 0157-33-5671)へ。 (匡) (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

高齢者・こども地域食堂 きたほっとホームページ

北見高齢者・こども110番の家 きたほっとホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

きたほっと の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年9月1日(土) 改築オープン (北海道 美幌町民会館)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

平成30年9月1日(土) 改築オープン (北海道 美幌町民会館)

関連記事

美幌町民会館 9月1日オープン 新設で会館機能充実、災害に強い施設に / 新しい美幌町民会館が9月1日(土)にオープンする。小・中のホールや会議室など会館機能の充実に加え、自家発電設備、受水槽を設け、災害に強い施設に生まれ変わった。9月1日、19日(水)はオープン記念事業として美幌町芸術文化鑑賞事業実行委員会などによるコンサートが企画され、8月21日(月)には町民見学会も開かれる。1日、19日に記念コンサート 8月21日には町民見学会も / 町民会館は昭和44年の建設から46年が過ぎて老朽化。平成23年に実施した耐震診断では、耐震改修をしてもあと何年使用できるか分からないという結果が出たため、平成28年9月から全面改築工事を行ってきた。総事業費は13億1674万円で、過疎債で9割近くを占めている。工事は30年7月に完了。建物は鉄骨造地下1階地上3階建で延床面積2576平方メートル。約90人収容の小ホール、200人規模の中ホールをはじめ、会議室8室、配膳室、プレイルームなどで構成される。照明は全てLEDを使用。全館がバリアフリー構造で、エレベーターは2基設けた。防災面では自動火災報知設備と自家発電設備、受水槽に加え、毛布やジェットヒーター、石油ストーブ、投光器なども備える。9月1日は午前9時からオープニングセレモニー。午後6時半から小ホールで美幌町出身のサックス奏者の北守一生さん、西尾貴浩さんのコンサートを開く。前売券は一般2千円、高校生以下千円。町民会館など町内5カ所で扱っている。9月19日は午後6時半から中ホールでチェロ奏者の土田英順さんのチャリティコンサートを開催。入場無料だが整理券が必要。8月21日の町民見学会は午前10時、午後2時、6時半からの全3回。各40分ほどで、希望者は開始時刻の10分前に町民会館へ。問い合わせは町民会館(TEL 0152-73-4187)へ。(浩) (2018年8月16日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町民会館「びほーる」美幌町ホームページ

関連エントリ

フルコンサートピアノ(美幌町民会館びほーる) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町民会館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走郡美幌町内の 美幌こども食堂

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道網走郡美幌町内の 美幌こども食堂

関連記事

21日から「美幌こども食堂」 わいわい楽しく食事を 当面2カ所、月2回ずつ開設 / 子ども達に無料で食事を提供する「美幌こども食堂」が、美幌町内に開設される。子どもに限らず誰でも利用できるのが大きな特徴。町内で農業を営む代表の大屋充さん(43)は「子ども達を中心に、みんなでわいわい楽しく食事ができる場に」と、気軽な参加を呼び掛けている。町民だれでも利用可能 地域の輪づくり”ひと役 / 美幌こども食堂の狙いは、子ども達を栄養面でサポートすることに加え、誰もが利用できるようにすることで異世代交流や見守りなど子どもを中心にしたコミュニティづくり。大屋さん自身東陽小学校PTA役員でもあり「活動を通じて孤食や欠食など子ども達の食事事情を耳にした。少しでも力になれたら」と、学校の夏休み明けのスタートを目指し、準備を進めてきた。野菜は大屋さん自らが用意するほか、農業の仲間が無償で提供。開設の話を聞いた知人らから米や缶詰などの食材や寄付金も寄せられた。町内3つの小学校各校区での開設を目指すが、当面は旭小校区の青稲地区ふれあい会館(稲美)、美幌小校区の地域用水広報館(元町)の2カ所で、それぞれ月2回、午後5~7時に開設する。メニューは管理栄養士と相談して決定。8月はカレーライスを提供する予定という。大屋さんは「地産地消の安心できるメニューを提供したい。将来的には開設回数を週1回まで増やし、ゲームなど食事プラスアルファの部分も考えたい」と話している。利用料は一般200円で、高校生以下は無料。食物アレルギーの有無の把握などのため、登録が必要。9月までの開設日は次の通り。▽青稲地区ふれあい会館=8月21日、9月11日、18日 ▽地域用水広報館=8月23日、9月13日、20日 (浩) (8月18日の記事 経済の伝書鳩)

「美幌こども食堂」スタート 異世代和やかに食卓囲み / 子ども達に無料で夕食を提供する「美幌こども食堂」が21日、青稲地区ふれあい会館で初めて開かれた。子どもからお年寄りまで30人以上が訪れ、食卓を囲んでカレーライスに舌つづみを打った。子ども達を栄養面で支え、異世代交流の場を設けたいと、町内で農業を営む大屋充さん(43)が中心になって立ち上げた。高校生以下は無料、18歳以上は200円で夕食を提供する。初回は小中高生や親子連れを中心に5歳から88歳まで幅広い年齢層が訪れた。食卓を囲んで“来店客”同士の会話も生まれるなど、それぞれ和やかに食事を楽しんだ。町内から5歳の娘と訪れた女性(37)は「おいしい。さまざまな方と食事を楽しめるのがいい」と話した。大屋さんは「次回の予約も入り、思った以上のスタート。ふれあいの場として互いの見守りにつなげていきたい」と話している。9月は11、18日に青稲地区ふれあい会館、13、20日に地域用水広報館で開設。時間いずれもは午後5~7時。(浩) (2018年8月24日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌こども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第56回北海道障がい者スポーツ大会 (美幌町身体障害者福祉協会)

bi_bo.jpg

第56回北海道障がい者スポーツ大会 (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

北海道障がい者スポーツ陸上… 昨年上回る8人入賞 5人が優勝 / 美幌町身体障害者福祉協会 / 美幌町身体障害者福祉協会の会員8人が、7月に岩見沢市内で開かれた第56回北海道障がい者スポーツ大会陸上競技で4位以内に入賞し、うち5人が優勝を果たした。協会は毎年のように大会に選手を送り出し、今年は昨年の7人入賞を上回る成績を挙げた。大会は競技ごとに肢体、聴覚など障がい別に細かい区分があり、男性(62)が1500メートル、男性(70)がソフトボール投げで優勝。男性(74)が走り幅跳び、女性(86)と女性(76)がジャベリックスロー(やり投げ)を制した。男性(68)がソフトボール投げ、男性(72)が砲丸投げでともに2位。女性(73)がソフトボール投げで4位に入った。(浩) (2018年8月9日の記事 経済の伝書鳩)

障害者スポーツ(しょうがいしゃスポーツ)とは、身体障害や知的障害などの障害がある人が行うスポーツのこと。既存のスポーツを障害者の要求に応じて修正したものが多い。アダプテッド・スポーツ(adapted sports、(障害者に)合わせたスポーツ)とも、パラスポーツ(para-sports、もう一つのスポーツ)ともいう。しかしながら、全部が健常者のスポーツの修正版ではなく、障害者のために考案された独自のスポーツもいくつか存在する。 (障害者スポーツ – Wikipedia)

関連サイト

北海道障がい者スポーツ協会のホームページ

関連エントリ

美幌の女性(64歳)、金・銀メダル獲得。 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町身体障害者福祉協会の会員10人が、メダルを獲得。(北海道障害者スポーツ大会) – 美幌音楽人 加藤雅夫

障害者スポーツ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 親睦ゲーム大会開催について (美幌町身体障害者福祉協会)

bi_bo.jpg

2018年 親睦ゲーム大会開催について (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

親睦ゲーム大会開催について / 初秋の候、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか。毎年、障害者の日(12月9日)を記念して開催しております親睦ゲーム大会を、下記の日程で開催することとなりました。参加される方は午前の部2種目、午後の部2種目を選んで、地区理事に申し込み下さる様お願い致します。会員皆様の多数のご参加を、お待ちしております。尚、ご不明な点は(電話0152-72-1165 担当 : 小西)までお問い合わせ下さい。とき : 平成30年10月7日(日曜日) / ところ : しゃきっとプラザ(集団健診ホール) / 受付 : 午前9時00分 / 開会式 : 午前9時15分 / 競技開始 : 午前9時30分 / 種目 : 午前の部 ミニボーリング・輪投げ・正確投げ・フライングディスク・スカットボール・室内ペタンク / 昼食 身障協で準備 / 午後の部 室内パーク・サイコロゲーム・ストライクナイン・玉入れ。準備の都合もありますので、理事は参加者を取りまとめのうえ、9月20日(木)ハガキ必着で、社会福祉協議会事務局へ返信を宜しくお願い致します。参加者が無い場合も「参加者なし」とハガキに記入して、必ず返信して下さい。 (平成30年7月31日 美幌町身体障害者福祉協会)

関連サイト

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 身障協日帰り研修旅行ご案内 (美幌町身体障害者福祉協会)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2018年 身障協日帰り研修旅行ご案内 (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

身障協日帰り研修旅行(ご案内) / 盛夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今年度も日帰り研修旅行を下記の日程で計画いたしました。皆様お誘いの上、多くの方々のご参加を、お待ちしております。とき : 平成30年9月17日(月)。ところ : 清里焼酎醸造所 清里町羽衣62番地。斜里町知床博物館 斜里町本町42-2。昼食代 : 会員・家族等1人500円(当日受付けます)。集合場所 : しゃきっとプラザ前 午前9時00分。コミュニティセンター 午前9時10分。移動車両 : 美幌町多目的バス。持ち物 : 保険証・身障手帳・その他必需品。その他 : 当日、都合により欠席した場合、参加費については徴収いたしますので、ご了承下さい。参加される方は、裏面の案内チラシをご持参下さい。準備の都合がありますので、地区理事は、上記の参加者を取りまとめ9月5日(水)までの同封した葉書にて、事務局必着で申し込みをお願いいたします。参加者が無い場合も「参加者なし」とハガキに記入の上、必ず事務局へ返信して下さい。不明な点がありましたら、ご連絡下さい。社協 : 身障協事務局 0152-72-1165 (平成30年7月31日 美幌町身体障害者福祉協会)

関連サイト

清里焼酎醸造所ホームページ

斜里町知床博物館ホームページ

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

800px-Smallcrane.jpg

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

関連記事

26日・ふれあい広場びほろ 桜満開に協力を、新イベント「みんなで描こう!ゆびアート」 / 第32回ふれあい広場びほろが26日(日)午前10時~午後1時に美幌町しゃきっとプラザで開かれる。町内の保健、福祉、ボランティアなど36機関・団体でつくる実行委員会が主催する。昨年までのTシャツファッションショーに代わるメーンイベントは「みんなで描こう!ゆびアート」。桜の木が描かれた1.8メートル四方の木の板に、来場者に指で花びらを描いてもらう。実行委は「子どもからお年寄りまで参加して、満開の桜を完成させてほしい」と呼び掛ける。また、子どもの参加を促そうと「あつまれKIDS!つみあげてGO!」コーナーも設ける。大小の箱を積み上げるなどして得点を競い、高得点を出した子どもに景品をプレゼントする。このほか、折り紙などの「ふれあい体験」、手話やペーパークラフトなどの「まなび体験」、健康チェックなどの「健康」の各コーナーを開設。焼き鳥などの屋台も出店する。問い合わせは実行委事務局の美幌町社会福祉協議会(TEL 0152-72-1165)へ。 (2018年8月11日の記事 経済の伝書鳩)

第32回ふれあい広場 / 今年で32回目となる「ふれあい広場びほろ」を開催いたします。
主に町内の保健・医療・福祉関係団体が連携・協力し、さまざまな体験コーナーや健康測定、飲食屋台など、お子様からご年配の方まで誰もが楽しめるイベントを企画しております。ぜひ会場へ遊びにお越しください! お問い合わせ / 保健福祉グループ 健康推進担当 電話:0152-73-1111 (第32回ふれあい広場 | 美幌町)

ふれあい広場びほろ 指で花びらを…満開の桜の木完成 / 幅広い世代が催し楽しむ / ノーマライゼーション精神の普及などを目指す、第32回ふれあい広場びほろが8月26日、美幌町しゃきっとプラザで開かれた。主催は町内の保健、医療、福祉関係36団体でつくる実行委員会。幅広い年代がさまざまな催しを楽しんだ。プラザ駐車場と1~3階で肺年齢や血管年齢のチェック、手話体験、認知症○×クイズなどが行われたほか、屋台も並んだ。1階ロビーの「指アートで花を咲かせよう!」のコーナーでは、美幌高校の生徒が描いた幅、高さ1メートル80センチの桜の幹や枝に、訪れた人が絵筆の代わりに指でピンク色の花びらを描き込んだ。子どもからお年寄りまでが参加し、広場終了時には満開の桜が完成していた。(浩) (2018年9月1日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

しゃきっとプラザ | 美幌町

ふれあい広場 | 場美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ふれあい広場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る