映画 カテゴリのアーカイブ

日本の女優(舞台女優) 栗原小巻(Komaki Kurihara)について

800px-Its_all_about_love.jpg

日本の女優(舞台女優) 栗原小巻(Komaki Kurihara)について

関連記事

栗原 小巻(くりはら こまき Komaki Kurihara、1945年3月14日 – )は、日本の女優。人物・来歴 / 70年代に入ると舞台女優としての評価も高まり、多くの賞を受賞する。ロシア(旧ソ連)との繋がりも深く、1981年には日本で初めてソ連の演出家(A・エーフロス)を招いて行った舞台公演『櫻の園』に主演した。日ソ合作映画にも主演(『モスクワわが愛』(1974年)、『白夜の調べ』(1978年)、『未来への伝言』(1990年))。『未来への伝言』では企画も担当した。読書アンケートでも、愛読書の一つにレフ・トルストイ『戦争と平和』を挙げている。1991年の中国映画『乳泉村の子』(謝晋監督、中国題名『清涼寺鐘聲』)にも主演し、日本中国文化交流協会代表理事も務めるなど中国との繋がりも深い。クラシック・バレエを特技とし、映画の中でもその姿が見られる。また、ダークダックスと共にロシア・ソ連の歌を紹介するテレビ番組に出演したことがあり、ソロでLPレコードを発売したこともある。玄人受けする演技力と現代的美貌から熱狂的な男性ファンが多く、吉永小百合ファンが「サユリスト」と呼ばれたのに対し、栗原小巻ファンは「コマキスト」と呼ばれた(奇しくも吉永とは生年月日が1日違い)。アイドル的存在として人気を二分したが、中年以降、吉永が映画を主軸に据えているのに対し、栗原は舞台を主軸としている[1]。近年は舞台の衣装デザインも手がけている。(栗原小巻 ー-Wikipedia

Komaki Kurihara (栗原 小巻 Kurihara Komaki, born 14 March 1945) is a Japanese film actress. She has appeared in 30 films since 1967. She starred in the 1974 film Sandakan No. 8, which was entered into the 25th Berlin International Film Festival. In 1975 she was a member of the jury at the 9th Moscow International Film Festival. In 1981 she was a member of the jury at the 12th Moscow International Film Festival. (Komaki Kurihara – Wikipedia

関連サイト

img_history50_22.jpg

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

img_history50_10.jpg

團伊玖磨没後10年に寄せて(びほろのコマキスト) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

コマキスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

栗原小巻 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Komaki Kurihara の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の映画 北の桜守(日本の女優 吉永小百合)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本の映画 北の桜守(日本の女優 吉永小百合)について

関連記事

網走で市民を前にトークショー 映画「北の桜守」主演 吉永 小百合さん / 網走市などでロケが行われた、映画「北の桜守」主演の俳優・吉永小百合さんを招いたトークショーが、市内エコーセンターで開かれた。吉永さんは、集まった約400人の市民に向け「『北の桜守』は網走のみなさんに協力してもらい、素敵な映画になったと思っています」などと感謝していた。

網走のみなさんの協力で素敵な映画に 厳冬期の撮影時の苦労話など披露 / トークショーで吉永さんは、網走ロケの思い出として能取岬の冬の寒さにふれ「冷凍庫に入った感じがして、顔が、鼻の頭もほっぺも耳もどんどん赤くなるんですよね」と表現し、「そしてどんどん(顔などが)小さくなっていきました」と会場を笑わせた。網走ロケは昨年、能取岬付近のほか大曲湖畔園地などで行われた。厳冬期の撮影がほとんどで、俳優やスタッフ陣は苦労したという。吉永さんは網走ロケを振り返り、「寒い中で温かい食べ物を差し入れてもらったり、(網走市民)みなさんの気持ちが伝わってきた。120本の映画に出演したが、この経験をいかして、これからも少しずつ映画の世界を歩いていきたいと思っています」と頭を下げると、会場から大きな拍手が送られた。トークショーでは網走市内の複数の合唱団が一堂に会し、映画「北の桜守」の主題歌を歌い上げた。「北の桜守」は第二次世界大戦後の網走市などを舞台に、激動の時代を生き抜いた母と息子の互いに寄せる愛情などを描いた感動作。吉永さんは映画公開を記念し、上映するイオンシネマ北見でも舞台あいさつした。(大)(2018年5月3日の記事 経済の伝書鳩

『北の桜守』(きたのさくらもり)は、2018年3月10日に全国東映系で公開された日本映画。『北の零年』(2005年)、『北のカナリアたち』(2012年)に続く「北の3部作」の最終章[1]。監督は滝田洋二郎。主演は吉永小百合で、本作が120本目の映画出演作となる。(北の桜守 – Wikipedia

吉永 小百合(よしなが さゆり Sayuri Yoshinaga、1945年3月13日[2] – )は、日本の女優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。経歴 / 2010年(平成22年) – 文化功労者。人物 / 現在のテレビ出演はほぼCMのみであり、映画を中心に活動している。出演作品 映画 / 北の桜守(2018年3月10日公開、東映) – 主演・江蓮てつ 役。(吉永小百合 – Wikipedia

関連サイト

吉永小百合 ホームページ(非公式)

関連エントリ

「北の桜守」プレミアム上映会(北海道 網走市) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北の桜守 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

吉永小百合 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チャールズ・チャップリン(Charle Chaplin)について

455px-Chaplin-charlie.jpg

チャールズ・チャップリン(Charle Chaplin)について

関連記事

5月14日 歴史 / 1932年 チャップリンが初来日。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1932年 – チャールズ・チャップリンが初の来日。(5月14日 – Wikipedia

“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer “Charlie” Chaplin, KBE、1889年4月16日 – 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。生涯 / 映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。1889年4月16日、イギリス・ロンドンのケニントン地区、ランベスのイースト・レーンで生まれた。死去 / 1977年のクリスマスの朝、スイス・ヴェヴェイの街を見渡せる村コルズィエ=スュール=ヴェヴェイの自宅で死去。88歳だった。技術的・音楽的な特徴 / 1929年には、アメリカの大半がトーキー(サウンド)映画に移行する中で、「パントマイム芸こそが世界共通語」だと疑わぬチャップリンには信念があった。実際1931年の『街の灯』では、サイレント形式にこだわりつつも、全編にわたって初めて音響効果を伴うサウンドを付けた。チャップリンの作曲した楽曲としては、“スマイル”(Smile)(『モダン・タイムス』)や“エターナリー”(Eternally)(『ライムライト』)が有名。プッチーニのアリアにも似た美しい“スマイル”は、最初歌詞が付けられていなかったが、1954年に歌詞が付けられ、ナット・キング・コールの歌により大ヒットした。チャップリンと日本 / 戦前に日本で公開されたチャップリン映画は『モダン・タイムス』(1938年/昭和13年封切)までで、太平洋戦争による空白期間を経て、戦後初のチャップリン作品は『黄金狂時代』サウンド版だった(1946年/昭和21年)。1940年製作の『独裁者』は1960年(昭和35年)に封切られた。チャップリンが映画の中で使用した有名な根鞭ステッキは、滋賀県草津市の特産品で、地元の竹(寒竹)で作られており、しなりが強い。ただし最初からステッキを使っていたわけではなく、当初は雨傘を用いていた。運転手(後に秘書)として採用した高野虎市の仕事ぶりを高く評価していたため、一時家の使用人がすべて日本人で占められていた。2番目の夫人リタ・グレイは、「まるで日本の中で暮らしているかのよう」と評した。1932年(昭和7年)5月14日に初来日。東京駅には推定4万人の群衆が押し寄せた。当時の新聞記事は「何のことはない、震災当時の避難民の喧騒と怒号が渦巻いていた」と伝えた。翌日には首相官邸で歓迎会に出席する予定であったが、ただならぬ五・一五事件に遭遇して、多大な衝撃を受けた。5月19日に五・一五事件で殺害された犬養首相の葬儀が総理官邸の大ホールでとり行われた。その際にチャップリンは「憂国の大宰相・犬養毅閣下の永眠を謹んで哀悼す」との弔電を寄せた。この事に驚く参列者も多かった。2006年に日本チャップリン協会が設立された。名誉会長は黒柳徹子、最高顧問にジョゼフィン・チャップリン、名誉顧問に山口淑子、会長に大野裕之が就任、本部は京都大学にある。(チャールズ・チャップリン – Wikipedia

Sir Charles Spencer Chaplin, KBE (16 April 1889 – 25 December 1977) was an English comic actor, filmmaker, and composer who rose to fame in the era of silent film. Chaplin became a worldwide icon through his screen persona “the Tramp” and is considered one of the most important figures in the history of the film industry. His career spanned more than 75 years, from childhood in the Victorian era until a year before his death in 1977, and encompassed both adulation and controversy.
Charlie Chaplin – Wikipedia

375px-Charles_Chaplin_and_Sumo_wrestlers.jpg

関連サイト

Charlie Chaplin : Official Website

日本チャップリン協会のホームページ

チャップリン公式/日本チャップリン協会 (@chaplin_japan) | Twitter

日本チャップリン協会 – ホーム | Facebook

関連エントリ

チャールズ・チャップリン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チャップリン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Charle Chaplin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Chaplin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ルイ・アームストロングのハロー・ドーリー(Hello, Dolly)について

330px-Trumpet_piccolo_2.jpg

ルイ・アームストロングのハロー・ドーリー(Hello, Dolly)について

関連記事

5月9日 できごと / 1964年 – 全米ヒットチャートでルイ・アームストロングの「ハロー・ドーリー!」が1位になり、2月1日から続いていたビートルズの連続1位の記録を14週でストップさせる。(5月9日 – Wikipedia

『ハロー・ドーリー!』(Hello, Dolly! )は、1969年公開のアメリカのミュージカル映画。概要 / ミュージカル『ハロー・ドーリー!』を映画化した作品。監督はジーン・ケリー。振り付けはマイケル・キッドが担当した。第42回アカデミー賞において、美術賞・ミュージカル音楽賞・録音賞の3部門を受賞した。客演したルイ・アームストロングの歌う主題曲『ハロー・ドーリー!(英語版)』は、ポピュラー音楽としても広く知られる。なお、アームストロングによる歌詞は、それまでのミュージカルで使用されているものとリフレイン部分の歌詞が若干異なる。(ハロー・ドーリー! (映画) – Wikipedia

“Hello, Dolly!” is the title song of the popular 1964 musical of the same name. Louis Armstrong’s version was inducted in the Grammy Hall of Fame in 2001. The music and lyrics were written by Jerry Herman, who also wrote the scores for many other popular musicals including Mame and La Cage aux Folles. History / “Hello, Dolly!” was first sung by Carol Channing, who starred as Dolly Gallagher Levi in the original 1964 Broadway cast. In December 1963, at the behest of his manager, Louis Armstrong made a demonstration recording of “Hello, Dolly!” for the song’s publisher to use to promote the show. Hello, Dolly! opened on January 16, 1964 at the St. James Theatre in New York City, and it quickly became a major success. The same month, Kapp Records released Armstrong’s publishing demo as a commercial single. His version reached number one on the U.S. Billboard Hot 100, ending The Beatles’ streak of three number-one hits in a row over 14 consecutive weeks (in addition to holding the second and third chart positions) and becoming the most successful single of Armstrong’s career, followed by a gold-selling album of the same name. The song also spent nine weeks atop the adult contemporary chart shortly after the opening of the musical. The song also made Armstrong the oldest artist ever to reach #1 on the Hot 100 since its introduction in 1958. Billboard ranked the record as the No. 3 song of 1964, behind the Beatles’ “I Want to Hold Your Hand” and “She Loves You.”[3] In 1965, Armstrong performed the song on a German variety show with musician and bandleader Max Greger. “Hello, Dolly!” won the Grammy Award for Song of the Year in 1965, and Armstrong received a Grammy for Best Vocal Performance, Male. Louis Armstrong also performed the song (together with Barbra Streisand) in the popular 1969 film Hello, Dolly!. (Hello, Dolly! (song) – Wikipedia

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日[1] – 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。1960年代、時代がビートルズを代表とするポップ・ミュージック一色となる中でも、多くのアメリカ国民に受け入れられた。特に「ハロー・ドーリー!」は1964年5月9日付けの全米NO1を記録し、その年の2月から3ヶ月間1位を独占していたビートルズの連続1位の記録をストップさせ、当時63歳のルイの偉業は全米を驚愕させた。(ルイ・アームストロング – Wikipedia

関連エントリ

ハロー・ドーリー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hello, Dolly の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ルイ・アームストロング の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Louis Armstrong の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

レット・イット・ビー(Let It Be)について

レット・イット・ビー(Let It Be)について

関連記事

5月8日 歴史 / 1970年 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 できごと / 1970年 – ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 – Wikipedia

『レット・イット・ビー』(”Let It Be”)は、イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバムである。また、同名映画のサウンドトラックである。(レット・イット・ビー – Wikipedia

「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。解説 / 名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。(レット・イット・ビー (曲) – Wikipedia

Let It Be is the twelfth and final studio album by the English rock band the Beatles. It was released on 8 May 1970, almost a month after the group’s break-up. Like most of the band’s previous releases, it was a number one album in many countries, including both the US and the UK, and was released in tandem with the motion picture of the same name. (Let It Be – Wikipedia

“Let It Be” is a song by the English rock band the Beatles, released in March 1970 as a single, and (in an alternate mix) as the title track of their album Let It Be. At the time, it had the highest debut on the Billboard Hot 100, beginning its chart run at number 6. It was written and sung by Paul McCartney. (Let It Be (song) – Wikipedia

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

関連サイト

middle_1265988833.jpg

middle_1258902737.jpg

ブログ友達に励まされて | 心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

レット・イット・ビー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

”Let It Be” の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ハワイの国王 カメハメハ1世(Kamehameha I)について

568px-Kamehameha_I_head_to_waist_5111.jpg

ハワイの国王 カメハメハ1世(Kamehameha I)について

関連記事

5月8日 忌日 / 1819年 カメハメハ1世(カメハメハ大王) (ハワイ国王(初代),ハワイ全島を統一) Kamehameha I (5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

カメハメハ1世(Kamehameha I、1758年 – 1819年、生年は諸説あり)はハワイ諸島を初めて統一して1810年にハワイ王国を建国し、初代国王となった人物である。カメハメハ大王の名でも親しまれる。「カ・メハメハ」はハワイ語で「孤独な人」、「静かな人」の意。なお、ハワイ語は文字を持たない言語であった関係で、古い文献などではハメハメハ (Hamehameha) と表記される例も見られる。(カメハメハ1世 – Wikipedia

Kamehameha I (Hawaiian pronunciation: [kəmehəˈmɛhə]; c. 1736? – May 8 or 14, 1819 ), also known as Kamehameha the Great (full Hawaiian name: Kalani Paiʻea Wohi o Kaleikini Kealiʻikui Kamehameha o ʻIolani i Kaiwikapu kauʻi Ka Liholiho Kūnuiākea), was the founder and first ruler of the Kingdom of Hawaii. A statue of him was given to the National Statuary Hall Collection in Washington, D.C. by the state of Hawaii as one of two statues it is entitled to give. (Kamehameha I – Wikipedia

関連サイト

King Kamehameha I – ハワイ州観光局

関連エントリ

アロハ! King Kamehameha Day 2010 in Hawaii – 美幌音楽人 加藤雅夫

カメハメハ1世 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kamehameha I の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)について

463px-Joseph_Willibrod_Mhler_001.jpg

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)について

関連記事

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri、1750年8月18日 – 1825年5月7日)はイタリアのレニャーゴ生まれの作曲家。生前は神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕えるカペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立つ人物であり、またベートーヴェン、シューベルト、リストらを育てた名教育家でもあった。死後はその名と作品を忘れられたが、戯曲『アマデウス』(1979年)およびその映画版(1984年)の主人公として取り上げられたため、知名度が上昇。2003年に大メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリがアルバムを出すなど、21世紀に入ってからは音楽家としての再評価の動きもあり、2009年からは生地レニャーゴでサリエリ・オペラ音楽祭が毎年開催されている。(アントニオ・サリエリ – Wikipedia

Antonio Salieri (18 August 1750 – 7 May 1825) was an Italian classical composer, conductor, and teacher. He was born in Legnago, south of Verona, in the Republic of Venice, and spent his adult life and career as a subject of the Habsburg Monarchy. Salieri was a pivotal figure in the development of late 18th-century opera. As a student of Florian Leopold Gassmann, and a protégé of Christoph Willibald Gluck, Salieri was a cosmopolitan composer who wrote operas in three languages. Salieri helped to develop and shape many of the features of operatic compositional vocabulary, and his music was a powerful influence on contemporary composers. Appointed the director of the Italian opera by the Habsburg court, a post he held from 1774 until 1792, Salieri dominated Italian-language opera in Vienna. During his career he also spent time writing works for opera houses in Paris, Rome, and Venice, and his dramatic works were widely performed throughout Europe during his lifetime. As the Austrian imperial Kapellmeister from 1788 to 1824, he was responsible for music at the court chapel and attached school. Even as his works dropped from performance, and he wrote no new operas after 1804, he still remained one of the most important and sought-after teachers of his generation, and his influence was felt in every aspect of Vienna’s musical life. Franz Liszt, Franz Schubert, and Ludwig van Beethoven were among the most famous of his pupils. Salieri’s music slowly disappeared from the repertoire between 1800 and 1868 and was rarely heard after that period until the revival of his fame in the late 20th century. This revival was due to the dramatic and highly fictionalized depiction of Salieri in Peter Shaffer’s play Amadeus (1979) and its 1984 film version. The death of Wolfgang Amadeus Mozart in 1791 at the age of 35 was followed by rumours that he and Salieri had been bitter rivals, and that Salieri had poisoned the younger composer, yet it is likely that they were, at least, mutually respectful peers. (Antonio Salieri – Wikipedia

関連エントリ

山口昌男へ追悼の曲 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アントニオ・サリエリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Salieri の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

2009.02.01_2.jpg

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

関連記事

美幌町図書館の お知らせ / 平成30年度お楽しみ文学館上映予定 / お楽しみ文学館は、毎月第2金曜日 午後1時30分(13:30)より上映開始です。※上映内容は新規購入などにより変更することがあります。5月11日「くちびるに歌を」出演 / 新垣結衣 木村文乃 他 上映時間 / 132分 終了時間 / 15:42。(お知らせ ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の カレンダー 2018年5月 / 11日 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」13:30〜15:42。(カレンダー 2018年5月 ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の 行事予定 2018年5月 / 5月の行事 / 11日(金) 13:30〜15:42 2階 視聴覚室 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」(132分) 故郷である長崎県五島列島へ、代理の音楽教師として戻ったユリ。いやいや合唱部の顧問になった彼女は、15歳の生徒たちが悩みを抱え、合唱に救いを求めていたことを知る。そして、生徒たちに向き合うようになるが…。監督:三木孝浩 出演:新垣結衣、木村文乃 他。(今月の行事 ー 美幌町図書館のホームページ

『くちびるに歌を』(くちびるにうたを)は、中田永一の青春小説。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の作者であるアンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとに小説化された。(くちびるに歌を – Wikipedia

関連サイト

美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

お楽しみ文学館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

450px-Alstromeria_aurantiaca1.jpg

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was born into a family of humble origin in Lorca, Region of Murcia. His father gave him his first guitar when he was four years old, and took the boy five miles on a donkey to and from lessons three days a week. Yepes took his first lessons from Jesus Guevara, in Lorca. Later his family moved to Valencia when the Spanish Civil War started in 1936. On 16 December 1947 he made his Madrid début, performing Joaquín Rodrigo’s Concierto de Aranjuez with Ataúlfo Argenta conducting the Spanish National Orchestra. The overwhelming success of this performance brought him renown from critics and public alike. Soon afterwards, he began to tour with Argenta, visiting Switzerland, Italy, Germany, and France. During this time he was largely responsible for the growing popularity of the Concierto de Aranjuez, and made two early recordings, both with Argenta[6] – one in mono with the Madrid Chamber Orchestra (released between 1953 and 1955), and the second in stereo with the Orquesta Nacional de España (recorded in 1957 and released in 1959). On 18 May 1951, as he leant on the parapet of a bridge in Paris and watched the Seine flow by, Yepes unexpectedly heard a voice inside him ask, “What are you doing?” He had been a nonbeliever for 25 years, perfectly content that there was no God or transcendence or afterlife. But that existential question, which he understood as God’s call, changed everything for him. He became a devout Catholic, which he remained for the rest of his life. In 1952 a work (”Romance”), Yepes claims to have written when he was a young boy,[10] became the theme to the film Forbidden Games (Jeux interdits) by René Clément. Despite Yepes’s claims of composing it, the piece (”Romance”) has often been attributed to other authors; indeed published versions exist from before Yepes was even born[citation needed], and the earliest known recording of the work dates from a cylinder from around 1900.[citation needed] In the credits of the film Jeux Interdits, however, “Romance” is credited as “Traditional: arranged – Narciso Yepes.” Yepes also performed other pieces for the Forbidden Games soundtrack. His later credits as film composer include the soundtracks to La Fille aux yeux d’or (1961) and La viuda del capitán Estrada (1991). He also starred as a musician in the 1967 film version of El amor brujo. In Paris he met Maria Szumlakowska, a young Polish philosophy student, the daughter of Marian Szumlakowski, the Ambassador of Poland in Spain from 1935 to 1944. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. In 1964, Yepes performed the Concierto de Aranjuez with the Berlin Philharmonic Orchestra, premièring the ten-string guitar, which he invented in collaboration with the renowned guitar maker José Ramírez III. After 1964, Yepes used the ten-string guitar exclusively, touring all six inhabited continents, performing in recitals as well as with the world’s leading orchestras, giving an average of 130 performances each year. He recorded the Concierto de Aranjuez for the first time with the ten-string guitar in 1969 with Odón Alonso conducting the Orquesta Sinfonica R.T.V. Española. Apart from being a consummate musician, Yepes was also a significant scholar. His research into forgotten manuscripts of the sixteenth and seventeenth centuries resulted in the rediscovery of numerous works for guitar or lute. He was also the first person to record the complete lute works of Bach on period instruments (14-course baroque lute). In addition, through his patient and intensive study of his instrument, Narciso Yepes developed a revolutionary technique and previously unsuspected resources and possibilities. He was granted many official honours including the Gold Medal for Distinction in Arts, conferred by King Juan Carlos I; membership in the Academy of “Alfonso X el Sabio” and an Honorary Doctorate from the University of Murcia. In 1986 he was awarded the Premio Nacional de Música of Spain, and he was elected unanimously to the Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. In the 1980s, Yepes formed Trio Yepes with his son Ignacio Yepes on flute and recorder and his daughter Ana dancing to her own choreography. After 1993, Narciso Yepes limited his public appearances due to illness. He gave his last concert on 1 March 1996 in Santander (Spain). He died in Murcia in 1997, after a long battle with lymphoma. (Narciso Yepes – Wikipedia

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。(ナルシソ・イエペス – Wikipedia



関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

Ana Yepes (アナ・イエペス)| earlydance.org

Ana Yepes(アナ・イエペス) | Facebook

関連エント

Trio Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

トリオ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

関連記事

Saung-kauk.jpg

Biruma_no_tategoto_1.jpg

『埴生の宿』(はにゅうのやど/はにふのやど)は、日本で親しまれているイングランド民謡。原題は『ホーム・スイート・ホーム』(英: Home! Sweet Home!)で、「楽しき我が家」という訳題でも知られる。ホーム・スイート・ホーム / 1823年に作詞・作曲され、同年初演のオペラ『ミラノの乙女クラリ』(Clari, Maid of Milan)の中で歌われた。作曲 / イギリスのヘンリー・ローリー・ビショップ作曲。なお、ビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われいる。作詞 / アメリカ合衆国のジョン・ハワード・ペイン(John Howard Payne, 1791年 – 1852年)作詞。埴生の宿 / 日本では、里見義訳詞の唱歌『埴生の宿』として広く知られている。この訳詞は1889年(明治22年)12月に東京音楽学校が出版した『中等唱歌集』に収載された。太平洋戦争勃発に伴い、洋楽レコードが「敵性レコード」として廃棄が呼びかけられる中でも、『埴生の宿』や『庭の千草』など歌詞を邦訳にしたものは、国民生活になじんでいるとして敵性レコードから除外された。2006年(平成18年)には日本の歌百選の一つに選ばれている。小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵がともに歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われている。映画、ドラマなどで使われた例として前述の『ビルマの竪琴』をはじめ、『二十四の瞳』(木下恵介監督版)、『火垂るの墓』、『純情きらり』、『ゲゲゲの女房』、『仮面ライダーV3』『マッサン』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』などがある。(埴生の宿 – Wikipedia

“Home, Sweet Home” is a song adapted from American actor and dramatist John Howard Payne’s 1823 opera Clari, or the Maid of Milan, the song’s melody was composed by Englishman Sir Henry Bishop with lyrics by Payne. Bishop had earlier published a more elaborate version of this melody, naming it “A Sicilian Air”, but he later confessed to having written himself. The song is known in Japan as “Hanyū no Yado” (”埴生の宿”) (”My Humble Cottage”). It has been used in such movies as The Burmese Harp and Grave of the Fireflies. It is also used at Senri-Chūō Station on the Kita-Osaka Kyūkō Railway. (Home! Sweet Home! – Wikipedia

ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 – 1855年4月30日)はイングランドの作曲家で、舞台音楽の専門家。一般に現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。(ヘンリー・ローリー・ビショップ – Wikipedia

Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs “Home! Sweet Home!” and “Lo! Here the Gentle Lark.” He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Bishop was Knighted in 1842. (Henry Bishop (composer) – Wikipedia

関連エントリ




埴生の宿 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヘンリー・ローリー・ビショップ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Home! Sweet Home! の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Henry Bishop (composer) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る