日露戦争 の検索結果: 5 件

東郷平八郎(Togo Heihachiro Того Хэйхатиро)について

395px-TogoTetsu.jpg

東郷平八郎(Togo Heihachiro Того Хэйхатиро)について

関連記事

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、Heihachiro Togo、弘化4年12月22日(1848年1月27日) – 昭和9年(1934年)5月30日)は、日本の幕末から明治時代の薩摩藩士、軍人。階級は元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長として高陞号事件に対処。日露戦争では連合艦隊司令長官として指揮を執り日本海海戦での完勝により英雄視され、「陸の大山 海の東郷」「アドミラル・トーゴー」「東洋のネルソン」と呼ばれた。世界三大提督(ジョン・ポール・ジョーンズ、ホレーショ・ネルソン、東郷平八郎)の1人。各地の東郷神社に名を残す。位階は従一位、勲位は大勲位、功級は功一級、爵位は侯爵。概要 / 明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し、日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人である。日露戦争においては、連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られることとなった。当時、日本の同盟国であったイギリスのジャーナリストらは東郷を「東洋のネルソン」と、同国の国民的英雄に比して称えている。日本では、大胆な敵前回頭戦法(丁字戦法)により日本を勝利に導いた世界的な名提督として、東郷と同藩出身者であり同じく日露戦争における英雄である満州軍総司令官・大山巌と並び、「陸の大山 海の東郷」と称され国民の尊敬を集めた。生涯 / イギリス留学 / 明治の世の中になると海軍士官として明治4年(1871年)から同11年(1878年)まで、イギリスのポーツマスに官費留学する。日露戦争 / 明治37年(1904年)2月10日からの日露戦争では、旗艦「三笠」に座乗してロシア海軍太平洋艦隊(後に第一太平洋艦隊へ改称)の基地である旅順港の攻撃(旅順口攻撃・旅順港閉塞作戦)や黄海海戦をはじめとする海軍の作戦全般を指揮する。6月6日には大将に昇進する。そして明治38年(1905年)5月27日に、ヨーロッパから極東へ向けて回航してきたロジェストヴェンスキー提督率いるロシアのバルチック艦隊(ロシア第二・第三太平洋艦隊、旗艦「クニャージ・スォーロフ」)を迎撃する。この日本海海戦に際し、「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」[注釈 1]との一報を大本営に打電した。また、艦隊に対し、「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げて全軍の士気を鼓舞した(#東郷の肉声も参照)。東郷は敵前で大回頭を行うという大胆な指示を出し、海戦に勝利を納めた。この回頭は「トウゴウ・ターン」と称された。死去 / 昭和9年(1934年)5月30日、喉頭癌、膀胱結石、神経痛、気管支炎の悪化のため満86歳で死去。死去の前日に侯爵に陞爵した。6月5日に国葬が執り行われた。(東郷平八郎 – Wikipedia

Marshal-Admiral The Marquis Tōgō Heihachirō, OM, GCVO (東郷 平八郎; 27 January 1848 – 30 May 1934), was a gensui or admiral of the fleet in the Imperial Japanese Navy and one of Japan’s greatest naval heroes. As Commander-in-Chief of the Combined Fleet during the Russo-Japanese War he successfully confined the Russian Pacific Fleet to Port Arthur before winning a decisive victory over a relieving fleet at Tsushima. Tōgō was termed by Western journalists as “the Nelson of the East”. (Tōgō Heihachirō – Wikipedia

Маркиз Того Хэйхатиро (яп. 東郷 平八郎 То:го: Хэйхатиро:, 27 января 1848, Кагосима — 30 мая 1934, Токио) — японский военно-морской деятель, маршал флота Японской империи (21 апреля 1913), командующий Объединённым флотом Японии в русско-японской войне 1904—1905 годов. (Того Хэйхатиро — Википедия

関連エントリ

Война и музыка 戦争と音楽 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日露戦争 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

東郷平八郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Togo Heihachiro の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Того Хэйхатиро の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本海海戦の記念日(5月27日)について

300px-Replace_this_image_JAsvg.png

日本海海戦の記念日(5月27日)について

関連記事

5月27日 記念日 / 日本海海戦の日 1905年のこの日、日本海海戦で東郷平八郎が率いる日本艦隊が、ロシアのバルチック艦隊に対して大勝利を収めた。後に「東郷ターン」と呼ばれる丁字型陣形をとり、敵艦に対して一斉射撃をして大勝利を収めた。(旧)海軍記念日 / 日本海海戦を記念し、戦前は記念日になっていた。1945年の第二次大戦敗戦の後、「陸軍記念日」とともに廃止された。5月27日 歴史 / 1905年 日露戦争で、東郷平八郎が率いる日本海軍聯合艦隊とロシア・バルチック艦隊との日本海海戦が始る。(5月27日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月27日 できごと / 1905年 – 日露戦争: 東郷平八郎が率いる日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦(28日にかけて)。5月27日 記念日 / 日本海海戦記念式典/海軍記念日(日本)1905年のこの日、日本海海戦で日本艦隊がロシアのバルチック艦隊に対して勝利を収めたことを記念。海軍記念日は第二次世界大戦後に廃止されたが、それ以降も財団法人三笠保存会などがこの日に記念式典を行っている。(5月27日 – Wikipedia

海軍記念日(かいぐんきねんび)は、世界各国で独自に祝われる海軍のための記念日である。陸軍記念日と対になっていることもある。日本 / 日本では、第二次世界大戦以前に5月27日を海軍記念日としていた。1905年5月27日に行われた日本海海戦を記念して制定された。1945年を最後に、日本の太平洋戦争敗戦により廃止された。日露戦争は、アジアの小国日本が白色人種の欧州の大国ロシアに初めて勝利を収めた。その中でも、遠路ヨーロッパ・バルト海から回航された強力なバルチック艦隊(ロシア名:第2・第3太平洋艦隊)を迎え撃ち、これを撃滅した日本海海戦(ロシア名:ツシマ海戦)は、陸上での奉天会戦の勝利(陸軍記念日)と並んで日本国民が記念すべき日とされ、海軍記念日として祝われた。現在の海上自衛隊も、この日の前後に基地祭などの祝祭イベントを設けている。主なものに、例年金刀比羅宮で行われる掃海殉職者慰霊祭がある。(海軍記念日 – Wikipedia

日本海海戦記念式典(にほんかいかいせんきねんしきてん)は、日露戦争における日本の帝国海軍の日本海海戦の勝利を記念して行われる式典のことである。概要 / 1905年(明治38年)5月27日、日本の帝国海軍は、日本海海戦にて、ロシアのバルチック艦隊を破り歴史的な勝利を収めた。これを記念して、同日(5月27日)は海軍記念日に制定された。 この海軍記念日は戦後になり廃止されたが、現在でも日本海海戦記念式典が毎年開催されている。(日本海海戦記念式典 – Wikipedia

日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日 – 28日)は、日露戦争中に行われた海戦である。日本以外ではこれを主力決戦の場所に因み対馬沖海戦(つしまおきかいせん、ロシア語: Цусимское сражение (Tsusimskoye srazheniye)、英語:Battle of Tsushima)と呼ぶ。この海戦は日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた。連合艦隊はロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力のほとんどを失わせたが、連合艦隊の損失は軽微という海戦史上稀な一方的勝利となった。これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。なお日本では上記のロシア海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を用いる。影響 / 日本では、5月27日は海軍記念日に制定された。海軍記念日は1945年(昭和20年)を最後に廃止されたが、現在でも日本海海戦記念式典が毎年開催されている。2005年(平成17年)5月には対馬市、横須賀市などでそれぞれ日本海海戦100周年記念の式典や大会が開催され、対馬市では海戦後初の合同慰霊祭が行われた。記念碑 / 福岡県福津市に日本海海戦紀念碑がある。また、毎年5月27日には横須賀の海上自衛隊で「日本海海戦記念式典」が催されている。1908年、サンクトペテルブルクに、「インペラートル・アレクサンドル3世」乗組員の慰霊碑「対馬オベリスク」(Цусимский обелиск) が建てられた。(日本海海戦 – Wikipedia

関連エントリ

Война и музыка 戦争と音楽 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日露戦争 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本海海戦 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

東郷平八郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日露戦争最後の戦い「樺太の戦い」

Relief_Map_of_Sakhalin_Oblastsvg.png

657px-Sea_of_Okhotsk_map.png

1905年(明治38年)7月31日
日露戦争最後の戦い「樺太の戦い」がロシア軍が降伏により終結。日本が全島を占領。

日露戦争
旅順口- 仁川沖- 旅順閉塞- 鴨緑江- 南山- 得利寺- 黄海- 蔚山沖- 宗谷沖- 旅順攻囲- 摩天嶺- 大石橋- 析木城- 遼陽- 沙河- 黒溝台- 奉天- 日本海- 樺太

日露戦争最後の戦い「樺太の戦い」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

あなたは、7月31日のニュースを知っていましたか?

499px-Relief_Map_of_Sakhalin_Oblast_svg.png

7月31日 のニュースブログ(Google 検索)

パラグライダー のニュースブログ(Google 検索)

蓄音機 のニュースブログ(Google 検索)

樺太 のニュースブログ(Google 検索)

あなたは、7月31日のニュースを知っていましたか? の全文を読む

このページの先頭へ戻る

屯田兵〜家族のみた制度と生活(北見市の歴史)

KaitakushiSapporoHonchosha1873-restoration.jpg

Flag_of_Hokkaido_Development_Commission.jpg

開拓使(かいたくし)は、北方開拓のために明治2年(1869年)7月8日から明治15年(1882年)2月8日まで置かれた日本の官庁である。 (Wikipedia

屯田兵(とんでんへい)は、明治時代に北海道の警備と開拓にあたった兵士とその部隊である。 屯田兵は家族を連れて入地し、入地前にあらかじめ用意された家「兵屋」と、未開拓の土地とを割り当てられた。 屯田兵の生活規則は厳しかった。 屯田兵は西南戦争、日清戦争、日露戦争に参加した。 2004年10月22日に「屯田兵村と兵屋」として北海道遺産に選定されている。 (Wikipedia

屯田兵〜家族のみた制度と生活(北見市の歴史) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る