バッハ の検索結果: 77 件

日本のピアニスト・作曲家 高橋悠治(Yuji Takahashi)

日本のピアニスト・作曲家 高橋悠治(Yuji Takahashi)

関連記事

高橋 悠治(たかはし ゆうじ、1938年9月21日 – )は、日本の作曲家、ピアニスト。 略歴 / 東京都生まれ。父は季刊誌『音楽研究』の編集長を務めた音楽評論家高橋均、母はピアニスト蔭山英子。ピアニストの高橋アキは実妹。ピアノとコンピュータによる即興演奏や、日本の伝統楽器と声のための作曲などの音楽活動を行っている。橋本国彦、團伊玖磨、柴田南雄、小倉朗に作曲を、伊藤裕、宅孝二にピアノを師事。桐朋学園短期大学作曲科を1958年に中退後、1960年の東京現代音楽祭でボー・ニルソンの『クヴァンティテーテン』(『量』)の日本初演でピアニストとしてデビューし、注目を浴びる。そののち、草月コンテンポラリー・シリーズにおいて、武満徹の『ピアノ・ディスタンス』、ジョン・ケージの『ウィンター・ミュージック』、ヤニス・クセナキスの『ヘルマ』などを演奏した。 1962年に秋山邦晴、一柳慧、小林健次らと実験的演奏家集団「ニュー・ディレクション」を結成。作曲家として同年にピアノ曲『エクスタシス』、電子音と12楽器による室内楽のための『フォノジェーヌ』、1963年にはテープと器楽アンサンブルのための『冥界のへそ』を発表。同年秋からはフォード財団の助成を得て西ベルリンに留学し、クセナキスに師事。1964年作曲の『クロマモルフⅡ』は、6月にベルギーのゲントで初演される。一方、パリのドメーヌ・ミュジカルなど欧州各地においてピアニストとしても活動した。クセナキス作品を演奏したアルバムで1965年度のフランス・ディスク・アカデミー大賞を受賞。1966年5月、日生劇場において開催された現代音楽祭「オーケストラル・スペース」に参加。高橋のピアノ、小澤征爾の指揮でクセナキスの『エオンタ』を演奏する。同年ロックフェラー財団の奨学金を得てタングルウッドのバークシャー音楽センターで開催される夏期講習に参加するためにニューヨークへ移住し、コンピュータによる作曲を研究した。また、バークシャー音楽センター、ラビニア音楽祭、ストラットフォード(オンタリオ)演劇祭、ニューヨーク州立大学バッファロー校の「創造と演奏の芸術」センターなど各地で演奏し、のちには「創造と演奏の芸術」センター所員として作曲を行う。この間、ロンドン交響楽団、ニューヨーク交響楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、トロント交響楽団、バッファロー交響楽団などと共演し、アテネ音楽祭、ストックホルム音楽祭、オックスフォード・バッハ音楽祭、プリンストン室内楽音楽祭、ニューヨークにおける「新しい音楽と音のイメージのための夕べ」では独奏者として演奏した。数々のLP録音を残す。1966年と1968年には、マニラとニューヨークで開催されたユネスコ国際音楽評議会で演奏や講演を行った。1968年6月5日、現代音楽祭「オーケストラル・スペース1968」において「自作『6つの要素(4つのヴァイオリンのための)』が演奏される。1969年1月14日小澤征爾指揮トロント交響楽団とともに武満徹『アステリズム』の初演に参加。同年秋一時帰国し、1970年の大阪万国博覧会における武満徹が音楽監督を務める日本の「鉄鋼館―スペースシアター」での演奏作品『エゲン』を収録した。1970年代以降は、民衆の声や音を用いた創作手法も重視する。1971年6月、渋谷公会堂でのリサイタルのために一時帰国。6月9日には朝日講堂で、「クロス・トーク」(日米現代音楽祭)最終回として室内楽作品『ニキテ』が初演される。同年8月30日にインディアナ大学の数理自動音楽研究センター(CMAM)の副ディレクターに任命される。秋からは、同大学で作曲とピアノを教える。また、サンフランシスコ音楽院でも教鞭をとった。しかし、同年12月14日インディアナ大学の学長から翌年1972年5月付けでの解雇を宣告される。クセナキスと共同で「コンピュータ音楽研究室」を結成し、過去数年間同大学でクセナキスが継続してきた実験の企画に1年間協力するも、研究している音楽と他の領域との中間にある探究の実現にとっては、既成の学問領域分割にもとづく大学の固定的区分は不自由なものであった。1972年末研究室は解散し、クセナキスはパリに転出して、16ビット、10万サンプル/秒のD/A変換によって実験を継続することとなった。1972年に高橋自身は、東京大学の情報科学研究室でGRAMS/ICOM計画に参加し、コンピュータによる作曲と音響発生の結合を実験し始めたが、1974年のある時期以降は、しばらく東京大学を訪れることすらなくなった。 1972年4月に帰国。グラモフォンで『武満作品集』を収録。1973年には3月20日の渋谷公会堂での第600回N響定期公演においてクセナキスのピアノ協奏曲『シナッフェ』を演奏。同年、武満徹、林光、松平頼暁、湯浅譲二とともにグループ「トランソニック」を組織、1976年まで季刊誌『トランソニック』の編集などの活動を行った。1973年7月からは日本コロムビアの川口義晴プロデュースによるレコーディング開始。『バッハの世界』作成。1974年9月には4チャンネルを使った『パーセル最後の曲集』作成。1975年には、バッハ『フーガの技法』、ケージ『ソナタとインターリュード』。同社からのアルバム発行は1980年1月収録のサティまでつづいた。一方、FM放送録音として、1974年1月20日の日生劇場でのリサイタル録音には、1973年に高橋によって初演されていた近藤譲『クリック・クラック』、1973年にマリー=フランソワーズ・ビュケにより初演されていたクセナキスの『エヴリアリ』の日本初演にあたる音源などが収められている。 (高橋悠治 – Wikipedia)

Yūji Takahashi (高橋 悠治, Takahashi Yūji, born 1938) is a composer, pianist, critic, conductor, and author. (Yūji Takahashi – Wikipedia)

関連サイト

高橋悠治(Yuji Takahashi)のホームページ

関連エントリ

團伊玖磨 Ikuma Dan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

湯浅譲二 Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 Toru Takemitsu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高橋悠治 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yuji Takahashi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ピアノコンクール / 第10回日本バッハコンクール

ピアノコンクール / 第10回日本バッハコンクール

関連記事

日本バッハコンクール出場 2020/02/04掲載(北見市/行事・教育) 北見三輪小4年・男子児童 思い伝わる演奏がしたい / 地区大会小学3・4年B部門で優秀賞 夢は金賞「歌うピアノが弾けたら」 いざ全国へ / 北見の北見三輪小4年男子児童が、8日に東京で開かれるピアノコンクール第10回日本バッハコンクールに出場する。昨年11月、札幌での地区大会小学3・4年B部門で優秀賞に選ばれ、全国出場を決めた。男子児童は「思いが伝わる演奏がしたい」と意欲を見せている。バッハコンクールは、バロック期の音楽を通して音楽的基礎を育成することを目的に開催している。男子児童は3歳でピアノを始めた。バッハコンクールに出場するのは今回が初めて。課題曲の中から選んだのは、地区大会は「メヌエット」、全国は「子守歌」。「いつもは早くて力強い曲が好きなのですが、あえてどちらもなめらかで歌うような曲を選びました」という。地区大会を振り返り「納得いく演奏ができず、自信がなかったので優秀賞と聞いた時はびっくりして、うれしかったです」と笑顔を見せる。指導する女性は全国コンクールに向け「音色が良く、大きな音が出せるので、そこを活かせれば」と話す。男子児童は「さらに歌うピアノが弾けるようになりたい。夢は金賞を取ること」と目を輝かせる。(菊) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

日本バッハコンクールのホームページ

関連エントリ

日本バッハコンクール の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町の指定ゴミ袋の交換について

美幌町の指定ゴミ袋の交換について

関連記事

美幌町が指定ごみ袋を差額で交換 2019/12/18掲載(美幌町/社会)来年3月31日まで / 美幌町は16日から、黄色の旧指定ごみ袋と差額分の支払いで、青色の新指定ごみ袋に交換するサービスを始めた。ごみ袋は、町が手数料改定で10月から25%値上げした。黄色の指定ごみ袋の収集と、廃棄物処理場への持ち込みの期限は12月いっぱいで、来年1月からは青色のごみ袋を使わなければならなくなる。黄色のごみ袋を使い切れず、手元に残ってしまう場合などに備え、16日から来年3月31日まで交換に応じる。交換は1枚からできるが、同じ大きさのごみ袋に限る。1枚あたりの差額は、10㍑袋が5円、20㍑袋が10円、30㍑袋が15円、40㍑袋が20円。交換は平日午前9時~午後5時に役場1階の環境衛生担当窓口、混雑時は庁舎相談室で対応。年内最終開庁日の30日は、しゃきっとプラザ1階集団健診ホールで交換に応じる。問い合わせは環境衛生担当(0152・73・1111内線238)へ。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

旧指定ごみ袋の差額交換を12月16日から行います。 | 美幌町のホームページ

関連エントリ

美幌町のゴミ収集車の音楽は「バッハのメヌエット」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

令和元年10月1日から指定ごみ袋の価格を改定します (北海道美幌町)

200px-Apollo_black_bird_AM_Delphi_8140

令和元年10月1日から指定ごみ袋の価格を改定します (北海道美幌町)

関連記事

10月1日から指定ごみ袋の価格を改定します / 全庁的な使用料・手数料の見直しに合わせ、10月1日より指定ごみ袋の価格を改定します。改定後の金額と、切り替えのスケジュールは以下の通りとなりますので、ご確認ください。クリックでPDFファイルが開きます。 お問い合わせ 環境生活グループ 環境衛生担当 電話:0152-73-1111(238,239) (10月1日から指定ごみ袋の価格を改定します | 美幌町ホームページ

関連サイト

一般ごみの出し方 | 美幌町ホームページ

指定ごみ袋・粗大ごみ処理券取扱店 | 美幌町ホームページ

一般ごみ・資源物・粗大ごみの出し方 | 美幌町ホームページ

ごみ処理場へ直接もちこむには | 美幌町ホームページ

ごみ・リサイクル | 美幌町ホームページ

資源物の出し方 | 美幌町ホームページ

ごみ分別辞典 | 美幌町ホームページ

環境生活グループ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町のゴミ収集車の音楽は「バッハのメヌエット」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町のゴミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のチェリスト 土田英順 (北海道網走郡美幌町の中学校)

img_history30_03.jpg

日本のチェリスト 土田英順 (北海道網走郡美幌町の中学校)

関連記事

チェロの音色とお話に聞き入る 2019/07/15掲載(美幌町/行事・教育) 震災支援の土田英順さん / 美幌の中学校でコンサート / チェロ奏者・土田英順さんのコンサートが11日、美幌、美幌北両中学校で開かれ、生徒達が重厚な音色に耳を傾けた。 中学生に生の芸術に触れてもらおうと、美幌町文化団体招聘鑑賞事業実行委員会と美幌町教育委員会が毎年、開いている。 土田さんは日本フィルハーモニー交響楽団などで主席奏者を歴任し、現在はソリスト。2011年の東日本大震災後は、全国各地で復興支援チャリティーコンサートを開いている。 美幌中では全校生徒を前に「アヴェマリア」(シューベルト)、「G線上のアリア」(バッハ)、「リベルタンゴ」(ピアソラ)など7曲を披露した。 この日弾いているチェロが、震災で犠牲になった女性の遺族らから譲り受けたものだと紹介。「音色を聞き、天国で喜んでくれていると思う。支援とはお金を送ることだけじゃない。寄せ書きなど皆さんにもできることはあるはず。心を寄せる、その気持ちが大切」と語りかけた。 生徒達は土田さんの音色はもちろん、話にも真剣な表情で聞き入っていた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩

関連サイト

土田英順 東日本大震災チャリティー コンサート ホームページ

土田英順の ボストンバッグにチェロと酒 – 道新ブログ 北海道新聞

関連エントリ

東日本大震災チャリティーコンサート (日本のチェリスト 土田英順) – 美幌音楽人 加藤雅夫

土田英順 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Eijun Tsuchida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

関連記事

5月3日 忌日/ 1997年 ナルシソ・イエペス (スペイン:ギター奏者『禁じられた遊び』) <69歳> Narciso Yepes (5月3日 今日は何の日~毎日が記念日~)

5月3日 忌日 / 1997年 – ナルシソ・イエペス、ギタリスト (5月3日 – Wikipedia)

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。
来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペスの公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

関連記事

プラネタリウムトークショー(北見市/告知) 2月16、17日・北網圏北見文センで 佐治 晴夫氏迎え / NASA・ボイジャー計画に携わり / NASAの宇宙探査機ボイジャー計画に関わった経験を持つ佐治晴夫氏によるプラネタリウムトークショーが2月16日(土)と17日のいずれも午後1時半~3時半、北網圏北見文化センターで開かれる。 理学博士の佐治氏は現在、JAXA宇宙連詩編纂委員会委員長、丘のまち美瑛郷土学館美宙天文台の台長などを務める。 トークショーは「時をかける宇宙探査機ボイジャー~地球外知的生命との遭遇を夢みて」をテーマに、ボイジャーのゴールデンレコードに収録された秘蔵音源、画像を紹介し、宇宙の神秘について語る。 対象は中学生以上で、家族と一緒の場合は小学5、6年生も聴講可能。中高生対象の先行予約が19~31日。一般募集は2月1日開始。申し込みはセンター(0157・23・6700)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

佐治 晴夫(さじ はるお Saji Haruo、1935年 – )は鈴鹿短期大学名誉学長。理学博士。元学校法人享栄学園第五代理事長。大阪音楽大学大学院客員教授。玉川大学客員教授。東京都出身。立教大学理学部物理学科卒、東京大学大学院物理学専攻。東京大学物性研究所、松下電器東京研究所、横浜国立大学、NASA客員研究員、玉川大学教授、県立宮城大学教授などを経て、2004年より2013年まで鈴鹿短期大学学長。その後、鈴鹿短期大学名誉教授、鈴鹿短期大学名誉学長就任。 1/fゆらぎを扇風機など家電製品に応用。家庭用ビデオの規格のVHSにおいて3倍モード(EP)開発者の一人。 アメリカ航空宇宙局|米航空宇宙局(NASA)による、ボイジャーのゴールデンレコードにJ.S.バッハのプレリュードとC52の音の収録を提案 宇宙研究の成果を平和教育へのリベラルアーツであると位置付け、全国の学校への授業行脚などで知られる。 JAXAの宇宙連詩編纂(へんさん)委員会委員長。 Web春秋にて「14歳のための時間論」を連載。 2013年11月17日には、ホテルオークラにてダライ・ラマ法王と科学者との対話「宇宙・生命・教育」を開催。 自然科学と人文科学との対話に力を注いでいる。 (佐治晴夫 – Wikipedia)

関連動画

佐治晴夫 Saji Haruo

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北網圏北見文化センター

関連エントリ

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record) – 美幌音楽人 加藤雅夫

佐治晴夫 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Haruo Saji の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

東日本大震災チャリティーコンサート (日本のチェリスト 土田英順)

bunka.gif

東日本大震災チャリティーコンサート (日本のチェリスト 土田英順)

関連記事

東日本大震災チャリティーコンサート (美幌町/社会・文化) チェロ奏者の土田英順さんが美幌で / チェロ奏者の土田英順さんのチャリティーコンサートが19日、美幌町民会館で開かれた。美幌町芸術文化鑑賞事業実行委員会などが町民会館オープン記念事業として開いた。土田さんは日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などの主席チェロ奏者を歴任し、現在はソリストとして活動している。平成23年の東日本大震災後は復興支援チャリティーコンサートを全国各地で開催。421回目のチャリティーコンサートとなったこの日は「被災者へ届けチェロの響き」と題し「アヴェ・マリア」や、バッハの「無伴奏チェロ組曲」「G線上のアリア」、サン・サーンスの「白鳥」などを演奏した。曲の合間には、震災で母親を亡くした被災者との交流など復興支援の際のエピソードも披露。「時間の経過とともに無関心になっていく人も少なくないが、それではいけない」と引き続き支援を呼び掛けた。(浩) (2018年9月22日の記事 オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

土田英順 東日本大震災チャリティー コンサート ホームページ

土田英順の ボストンバッグにチェロと酒 – 道新ブログ 北海道新聞

関連エントリ

土田英順 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Eijun Tsuchida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東日本大震災チャリティーコンサート の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

Bach.jpg

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

関連記事

7月28日 忌日 / 1750年 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (独:作曲家,オルガン奏者) <65歳> Johann Sebastian Bach (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1750年 – ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、作曲家。 (7月28日Wikipedia)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) – 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。 バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。バッハ一族は音楽家の家系で(バッハ家参照)数多くの音楽家を輩出したが、中でも、ヨハン・ゼバスティアン・バッハはその功績の大きさから、大バッハとも呼ばれている。J・S・バッハとも略記される。 (ヨハン・ゼバスティアン・バッハWikipedia)

Johann Sebastian Bach (31 March [O.S. 21 March] 1685 – 28 July 1750) was a composer and musician of the Baroque period, born in the Duchy of Saxe-Eisenach. He is known for instrumental compositions such as the Brandenburg Concertos and the Goldberg Variations as well as for vocal music such as the St Matthew Passion and the Mass in B minor. Since the 19th-century Bach Revival he has been generally regarded as one of the greatest composers of all time. (Johann Sebastian BachWikipedia)

関連エントリ

バッハ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Johann Sebastian Bach の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

関連記事

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 – 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。生涯 / 1833年5月7日にハンブルクで生まれた。1890年ごろには琴の演奏も聞いており、当時出版された日本の民謡集の楽譜に書き込みが残されている。1896年5月20日に生涯親交を保ち続けたクララ・シューマンが死去したのちブラームスの体調も急速に悪化していき、翌1897年4月3日、肝臓癌によりウィーンで逝去した。63歳没。(ヨハネス・ブラームス – Wikipedia

Johannes Brahms (7 May 1833 – 3 April 1897) was a German composer and pianist of the Romantic period. Born in Hamburg into a Lutheran family, Brahms spent much of his professional life in Vienna, Austria. His reputation and status as a composer is such that he is sometimes grouped with Johann Sebastian Bach and Ludwig van Beethoven as one of the “Three Bs” of music, a comment originally made by the nineteenth-century conductor Hans von Bülow. (Johannes Brahms – Wikipedia

330px-Johannes_Brahms_portrait__2.jpg

関連エントリ

ヨハネス・ブラームス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Johannes Brahms の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る