Johann Sebastian Bach の検索結果: 7 件

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

Bach.jpg

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

関連記事

7月28日 忌日 / 1750年 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (独:作曲家,オルガン奏者) <65歳> Johann Sebastian Bach (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1750年 – ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、作曲家。 (7月28日Wikipedia)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) – 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。 バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。バッハ一族は音楽家の家系で(バッハ家参照)数多くの音楽家を輩出したが、中でも、ヨハン・ゼバスティアン・バッハはその功績の大きさから、大バッハとも呼ばれている。J・S・バッハとも略記される。 (ヨハン・ゼバスティアン・バッハWikipedia)

Johann Sebastian Bach (31 March [O.S. 21 March] 1685 – 28 July 1750) was a composer and musician of the Baroque period, born in the Duchy of Saxe-Eisenach. He is known for instrumental compositions such as the Brandenburg Concertos and the Goldberg Variations as well as for vocal music such as the St Matthew Passion and the Mass in B minor. Since the 19th-century Bach Revival he has been generally regarded as one of the greatest composers of all time. (Johann Sebastian BachWikipedia)

関連エントリ

バッハ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Johann Sebastian Bach の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

関連記事

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 – 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。生涯 / 1833年5月7日にハンブルクで生まれた。1890年ごろには琴の演奏も聞いており、当時出版された日本の民謡集の楽譜に書き込みが残されている。1896年5月20日に生涯親交を保ち続けたクララ・シューマンが死去したのちブラームスの体調も急速に悪化していき、翌1897年4月3日、肝臓癌によりウィーンで逝去した。63歳没。(ヨハネス・ブラームス – Wikipedia

Johannes Brahms (7 May 1833 – 3 April 1897) was a German composer and pianist of the Romantic period. Born in Hamburg into a Lutheran family, Brahms spent much of his professional life in Vienna, Austria. His reputation and status as a composer is such that he is sometimes grouped with Johann Sebastian Bach and Ludwig van Beethoven as one of the “Three Bs” of music, a comment originally made by the nineteenth-century conductor Hans von Bülow. (Johannes Brahms – Wikipedia

330px-Johannes_Brahms_portrait__2.jpg

関連エントリ

ヨハネス・ブラームス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Johannes Brahms の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト)

Music.jpg

Contact.jpg

Biography.jpg

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト)
Irina Kulikova (classical guitarist)

New CD ‘Reminiscences of Russia’
Presentation in Amsterdam Concertgebouw

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

4月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust

395px-Cello_front_side.png

プラハ(チェコ)のチェリスト František Brikciusから、2014年4月のニュースレターが送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

4月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Newsletter 27 (April 2012)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

mail.jpg

プラハ(チェコ)のチェリストFrantišek Brikciusから、Newsletter 27 (April 2012)が送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

František Brikcius (born in Prague) is a Czech cellist. (Wikipedia
František Brikcius (Praha) je český violoncellista. (Wikipedia

Newsletter 27 (April 2012) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(J.S.バッハ)死去

800px-Lutherhaus_DSCN3667.jpg

800px-Bachhaus_Eisenach01.JPG

今日(7月28日)は、ドイツの作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1750)命日。

写真: マルティン・ルターの家、バッハの家 (アイゼナハ)
音楽: マタイ受難曲「憐れみ給え、わが神よ」(キャスリーン・フェリア)
※ マタイ受難曲は武満徹が愛聴していた曲。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(J.S.バッハ)死去 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

つべつリコーダーセミナーコンサート(津別町)

4ff67e385ea02ece495fe9ede4e8ee30.jpg

Bach.jpg

北海道津別町「つべつリコーダーセミナーコンサート」: 映画音楽「ジュラシックパーク」テーマ曲 バッハ『主よ人の望みの喜びよ』(心と口と行いと生活で) 

写真: 「Jurassic Park」 「Johann Sebastian Bach」 

つべつリコーダーセミナーコンサート(津別町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る