クラシックギター の検索結果: 31 件

日本のギターオーケストラについて

Vivaldi_caricature.jpg

330px-Colorful_spring_garden.jpg

日本のギターオーケストラについて

関連記事

ギターアンサンブルは、各種のクラシックギターによる合奏、または合奏を行うオーケストラのこと。ギターアンサンブルは通常のオーケストラと違い、ギターのみで演奏を行う。オーケストラにヴァイオリンからコントラバスまで多様な音階を持つ弦楽器があるように、クラシックギターにもいくつか種類があり、それによってアンサンブルが奏でられる。ギターアンサンブルに使用されるギターは以下の通りである。ソプラノギター、アルトギター 通常、アルトファーストパート、アルトセカンドパートの二つのパートに別れ、ファーストパートが主旋律を、セカンドパートがその装飾を受け持つ。通常のギターより小型で完全5度高い調律になっている。1弦で使用する弦は専用のものである。主にi,m指(人差し指と中指)で演奏する。高音を出すためにボディの一部がへこんでいるのが特徴。プライムギターより一回り小さい。プライムギター 一般的なクラシックギターと同じで、ギターアンサンブルでは主に中音域を担当し、一番技術を要するギターである。アルトチェンバロギター、プライムチェンバロギター アルトチェンバロギター、プライムチェンバロギターはまとめてチェンバロパートと言われることが多い。これらは全体の装飾音を担当し、非常に高い音を出す。通常は、裁縫の指貫に針を通したものを指(親指、人差し指、中指が基本)にはめて演奏する。チェンバロギターのボディはクラシックギターの中で一番小さい。プライムチェンバロギターは、わりと珍しい楽器で、どのギターアンサンブルにも存在するわけではない。チェンバロギターと同じく針で演奏するが、ピックを使い演奏することもある。バスギター アルトギターの1オクターブ低い楽器で、ベースラインの演奏だけでなく、低音域での主旋律やソロを担当することも多い、低音域での花形的な楽器である。主にp指(親指)で演奏する。単音がメインだが、和音を弾くこともある。ボディはプライムギターより一回り大きい。コントラバスギター ギターアンサンブルの中では最低音域のギターで、プライムギターより1オクターブ低い。主にp指で演奏する。単音がメイン。曲の土台をギタロンと共に形成する。ボディはバスギターより一回り大きい。ギタロンの音に芯を与えるかのような役割である。ギタロン チェロのように、エンドピンを使用して楽器を縦に構えて演奏する。弦を親指と人差し指でつまみ、はじいて音を出す。単音がメイン。コントラバスギターと同じ音域を担当する。クラシックギターの中で最もボディが大きく、弦が太い楽器である。弦楽器の仲間でギターでは無い。その他にコントラバス、管楽器(フルート・クラリネットなど)、打楽器(ティンパニ・小太鼓など)が用いられることもある。(ギター・アンサンブル – Wikipedia

新堀 寛己(にいぼり ひろき Hiroki Niibori、1934年4月17日 – )は、ギター演奏家、新堀ギター音楽院創業者。東京都港区麻布出身。概要 / 少年時代からアンサンブルの音楽に興味を持ち始め、小学校時代からアンサンブル合奏団のリーダーになった。その後、高校時代にはオペレッタを上演。自ら作曲・編曲を行った。青山学院大学文学部卒業。チェンバロ、ピッコロなどの音域に対応したギターの品種改良製品を数多く手がけ、これらは「新堀メソード」と呼ばれるまでになり、1961年にこれが国立音楽大学で採用され、同大学のギター講師に就任した。1964年には後継ギター演奏家を育成するための「日本教育ギター連盟」を創設。更に日本初となるギター演奏の合奏団「新堀ギターオーケストラ」を結成。世界の一流ギターリストや管弦楽団との演奏を大々的に展開し、海外公演も行われた。現在も世界各地を舞台にギターオーケストラ公演を行う傍ら、ギター演奏家の後継者育成に尽力する。(新堀寛己 – Wikipedia

新堀ギター音楽院(にいぼりギターおんがくいん)は、日本の音楽教室・専門学校を経営・運営する企業。概要 / 世界初・ギターオーケストラの創始者を名乗る新堀寛己によって東京阿佐ヶ谷に創設、新堀ギター教室・新堀音楽専門学校を経営する。会社概要は公式ホームページに記されておらず、通販部門・Niibori Guitar Shoppingの会社概要も公式ホームページにリンクされているのみである。(新堀ギター音楽院 – Wikipedia

関連サイト

新堀ギターアンサンブル<NE> | 新堀ギターグループ – 新堀ギター音楽院

新堀ギターオーケストラ紹介 | 新堀ギターグループ – 新堀ギター音楽院

Dr. Hiroki Niibori – Niibori Guitar World

Niibori Guitar World

Niibori guitar orchestra – Hampshire Guitar Orchestra

関連エントリ

463PX-~1.JPG

新堀ギター音楽院 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

新堀寛己 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hiroki Niibori の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ギターアンサンブル の検索結果 ー美幌音楽人 加藤雅夫

ギターオーケストラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のマンドリンオーケストラについて

800px-Mountfujijapan.jpg

日本のマンドリンオーケストラについて

関連記事

マンドリンオーケストラは、マンドリン属を中心に編成されたオーケストラ。編成 / 日本ではマンドリンと同じ撥弦楽器であるクラシックギターと擦弦楽器のコントラバス(ただしピッツィカートの使用も多い)を加えた 第1マンドリン 第2マンドリン マンドラ(多くはマンドラ・テノーレ) マンドロンチェロ ギター(クラシックギター) コントラバス による弦楽6部編成が一般的である。マンドリンオーケストラを構成する楽器としては以上のほかにも中音域にヴィオラと同じ音程を持つマンドラ・コントラルト、中・低音域に5コース10弦のマンドリュート(リュート・モデルノ)、マンドロンチェロ以下の低音域にマンドローネがあり、マンドロンチェロの補強を目的としたチェロの使用も見られるが、これらが参加している例は少ない。一方フルートやクラリネットをはじめとする管楽器やティンパニなどの打楽器が加わった編成は比較的多く見られるが、常設のパートを持っているマンドリンオーケストラは少なく、演奏曲目によって賛助出演を仰ぐ方法が主流となっている。団体の名称としてはマンドリンクラブ(マンドリン倶楽部)、ギターマンドリンクラブ、マンドリン合奏団、マンドリンアンサンブル、プレクトラムオーケストラ、プレクトラムアンサンブル、プレクトラムソサエティーなども用いられているが、いずれも演奏時の編成はマンドリンオーケストラの範疇に含まれる(プレクトラムとはピックのこと)。日本への普及 / 日本にマンドリンが伝えられたのは、1894年四竈訥治がイギリス人にマンドリンを贈られ演奏したのが最初といわれている。1901年には比留間賢八が留学先のイタリアからマンドリンを持って帰国し普及に尽力した。詩人萩原朔太郎が比留間に師事しマンドリンを演奏していたのは有名。1915年に武井守成がシンフォニア・マンドリーニ・オルケストラ(後のオルケストラ・シンフォニカ・タケヰ)を設立し、指揮者に瀬戸口藤吉や大沼哲や菅原明朗を招いている(菅原は1930年代以降マンドリン界から一時離れるが、1960年代より復帰し関西マンドリン合奏団に多くの曲を提供する)。オルケストラ・シンフォニカ・タケヰは演奏のみならず研究誌の発刊やコンクール開催などを行い、マンドリン音楽の発展に尽力した。音楽教育者齋藤秀雄のキャリアは、オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ主催の合奏コンクールで、オルケストル・エトワールを指揮して入賞したことから始まっている。また大学でもマンドリンクラブが相次いで設立されるようになり、1910年には慶應義塾大学・同志社大学で、1913年には早稲田大学で、1917年には関西学院大学で、1920年には九州帝国大学(現在の九州大学)で、1921年には北海道帝国大学(現在の北海道大学)で、1923年には明治大学でマンドリンクラブが設立されている。後年のマンドリン音楽の発展には社会人の団体だけではなく、学生団体も大きな役割を果たすことになる。戦時中は各団体とも活動が停滞するが、戦後の復興とともに再びマンドリン音楽も盛んとなる。(マンドリンオーケストラ – Wikipedia

マンドリンオーケストラ曲とはマンドリンオーケストラによって演奏されることを前提に作曲された楽曲をいう。日本ではマンドリン2部・マンドラ・マンドロンチェロ・クラシックギター・コントラバスによる弦楽6部編成、ドイツではマンドロンチェロを含まない弦楽5部編成が一般的で、これに管打楽器が加わる曲も少なくない。(マンドリンオーケストラ曲 – Wikipedia

一般社団法人・日本マンドリン連盟(にほんマンドリンれんめい、英語表記はJapan Mandolin Union、略称はJMU)は、日本のマンドリン音楽の普及を目的として1968年に創設された。日本のクラシック・マンドリン関係者をカバーする全国組織としては、JMUのほか大学のマンドリン合奏団体が集う全日本学生マンドリン連盟があるが、JMUは大学を含む学生と社会人の演奏団体および個人を正会員とする。民間の任意団体であったが2013年に一般社団法人化された。(日本マンドリン連盟 – Wikipedia

関連サイト

日本マンドリン連盟 – Jimdo

関連エントリ

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本マンドリン連盟 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

マンドリンアンサンブル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

マンドリンオーケストラ の検索結 ー 果美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

399px-Snowman-20100106.jpg

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia)

1980年の8月、アンドレス・セゴビアの北海道札幌公演(北海道厚生年金会館ホール)。アンドレス・セゴビアの愛児にもご対面できました。(札幌グランドホテル)

関連記事

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia, 1893年2月21日 – 1987年6月2日)は、スペインのギタリスト。音楽史研究者やギター奏者から、「現代クラシック・ギター奏法の父」とみなされている。 業績 / 彼の尽力なしには、クラシックギターがコンサート・ホールに不似合いの、田舎の楽器と見られていただろうと見る向きは多い。彼はギターを、ピアノやヴァイオリンと同じような地位に引き上げようと努力し、世界的に演奏され、音楽学校で学ばれるような楽器にしようとした。また、自ら演奏技巧の上達に励んだだけでなく、教育者として、後進のギター指導にも力を惜しまなかった。マドリッドにて心臓発作により他界。94歳であった。亡くなった当日、来日中のスペイン国立管弦楽団(指揮: ヘスス・ロペス・コボス、ギター: ナルシソ・イエペス)により追悼演奏(ロドリーゴのアランフェス協奏曲の第2楽章)が成された。(アンドレス・セゴビア – Wikipedia

関連エントリ

A・セゴビアへのイエペスのオマージュ(ギター協奏曲) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Andrés Segovia の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

[インタビュー] 村治奏一 (ギター)

Tru_Takemitsu.jpg

Colorful_spring_garden.jpg

[インタビュー] 村治奏一 (ギター)
[Interview] Soichi Muraji (guitar)

[インタビュー] 村治奏一 (ギター) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1947年 10月13日、荘村 清志 (Shomura Kiyoshi)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

1947年 10月13日、荘村清志 誕生
October 13, 1947, Shomura Kiyoshi birth

1947年 10月13日、荘村 清志 (Shomura Kiyoshi) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2014年6月の HAGOニュースレター

290px-Guitar_headstock_front.jpg

caricature.jpg

英国イングランドの 「HAGO ハンプシャーギターオーケストラ」から最新ニュースが送られてきました。 日本と世界のクラシックギターオーケストラ愛好の皆様にご案内します。

Derek Hasted氏は イギリスを代表するクラシックギターの演奏者です。

2014年6月の HAGOニュースレター
hago Newsletter June 2014

2014年6月の HAGOニュースレター の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2014年5月16日の配信、「イスラエル関連文化事業案内」

image013.jpg

東京にあるイスラエル大使館文化部からのメールマガジンです。

「イスラエル関連文化事業案内」 (2014年5月16日)
Culture sec-Embassy Of Israel In Tokyo

2014年5月16日の配信、「イスラエル関連文化事業案内」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

3月25日、バルトークの誕生。 ドビュッシーの死。

290px-Guitar_headstock_front.jpg

img_history30_03_2.jpg

バルトークの誕生。(3月25日)
Birth of Bartók. (March 25)

ドビュッシーの死。(3月25日)
Death of Debussy. (March 25)

3月25日、バルトークの誕生。 ドビュッシーの死。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

HAGO Newsletter February 2014 (from Derek Hasted)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

img_history30_03_2.jpg

caricature.jpg

英国イングランドの 「ハンプシャーギターオーケストラ (hago)」から最新ニュースが送られてきました。
日本と世界のクラシックギターオーケストラ愛好家の皆様にご案内します。

Derek Hasted氏は イギリスを代表するクラシックギター奏者です。

HAGO Newsletter February 2014 (from Derek Hasted) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Happy Christmas from HAGO!

375px-Charlotte_Mary_Yonge.jpg

img_history30_03_2.jpg

英国イングランドの「ハンプシャーギターオーケストラ(hago)」から最新ニュースが送られてきました。日本と世界のクラシックギターオーケストラ愛好家の皆様にご案内します。
Derek Hasted氏はイギリスを代表するクラシックギター奏者です。

hago newsletter December 2013
Happy Christmas from HAGO!

Happy Christmas from HAGO! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る