北見の氏家太史さん(北海道北見市)

429px-International_Symbol_of_Access_svg.jpg

北見の氏家太史さん(北海道北見市)

関連記事

障がいあってもあきらめず 北見の氏家太史さん悼む声
車いす生活ながらも前向きに人生を謳歌し、障がいを持つ人達の心の支えとなって道を開いた、北見市内の氏家太史さんが16日、亡くなった。敗血症で闘病していたが心不全を患った。61歳という若さでの死を悼む声が上がっている。

車いすの道、切り開く 社会参加の機会つくる
29歳の時の交通事故で下肢の自由を失った。元来、スポーツ少年だった氏家さんは、車いす生活になった後も弱音を吐くことなく、働きながらスポーツに挑戦することで、障がい者の社会参加の機会づくりに尽力した。 障がいに負けるものかと持ち前の明るさで、仲間と車いすバスケットボールに打ち込んだ。氏家さんを講師に迎え、オホーツク社会福祉専門学校など栗原学園は3校合同の平成13年スポーツフェスティバルに車いすバスケ種目を導入。学生達が6チームを組み、車いす競技の難しさを体験した。

チェアスキー、車いすカーリング導入
チェアスキーもこの地方の先駆者。すでに取り組んでいた網走の狩野亮選手につられ、一緒に端野のスキー場の頂上から滑り降りた。狩野選手は後にパラリンピックで金メダルを獲得。同14年には第3回たんのメビウスカップに「チェア・アウトリガーの部」が設けられた。前年、氏家さんがチェアスキーで一般の部に出場し、問題なかったことがきっかけ。管内初の障がい者スキー部門が導入された。 氏家さんと知り合った、下肢に障がいがある津別町の小学1年の女の子が、車いすでゲレンデに出向いたのもこのころ。氏家さんの「障がいがあるからとあきらめるのではなく、興味があるなら、みんなで協力し合って楽しまないと」という言葉に、女の子は「学校のみんなと一緒にスキー授業を受けたい」とチェアスキーの練習を頑張った。 車いすカーリングは、常呂にカーリングを広めた初代常呂カーリング協会会長の男性に声を掛けられたのが本気になって取り組んだ動機。メンバーの男性2人、女性1人らとともに「一緒にカナダ(世界大会)に行こう」と誘われ、ホールに通った。後にロコ・ソラーレのメンバーとなる馬渕恵さんらから基本の指導を受け、メキメキと実力をつけた。同20年には日本車椅子カーリング選手権に初出場し、準優勝。北見車椅子カーリングクラブの代表に就くと、日本がまだ出場していないパラリンピックをめざした。旭川や帯広の障がい者と交流し、各地に車いすカーリングチームが誕生する先駆けとなった。

福祉のまち実現に尽力
スポーツだけではなく、障がいのある人の生活全般に心を注いだ。 歩道や入口の段差や障がい者用トイレの有無を調べ、中心商店街の障がい者にやさしい店マップを作成。飲食店が出入り口にスロープを設置すると、車いすの人達が集う店になった。駐車場の障がい者スペース確保にも奔走した。 長女(39)は介護福祉の仕事に勤め「父はよく相談に乗ってくれた。障がいのある人の気持ちを助言してくれた」と振り返る。長男(37)と二男(33)は車いすバスケットボールチームのサポート役を務めた。妻(61)と子ども3人は「弱音を吐くことがなく、今回の病気もきっと治ると思わせた」「ただ、亡くなる直前はさすがに悔しそうだった」。 氏家さんが理事長を務める北見ハンディキャップスキー協会の会長(68)は「いつも先頭に立ってみんなを引っ張ってくれた。感謝しています」と寂しがっている。(寒)
経済の伝書鳩 2018年1月20日の記事

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北見市 | 保健福祉部福祉局地域福祉課

氏家 太史 | Facebook

北海道車いすカーリング協会 – ホーム | Facebook

一般社団法人 日本車いすカーリング協会 | Facebook

関連エントリ

「ソチパラリンピック金メダリスト 狩野亮選手祝賀会」 (北見のハンディキャップスキー協会) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本代表の 車いすカーリング・チーム 「北見フリーグス」 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る