俳句会 カテゴリのアーカイブ

俳句集 小林大雪一千句

320px-Frog_Getsuju.jpg

img_history60_02.jpg

228px-Basho_by_Buson.jpg

俳句集 小林大雪一千句

関連記事

「俳句は人生、俳句は生活」 2021/03/22掲載(北見市/文化) 4冊目の俳句集発行 / 北見の小林大雪さん(90)が、4冊目となる俳句集「小林大雪一千句」を発行した。「日常や吟行で詠んだ句をまとめました。90歳の記念というわけではありませんでしたが、記念のようになりましたね」と話している。 北見・小林 大雪さん(90) 90歳の節目に一千句選んで収録 五感使い読み手と感動の共有を / 小学生の時から俳句に興味があったという小林さん。定年退職後の趣味として本格的に始めたいと、退職前から妻が所属していた俳句結社に参加するようになった。現在は、俳句結社「壺」に所属し、北見濱の会、一会俳句会、俳句塾北見、俳句クラブ霧氷林で指導するなど、活動している。句集はこれまでに2001(平成13)年と05年、11年に発行。4冊目となる今句集は、05年以降に詠んだ俳句の中から、文字通り一千句を選んで収録した。「(千本刀の)弁慶のように、区切りのよいところで一千句にしました」と笑う。俳句のために毎年のように見に訪れている流氷やタンチョウヅルといった北海道ならではの題材をはじめ、全国各地を吟行して詠んだ句などを、解説と思い出を加えて掲載。市内の野付牛公園を描いた自身の油絵を表紙にし、タイトルなどのレイアウトも自分で行った。「俳句を始めると、ものの見方が変わる。五感全部使って、詠み手と感動が共有できるところが魅力」と話す。昨年、90歳を迎え「俳句は人生、俳句は生活」と考えるようになったそう。「大会ならある程度は一生懸命熱を入れなくてはいけないけれど、俳句の基本がきちんとしていれば、生活の中の俳句は難しく考えなくていいのでは」という。健康の秘訣は「早寝早起きし、規則正しい生活をすること」ときっぱり。「これからも仲間と楽しく暮らしたい」と笑顔を見せている。句集は300冊発行し、同人仲間に配布。北見市内の図書館にも寄贈する予定。(菊) (経済の伝書鳩)

関連エントリー

俳句 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

嶋田摩耶子 オホーツクの句碑

嶋田摩耶子 オホーツクの句碑

関連記事

連載 オホーツクの句碑 2021/02/15掲載(北見市/本誌連載・歴史)ピアソン記念館(北見) / 雪止んで 景色止まって をりにけり 嶋田摩耶子 / 降っていた雪がぴたりと止んで、青空と静寂による美しい景色が広がっている様子を詠んだ。ピアソン邸での思い出を句にしたと思われる。嶋田摩耶子(まやこ、1928~2012)は、宮城県生まれ。ホトトギス派の俳人であり、医師でもある唐笠学(雅号・何蝶)氏の長女として生まれた。唐笠氏は、現ピアソン記念館の建物を守ろうとピアソン邸を購入し、暮らした人物。父から俳句の手ほどきを受け、ホトトギス、玉藻に投句し、高浜虚子らからも指導を受けた。句碑は、2001(平成13)年にピアソン記念館30周年を記念して、唐笠氏、夫で医師・俳人の嶋田一歩(本名・力)氏と自分の三基を建立。建立前には夫とともに現地を訪れ、自ら入り口から見える柏の木の前を選んだという。句碑の後ろには「俳誌『阿寒』発祥の地」の文字が記され、北見の俳句文化を担った歴史を伝えている。(菊) (Wikipedia)

関連エントリー

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクの句碑 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫)

このページの先頭へ戻る

唐笠何蝶 オホーツクの句碑

唐笠何蝶 オホーツクの句碑

関連記事

連載 オホーツクの句碑 2021/02/11掲載(北見市/本誌連載・歴史) ピアソン記念館(北見) 大幹を 駆けのぼりつつ 吹雪かな / ピアソン邸を保存した唐笠何蝶 / 風と雪が激しく、まるで大樹を駆け上るように見える様子を表した句。北見俳句連盟の渡部彩風さんは「吹雪の凄まじさが句に現れている」と話す。唐笠何蝶は1902(明治35)年に神奈川県で生まれた。千葉大学医学部を卒業し、37(昭和12)年に野付牛町(現北見市)で産婦人科を開業。建物を保存したいと、ピアソン邸(現ピアソン記念館)を購入して暮らした。高浜虚子の門下生で、ホトトギス派の俳人としても活躍。ピアソン邸で句会を開いたり、俳誌「阿寒」を発行するなど活動し、『唐笠何蝶』の名前は全国にも知られるようになっていったという。NPO法人ピアソン会は功績をたたえ、2001(平成13)年に庭園に句碑を建立。かつて何蝶が暮らした美しい建物と庭を眺めるように、句碑が静かに佇んでいる。(菊) (Wikipedia)

関連エントリー

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクの句碑 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫)

このページの先頭へ戻る

臼田亞浪 オホーツクの句碑

臼田亞浪 オホーツクの句碑

連載 オホーツクの句碑 2021/02/19掲載(網走市/本誌連載・歴史) 臼田亞浪 天都山(網走) 今日も暮るる 吹雪の底の 大日輪 / 1924(大正13)年に網走を訪れた俳人の臼田亞浪が、網走の雄大な大自然を前に詠んだと言われている。臼田亞浪(1879年~1951年)は、長野県出身。大学在中に短歌、俳句を学び、記者などを経て俳人として活躍。俳誌を創刊するなど活動し、全国に句碑が建立されている。網走の句碑は1957(昭和32)年、管内でも歴史のある網走の俳句会「十七美会」が網走市内天都山に建立。オホーツク流氷館前のゆるい坂道を登った先、網走の街並みを見渡すかのように句碑が建っている。句碑に書かれた碑文によると、臼田亞浪が網走を訪れたのは1月。斜里の俳人を訪ねる旅の途中に立ち寄ったという。吹雪や夕日など冬の網走の美しさが感じられる句が、天都山を訪れた人達を出迎え続けている。(菊) (Wikipedia)

関連エントリー

オホーツクの句碑 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

令和3年 網走十七美会詠草一覧

令和3年 網走十七美会詠草一覧

関連俳句

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 八月詠草
亜麻抜きのあの日忘れじ敗戦日 磯江波響
盆暑し少しいびつの積み団子 伊勢谷いせ女
大方は夏雲中五輪の輪 しみず屯児
星空で笑ふ句友の新盆や 木曽ひのき
天道を乗せて日傘の影と行く 松澤路乃
街なかも歩く人なし残暑かな 佐藤孝風
気だるさや布団にたたみて秋暑し 太田弘夢
流れたる星の尾を断つマストかな 中川純一
峠越えまだまだ厳し残暑かな 斎藤勉
若鴉車の怖さまだ知らず 佐藤つばさ
ただ祈る残暑も力にしてほしや 斎藤ゆう子
風光る知床連山麓から 鶴川香寿
漂える香に誘われてアカシアに 橋本あき
光る夏胸の高鳴る含羞草(おじぎそう) 高橋立風

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 七月詠草
老妻と半分づつや缶ビール しみず屯児
その人の話は尽きずビール酌む 中川純一
繁る葉に海の景色を奪われる 橋本あき
娘は父へ薔薇一輪に缶ビール 伊勢谷いせ女
見つめ合いストロー交差ソーダ水 松澤路乃
子のビール横目でチラリ治療中 木曽ひのき
ビール飲み今日は弔ひ過ごすかな 斎藤勉
青鷺の静かなるポーズ葦を背に 佐藤つばさ
八十路半夏至と重なる誕生日 佐藤つばさ
夏の宵我家の庭で喇叭飲み 高橋立風
青穹にドローン飛ばして缶ビール 佐藤孝風
乾杯の声消え沈むビアガーデン 斎藤ゆう子
白はまなす一輪だけの夕映に 太田弘夢

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 六月詠草
新緑に祈る病む友疾く癒へよ 磯江波響
納骨や静かなる雨遠郭公 伊勢谷いせ女
朝日受け駒も嘶(いななく)初夏の風 斎藤勉
懐かしき浜防風の苦みかな 佐藤つばさ
猫甘え小首かしげる夏座敷 木曽ひのき
蝦夷の地に歓喜のあふる夏来たる 松澤路乃
声帯に潜む珠とも夏休み 佐藤孝風
啼き声を真似て鴬の声待ちにけり 橋本あき
手を振って五輪聖火や夏木立 しみず屯児
空缶をけとばし子等の夏休み 太田弘夢
朝まだ来日増し気懸り冷夏かな 斎藤ゆう子
シャインマスカットほれぼれ袋掛け 中川純一
香を残す高貴紫ふじの花 高橋立風
夏の朝主逝く庭やカラスの巣 鶴川香寿

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 四月詠草
くつぬいであんよはじょうず若草野 伊勢谷いせ女
片言に絵本読む子の日永かな 松澤路乃
ひこばえの力見つめる老樹あり 橋本あき
彼岸晴れ彼の世の海の穏やかに 磯江波響
細波の帽子岩より春の風 佐藤孝風
若草の放つ光と香に酔いぬ 斎藤ゆう子
流氷離岸海の匂の色曳きて 角谷幸甚
放牧す能取岬の若草に しみず屯児
夢未来祝ふ門出や入学式 斎藤勉
新入生ハイタッチして駆け込みて 鶴川香寿
さきがけの辛夷に風のすさびけり 中川純一
忽ちに川のほとりに蕗の薹 木曽ひのき
春鴉われの顔見て迂回せり 佐藤つばさ
若草や隣の窓の近かりし 太田弘夢
春めくや鶯誘う庭の梅 高橋立風

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 三月詠草
海開けや海の漢の血が騒ぐ 磯江波響
キャンパスに声の戻りて春動く 斎藤ゆう子
裏山の熊笹起きて春めけり 佐藤孝風
気塞ぎに春めくさまの一歩二歩 松澤路乃
脳トレに筋トレ強化で春近し 橋本あき
春めくやビートハウスの土の香よ 斎藤勉
斑野の暮れて湯宿の灯ひとつ 中川純一
春めいて旅の予約も白紙まま 太田弘夢
外猫にまとわりつかれ春めけり 伊瀬谷いせ女
京風の彩りを持つ土の雛 木曽ひのき
湖歩く三人ありやスノーシュー 佐藤つばさ
病床や痛みに耐えて夜半の春 鶴川香寿
濃く熱く朝のコーヒー二月かな しみず屯児
流氷の潮目生れ継ぐオホーツク 角谷幸甚
初凍りオーロラ船の勇姿かな 高橋立風

伝書鳩文芸 俳句
網走十七美会 一月詠草
キツネ鹿ウサギの足跡雪小径 橋本あき
初明り浴びて稜線清しけり 松澤路乃
初景色はや雪まみれ見知らぬ子 伊勢谷いせ女
みな耐ゆる一病二病冬至の日 磯江波響
なく一人暮らしや初景色 太田弘夢
昨日より今日が旬ですこの雪る 角谷幸甚
コロナ禍の変わらぬ日の出初景色 木曽ひのき
遠き日や雪下駄鳴らし宮参り 斎藤勉
穏やかな日々を願いぬ初景色 斎藤ゆう子
波がしら灯台洗ふ初景色 佐藤孝風
寒空に噴煙激し硫黄山 佐藤つばさ
穴釣のテント点々初景色 しみず屯児
オホツクや海山熙る潮見郷 高橋立風
オホツクの浪の荒れざま初景色 鶴川香寿
目白二羽点じたりけり初景色 中川純一

網走十七美(となみ)会 連絡先
電話番号 090-7059-6005

関連エントリー

伝書鳩文芸 の検索結果- 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

NHK札幌放送局 北の万葉集

800px-Moon-Desert_Onjuku.jpg

img_index01.jpg

NHK札幌放送局 北の万葉集

関連記事

「北の万葉集」あなたの歌を送ってください! #北海道道 / 今年もいろいろなことがありました。 三密、テレワーク、ソーシャルディスタンス。 コロナ一色の一年ではありましたが、全道の川にはサケが戻ってきています。 みなさんにとって、2020年はどんな年でしたか? その心の叫びを短歌や俳句や川柳にして送ってください。 12月18日(金)の北海道道は、ことしの最後の放送。「北の万葉集」と題して、みなさんの2020年を、鈴井・多田の両MCとともに振り返りましょう! そこで、みなさんから、短歌・俳句・川柳を大募集です。例えば、こんな感じ・・・。 ~秋なのに 匂いを嗅ぐだけ 旬サンマ~ ~ソーシャルの ディスタンス憎し冬空に 叫んだ言葉アイラブユー~ ~今一度 北のネオンに 灯りあれ~ 字足らず、字余り、問題ありません。みなさんと、2020年を締めくくる「北の万葉集」を作ります! (NHK札幌放送局 | 「北の万葉集」あなたの歌を送ってください! #北海道道)

北海道道 (テレビ番組) NHKのテレビ番組 / 『北海道道』(ほっかいどうどう)は、2020年4月3日より北海道内のNHK総合テレビで放送されている、NHK札幌放送局制作の地域情報番組。 (北海道道 (テレビ番組) – Wikipedia)

関連サイト

北の万葉集 投稿フォーム | NHK

NHK札幌放送局 | 北海道道

関連エントリー

北の万葉集 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

北海道北見市の 常呂蛙声会 (俳句サークル)

800px-The_farming_house_hung_a_dry_persimmon.JPG

300px-Masaoka_Shiki.jpg

北海道北見市の 常呂蛙声会 (俳句サークル)

関連記事

創立百周年記念句集「蛙聲」発刊(北見市/社会・文化)常呂蛙声会 会の歩みや会員の作品掲載 / 北見市内の俳句サークル「常呂蛙声(あせい)会」が創立百周年の記念句集「蛙聲」を発刊した。大正初期から会員達が日々の営みや風物を詠んだ作品はすでに数万点に達し、日々その歴史を重ねている。
会の発展へ会員の若返りを 12月8日に句会の見学会も / 会の結成は、大正2年に記された明治天皇一周年奉悼句集の中に「常呂蛙声会」の名があることから今年を創立百年とした。その歩みは昭和に入り戦争による活動の空白期はあったものの、戦後に会は復興。平成の時代も創作活動や多くの団体との交流を続けている。 現在の会員は平均年齢77歳の男女17人。地元常呂のほか、網走や湧別、登別、別海にもおり、毎月の例会を常呂町中央公民館で行い作句を続けている。このほか、サロマ湖畔など常呂町内に句碑を建立するなど観光にも貢献している。 句集には会の歩みのほか、会員の作品が掲載されている。「夫病みて走る車や秋野分け」(女性)「郭公の声に背おされ鍬振るふ」(男性)などで、生活の中で体験したことがらを感性豊かに詠みこんでいる。 会長は「句集制作は大変な仕事でしたが、会員の方達の努力あってのことで感謝の言葉しかありません。会の発展のためには会員の若返りが必要で若い世代に、自己を表現する喜びや楽しさを知ってもらいたい」と話している。句会の見学会は12月8日午後1時から中央公民館で開かれる。 句集はA6判204ページ。常呂図書館のほか、各自治区の図書館でも閲覧できる。 (澄) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市生涯学習 令和3年発行 団体・指導者ガイド

関連エントリ

常呂蛙声会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る