オホーツク カテゴリのアーカイブ

即応機動連隊改編を要望 美幌地方自衛隊協力会

即応機動連隊改編を要望 美幌地方自衛隊協力会

関連記事

即応機動連隊改編を要望 2021/06/16掲載(美幌町/社会)美幌地方自衛隊協力会 / 陸上自衛隊美幌駐屯地の隊区2市8町と関係機関でつくる、美幌地方自衛隊協力会(会長・平野浩司美幌町長)は7月下旬にも、美幌駐屯地に駐屯する第6普通科連隊の即応機動連隊への改編を防衛省(東京)などに要請する。国の中期防衛力整備計画(2019~23年度)では、第5旅団(帯広)が機動旅団に改編され、旅団の3つの普通科連隊のうちいずれかが即応機動連隊に改編される見通し。改編は部隊の充実・増強につながることから、美幌駐屯地の関係機関などは数年前から要望活動を展開。協力会も、前年度に続き北部方面総監部(札幌)と防衛省に要望を行う。このほど、書面で開かれた21年度総会で決定した。要望はオホーツク圏活性化期成会の夏季中央要望の日程を考慮して7月下旬を予定しているが、新型コロナウイルス感染症の状況などで変更もありえるとという。(浩) (経済の伝書鳩)

即応機動連隊 / 即応機動連隊(そくおうきどうれんたい、英称:Rapid Deployment Regiment[1])とは、平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(25大綱)によって示された統合機動防衛力の一翼を担うべく、陸上自衛隊に新編される連隊の一種。この連隊は新たに編制される「機動師団・機動旅団」の隷下部隊として平成29年度末(2018年3月27日)から編成を開始した。 従来、連隊は単一の職種で構成される最大の単位であったが、即応機動連隊は16式機動戦闘車を初めとする装輪装甲車などにより機動力と被輸送性を高めた諸職種部隊でパッケージ化されたものとなる。有事の際などに必要に応じて諸職種部隊となる普通科戦闘団とは異なり、平時より諸職種部隊で編成されている。 (Wikipedia)

関連エントリー

陸上自衛隊の即応機動連隊について – 美音楽人 加藤雅夫

美幌地方自衛隊協力会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

ひまわりの絆プロジェクト 北海道網走郡美幌町

ひまわりの絆プロジェクト 北海道網走郡美幌町

関連記事

ひまわりの絆プロジェクト 2021/06/16掲載(美幌町/社会・教育)
美幌署員と東陽保育園児が… / 美幌警察署の署員と東陽保育園の園児がこのほど、園の畑にヒマワリの種を植えた。交通安全願いヒマワリの種植える / 「ひまわりの絆プロジェクト」と題する取り組み。プロジェクトは、2011(平成23)年に京都府内での交通事故で亡くなった男児の遺族が、男児が育てていたヒマワリの種を警察に託したのがきっかけ。ヒマワリの栽培を通じて命の大切さや交通安全を学び、被害者支援に理解を深めてほしいという願いが込められ、16年からは道内でも行われている。鈴木一喜署長らに加え、道警のシンボルマスコットほくとくん、美幌町のキャラクターぎゅうたろうが園を訪問。園児20人とともに種を植えた。園児達は、黄色い大輪が咲くのを楽しみにしながら丁寧に土をかぶせていた。(浩) (経済の伝書鳩)

関連サイト

ひまわりの絆プロジェクト経緯

東陽保育園 – 美幌町ホームページ

署長あいさつ – 北見方面美幌警察署 – 北海道警察

美幌警察署ホームページ

関連エントリー

東陽保育園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌警察署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

NHK海外ドラマ ファースト・デイ わたしはハナ!

NHK海外ドラマ ファースト・デイ わたしはハナ!

関連サイト

主演 イーヴィー・マクドナルドさんにインタビュー 日本の皆さんにメッセージも! ファースト・デイ わたしはハナ! |NHK_PR|NHKオンライン

ファースト・デイ わたしはハナ! – NHK

関連エントリー

トランスジェンダー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

トランスジェンダー(Transgender)について

トランスジェンダー(Transgender)について

関連記事

トランスジェンダー 生まれた時に割り当てられた性別が自身の性同一性と異なること / トランスジェンダー(英語: Transgender)の人は、生まれた時に割り当てられた性別が自身の性同一性と異なる人である。 性同一性は、性自認、ジェンダー・アイデンティティとも呼ばれ、自身の性(ジェンダー)をどのように認識しているのかを指す。すなわちトランスジェンダー女性は、女性の性同一性をもち出生時に男性と割り当てられた人で、トランスジェンダー男性は、男性の性同一性をもち出生時に女性と割り当てられた人を指す。性同一性が女性でも男性でもない場合もある。通常は人を形容する言葉として、「トランスジェンダーの人」「トランスジェンダー女性」などと、人を指す名詞と併用して使われる[5][6]。トランスジェンダーをトランスと略すこともある。 (Wikipedia)

関連エントリー

トランスジェンダー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

北海道オホーツク総合振興局の役割とは?

北海道オホーツク総合振興局の役割とは?

関連記事

オホ総合振興局の役目とは? 2021/06/10掲載(網走市/社会)斜里の集団感染後、広域会議なく / 4月以降、オホーツク管内で新型コロナ感染者が急増する中、道庁の出先機関であるオホーツク総合振興局(網走市)の“役割”が改めて注目されている。先日、斜里町では感染者20人を超えるクラスターが発生し、近隣自治体にも緊張が走った。しかし、6月4日時点で、同振興局の呼びかけによる管内市町村や関係機関による会議はいまだに開催されていないことが、地域政党「新党連帯」(同市、鰹谷忠代表)への回答資料で明らかになった。(大) コロナ対策交付金配分の基準乏しく / 新党連帯は5月17日、同振興局に対して同党へのコロナ感染対策についての要請文を提出。その後も、関連対策について、要請していた。同振興局の回答資料によると、管内首長や医師会などに出席を求めた感染対策、医療提供体制をテーマにした会議は、昨年2月から今年5月までに7回開催された(このうちウェブ会議6回※ワクチン接種会議は除く)。今年については、5月7日に開催した、管内医療機関と保健所、医師会との情報交換会議の1回のみ。管内首長との意見交換会は昨年6月4日以降、開かれていない。こうした状況について、新党連帯は「2年にわたる道内の感染状況や道の対策を考えると、打ち合わせの回数が適切であったとはいえない」と批判。「20人以上が感染した斜里町のクラスター(5月24、28日に公表)については早期会議を開催し、関係市町村、医師会との情報、対策の共有を図るべき」と指摘し、同振興局は「趣旨を踏まえて早期に対応する」と回答した。コロナ感染対策も含む、イベントなど地域の創造的事業を支援する「地域づくり総合交付金」。昨年の管内配分額は6億5555万円(要望も同額)。今年の管内各団体からの要望額は7億4536万2千円(3月時点)となっている。新党連帯によると、同振興局は同交付金を配分する際、コロナ感染対策の関連経費を交付するための明確な基準を設けていない。「基準を定めないまま、申請をもって、交付金を支給決定していることは問題」と指摘した。振興局はコロナ感染対策に関する交付基準を設けていなかった事実を認めた上で、「今年からは道庁で定めた『イベント主催者セルフチェックシート』を活用し、交付金の決定をしていく」と回答した。 (経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道オホーツク総合振興局

関連エントリー

オホーツク総合振興局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

高齢者等ごみ出し支援事業について

高齢者等ごみ出し支援事業について

関連記事

「高齢者等ごみ出し支援事業」本格運用 2021/06/04掲載(北見市/社会) 北見市 申請件数は5月末で109件 / 北見市の高齢者等ごみ出し支援事業の本格運用が1日に始まった。申請のあった利用者宅を週に1回訪問し、玄関先から直接回収する。希望者には声掛けも行い、安否確認の役割も果たす。高齢化が進み独居世帯が増加する中、新たな福祉施策として注目される。
希望者には声掛けによる安否確認も 新たな福祉施策として注目 / 事業の対象者は介護保険制度の要支援、要介護の該当者や各種障がい者認定を受けている人など。週に1回、利用者宅からごみを直接回収する。希望すれば声掛けによる安否確認も行う。5月31日現在の申請件数は109件で、このうち北見自治区が94件、端野と常呂自治区が各6件、留辺蘂自治区が3件。介護保険利用者のケアマネージャーなどを通じた申請が多いという。声掛け希望は全体の約半数となる52件。
5月10日から試験運用を開始し、6月から本格運用に移行。初日は北見自治区の川東などで回収が行われた。利用料は無料だが、指定ごみ袋は各自で用意する必要がある。市廃棄物対策課は760件までは対応可能としており「今後も周知を図りたい」としている。問い合わせは同課(0157・25・1153)へ。(柏) (経済の伝書鳩)

関連サイト

高齢者等ごみ出し支援 – 北見市役所のホームページ

関連エントリー

高齢者等ごみ出し支援をご利用ください | 北見市 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

食中毒警報発令情報について

食中毒警報発令情報について

関連記事

食中毒警報1号を発令 2021/06/11掲載(北見市・網走市/社会)北見、網走保健所が / 北見、網走保健所は10日午前10時、それぞれ食中毒警報第1号を発令した。最高気温28度以上が予想されるためなどで、13日午前10時まで72時間継続する。 (経済の伝書鳩)

関連サイト

食中毒警報の発令について – 美幌町ホームページ

食中毒警報のお知らせ | 北見保健所ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道ホームページ

関連エントリー

食中毒 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

高齢者のセルフネグレクトについて

高齢者のセルフネグレクトについて

関連記事

高齢者の「セルフネグレクト」 2021/06/03掲載(北見市/社会) 北見でも増加傾向 / 独居者増加で全国的に社会問題化 在宅で社会から孤立、財産・健康管理が困難に 市のごみ出し支援事業が新たな見守り担う / 高齢化とともに独居高齢者の増加が進む中、一人で暮らすお年寄りの“セルフネグレクト(自己放任)”が全国的に社会問題化している。自分自身の心や体のケアを放棄してしまうセルフネグレクト、それに近い状況が北見市内でも増加傾向にあるという。 セルフネグレクトとは、在宅で「介護・医療サービスを拒否して社会から孤立し、生活行為や心身の健康維持ができなくなっている状態」「生活環境や栄養状態が悪化しているのに、それを改善しようという気力を失い、周囲に助けを求めない状態」などと説明されている。 市介護福祉課によると、加齢による生活能力や意欲の低下、認知症などで財産管理や健康管理が困難になり水道や電気などのライフラインを止められたり、家の中がごみ屋敷状態になるケースがあるという。 セルフネグレクトは、高齢者虐待防止法の5類型(身体的虐待、心理的虐待など)に該当しないが、市は「虐待に準じた対応が必要」とし、高齢者福祉や医療、生活支援などの関係組織でつくる高齢者等支援ネットワークで支援に向けた協力を呼びかけている。 セルフネグレクトは民生委員や町内会、地域包括支援センター、近隣住民の通報などで見つかる場合もあるが、問題が潜在化して発覚しにくい側面もある。 早期発見・早期支援につなげるために同課は「周囲の見守りが重要」としており、6月に運用を開始する見守りを兼ねた高齢者向けごみ出し支援事業が新たな見守りの“目”に加わる。(柏) (経済の伝書鳩)

セルフネグレクト / セルフネグレクト(英: self-neglect、又は自己放任)とは、個人自身の基本的ニーズに対して発生するネグレクト行為であり、それには不適切な衛生、服飾、食事、医学的状況などが挙げられる。より広義には、個人の保健、衛生、生活環境などのセルフケアが不足している状況をいう。重症なケースはディオゲネス・シンドロームと呼ばれている。 (Wikipedia)

関連サイト

“セルフ・ネグレクト” その実態とは? – NHKハートネット

このページの先頭へ戻る

津軽三味線世界大会 仲野魁斗

津軽三味線世界大会 仲野魁斗

関連記事

津軽三味線世界大会で優勝 2021/05/31掲載(北見市/話題・文化) 唄付伴奏B級部門で北見商業高2年・仲野 魁斗さん / 北見の仲野魁斗(かいと)さん(16、北見商業高校2年)が、このほど青森県で開かれた第39回津軽三味線世界大会に出場。唄付伴奏B級部門で優勝し、個人B級部門でも3位に入った。「おばあちゃんや指導して下さった先生、アドバイスをくれた方々のおかげです」と感謝している。個人B級部門でも3位入賞 祖母や先生、助言をくれた方々のおかげ / 仲野さんは、祖母の影響で3歳から民謡を歌い始め、小学4年生で三味線を手にした。祖母に三味線を習っていたが、大会出場をめざして本格的に学びたいと、中学2年生から市内の指導者のもとに通い、練習や経験を重ねてきた。昨年は出場が決まっていた大会が中止に。今年、同世界大会にエントリーし念願の大会出場を果たした。同世界大会は2日間にわたり、個人戦8部門、団体戦2部門で実施。仲野さんが出場した唄付伴奏B級部門は、年齢制限はなく、プロの民謡歌手の歌に合わせ、津軽じょんから節新節の伴奏を1分以内で行う。歌を担当する歌手は3人。当日まで誰に当たるか分からず、事前練習もなし。歌い手によって歌い方の癖が違うため、自分の演奏をしながらも、いかに歌に合わせられるかが問われる。「歌は音源を聞いたことがない方だったので、探りながらという感じでしたが、自分ではうまく弾けたと思いました」。表彰式はなく、その日のうちに結果が会場に張り出された。「(優勝に自分の名前を見て)よっしゃー!という感じでした」と笑顔をみせる。一方、中級者(年齢制限なし)が対象の個人B級部門は、自分でアレンジした津軽じょんから節を3分以内で演奏する。原曲から離れないように自分なりのオリジナリティを出すことが求められ、「きれいに細かく音を鳴らすところ」にこだわって演奏した。3位の結果に「悔しい思いもありますが、うれしかったです」。初めての大会を振り返り「2日間ともいい緊張感を持つことができました。なるべくほかの人の演奏を聞かないようにしたのがよかったのかも」と明かす。津軽三味線の魅力を「繊細さも、ダイナミックでパワフルな音色も、両方兼ね備えているところ」という。「また別の大会にも挑戦したい。機会があったら地元北見の方にも演奏を聞いてもらいたいです」と話している。(菊)
(経済の伝書鳩)

関連サイト

第39回 2021 津軽三味線世界大会結果

このページの先頭へ戻る

美幌町立国民保健病院広報誌令和3年度春号

一期一会 (いちごいちえ)
美幌町立国民保健病院広報誌令和3年度春号

町民医学講座その178 子宮頸がんワクチンについて 小児科医師 前田亮
町民医学講座その179 偽痛風 総合診療科医師 酒井英二
町民医学講座その180 運動不足について 理学療法士 村岡宏史
町民医学講座その181 糖尿病で目が見えなくなるかもしれない! 外来看護師 田中真由美
町民医学講座その182 便秘について 内科医師 西村光太郎
町民医学講座その183 肩こり 整形外科医師 又吉章政
町民医学講座その184 地域包括ケアシステムについて 2階病棟看護師 松村久美子
町民医学講座その185 PAD(末梢動脈疾患)について 臨床工学技士 真鍋仁暢
外来通院患者さん、受診される患者さんへのお願い 院長 西村光太郎
(一期一会(病院広報誌) – 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町国民健康保険病院ホームページ

関連エントリ

一期一会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

町民医学講座 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

国保病院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る