ギター カテゴリのアーカイブ

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association)

img_history60_02.jpg

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association)

その昔、日本の医師・医学博士で 日本バイオミュージック研究会(現・日本音楽療法学会)初代会長 全日本音楽療法連盟(現日本音楽療法学会)会長 日本音楽療法学会初代理事長だった 日野原重明さんと、音楽療法士の国家資格について電話で何度か話し合った。その時に、北海道医療大学の粟崎さんの紹介があった。その後、北海道当別町にあったギター工房に招待した。

関連記事

一般社団法人日本音楽療法学会(にほんおんがくりょうほうがっかい、英: Japanese Music Therapy Association)は、日本における音楽療法の啓発・普及活動と音楽療法士の育成・認定などを行っている民間の団体である。 概要 / 主に音楽が生体に及ぼす影響を客観的に評価する研究をしていたバイオミュージック学会と、主に臨床現場での音楽療法の技術を研究・研鑽及び普及活動をしていた臨床音楽療法協会が合体して1995年、全日本音楽療法連盟が発足する。 音楽療法の研修・講習を充実させると共に、1997年には同連盟認定音楽療法士の資格認定を始める。 その後、組織の充実を図るため2001年4月、全日本音楽療法連盟が母体となり、日本音楽療法学会が設立される。 疾病と健康に関する音楽の機能と役割を学際的に研究し、音楽療法が医療、福祉、健康、教育の領域において積極的に展開することを目指し、音楽療法を通じて、健康の維持・促進など広く社会に貢献することを目的としている。アジア地域の音楽療法の情報交換を率いてアジア音楽療法シンポジウムを開催、2009年3月の第1回 (東京) 以来、国内外の専門家を招いてきた。会員数は2014年現在、約6,000名がいる。 (日本音楽療法学会 – Wikipedia)

関連サイト

日本音楽療法学会 北海道支部のホームページ

日本音楽療法学会 : 公式サイト

Japanese Music Therapy Association

関連エントリ

日野原重明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shigeaki Hinohara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本音楽療法学会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Japanese Music Therapy Association の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

ギター朋友・同年生まれの楽友 荘村清志さんは、1996年に逝去した武満徹の遺作「森の中で」を、北海道紋別市で初演した。 美幌町のインド料理店「クリシュナ」で、武満徹作曲「美幌町町歌」SPレコードを聴いて、荘村清志さんは大感激した。(2008年夏)

関連記事

武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 ギターのための作品 / フォリオス / ヒロシマという名の少年 / すべては薄明のなかで / ギターのための小品 -シルヴァーノ・ブソッティの60歳の誕生日に- / 不良少年エキノクス / 森のなかで (武満徹の作品一覧 – Wikipedia)

荘村 清志(しょうむら きよし Kiyoshi Shomura、1947年10月13日 – )は、日本のクラシックギターのギタリスト。 活動 / 荘村清志の功績の一つに、日本人作曲家に積極的に作品を委嘱し、現代ギター作品のレパートリーを拡大したことがある。とくに武満徹には74年に「フォリオス」、93年に「エキノクス」(初演94年)を委嘱し、ギタリストにとって重要なレパートリーの一つとなっている。また「ギターのための12の歌」は荘村清志のために編曲された。 エピソード・人物像 / 武満徹に初めて作品を依頼する際、面識がなかったが武満の自宅に直接電話をし会う約束をつけた。荘村自身は「当時、武満さんはノヴェンバー・ステップスによって、世界で脚光を浴び、雲の上の存在だった。そこに無名の一ギタリストがたずねて行って、今思ってもよく曲を書いて下さったものだ。」と語っている。武満は作曲するのを迷ったが、 夫人の「若い音楽家の為に書いてあげなさいよ」という言葉によって「フォリオス」が作曲された。これがきっかけになり、武満はその後数曲のギター作品を作曲している。死の半年前に書かれた「森のなかで – ギターのための3つの小品 -」の第二曲は荘村に捧げられた。 (荘村清志 – Wikipedia)

関連サイト

ギターとともに歩む – 荘村清志ホームページ

関連エントリ

武満徹の作品一覧 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ギターのための作品 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

荘村清志 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Shomura の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌)

Toru_Takemitsu.jpg

392445_109940502452293_906320627_n.jpg

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌)

関連記事

武満 徹(たけみつ とおる Toru Takemitsu、1930年10月8日 – 1996年2月20日)は、日本の作曲家。 ほとんど独学で音楽を学んだが、若手芸術家集団「実験工房」に所属し、映画やテレビなどで幅広く前衛的な音楽活動を展開。和楽器を取り入れた『ノヴェンバー・ステップス』によって、日本を代表する現代音楽家となった。 1953年には北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美が病状悪化の早坂文雄を介して委嘱した「美幌町町歌」を作曲している。 この間、私生活においては1954年に若山浅香と結婚した。病に苦しんでいた武満夫妻に團伊玖磨は鎌倉市の自宅を提供して横須賀市に移住した。 1957年、早坂文雄(1955年没)に献呈された『弦楽のためのレクイエム』を発表。日本の作曲家はこの作品を黙殺したが、この作品のテープを、1959年に来日していたストラヴィンスキーが偶然NHKで聴き、絶賛し、後の世界的評価の契機となる。 (武満徹 – Wikipedia)

Tōru Takemitsu (武満 徹 Takemitsu Tōru, October 8, 1930 – February 20, 1996) was a Japanese composer and writer on aesthetics and music theory. Largely self-taught, Takemitsu possessed consummate skill in the subtle manipulation of instrumental and orchestral timbre. He is famed for combining elements of oriental and occidental philosophy to create a sound uniquely his own, and for fusing opposites together such as sound with silence and tradition with innovation. He composed several hundred independent works of music, scored more than ninety films and published twenty books. He was also a founding member of the Jikken Kobo (experimental workshop) in Japan, a group of avant-garde artists who distanced themselves from academia and whose collaborative work is often regarded among the most influential of the 20th century. His 1957 Requiem for string orchestra attracted international attention, led to several commissions from across the world and established his reputation as one of the leading 20th-century Japanese composers. He was the recipient of numerous awards and honours and the Toru Takemitsu Composition Award is named after him. (Toru Takemitsu – Wikipedia)

美幌町(びほろちょう Bihoro)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 歴史 / 1953年(昭和28年) 美幌町町歌制定。大下孝一作詞、武満徹作曲。 美幌町の有名人 / 美幌町ゆかりの有名人 / 藁科雅美 – 音楽評論家、毎日放送音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」など。戦後、美幌町に疎開し町民の文化向上に貢献する(1950年第1回美幌町文化賞受賞)。山口昌男に英語を個人指導、團伊玖磨に美幌農業高校校歌作曲を依頼(1952年)、武満徹に美幌町町歌作曲を依頼(1953年)。 (美幌町 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoto Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌の歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町町歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大下孝一 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Toru Takemitsu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道札幌市 札幌マンドリン倶楽部 (湯谷偉男)


北海道札幌市 札幌マンドリン倶楽部 (湯谷偉男)

北海道北見市の駅前の きたみ東急百貨店が創業して、文化教室 (モナリザ・ルーム) で 加藤雅夫ギター・マンドリン教室を開設した。初代店長 湯谷偉男さんはとてもよろこんでくれた。彼はギターマンドリンの愛好家だった。

以前、北海道札幌市の中島児童会館にて 札幌マンドリン倶楽部のミニコンサートを聴いた。とても素敵な演奏でした。チームワーク満点でした。

関連サイト

苫小牧駒澤大学 : 澤大在学生応援 : 読書感想 第12回 「がんばらない」精神でがんばろう! (前編 札幌ビズカフェ・事務総長 湯谷偉男)

苫小牧駒澤大学 : 澤大在学生応援 : 読書感想 第12回 「がんばらない」精神でがんばろう! (後編 札幌ビズカフェ・事務総長 湯谷偉男)

北海道札幌市を拠点に活動する社会人マンドリン合奏団 札幌マンドリン倶楽部ホームページ

関連エントリ

湯谷偉男 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

札幌マンドリン倶楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市 きたみ東急百貨店 まちきた大通りビル (湯谷偉男)


北海道北見市 きたみ東急百貨店 まちきた大通りビル (湯谷偉男)

北海道北見市の駅前の きたみ東急百貨店が創業して、文化教室 (モナリザ・ルーム) で 加藤雅夫ギター・マンドリン教室を開設した。初代店長 湯谷偉男さんはとてもよろこんでくれた。彼はギターマンドリンの愛好家だった。

関連記事

株式会社東急百貨店(とうきゅうひゃっかてん、英称:TOKYU DEPARTMENT STORE CO.,LTD.)は、東京都渋谷区道玄坂に本店を置く日本の百貨店である。日本百貨店協会に加盟。東急電鉄の完全子会社で東急グループの中核企業。 沿革 / 1972年(昭和47年) 1月 – 「株式会社さっぽろ東急百貨店」設立。1978年(昭和53年)8月 – さっぽろ東急百貨店を合併。 6月26日 – 「株式会社きたみ東急百貨店」設立。 きたみ東急百貨店 / 北海道北見市大通西2-1:1982年8月開店。2007年10月31日閉店。跡地は北見市が買い取り「まちきた大通ビル」となった。 (東急百貨店 – Wikipedia)

東急百貨店さっぽろ店(とうきゅうひゃっかてんさっぽろてん)は、北海道札幌市中央区にある百貨店。 沿革 / 1973年(昭和48年):株式会社さっぽろ東急百貨店による「さっぽろ東急百貨店」開店。1978年(昭和53年):親会社の東急百貨店がさっぽろ東急百貨店を吸収合併。 (東急百貨店さっぽろ店 – Wikipedia)

まちきた大通ビル(まちきたおおどおりビル)は、北海道北見市にある商業ビル。2007年(平成19年)10月30日に閉店した「きたみ東急百貨店」の跡地に所在。 地元第三セクター、株式会社まちづくり北見が運営。 きたみ東急百貨店(きたみとうきゅうひゃっかてん)は、北見市にかつて存在した日本の百貨店。東急百貨店の子会社で同百貨店内に本社を置く、株式会社きたみ東急百貨店が経営していた。 ビルの名称を「まちきた大通ビル」、愛称を「パラボ (Parabo)」に決定。 (まちきた大通ビル – Wikipedia)

関連サイト

特集 : まちきた大通りビル「パラボ」 – グラコム

苫小牧駒澤大学 : 澤大在学生応援 : 読書感想 第12回 「がんばらない」精神でがんばろう! (前編 札幌ビズカフェ・事務総長 湯谷偉男)

苫小牧駒澤大学 : 澤大在学生応援 : 読書感想 第12回 「がんばらない」精神でがんばろう! (後編 札幌ビズカフェ・事務総長 湯谷偉男)

関連エントリ

湯谷偉男 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

遠TONE音 (三塚幸彦 小野美穂子 曽山良一)

Hokusai-fuji7.png

遠TONE音 (三塚幸彦 小野美穂子 曽山良一)

関連記事

遠TONE音(とおね)尺八の三塚幸彦、箏(琴・こと)の小野美穂子、ギターの曽山良一によるユニット。 1988年、倉橋ルイ子のツアーゲストとして尺八の三塚幸彦と、箏の小野美穂子が参加した折、当時倉橋ルイ子のバックバンドリーダーだったギターの曽山と意気投合、それまでの各の活動に終止符を打って遠TONE音を結成した。 三塚と曽山が北海道出身であることから、北海道をテーマとして作品作りを展開、地元北海道のメディアに頻繁に取り上げられ、ファン獲得にも成功、瞬く間に北海道全域でコンサートを展開するようになった。 (遠TONE音 – Wikipedia)

関連動画


藤野ひろ子「黒百合の歌」アルバム「叙情詩」より – YouTube

関連サイト

遠TONE音オフィシャルサイト

関連エントリ

三塚幸彦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小野美穂子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

曽山良一 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

遠TONE音 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター二重奏? ギター四重奏?

ギター二重奏? ギター四重奏?

関連記事

Tico-Tico no fubá” [ˈtʃiku ˈtʃiku nu fuˈba] (”sparrow in the cornmeal”, or, literally, “rufous-collared sparrow in the cornmeal”) is a Brazilian choro song written by Zequinha de Abreu in 1917. Its original title was “Tico-Tico no farelo” (”sparrow in the bran”), but since Brazilian guitarist Américo Jacomino “Canhoto” (1889–1928) had a work with the same title,[1] Abreu’s work was given its present name in 1931, and sometime afterward Aloysio de Oliveira wrote the original Portuguese lyrics. Outside Brazil, the song reached its peak popularity in the 1940s, with successful recordings by Ethel Smith, The Andrews Sisters (with English-language lyrics by Ervin Drake), Carmen Miranda and others. (Tico-Tico no Fubá – Wikipedia

関連動画

4-tissimo Guitar Quartet / Tico Tico no Fubá(ギター四重奏?)

Duo Siqueira Lima / Tico Tico (ギター二重奏?)

関連エントリ

ギター二重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ギター四重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Tico Tico no Fubá の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター六重奏? ギター八重奏?

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

ギター六重奏? ギター八重奏?

関連記事

A resonance chamber uses resonance to enhance the transfer of energy from a sound source (e.g. a vibrating string) to the air. The chamber has interior surfaces which reflect an acoustic wave. When a wave enters the chamber, it bounces back and forth within the chamber with low loss (See standing wave). As more wave energy enters the chamber, it combines with and reinforces the standing wave, increasing its intensity. Since the resonance chamber is an enclosed space that has an opening where the sound wave enters and exits after bouncing off of the internal walls producing resonance, commonly acoustic resonance as in many musical instruments (see Sound board (music)), the material of the chamber, particularly that of the actual internal walls, its shape and the position of the opening, as well as the finish (porosity) of the internal walls are contributing factors for the final resulting sound produced. (Resonance chamber – Wikipedia

アニミュージック(Animusic)は、アメリカのCG制作会社。及び同社が制作したCG作品/ビデオソフトの呼称。概要 / MIDIによるシンセサイザー音楽に、3DのCGによる視覚イメージを付加したビデオ作品を制作している。(アニミュージック – Wikipedia

関連エントリ

ギター六重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ギター八重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

月天心 かなしきものに とどまりぬ (美幌白雲)

月天心 かなしきものに とどまりぬ (美幌白雲)

今年の中秋の名月は 9月24日です。中秋の名月を愛でる 芸術の秋です、お月見をたのしんでみてはいかがですか。アジア及び日本の国民の皆さまは 食欲の秋、月よりダンゴ(月餅)ですか。

一隅を照らす「照千一隅」とは、一隅を守るは千里を照らすなり。「一灯照隅 万灯照国」とは、世界中の国民ひとり一人が努力をすれば 世界中の国全体が明るくなるという意味。たとえそれが貧者の一灯であっても、われわれは何らかの形で社会に奉仕したいものだ。世界中の国民が安心して幸せに暮らすことができるならば、貧乏な国でよいではないか。

十五夜お月さん御機嫌さん 近藤圭子
十五夜お月さん 作詞・野口雨情、作曲・本居長世 1920年(大正9年)発表
十五夜お月さん 御機嫌(ごきげん)さん 婆(ばあ)やは お暇(いとま)とりました
十五夜お月さん 妹は 田舎へ 貰(も)られてゆきました
十五夜お月さん 母(かか)さんに も一度 わたしは逢いたいな

関連エントリ

中秋の名月 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

十五夜 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

月見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月23日 ブログの投稿再開の一周年 (記念日)

660px-Supernova-1987a.jpg

9月23日 ブログの投稿再開の一周年 (記念日)

昨年の誕生日 (9月3日) にブログの投稿を再開してから満一年です。これからもがんばります。ありがとうございました。北海道美幌町 美幌音楽人 加藤雅夫 (かとう まさお Masao Kato)

関連エントリ

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

投稿を再開いたしました(2017年9月23日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る