フラメンコギター カテゴリのアーカイブ

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年9月19日の配信)

Autumn_leaves_pantone_crop.jpg

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)9月19日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年9月19日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中国の女性ギタリストスーフェイ・ヤン(楊雪霏、杨雪霏、Xuefei Yang)

712px-Yangxuefeiphoto.jpg

スーフェイ・ヤン – Wikipedia
スーフェイ・ヤン(楊雪霏、Xuefei Yang, 1977年 北京 -)は中国出身のギター奏者。日本語表記では、EMIミュージック・ジャパンからCDが発売される以前はヤン・シュエフェイまたは、シュエフェイ・ヤンとも呼ばれていた。輸入盤の販売サイトなどでは、シュエフェイ・ヤンが使用されていることが多い。
北京の中央音楽学院にギター専攻者として、初めて入学し、世界的にも注目され、中国のギターの英才教育のお手本となった。ワン・ヤンメン(王雅夢、Wang Yameng)、チェン・シャンシャン(陳册册、Chen Shanshan)、スー・メン(蘇萌、Su Meng)、リー・ジエ(李潔、Li Jie)といった超若手の中国女性ギタリストたちをリードする存在。
1989年、社団法人日本ギター連盟主催の第32回「東京国際ギターコンクール」に参加し、演奏を披露、特別賞を受賞。
1990年、大都市・北京でも、将来有望な少女ギタリストとして注目されるようになり、北京市長から表彰される。この年、北京の中央音楽学院附属中学に入学。在中国スペイン大使からコンサート・ギターの贈呈を受ける。
1991年2月、14歳でマドリッドでデビュー・コンサートを行い、ホアキン・ロドリーゴ(Joaquín Rodrigo)も聴衆のひとりとなる。
1995年、ジョン・ウィリアムズ(John Williams)が彼女の演奏を聴いた後、将来性を確信して、自分のスモールマン・ギターを寄贈。

中国の女性ギタリストスーフェイ・ヤン(楊雪霏、杨雪霏、Xuefei Yang) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

478px-HasekuraPrayer.jpg

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

支倉常長(Hasekura Tsunenaga、1571年 – 1622年8月7日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。伊達氏の家臣。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、ローマでは貴族に列せられた。(Wikipedia

慶長遣欧使節とは慶長18年(1613年)に仙台藩主伊達政宗がフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として、エスパーニャ帝国(スペイン)の国王フェリペ3世、およびバチカンのローマ教皇パウルス5世のもとに派遣した使節である。(Wikipedia

コリア・デル・リオ(Coria del Río)は、スペイン、アンダルシア州、セビリア県の自治体。 1614年、仙台藩の伊達政宗の家臣支倉常長が率いる慶長遣欧使節が滞在したことで知られる。コリア・デル・リオにはJapón(ハポン、日本)の姓を持つ人が約700人おり、使節団の一員として来訪したまま現地に留まったキリスト教徒日本人、使節の現地人水夫、及びその支援者の子孫達と考えられている。 2013年6月、徳仁皇太子がコリア・デル・リオを訪問し、植樹式を行なった。(Wikipedia

日本・スペイン400周年 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

トロントからの桜便り(ウクレレ演奏)

408px-Yoshitsune_with_benkei_2.jpg

800px-Newark_cherry_blossoms.jpg

401px-Hiroshige_36_Views_of_Mount_Fuji_Series_7.jpg

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)3月28日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

トロントからの桜便り(ウクレレ演奏) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

カナダのジャズギタリスト、エド・ビッカート(Ed Bickert)

Gibson_ES-175.png

Order_of_Canada_CM_ribbon_bar.png

800px-3_Order_of_Canada_grades.JPG

写真: ジャズギター(Jazz Guitar)、カナダ勲章(Members of the Order of Canada)

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)10月25日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

カナダのジャズギタリスト、エド・ビッカート(Ed Bickert) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ああ、日本丸の歌

800px-Atakebune3.jpg


かみともにいまして(God be with you till we meet again) – YouTube 

日本丸 のニュースブログ(Google 検索) 

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)8月30日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

ああ、日本丸の歌 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伊吹吾郎北海道観光大使

Belen_maya.jpg

Alhambra_3f.jpg

800px-Kumaishi_Coast.jpg

Hokkaido_Kumaishi-town.png


伊吹吾郎氏の北海道観光大使就任式 – YouTube 

伊吹 吾郎(いぶき ごろう、水戸黄門出演中は「吾朗」、本名:伊吹 勝敏(いぶき かつとし)、1946年1月2日 – )は、北海道爾志郡熊石村(現:二海郡八雲町(爾志郡熊石町))出身の俳優である。身長175cm、やぎ座、血液型O型。オフィス斬所属。長男は俳優の伊吹康太郎。 趣味は、フラメンコギター演奏で、フラメンコギターを眺めながら酒を飲んだり、新しいギターを買った夜は興奮して眠れないほどのギター好きだという。(Wikipedia) 

伊吹吾郎 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道観光大使 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第322号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

伊吹吾郎北海道観光大使 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Spanish Dance Company (Toronto, Canada)

Belen_maya.jpg

002.jpg

1024px-122_-_Toronto_-_Septembre_2009.jpg

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)5月3日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

Spanish Dance Company (Toronto, Canada) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

セビリア国際ギターコンクール「スペインの作曲家」の概要

800px-Patio_de_las_doncellas.jpg

170px-GlorietadeBecquer.jpg

800px-SevillaPavoReal.jpg

セビリア(Sevilla [seˈβiʎa] )はスペイン南部の都市。アンダルシア州の州都で、セビリア県の県都。 闘牛やフラメンコの本場で、スペインを代表する観光都市。セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館は世界遺産に登録されている。(Wikipedia

国際ギターコンクール のニュースブログ検索(Google)

スペインのギタリスト、フランシスコ・ベルニエ(Francisco Bernier)からメールニュースが送られてきました。日本と世界のギタリストの皆様にご案内します。

セビリア国際ギターコンクール「スペインの作曲家」の概要 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「サクラ前線異常あり」(e-nikka編集長 色本信夫)


桜お花見(トロント市ハイパーク)

カナダ のニュースブログ検索(Google)
トロント のニュースブログ検索(Google)

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)4月12日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

「サクラ前線異常あり」(e-nikka編集長 色本信夫) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る