Tetsuya Iwabuchi の検索結果: 1 件

Hola Iwabuchi, Chao Iwabuchi (Kitami Hokkaido Japan)

Hola Iwabuchi, Chao Iwabuchi (Kitami Hokkaido Japan)

関連記事

遠くアルゼンチンからいとこ家族が… 2019/11/01掲載(北見市/社会) 北見の岩淵さん宅に突然の訪問 / Hola(オラ=やぁ)!Iwabuchi。北見市高栄東町の岩淵哲也さん(73)・玲子さん(同)宅に10月30日突然、いとこ家族が顔を出した。十代で北見を離れ、アルゼンチンに渡った移民の日系二世と三世。形見のエアメールを手掛かりに、父の生家、北見市の岩淵家を訪ねた。しっかりとした日本語で「父の故郷を一度訪ねたかった」。岩淵さんの案内で念願だった先祖の墓参りを果たした。 Chao!(チャオ=またね)Iwabuchi! 念願の初墓参…北見はきれいで安心 / アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで生まれ育ち、日本は初めてのエクトル・イワブチさん(61)、マリア・イワブチさん(55)夫妻とその一男一女。 哲也さんの父・一男さんとエクトルさんの父・不捨人(ふしゃと)さんは兄弟。哲也さんによると、戦争で三男を亡くした父母が昭和10年代後半、四男の不捨人さんを兵隊に送らずに済むよう、移民に出したようだという。 不捨人さんは現地で日本人のきよ子さんと結婚。きよ子さんは4歳で熊本県から隣国パラグアイを経てアルンチンに入った移民で、2人で花屋を営み、エクトルさんを授かった。 マリアさんと結婚したエクトルさんは造園業を営み成功している。 「一生に一度、父親の生まれ育った地を訪れたかった」とエクトルさん。見知らぬ地へ頼りにしたのは、母親が大事に持っていた岩淵一男さん差出の1通の手紙。そこに書かれていた住所を手掛かりに北見にやって来た。 一男さんと不捨人さん、哲也さんはともに野付牛中学、北見北斗高校の卒業生。エクトルさんらは手掛かりを求め、北見市役所へ。さらに北見北斗高校に足を運び「親切に教えてもらいました」。 突然の訪問に驚いた哲也さん。「うれしかたです」と遠く地球の反対側からやってきた親類をもてなした。翌31日には両夫妻で北見ヶ丘霊園へ。日本の作法を知るマリアさんも静かに手を合わせ、先祖に報告した。「おやじ達も喜んでいると思います」と哲也さん。 マリアさんは「北見は自然が多く、きれいなまち」と気に入った様子。川湯温泉を観光した後は、東京と京都、広島を巡り13日に離日の予定。娘さんが働くオランダに寄って帰るそう。エクトルさんは「アルゼンチンは泥棒が多く、安心できない。北見は治安も良く素晴らしい」と名残惜しそうだった。(寒) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

Buenos Aires の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ブエノスアイレス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

岩淵哲也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

岩淵玲子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tetsuya Iwabuchi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Leiko Iwabuchi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る