イギリス カテゴリのアーカイブ

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月16日、アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日です

img_history30_03_2.jpg

bi_bo_2.jpg

『アニーローリー』(Annie Laurie)は、代表的なスコットランド民謡として知られる楽曲。ウィリアム・ダグラス(William Douglas 1672? – 1748)の詩をもとにして作られた。作曲はスコットランドの女流音楽家ジョン・ダグラス・スコット夫人(Alicia Scott)。 【日本語詞】 この日本語詞は、緒園凉子のものをもとに、原詞の表現を加味して作成したものである。他にも堀内敬三、藤浦洸、茂原二郎の訳詞がある。(wiki/アニーローリー

12月16日
アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日

12月16日、アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

HAGO Newsletter November 2013 (from Derek Hasted)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

330px-Thanksgiving-Brownscombe.jpg

caricature.jpg

勤労感謝の日は、日本の国民の祝日の一つである。日付は11月23日。 ja.wikipedia.org/wiki/勤労感謝の日

英国イングランドの「ハンプシャーギターオーケストラ(hago)」から最新ニュースが送られてきました。
日本と世界のクラシックギターオーケストラ愛好家の皆様にご案内します。

Derek Hasted氏はイギリスを代表するクラシックギター奏者です。

Newsflash – Forthcoming concert

HAGO Newsletter November 2013 (from Derek Hasted) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月7日、今日から立冬です。

Sasanqua960.jpg

Meretrix_lusoria.jpg

Phasianus_versicolor_in_field.JPG

立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。 特徴: 初めて冬の気配が現われてくる日。 秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。 七十二候: 立冬の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)。 水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)。 次候: 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)。 末候: 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)。 野鶏入水為蜃(やけい みずにいり おおはまぐりと なる) : 雉が海に入って大蛤になる(中国)。
ja.wikipedia.org/wiki/立冬

11月7日、今日から立冬です。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Britten100 in Prague

mailgooglecom_2.jpg

mailgooglecom.jpg

プラハ(チェコ)のチェリストFrantišek Brikciusから、2013年10月のニュースレターが送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

ベンジャミン・ブリテン(Benjamin Britten)
ヴィトルト・ルトスワフスキ(Witold Lutosławski)
マックス・レーガー(Max Reger)
ダーヴィト・ポッパー(David Popper)

Press: Britten100 in Prague

Britten100 in Prague の全文を読む

このページの先頭へ戻る

John Williams “Usher Waltz” (Nikita Koshkin)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

300px-Aubrey_Beardsley_-_Edgar_Poe_3.jpg

BurtonsGentlemansMagazine.jpg

ジョン・ウィリアムズ 「アッシャー・ワルツ」(ニキータ・コシュキン)
John Williams “Usher Waltz” (Nikita Koshkin)

John Williams “Usher Waltz” (Nikita Koshkin) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

HAGO Newsletter October 2013 (from Derek Hasted)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

800PX-~1_4.JPG

caricature.jpg

英国イングランドの「ハンプシャーギターオーケストラ(hago)」から最新ニュースが送られてきました。

日本と世界のクラシックギターオーケストラ愛好家の皆様にご案内します。

Derek Hasted氏はイギリスを代表するクラシックギター奏者です。

HAGO Newsletter October 2013 (from Derek Hasted) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン

_002.jpg

450px-Ingrid_Bergman_1940_publicity.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

「あれを弾いて、マサオ。『時の過ぎ行くままに』を」
“Play it, Masao. Play ‘As Time Goes By.”

「君の瞳に乾杯」
“Here’s looking at you, kid.”

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

NASAの火星探査、MAVENの俳句計画

800px-Maven_spacecraft_full.jpg

Mars_atmosphere.jpg

600px-2005-1103mars-full.jpg

228px-Basho_by_Buson.jpg

MAVEN
MAVEN(英語: Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN、メイバン)はNASAが計画している火星探査計画。探査機を火星に送り込む予定であり、名前の表す火星の大気とその宇宙への流出の進展について研究が行われる予定である。MAVEN計画の主要計画者はコロラド大学ボルダー校宇宙大気物理研究室のブルース・ジャコスキーである。 NASAのマーズ・スカウト計画によって立ち上げられたもので、同計画自体は2010年に中止されたが、フェニックスとMAVENの2機は終了前に開発が決定していたために継続が決められた。 打上げ日時: 2013年の11月18日から同年12月7日の間に打ち上げ予定。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MAVEN

MAVEN
Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN (MAVEN) is a planned space exploration mission to send a space probe to orbit Mars and study its atmosphere. On August 2, 2013 MAVEN arrived at Kennedy Space Centre Florida to begin pre-launch preparations.
http://en.wikipedia.org/wiki/MAVEN

NASAの火星探査、MAVENの俳句計画 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

インドの詩人、詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)ラビンドラナート・タゴール

317px-Tagore_handwriting_Bengali.jpg

Tagore3.jpg

舌の上で古い言葉が死に絶える時、新しい旋律が胸から噴き出す。古い路が途切れる時、新しい国が奇跡と共に姿を現す。(ギーターンジャリ, Gitanjali, গীতাঞ্জলি 1912

インドの詩人、「詩聖」ラビンドラナート・タゴール(1941.8.7)没。

インドの詩人、詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)ラビンドラナート・タゴール の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る