欧州 カテゴリのアーカイブ

オランダの画家 フィンセント・ファン・ゴッホ (Vincent van Gogh)

Van_Gogh_Self-Portrait_with_Straw_Hat_1887-Metropolitan.jpg

オランダの画家 フィンセント・ファン・ゴッホ (Vincent van Gogh)

関連記事

7月29日 忌日 / 1890年 フィンセント・ファン・ゴッホ (蘭:画家『ひまわり』) <37歳> Vincent Willem van Gogh ピストル自殺 (7月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月29日 忌日 / 1890年 – フィンセント・ファン・ゴッホ、画家。 (7月29日 – Wikipedia)

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 – 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 – 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 – 1890年5月)に制作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。なお、オランダ人名のvanはミドルネームではなく姓の一部であるために省略しない。日本を含め多くの国では、これを省略してゴッホという呼び方が定着しているが、本項では正式にファン・ゴッホと呼ぶ。 (フィンセント・ファン・ゴッホ – Wikipedia)

Vincent Willem van Gogh (Dutch: [ˈvɪnsɛnt ˈʋɪləm vɑŋ ˈɣɔx] (About this sound listen); 30 March 1853 – 29 July 1890) was a Dutch Post-Impressionist painter who is among the most famous and influential figures in the history of Western art. In just over a decade he created about 2,100 artworks, including around 860 oil paintings, most of them in the last two years of his life. They include landscapes, still lifes, portraits and self-portraits, and are characterised by bold colours and dramatic, impulsive and expressive brushwork that contributed to the foundations of modern art. His suicide at 37 followed years of mental illness and poverty. (Vincent van Gogh – Wikipedia)

関連エントリ

ゴッホ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Vincent van Gogh の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

450px-Robert-Schumann-Haus.JPG

Robert_Schumann.jpg

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

関連記事

7月29日 忌日 / 1856年 ロベルト・シューマン (独:作曲家) <46歳> Robert Alexander Schumann (7月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月29日 忌日 / 1856年 – ロベルト・シューマン、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 – 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。ドイツ語発音: [ˈroːbɛrt]に基づきローベルト・シューマンと表記されることもある。ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残した。 とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 – 1873年)に師事する。しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となる。ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 – 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼした。文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行う。このころから精神障害の症状に悩まされるようになる。1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動する。この間、子供向けのピアノ曲を作曲するなど教育分野での貢献も残した。1853年にヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)と出会い、「新しい道」と題する論文で若き天才として紹介するが、翌1854年にライン川に投身自殺を図る。救助されたシューマンはボン近郊のエンデニヒの療養所に収容され、2年後の1856年に46歳で死去した。 (ロベルト・シューマンWikipedia)

Robert Schumann (German: [ˈʃuːman]; 8 June 1810 – 29 July 1856) was a German composer and influential music critic. He is widely regarded as one of the greatest composers of the Romantic era. Schumann left the study of law, intending to pursue a career as a virtuoso pianist. He had been assured by his teacher Friedrich Wieck, a German pianist, that he could become the finest pianist in Europe, but a hand injury ended this dream. Schumann then focused his musical energies on composing. Schumann’s published compositions were written exclusively for the piano until 1840; he later composed works for piano and orchestra; many Lieder (songs for voice and piano); four symphonies; one opera; and other orchestral, choral, and chamber works. Works such as Carnaval, Symphonic Studies, Kinderszenen, Kreisleriana, and the Fantasie in C are among his most famous. His writings about music appeared mostly in the Neue Zeitschrift für Musik (New Journal for Music), a Leipzig-based publication which he jointly founded. In 1840, Schumann married Friedrich Wieck’s daughter Clara, against the wishes of her father, following a long and acrimonious legal battle, which found in favor of Clara and Robert. Clara also composed music and had a considerable concert career as a pianist, the earnings from which, before her marriage, formed a substantial part of her father’s fortune. Schumann suffered from a mental disorder, first manifesting itself in 1833 as a severe melancholic depressive episode, which recurred several times alternating with phases of “exaltation” and increasingly also delusional ideas of being poisoned or threatened with metallic items. After a suicide attempt in 1854, Schumann was admitted to a mental asylum, at his own request, in Endenich near Bonn. Diagnosed with “psychotic melancholia”, Schumann died two years later in 1856 at the age of 46 without having recovered from his mental illness. (Robert Schumann – Wikipedia)

関連エントリ

シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ロベルト・シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Robert Schumann の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

Franz_Xaver_Mozart_Wolfgang_Jr_1825.jpg

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

関連記事

7月29日 忌日 / 1844年 – フランツ・クサーヴァー・モーツァルト、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルト(Franz Xaver Wolfgang Mozart, 1791年7月26日 – 1844年7月29日)は、オーストリアの作曲家、ピアニスト。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの末子で四男。 (フランツ・クサーヴァー・モーツァルトWikipedia)

Franz Xaver Wolfgang Mozart (26 July 1791 – 29 July 1844), also known as Wolfgang Amadeus Mozart, Jr., was the youngest child of six born to Wolfgang Amadeus Mozart and his wife Constanze. He was the younger of his parents’ two surviving children. He was a composer, pianist, conductor, and teacher from the late classical period whose musical style was of an early Romanticism, heavily influenced by his father’s mature style. (Franz Xaver Wolfgang Mozart – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・クサーヴァー・モーツァルト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Xaver Wolfgang Mozart の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

Vivaldi_caricature.jpg

800px-Canal_Grande_in_the_sunset.jpg

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

関連記事

7月28日 忌日 / 1741年 アントニオ・ヴィヴァルディ (伊:作曲家,バイオリン奏者『四季』) <63歳> (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1741年 – アントニオ・ヴィヴァルディ、作曲家。 (7月28日 – Wikipedia)

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 – 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家で、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭。人物・来歴 / イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没した。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラのヴァイオリニストで、理髪師の父親からヴァイオリンを学ぶ。10歳より教会附属の学校に入り、25歳で司祭に叙階される。赤毛であったことから、「赤毛の司祭」Il Prete Rosso(イル・プレーテ・ロッソ)と呼ばれるようになった。 (アントニオ・ヴィヴァルディWikipedia)

Antonio Lucio Vivaldi (Italian: [anˈtɔːnjo ˈluːtʃo viˈvaldi]; 4 March 1678 – 28 July 1741) was an Italian Baroque musical composer, virtuoso violinist, teacher, and cleric. Born in Venice, he is recognized as one of the greatest Baroque composers, and his influence during his lifetime was widespread across Europe. He composed many instrumental concertos, for the violin and a variety of other instruments, as well as sacred choral works and more than forty operas. His best-known work is a series of violin concertos known as the Four Seasons. Many of his compositions were written for the all-female music ensemble of the Ospedale della Pietà, a home for abandoned children where Vivaldi (who had been ordained as a Catholic priest) was employed from 1703 to 1715 and from 1723 to 1740. Vivaldi also had some success with expensive stagings of his operas in Venice, Mantua and Vienna. After meeting the Emperor Charles VI, Vivaldi moved to Vienna, hoping for preferment. However, the Emperor died soon after Vivaldi’s arrival, and Vivaldi himself died, in poverty, less than a year later. (Antonio Vivaldi – Wikipedia)

関連エントリ

ヴィヴァルディ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Vivaldi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

Bach.jpg

ドイツの作曲家・音楽家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach)

関連記事

7月28日 忌日 / 1750年 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (独:作曲家,オルガン奏者) <65歳> Johann Sebastian Bach (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1750年 – ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、作曲家。 (7月28日Wikipedia)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) – 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。 バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。バッハ一族は音楽家の家系で(バッハ家参照)数多くの音楽家を輩出したが、中でも、ヨハン・ゼバスティアン・バッハはその功績の大きさから、大バッハとも呼ばれている。J・S・バッハとも略記される。 (ヨハン・ゼバスティアン・バッハWikipedia)

Johann Sebastian Bach (31 March [O.S. 21 March] 1685 – 28 July 1750) was a composer and musician of the Baroque period, born in the Duchy of Saxe-Eisenach. He is known for instrumental compositions such as the Brandenburg Concertos and the Goldberg Variations as well as for vocal music such as the St Matthew Passion and the Mass in B minor. Since the 19th-century Bach Revival he has been generally regarded as one of the greatest composers of all time. (Johann Sebastian BachWikipedia)

関連エントリ

バッハ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Johann Sebastian Bach の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌)

460px-Comet-Hale-Bopp-29-03-1997_hires_adj.jpg

Halebopp031197.jpg

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌)

ネッシーとクッシーの歌 / ネッシーとクッシー(1976年 ビクター KV-543、作詞 前川市治郎、作曲 牧野民治、編曲 前田俊明、歌手 田中星児)

関連記事

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。日本での話題 / 日本においても最も知られた未確認動物であり、テレビ番組や雑誌等でしばしば取り上げられた。国内で目撃証言のある類似の未確認動物に「〜ッシー」という命名が盛んにされた(池田湖のイッシー、屈斜路湖のクッシーなど)他、特撮ドラマ等の怪獣や漫画のストーリー、登場メカの題材にもなった。日本に中国からパンダが贈呈された当時の世論調査で、ネッシーがパンダの次に日本に来て欲しい動物に選ばれている。石原慎太郎はネッシーの存在を信じており、何度か捜索隊を組んでネス湖を調査している。(ネッシー – Wikipedia

クッシー(英: Kussie)は、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)。有名なイギリスのネス湖に生息するネッシーに倣って名付けられた。目撃証言以外にも、湖面の波紋などが幾つかの写真にも納められているが、正体は不明とされている。(クッシー – Wikipedia

田中 星児(たなか せいじ Seiji Tanaka、1947年8月27日 – )は、日本の歌手。奈良県御所市出身。名前は、星の綺麗な夜に生まれた事にちなむ。歌手のグッチ裕三は従兄弟である。作曲家としてのペンネームに「中山 竜」がある。来歴・主な活動 / 音楽教師をしていた両親の赴任地である奈良県御所市で出生、小学校3年生の時大阪府大阪市へ転居。幼少から音楽的環境に恵まれていた。大阪府立阪南高等学校在学中からオーディション番組やのど自慢などに参加し、法政大学文学部[要出典]在学中には1966年にはTBS『ナショナル10人抜きのど自慢』優勝、1968年にはNHK『NHKのど自慢全国大会』(ポピュラーの部)優勝、シャンソンコンクールで入賞、といった実力を発揮する。その華やかな経歴や抜群の歌唱力が話題になり、1970年にNHKの音楽番組『ステージ101』のレギュラーとなり(本番組がデビュー)、翌年には同局の幼児番組『おかあさんといっしょ』の初代うたのおにいさんとなる。1976年、シングル「オー・マリヤーナ/ビューティフル・サンデー」がオリコン最高位4位を記録し、同年の『第27回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。現在も子ども向けのコンサートや曲作りなどの活動を続ける傍ら、健聴者とろうあ者が一緒に楽しめる「歌のバリアフリーコンサート」を吉祥谷友歩らと行っている。また、鹿児島県を全国にアピールするマキシシングル「Neo KAGOMAGO(ネオ カゴマーゴ)」を世に広めている。平城遷都1300年祭応援団長に就任。主な作品(歌唱曲) / その他 / ネッシーとクッシー(1976年 ビクター KV-543、作詞 前川市治郎、作曲 牧野民治、編曲 前田俊明) (田中星児 – Wikipedia

関連エントリ

クッシー(Kussie) ネッシー(Nessie) 誕生記念日(1月15日) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシーの歌 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

田中星児 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞)

798px-Lochneska_poboba_museumofnessie.jpg

296px-Piper_busking_in_Edinburgh_DSC05049.JPG

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞)

先日、北海道新聞社編集局編集委員の黒川伸一さんが訪ねて来ました。屈斜路湖のクッシー伝説、クッシー伝説の火付け役・前川市治郎さん(美幌町)、ネッシーとクッシーの歌について取材を受けました。

関連記事

IMG_20180712_060718

2018年 (平成30年) 7月8日 (日曜日) 北海道新聞の記事
時を訪ねて クッシー伝説 屈斜路湖周辺 (弟子屈、美幌)
目撃情報 マチを揺るがす / 観光狙ったミステリー
文・黒川 伸一 / 写真・桜井 徳直

掲載写真 (夕闇迫り、残照に染まる屈斜路湖、湖畔の観光客らがいなくなると神秘の湖と化した) (小浜隆紀さんの父、故小浜利男さんが1973年9月、美幌峠の下から撮影した写真。右端の陸地が中島。クッシーの写真として話題を呼んだ) (美幌峠から見た屈斜路湖の全景。中央が湖に浮かぶ中島。向かって右側に和琴半島、中島越しに砂湯がある) (父親らと目撃した美幌峠下の現場で、写真が撮影された1973年当時の状況を話す小浜隆紀さん。道路脇の木が育ち、今は視界をさえぎる) (川湯温泉に近い湖畔の観光スポット・弟子屈町の砂湯には、「クッシー」像が置かれ、ランドマークになっている) (湖の南部、弟子屈町・和琴半島のオヤコツ地獄。噴気がモウモウと湧き上がり、地熱の高さが特異な自然環境を生み出している) (目撃情報の多くがペアであるため、美幌町・美幌下水終末処理場前の緑地には、大小2頭のクッシー像が建立されていた)

聞きたい / 火付け役の思い 後世に 加藤雅夫さん(70)=美幌町 / 美幌町で、クッシーに夢を託してブームに火を付けたのは、1973年当時、町内でホテルを経営していた前川市治郎さん(07~99年)でした。町は屈斜路湖を望む観光地美幌峠を抱えており、「クッシーの里・美幌」を広くPRしたいということもあったでしょうが、クッシーというロマンを通じて、湖の自然を守りたい思いも強かったのだろうと思っています。そんな考えから、前川さんはネス湖のネッシーと絡めた詩を作り、「ネッシーとクッシー」という歌を世に出しました。歌は夢を感じさせて話題を呼び、76年には、歌のお兄さん田中星児さんが歌ってビクターレコードから発売されました。私が手にしているのがそのレコードです。さらに冊子「私のクッシー物語」発行し、クッシーによる町おこしを進め、町内各地に遊具などのモニュメントを増やすきっかけを作ってくれました。私は友人として、「クッシーおじさん」こと前川さんの思いを語り継ぎたく、ブログなとを通じて情報を発信してきました。(ギターマンドリン講師)

いっぴん / ブームお菓子で伝える 美幌町・山本菓子舗の「クッシーの里」、弟子屈町・長谷製菓の「クッシーまんじゅう」

関連サイト

どうしん電子版 (北海道新聞)

関連エントリ

クッシーまんじゅう の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシーの里 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシー伝説 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシーの歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

前川市治郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシアの指揮者 ウラジミール・フェドセーエフについて

Nanakamado_rowanberry.jpg

ロシアの指揮者 ウラジミール・フェドセーエフについて

1999年(平成11年)6月27日 / モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演 / ウラジーミル・フェドセーエフ指揮 総勢100人 / 札幌キタラ大ホール / 迫力満点です。ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は感動! キタラが、ゆれました。

1999年6月27日、モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演が行われた。ウラジーミル・フェドセーエフ(Федосеев, Владимир Иванович、Vladimir Fedoseyev)指揮による総勢100人の、ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は迫力満点!札幌コンサートホールKitara大ホールが揺れた。サープリン総領事(在札幌ロシア総領事館)歓迎会に出席していた私は、コンサートの前日に札幌丸井デパートのレストランで食事をしていた。そこに、ヴァイオリンケースを抱えたロシア人の女性が一人でやって来て隣の席に座り「そば定食」をオーダーした。彼女に片言のロシア語で話しかけると、モスクワ放送交響楽団の団員で第二ヴァイオリン奏者だと言う。私は「美幌のギター教師だ」と言ったらコンサートに招待された。そして、ロシアのヴァイオリニストは「そば定食」のワサビの塊を口に入れてしまった・・・ あの時のロシア語「キャー! Woo! Ах, нет!」は、いつも思い出す。(加藤雅夫のあゆみ 50代 1997~ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連記事

ウラジミール・イヴァノヴィチ・フェドセーエフ(ロシア語: Владимир Иванович Федосеев, ラテン文字転写: Vladimir Ivanovich Fedoseyev, 1932年8月5日 – )は、ソ連時代から国際的に活躍を続けるロシアの指揮者。モスクワ放送交響楽団の音楽監督・首席指揮者をソ連時代から長く務める。経歴 / 1932年レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ。ムソルグスキー学校、モスクワのグネーシン音楽大学、モスクワ音楽院に学ぶ。1971年にエフゲニー・ムラヴィンスキーの推挙により、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の客演指揮者としてデビューする。ロシア放送民族楽器オーケストラの芸術監督を経て、1974年からモスクワ放送交響楽団の音楽監督および首席指揮者に就任し、以来同楽団を今日までロシア有数のオーケストラに育て上げ、今なお良好な関係を保っている。国外では、バイエルン放送交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ハンブルク歌劇場管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、フランス国立管弦楽団などのオーケストラとの共演のほか、イタリア、スイス、イギリス、スカンディナヴィア、アメリカなどに幅広く客演する。その間、東京フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者(1995年 – )、ウィーン交響楽団首席指揮者(1997年 – 2005年)を歴任している。またオペラ指揮者として、キーロフ劇場の他、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、フィレンツェ5月音楽祭、ローマ歌劇場、モスクワ・ボリショイ劇場などのオペラハウスや音楽祭において、自らの演出のもとに指揮を行なっている。受賞歴としてソ連邦人民芸術家、グリンカ賞、モスクワ知事賞、シルヴァー・クロス章、ゴールデン・オルフェウス大賞等がある。音楽活動とその特色 / 個性派ぞろいのロシア系・ソ連系の指揮者の中にあってフェドセーエフは、音楽によって自己主張をするというよりも、音楽に奉仕し、作品そのものによって語らせるタイプの一人である。躍動するリズムや色彩感を強調するよりも、旋律線の流れを重視するタイプでもある。レパートリーは幅広く、ラフマニノフやフレンニコフなどの録音でも作品との相性の良さを示しているが、一般にはチャイコフスキーやボロディン、ショスタコーヴィチの解釈で有名である。またスヴィリードフ、ボリス・チャイコフスキーとも親交が深かった。演奏活動における独自のメッセージ性は常に注目されており、リトアニアで独立運動が高まりをみせていた1989年12月にリトアニアの作曲家のチュルリョーニスの作品をモスクワで録音したり、ソ連崩壊・クーデター直前に団員を説得し、ショスタコーヴィチの『森の歌』を録音するなど、話題には事欠かない。クーデター当日にはショスタコーヴィチの交響曲第5番の第4楽章を、戦車が包囲する放送局の中で録音していた。チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』で第4楽章を「アンダンテ」にする等、自筆譜に基づき数度にわたって演奏・録音を行なう。同じくチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を初版に基づいて録音した。チュルリョーニスの交響詩『海』も、その後も何度か録音・演奏を繰り返している。モスクワ放送交響楽団を率いての来日公演では、正規のプログラムのみならず、アンコールも評判が高いことで知られる。(ウラジーミル・フェドセーエフ – Wikipedia

関連エントリ

ロシアの指揮者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ウラジミール・フェドセーエフの検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1999年のモスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演について

375px-La_Belle_au_Bois_Dormant.jpg

Emily_Smith_-_La_Belle_Aurore_-_Prix_de_Lausanne_2010-3.jpg

1999年のモスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演について

1999年(平成11年)6月27日 / モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演 / ウラジーミル・フェドセーエフ指揮 総勢100人 / 札幌キタラ大ホール / 迫力満点です。ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は感動! キタラが、ゆれました。

1999年6月27日、モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演が行われた。ウラジーミル・フェドセーエフ(Федосеев, Владимир Иванович、Vladimir Fedoseyev)指揮による総勢100人の、ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は迫力満点!札幌コンサートホールKitara大ホールが揺れた。サープリン総領事(在札幌ロシア総領事館)歓迎会に出席していた私は、コンサートの前日に札幌丸井デパートのレストランで食事をしていた。そこに、ヴァイオリンケースを抱えたロシア人の女性が一人でやって来て隣の席に座り「そば定食」をオーダーした。彼女に片言のロシア語で話しかけると、モスクワ放送交響楽団の団員で第二ヴァイオリン奏者だと言う。私は「美幌のギター教師だ」と言ったらコンサートに招待された。そして、ロシアのヴァイオリニストは「そば定食」のワサビの塊を口に入れてしまった・・・ あの時のロシア語「キャー! Woo! Ах, нет!」は、いつも思い出す。(加藤雅夫のあゆみ 50代 1997~ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連記事

モスクワ放送交響楽団(モスクワほうそうこうきょうがくだん)は、ロシアのモスクワを本拠とするオーケストラ。現在は、正式名称をP・I・チャイコフスキー記念交響楽団(露: Большой симфонический оркестр имени П. И. Чайковского)と称する。概要 / 1930年、ソビエト連邦の全国ラジオ放送向けの音楽を演奏するオーケストラとして設立された。設立時の名称は、Moscow Radio Symphony Orchestra(英)だった。ソ連時代には、USSR State Radio and Television Symphony Orchestra、USSR State Radio Symphony Orchestra、Symphony Orchestra of All-Union Radio and Television(英)とも呼ばれていた。1993年、ソ連崩壊の後、チャイコフスキーの音楽演奏について中心的な役割を果たしたとして、「チャイコフスキー」を冠する現在の名称となった。日本においては、改称後も慣例的に「モスクワ放送交響楽団」と呼ばれるが、英語名称に基づきチャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ(Tchaikovsky Symphony Orchestra)とも呼ばれる。1974年以来現在まで、音楽監督をウラジーミル・フェドセーエフが務めている。(モスクワ放送交響楽団 – Wikipedia

ウラジミール・イヴァノヴィチ・フェドセーエフ(ロシア語: Владимир Иванович Федосеев, ラテン文字転写: Vladimir Ivanovich Fedoseyev, 1932年8月5日 – )は、ソ連時代から国際的に活躍を続けるロシアの指揮者。モスクワ放送交響楽団の音楽監督・首席指揮者をソ連時代から長く務める。音楽活動とその特色 / 個性派ぞろいのロシア系・ソ連系の指揮者の中にあってフェドセーエフは、音楽によって自己主張をするというよりも、音楽に奉仕し、作品そのものによって語らせるタイプの一人である。演奏活動における独自のメッセージ性は常に注目されており、リトアニアで独立運動が高まりをみせていた1989年12月にリトアニアの作曲家のチュルリョーニスの作品をモスクワで録音したり、ソ連崩壊・クーデター直前に団員を説得し、ショスタコーヴィチの『森の歌』を録音するなど、話題には事欠かない。クーデター当日にはショスタコーヴィチの交響曲第5番の第4楽章を、戦車が包囲する放送局の中で録音していた。(ウラジーミル・フェドセーエフ – Wikipedia

The Tchaikovsky Symphony Orchestra is a Russian classical music orchestra established in 1930. It was founded as the Moscow Radio Symphony Orchestra, and served as the official symphony for the Soviet All-Union Radio network. Following the dissolution of the Soviet Union in 1991, the orchestra was renamed in 1993 by the Russian Ministry of Culture in recognition of the central role the music of Tchaikovsky plays in its repertoire. The current music director is Vladimir Fedoseyev, who has been in that position since 1974. During Soviet times, the orchestra was sometimes known as the USSR State Radio and Television Symphony Orchestra, the USSR State Radio Symphony Orchestra, or the Symphony Orchestra of All-Union Radio and Television. (Tchaikovsky Symphony Orchestra – Wikipedia

関連エントリ

モスクワ放送交響楽団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ウラジーミル・フェドセーエフ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の音楽家・作曲家 瀧廉太郎 (Rentaro Taki)

400px-Sogakudo07s750.jpg

日本の音楽家・作曲家 瀧廉太郎 (Rentaro Taki)

関連記事

記念日 6月29日 / 廉太郎忌 / 作曲家・滝廉太郎の1903(明治36)年の忌日。6月29日 忌日 / 1903年 瀧廉太郎 (作曲家) <23歳> (6月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月29日 忌日 / 1903年 – 瀧廉太郎、作曲家。 (6月29日 – Wikipedia)

瀧 廉太郎(たき れんたろう、Rentaro Taki、1879年(明治12年)8月24日 – 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。一般的には「瀧」は「滝」と表記されることも多い。生涯 / 1879年(明治12年)8月24日、瀧吉弘の長男として東京府芝区南佐久間町2丁目18番地(現:東京都港区西新橋2丁目)に生まれる。瀧家は江戸時代に、豊後国日出藩の家老職を代々つとめた上級武士の家柄である。父・吉弘は大蔵省から内務省に転じ、大久保利通や伊藤博文らのもとで内務官僚として勤めた後、地方官として神奈川県や富山県富山市、大分県竹田市などを移り住んだため、廉太郎も生後間もなくから各地を回ることにとなった。1886年(明治19年)5月、神奈川県師範学校附属小学校に入学。同年9月、富山県尋常師範学校附属小学校(現在の富山大学人間発達科学部附属小学校)に転校。1888年(明治21年)5月、麹町尋常小学校(現在の千代田区立麹町小学校)に転校し、同校を1890年(明治23年)に卒業。卒業時にはピアノを演奏したと伝えられるが、その曲目は不明。同年に15歳で東京音楽学校(現:東京藝術大学)に入学する。1898年(明治31年)に本科を卒業し、研究科に進む。こうして瀧は作曲とピアノ演奏でめきめきと才能を伸ばしていった。1900年10月7日には東京市麹町区(現:千代田区)にあった聖公会グレース・エピスコパル・チャーチ(博愛教会)で洗礼を受けてクリスチャンになり、10月28日にジョン・マキムから堅信礼を受けた。明治時代の前半に多くの翻訳唱歌ができたが、日本語訳詞を“無理にはめこんだ”ぎこちない歌が多く、日本人作曲家によるオリジナルの歌を望む声が高まっていた。彼の代表作である「荒城の月」は、「箱根八里」と並んで文部省編纂の「中学唱歌」に掲載された。また、人気の高い曲のひとつである「花」は1900年(明治33年)8月に作曲された、4曲からなる組曲『四季』の第1曲である。「お正月」、「鳩ぽっぽ」(「鳩」とは別物である)、「雪やこんこん」(文部省唱歌「雪」とは別物である)などは、日本生まれの最も古い童謡作品として知られるが、これらは1900年(明治33年)に編纂された幼稚園唱歌に収められた。また「荒城の月」は、ベルギーで讃美歌になったことも判明した。またピアニストとしては特にラファエル・フォン・ケーベルに私淑し、その影響を大きく受けてドイツ音楽を至上とする奏法を貫いていた。1901年(明治34年)4月、日本人の音楽家では2人目となるヨーロッパ留学生として出国し、5月18日にドイツのベルリンに到着。同地で日本語教師を務めていた文学者の巌谷小波や、ヴァイオリニストの幸田幸、また海軍軍楽隊から派遣されたクラリネット奏者吉本光蔵(後に「君が代行進曲」作曲)などと交友を持ち、共に室内楽を演奏したりした。さらにライプツィヒに向かい、ライプツィヒ音楽院(設立者:メンデルスゾーン)に入学する。文部省外国留学生として入学、ピアノや対位法などを学ぶが、わずか5か月後の11月に肺結核を発病し、現地の病院で入院治療するが病状は改善せず、帰国を余儀なくされる。1902年(明治35年)7月10日にドイツを発ち、ロンドンを経由して10月17日に横浜に着く。その後は父の故郷である大分県で療養していたが、1903年(明治36年)6月29日午後5時に大分市稲荷町339番地(現:府内町)の自宅で死去した。23歳没(満24歳)。結核に冒されていたことから死後多数の作品が焼却されたという。作曲数が多かったと考える者もいるようだが、現在はっきりとその存在が確認されている作曲作品は34曲と決して多くはない(編曲作品も幾らか現存)。瀧家の墓所は日出町の龍泉寺であるが、廉太郎は父と親交のあった大分市金池町の万寿寺に葬られた。戒名は直心正廉居士。2011年(平成23年)3月、廉太郎の墓は、親族らの意向により万寿寺から先祖の眠る龍泉寺へと移設された。龍泉寺には、瀧がドイツ留学時に愛用していた火鉢が残されている。作品 / 歌曲に有名な作品が多い瀧だが、1900年には日本人作曲家による初めてのピアノ独奏曲『メヌエット』を作曲している。肺結核が悪化して、死期が近いことを悟った時、死の4か月前に作曲したピアノ曲『憾(うらみ)』が最後の作品として残された。『メヌエット』『憾』を除いて、全て声楽作品である。 (瀧廉太郎 – Wikipedia)

『憾』(うらみ/ドイツ語:Bedauernswerth)は、日本の作曲家瀧廉太郎の数少ないピアノ曲の一つ。死の数ヶ月前という中(1903年)で作られた作品。ピアノ演奏技術として極端な進展はないものの、文明開化の中で西洋器楽音楽を取り入れようとする創意がある。全音楽譜出版社の『全音ピアノピース』で発売されているが、出版譜と自筆譜には差異が指摘されており、ミューズテック音楽出版から「メヌエット」と共に校訂版が出版されている。日本人のピアノ独奏作品としては最も古いものの一つ。『荒城の月』をはじめとする歌曲が作品のほとんどを占める作曲者であるが、器楽曲を日本に導入しようという強い意思が早すぎる晩年に現れている。なお、「憾」とは、憎しみの気持ちのことではなく、心残りや未練、無念といった気持ちのことである。この曲の自筆譜の余白に「Doctor!Doctor!」と走り書きがあったとされており、自身の若すぎる死を控えた「憾」の表れと考えられている。 (憾 (瀧廉太郎) – Wikipedia)

関連サイト

『荒城の月』が聖歌になった

関連エントリ

瀧廉太郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Rentaro Taki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

憾 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Bedauernswerth の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る