北欧 カテゴリのアーカイブ

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本観光庁 からのメールマガジンです。2013年12月13日の配信

000142554.jpg

330px-Copenhagen_-_the_little_mermaid_statue_-_2013.jpg

ワールドマスターズゲームズ (World Masters Games) とは4年ごとに開催される中高年齢者のための世界規模の国際総合競技大会。デンマークのコペンハーゲンに本部を置く国際マスターズゲームズ協会 (IMGA) が主催する。(wiki/ワールドマスターズゲームズ

日本の観光庁(JTA)メールマガジン第645号(2013年12月13日配信)が送られてきました。
日本全国及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

日本観光庁 からのメールマガジンです。2013年12月13日の配信 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 36」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道総合政策部知事室国際課から 「国際化通信 No. 36」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。
日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 36」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

10月31日、ハロウィン音楽(オルゴール)

Candyapple.jpg

004.jpg

ハロウィン、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われているが、現代では特にアメリカで民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
ja.wikipedia.org/wiki/ハロウィン

10月31日、ハロウィン音楽(オルゴール) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信)

Bioakkumulation_von_schadstoffen.png

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

残留性有機汚染物質(ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ)(Persistent Organic Pollutants、POPs)とは、自然に分解されにくく生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物のこと。物質によっては使用されたことのない地域でも検出されることがあり広範囲に影響をおよぼす可能性がある。 ダイオキシン類・ポリ塩化ビフェニル(PCB)・DDTなどがこの物質にあたる。 国内において発生する問題のみならず、地球環境問題であることから予防的取組として、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)にて国際的なPOPsの廃絶、削除等を行う枠組みが設けられた。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(英語:Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants)とは、早急な対応が必要と思われる残留性有機汚染物質(POPs)の減少を目的として、それらの指定物質の製造・使用・輸出入の禁止または制限をする条約。残留性有機汚染物質条約、ストックホルム条約、POPs条約とも呼ばれる。 2001年5月に採択、2004年5月17日に発効、日本は2002年に受諾している。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

環境省からのメールマガジンです。
2013年10月21日に配信

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.35」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。

日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

9月10日の世界自殺予防デー (World Suicide Prevention Day)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

世界自殺予防デー
世界自殺予防デー(World Suicide Prevention Day)は、世界保健機関 (WHO)が制定した、国際デーである。 世界自殺予防デーは9月10日と定められている。2003年にWHOと国際自殺予防学会(IASP)が共同で開催された世界自殺防止会議(スウェーデン・ストックホルム)の初日に『殺に対する注意・関心を喚起し、自殺防止のための行動を促進するのが目的』として制定された。

自殺予防週間
自殺予防週間(じさつよぼうしゅうかん)とは、自殺について誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発する期間。国や地方公共団体が連携して、毎年9月10日から一週間、啓発活動を強力に推進している。

9月10日の世界自殺予防デー (World Suicide Prevention Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン

_002.jpg

450px-Ingrid_Bergman_1940_publicity.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

「あれを弾いて、マサオ。『時の過ぎ行くままに』を」
“Play it, Masao. Play ‘As Time Goes By.”

「君の瞳に乾杯」
“Here’s looking at you, kid.”

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

猫の絵で知られるイラストレーター ルイス・ウェイン

Louis_Wain_-_Lascelles.png

猫の絵で知られるイラストレーター ルイス・ウェイン。
1860年8月5日の誕生。

猫の絵で知られるイラストレーター ルイス・ウェイン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る