南アジア カテゴリのアーカイブ

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会)

~1_2.JPG

800PX-~1_3.JPG

Gogenbiwa.jpg

310px-Gifujyou5846.jpg


雅楽(ががく、Gagaku)とは、宮中や寺社などにおいて伝わる日本古来の音楽や舞。雅楽の原義は「雅正の楽舞」で、「俗楽」の対。5世紀前後から中国、南アジア、朝鮮半島など大陸から儀式用の音楽や舞踊が伝わるようになり、大宝元年の大宝令によってこれらの音楽とあわせて日本古来の音楽や舞踊を所管する雅楽寮が創設されたのが始まりであるとされる。日本と同様に中国の伝統音楽をとりいれたベトナムの雅楽(nhã nhạc)や韓国に伝わる国楽とは兄弟関係にあたると言える。室町時代になると応仁の乱が起こり京都が戦場となったため多くの資料が焼失し楽人は地方へ四散してしまい多くの演目や演奏技法が失われた。江戸時代に入ると江戸幕府が南都楽所(奈良)、天王寺楽所(大阪)、京都方の楽所を中心に禁裏様楽人衆を創設し、雅楽の復興が行われた。明治時代に入ると、三方楽所や諸所の楽人が東京へ招集され雅楽局(後の宮内省雅楽部)を編成することとなった。(Wikipedia

現代雅楽(げんだいががく)とは、日本古代の伝統音楽である雅楽の編成および一部の楽器を用いて現代に新しく作られた現代音楽である。特に武満徹の「秋庭歌一具」(1973年 – 1979年)は優秀な解釈により頻繁に演奏され、現代雅楽の欠かせないレパートリーとなっている。(Wikipedia

雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google
現代雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ブータンの国王(第4代ワンチュク国王)誕生日

541px-Bhutan_orthographic_projection_svg.png

450px-Blue_Poppy_Meconopsis_sp_Flowers_2448px.jpg

ブータン王国(ブータンおうこく)、通称ブータンは、南アジアにある国家。ブータンは、気候・植生が日本とよく似ている上に、仏教文化の背景も持ち合わせており、日本人の郷愁を誘う場合も多い。これはモンスーン気候に代表される照葉樹林地帯(ヒマラヤ山麓-雲南-江南-台湾-日本)に属しているためで、一帯では類似の文化的特徴をみいだすことができる。 ジグミ・シンゲ・ワンチュク(Jigme Singye Wangchuck、1955年11月11日 – )は、第4代ブータン国王。1989年2月24日、34歳のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、昭和天皇の大喪の礼参列のため、民族衣装「ゴ」の礼服姿で数人の供を連れて来日した。他の国の首脳の多くが日本から経済的な協力を得るために、葬儀の前後に日本政府首脳と会談する弔問外交を行うなかで、ブータン国王はこうした弔問外交を行わず、大喪の礼に出席して帰国した。新聞記者が理由を尋ねると、国王は、「日本国天皇への弔意を示しに来たのであって、日本に金を無心しに来たのではありません」と答えた。また、同年には1ヶ月間も喪に服した。 ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck、1980年2月21日 – )は、第5代ブータン国王。2010年現在、世界最年少の元首である。(Wikipedia

写真: ブータンの国花「メコノプシス=ホリドゥラ」
動画: ブータンの民俗舞踊と歌

ブータン についてのニュースブログ記事(Google)

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第43号(2011年11月7日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

ブータンの国王(第4代ワンチュク国王)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

野田首相の「国家の信用」を守る責務(官邸かわら版)

800px-G20_svg.png

800px-G20_-_Cumbre_de_Cannes_-_20011103.jpg

内閣広報室(首相官邸)からメール配信:首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/11/08)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

G20 についてのニュースブログ記事(Google)

TPP についてのニュースブログ記事(Google)

野田首相 についてのニュースブログ記事(Google)

野田首相の「国家の信用」を守る責務(官邸かわら版) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

豆腐100万丁まであと47万5,032丁号(JICAメールマガジン)

541px-Paraguay_orthographic_projection_svg.png

img55948941.jpg

702px-Japanese_SilkyTofu_Kinugoshi_Tofu.jpg

独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA(ジャイカ))は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia

写真:大豆の花(おおすず大豆 がんばろう!青森

JICAについてのニュースブログ(Google)

豆腐100万丁まであと47万5,032丁号(JICAメールマガジン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICAボランティア秋募集受け付け中

110926_01.jpg

JICAについて: 独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA(ジャイカ))は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia

JICAについてのニュースブログ(Google)

JICAボランティア秋募集受け付け中 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

海外メディア招聘(北海道オホーツク総合振興局観光)

486px-Krishna_holding_flute.jpg

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

クリシュナ (企業) :有限会社クリシュナは、北海道網走郡美幌町に本社、北見市に本店を構えるインド料理(インドカレーなど)飲食店を経営する企業。 青色のカレーが提供されるカレー店(発祥地)として多数メディアに取り上げられることで有名である。(Wikipedia

海外メディア招聘(北海道オホーツク総合振興局観光) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このお金でいくつのパンが買えますか(修道女マザー・テレサ)

431px-Mother_Teresa.jpg

800px-Various_grains.jpg

今日(9月5日)は、修道女マザー・テレサ(1997)命日。

「愛への飢えはパンへの飢えより遥かに取り除くのが難しいのです」(修道女マザー・テレサ)

このお金でいくつのパンが買えますか(修道女マザー・テレサ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

東日本大震災に対する国際社会からの支援と励まし

mofajapan_red.jpg

title_2.jpg

mofajapan_blue.jpg

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第39号(2011年7月29日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省のニュース(Google) 外務省についてのブログ(Google
国際情勢のニュース(Google) 国際情勢についてのブログ(Google

東日本大震災に対する国際社会からの支援と励まし の全文を読む

このページの先頭へ戻る

海外へ渡航される皆様へ(注意すべき感染症)

509px-H1N1_influenza_virus.jpg

Aedes_aegypti_E-A-Goeldi_1905.jpg

401px-Red_Ribbon.svg.jpg

在中国日本国大使館からメールマガジン「海外で注意すべき感染症について」が送られてきました。夏休みに海外へ渡航される皆様へお知らせいたします。

大使館(たいしかん)は、国交のある外国に、自国の特命全権大使を駐在させて公務を執行する役所で、領事館と共に外交使節団の公館(日本の法令用語では在外公館)と呼ばれる。業務:通常、派遣された国の首都に置かれ、派遣元の国を代表して、派遣先国での外交活動の拠点となるほか、ビザの発給や、滞在先での自国民の保護といった援助などの領事サービス、広報・文化交流活動、情報収集活動などの業務を行う。(Wikipedia

日本大使館のニュース(Google) 日本大使館についてのブログ(Google

海外へ渡航される皆様へ(注意すべき感染症) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第1回インドにおけるビジット・ジャパン事業

1.jpg

2011年2月22日配信「観光庁メールマガジン 第287号」より: Japan Tourism Agency(日本政府の観光庁)では、ウェブサイトに掲載された新着情報等をはじめ、観光行政に関する情報を随時お届けします。ぜひご覧ください!

第1回インドにおけるビジット・ジャパン事業 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る