一羽の雀(His Eye Is on the Sparrow)について

300px-Tree_Sparrow_20080423.JPG

一羽の雀(His Eye Is on the Sparrow)について

関連記事

一羽の雀(いちわのすずめ、英語: His Eye Is on the Sparrow)はゴスペル讃美歌である。今日ではアフリカ系アメリカ人による礼拝においてよく歌われる歌であるが、この曲は元々、1905年に2人の白人の作家(作詞者シビラ・マーティンと作曲家チャールズ・ゲイブリル)によって作られた。この歌は、この曲を自伝のタイトルに用いた、役者で歌手のエセル・ウォーターズと密接な関係にある。曲の霊感 / この曲のテーマは、マタイによる福音書のイエスの言葉に霊感を受けている。(一羽の雀 – Wikipedia

“His Eye Is on the Sparrow” is a Gospel hymn. The song was written in 1905 by lyricist Civilla D. Martin and composer Charles H. Gabriel. It is most associated with actress-singer Ethel Waters who used the title for her autobiography.[1] Mahalia Jackson’s recording of the song was honored with the Grammy Hall of Fame Award. Inspiration / The theme of the song is inspired by the words of David in the Psalms and Jesus in the Gospel of Matthew in the Bible: “I will instruct thee and teach thee in the way which thou shalt go: I will guide thee with mine eye (Psalm 32:8). “Look at the birds of the air; they neither sow nor reap nor gather into barns, and yet your heavenly Father feeds them. Are you not of more value than they?” (Matthew 6:26) and “Are not two sparrows sold for a farthing? and one of them shall not fall on the ground without your Father. But the very hairs of your head are all numbered. Fear ye not therefore, ye are of more value than many sparrows” (Matthew 10:29–31). (His Eye Is on the Sparrow – Wikipedia

関連エントリ

一羽の雀 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

His Eye Is on the Sparrow の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る