北海道人 カテゴリのアーカイブ

1.17 ぼうさい甲子園について

1.17 ぼうさい甲子園について

関連記事

甲子園の名がつく高校生大会一覧(こうしえんのながつくこうこうせいたいかいいちらん)とは、高校生大会の通称に「甲子園」の名前が用いられているものを集めた一覧である。高校野球の全国大会の通称である「甲子園」になぞらえて、各種スポーツや文化系クラブの高校全国大会の通称に用いられている。高校のクラブ活動の全国大会という位置づけのものが多いが、単に高校生を対象とするイベントであるだけのものもある。1990年代以降、徐々に同種の名称を持つものが増えてきているが、これらの大会には特に横のつながりは無い。 (甲子園の名がつく高校生大会一覧 – Wikipedia)

1.17 阪神・淡路大震災 (1995年に日本の阪神地方で発生した地震災害) / 阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)とは1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大災害。 (阪神・淡路大震災 – Wikipedia)

関連動画

【特集】未来の防災リーダー担う高校生 ぼうさい甲子園大賞の山崎高校 – YouTube

関連サイト

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」とは – NPO法人さくらネット

ぼうさい甲子園 – NPO法人さくらネット

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」 – 兵庫県ホームページ

「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)(減災への取組) – 内閣府ホームページ

関連エントリ

ぼうさい甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のアドボカシーについて

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

日本のアドボカシーについて

関連記事

アドボカシー(英:advocacy)とは、「アドボケイト」と同じ語源で「擁護・代弁」や「支持・表明」「唱道」などの意味を持ち、同時に政治的、経済的、社会的なシステムや制度における決定に影響を与えることを目的とした、個人またはグループによる活動や運動を意味する。アドボカシーには、インターネット(ソーシャルメディア含む)やマスメディアのキャンペーン、公開演説、調査の実施・発表、またはアミカス・キュリエの提出など、個人または組織が行う様々な活動が含まれる。ロビー活動(利益団体によることが多い)は特定の問題または特定の法律について立法者に直接のアプローチをとるアドボカシーの一形態である。 なお、法的または法律上の文脈では「アドボケイト」とは、法的手続きにおいて、ある人に代わって発言することを何らかの方法で許可・任命されている特定の人(弁護士など)の称号である。語源である「アドボカタス」も参照のこと。 さらに、健康・医療の分野では、1970年代のアメリカにおいて登場した「患者アドボカシー(英語版)」や、「健康アドボカシー(英語版)」などの新たな用語も登場するようになった。

日本において / 日本語(カタカナ)で「アドボカシー」と表記される場合、大別すると二つの意味で使われることが多い。ひとつは権利擁護としてのアドボカシーであり、もうひとつは政策提言としてのアドボカシーである。 具体的には、社会的弱者、マイノリティー等の権利擁護、代弁の他、その運動や政策提言、特定の問題に対する政治的提言、保健医療、社会環境での性差撤廃、地球環境問題など広範な分野での活発な政策提言活動を指している。権利擁護としてのアドボカシーについては、(あまり組織的でなく、適度な)権利の代弁、擁護のことを指すとされ、その場合の例として、自ら自己の権利を充分に行使することのできない、終末期の患者、障害者、アルツハイマー病、意識喪失の患者などの権利を代弁することなどがあげられる。また、患者会やSHG(自助グループ)などがある程度組織的にアドボカシーを行う場合もある。 一方、政策提言としてのアドボカシーについては、特定の問題について政治的な提言を行うことと定義され、日本でも保健医療や、雇用における性差撤廃、地球温暖化防止などの環境問題、公共事業問題など広範な分野で活発な政策提言活動が行われている。特にNGO/NPOなどが行う市民活動の分野では、アドボカシーは反政府、反企業といった対立の構図ではなく、論理的・科学的な政策を代替案を示して提言する活動[7]であり、最もNGO/NPOらしい活動と定義する学者や専門家は多い。 また、ロビイング活動そのものや、そこにいたる代弁・弁護活動までも含めたものをアドボカシーとする考え方もある。最近では成年後見制度などとも関係して、超高齢社会の中で話題になることも多くなっている。また、日本の政府がNGO/NPOによる政策提言能力の向上を目的とした表彰制度を行っているが、そもそも提言を受ける側である国が提言する側を表彰することについては、NGO/NPOの中に疑問の声もある。 (アドボカシー – Wikipedia)

関連動画

子どものSOS見逃すな 「アドボカシー制度」とは(19/07/15) – YouTube

虐待受けた子どもの声に「アドボカシー」導入訴え(19/07/15) – YouTube

肺がん領域におけるアドボカシーとは 澤 祥幸 – YouTube

関連エントリ

アドボカシー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Advocacy の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オホーツク教育局 (北海道教育委員会)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

オホーツク教育局 (北海道教育委員会)

関連記事

北海道教育委員会(ほっかいどうきょういくいいんかい)は、北海道の教育委員会である。北海道札幌市中央区北3条西7丁目の北海道庁別館に所在する。 概要 / 北海道の教育に関する事務を所掌する行政委員会であり、教育長及び5名の委員で構成される。広義では、教育委員会の事務を担当する執行機関である北海道教育庁(教育委員会事務局)を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。 組織 / 出先機関 / オホーツク教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室) (北海道教育委員会 – Wikipedia)

関連サイト

オホーツク教育局 – 北海道教育委員会ホームページ

文部科学省ホームページ

関連エントリ

オホーツク教育局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オホーツク総合振興局の仕事 (北海道オホーツク総合振興局)

Traffic_light.gif

800px-Mm_Hand.jpg

オホーツク総合振興局の仕事 (北海道オホーツク総合振興局)

関連記事

オホーツク総合振興局の仕事 / オホーツク総合振興局 / 総合振興局直轄 総務課 税務課 地域創生部 地域政策課 保健環境部 保健行政室 企画総務課 健康推進課 生活衛生課 児童相談室 社会福祉課 環境生活課 産業振興部 商工労働観光課 農務課 調整課 整備課 林務課 水産課 東部・西部森林室 網走建設管理部 建設行政課・用地管理室・事業室 建設指導課 空港管理事務所 網走家畜保健衛生所 東藻琴食肉衛生検査所 (オホーツク総合振興局の仕事 – 北海道オホーツク総合振興局ホームページ)

オホーツク総合振興局(オホーツクそうごうしんこうきょく)は、北海道の総合振興局のひとつ。振興局所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、網走支庁に代わって発足した。 (オホーツク総合振興局 – Wikipedia

関連サイト

北海道オホーツク総合振興局ホームページ

関連エントリ

オホーツク総合振興局の仕事 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

800px-Ryogoku_Kokugikan_Tsuriyane_05212006.jpg

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

北海道北見市出身の大相撲力士 琴紺野 優紀 (こと こんの) 東三段目87枚目

令和元年7月場所 取組日・取組結果 (琴紺野 優紀)
初日 令和元年7月7日(日曜日)
二日目 令和元年7月8日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和元年7月9日(火曜日) 負け黒星●
六日目 令和元年7月12日(金曜日) 負け黒星●
八日目 令和元年7月14日(日曜日) 負け黒星●
九日目 令和元年7月15日(月曜日) 勝ち白星○
十二日目 令和元年7月18日(木曜日) 負け黒星●

関連記事

大相撲令和元年7月場所(おおずもうれいわがんねん7がつばしょ)は、2019年7月7日から7月21日まで愛知県名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される予定の大相撲本場所である。 (大相撲令和元年7月場所 – Wikipedia)

佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。 (佐渡ヶ嶽部屋 – Wikipedia)

星取表(ほしとりひょう)とは、白と黒の記号で試合の勝敗を示した表である。勝ちを白丸(○)、負けを黒丸(●)で表し、それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。 (星取表 – Wikipedia)

大相撲川柳の投稿

母強し カツゲン飲んで 頑張ろう (琴紺野の母)
大相撲 勝つまで待とう 琴紺野 (琴紺野の後援会)

関連動画

琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)

関連サイト

琴紺野 優紀 力士情報

大相撲「佐渡ヶ嶽部屋」入門 (2017/12/14) – 龍谷ニュース | 龍谷高等学校

琴紺野 優紀 | 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋

関連エントリ

令和最初の大相撲夏場所 (北海道北見市の出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の大相撲力士 琴紺野優紀 (北海道北見市出身) – 美幌音楽人 加藤雅夫

琴紺野優紀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kotokonno Yuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ブログのコメント欄 投稿できるようになりました

424px-Balalaika_svg.png

ブログのコメント欄 投稿できるようになりました

長い間、ブログのコメントが投稿ができませんでした。どうも、申し訳ありません。

これからは、ブログのコメントが投稿ができるようになりました。どうも、ありがとうございました。

北海道網走郡美幌町の音楽人 加藤雅夫 (かとう まさお Kato Masao)

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 美幌町出身の人物・医師 浅香正博 (Masahiro Asaka)

bi_bo.jpg

北海道 美幌町出身の人物・医師 浅香正博 (Masahiro Asaka)

日本の医師 浅香正博さんは北海道美幌町出身である。美幌町長・美幌町名誉町民の山内正雄さんが浅香正博さんの父親。母親の山内美知子さんの旧姓が「浅香」である。

私と浅香正博さんは美幌町立美幌小学校の同期生だった。私の妹と浅香正博さんの弟とは美幌町立美幌小学校で同級生だった。

関連記事

浅香 正博(あさか まさひろ、1948年1月1日 – )は、日本の医師、北海道大学医学部教授、北海道大学病院病院長を経て現在北海道医療大学学長。 ピロリ菌研究の第一人者で、秋野公造と共にピロリ感染胃炎に対して除菌の保険適用を実現させた。ピロリ菌除菌と以後の定期的な内視鏡検査による胃がん撲滅計画を提唱している。 経歴 / 北海道オホーツク管内美幌町生まれ。1972年、北海道大学医学部卒。1978年北海道大学医学部付属病院第3内科助手。1981年4月から1982年9月まで文部省在外研究員として米国テキサス州ベイラー大学医学部消化器科へ留学。1982年4月よりベイラー大学医学部講師。1984年1月から3月までサウジアラビア厚生省の招きでジェッダ市にある内視鏡センターへ行き、アラビア人医師を指導。1994年、北海道大学医学部内科学第三講座教授。2000年、北海道大学大学院医学研究科消化器内科学教授。2007年から2010年まで北海道大学病院院長。2009年第95回日本消化器病学会総会会長。2008年から2012年まで日本ヘリコバクター学会理事長。2011年から2015年まで北海道大学大学院医学研究科がん予防内科学講座特任教授。2016年4月より北海道医療大学学長。 (浅香正博 – Wikipedia)

関連サイト

【私の医歴書BN】 浅香正博氏(北海道医療大学学長)

【私の医歴書BN】 浅香正博氏(北海道医療大学学長)

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本のピロリ菌学者、浅香正博。(美幌小学校、同期の卒業生) – 美幌音楽人 加藤雅夫

浅香正博 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Masahiro Asaka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 美幌町出身の人物・医師 加藤一哉 (Kazuya Kato)

bi_bo.jpg

北海道 美幌町出身の人物・医師 加藤一哉 (Kazuya Kato)

日本の医師 加藤一哉は北海道美幌町で生まれた。出身大学 旭川医科大学、卒業後 医学博士取得。平成10年6月 比布町立ぴっぷクリニック開設 院長就任。

私の父親と加藤一哉の父親は兄弟関係である。私と加藤一哉は従兄弟(いとこ)の関係である。加藤一哉の弟 加藤淳二は札幌医科大学の教授である。医学博士。

関連記事

旭川医科大学(あさひかわいかだいがく、英語: Asahikawa Medical University)は、北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1-1に本部を置く日本の国立大学である。1973年に設置された。大学の略称は旭医(きょくい)。 (旭川医科大学 – Wikipedia)

旭川医科大学病院(あさひかわいかだいがくびょういん)は、北海道旭川市にある旭川医科大学の大学病院。道北・道東エリアの医療を担う基幹病院になっている。救命救急センターは道北ドクターヘリ協力病院として地域の救急医療の要になっているほか、全国に先駆け設立された遠隔医療センターは北海道内のみならず日本国内外との遠隔医療を推進している。 (旭川医科大学病院 – Wikipedia)

関連サイト

理念 – 比布町立ぴっぷクリニックのホームページ

院長経歴 – 比布町立ぴっぷクリニックのホームページ

比布町立ぴっぷクリニックのホームページ

関連エントリ

加藤一哉 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kazuya Kato の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 美幌町出身の人物・医師 加藤淳二 (Junji Kato)

bi_bo.jpg

北海道 美幌町出身の人物・医師 加藤淳二 (Junji Kato)

日本の医師 加藤淳二は北海道美幌町で生まれた。出身大学 札幌医科大学、卒業後 医学博士取得。

私の父親と加藤淳二の父親は兄弟関係である。私と加藤淳二は従兄弟(いとこ)の関係である。加藤淳二の兄 加藤一哉は旭川医科大学の出身で比布町立クリニックの院長である。医学博士。

関連記事

札幌医科大学(さっぽろいかだいがく、英語: Sapporo Medical University)は、北海道札幌市中央区南1条西17丁目に本部を置く日本の公立大学である。1950年に設置された。大学の略称は札医(札幌圏では単に『医大』と呼ぶ例もある)。 札幌医科大学附属病院は北海道大学病院と共に、北海道の中核的病院に位置づけられている。 (札幌医科大学 – Wikipedia)

札幌医科大学附属病院(さっぽろいかだいがくふぞくびょういん)は、札幌市中央区にある札幌医科大学の大学病院。 概要 / 医科大学附属の総合病院であり、北海道で唯一の高度救命救急センターや基幹災害医療センターに指定されている。また、「北海道エイズ治療ブロック拠点病院」や「北海道高度がん診療中核病院」に認定されるなど、北海道の医療・保健・福祉の発展に寄与している。「札幌医科大学施設整備構想」を踏まえて「札幌医科大学附属病院増築整備計画」を取りまとめ[6][7]、増築工事によって診療機能の拡充や患者アメニティの向上など機能強化を図る。 (札幌医科大学附属病院 – Wikipedia)

関連サイト

札幌医科大学ホームページ

札幌医科大学附属病院ホームページ

関連エントリ

加藤淳二 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Junji Kato の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の とびうお杯 (NEXT網走スイムチーム 美幌・女子児童 那須妃奈乃)

日本の とびうお杯 (NEXT網走スイムチーム 美幌・女子児童 那須妃奈乃)

関連記事

とびうお杯少年少女水泳大会初出場 2019/07/02掲載(美幌町/スポーツ・教育) NEXT網走スイムチーム 美幌・女子児童 2種目とも自己ベスト更新を 100メートル、200メートルで「今年はジュニア五輪にも」 / いざ全国へ / 網走市内のスイミングスクール「NEXT網走スイムチーム」に所属する美幌東陽小5年女子児童が、8月3日から静岡県で開かれる「とびうお杯第34回全国少年少女水泳競技大会」に初出場する。 出場種目は女子の100メートル自由形と200メートル自由形。100メートルは4月に紋別市、200メートルは5月に札幌市で開かれた大会でともに参加標準記録を突破して出場権を得た。 4、5月の大会ではともに自己ベストも更新。中でも100メートルは1分7秒54のタイムで、9-10歳で1位に入った。「100メートルは自信があった。200は大会であまり泳いでなかったので、そこまで自信はなかった」と話す。 他の大会を含めると全国大会は3度目。「両種目とも自己ベストをさらに更新したい。100メートルは1分6秒台、200メートルは2分26秒台を目指したい。今年はジュニアオリンピックにも出場したい」と目標を見据える。 大会まで1カ月と少し。週5回の練習を重ねる。「ターンの時に手が水の上に出ないようにしたり、息継ぎをする時に顔が上がり過ぎないようにしたい」と向上を誓っている。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

とびうお杯全国少年少女水泳競技大会(とびうおはいぜんこくしょうねんしょうじょすいえいきょうぎたいかい)は、毎年8月に静岡県浜松市で行われる、スイミングクラブ対抗の水泳大会である。2005年に「スポーツ拠点づくり推進事業」に承認された。 大会名は、地元出身の古橋廣之進・日本水泳連盟名誉会長の異名にちなんでつけられた。また、この大会は日本水泳連盟の公認する、唯一の学童大会である(そのために、小学生しか出場できない)。 (とびうお杯全国少年少女水泳競技大会 – Wikipedia)

全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会(ぜんこくジェイ・オー・シー・ジュニアオリンピックカップすいえいきょうぎたいかい)は、日本オリンピック委員会後援・日本水泳連盟主催の18歳以下(大学生除く)を対象とした全国水泳競技大会である。 概要 / 年2回、夏季大会(8月下旬)と春季大会(3月下旬)が開催され、各地域の予選を勝ち抜いたジュニア世代のトップスイマーが集う。 競泳競技はクラブ対抗として実施され、男女総合優勝クラブにJOCジュニアオリンピックカップが授与されている。それ以外の競技においては最優秀選手に与えられている。なお競泳競技では各年齢ごとで設定されている標準記録を突破していなければ出場することはできない為、ジュニアスイマーが目標にしている大会の一つでもある。 ジュニア世代の水泳競技最高峰に位置する大会であり、この大会からはオリンピックなど世界の舞台で活躍する多くの選手を輩出している。 (全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会 – Wikipedia)

関連エントリ

那須妃奈乃 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

とびうお杯 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る