環境 カテゴリのアーカイブ

カーボンオフセット大賞(環境省) – 美幌音楽人 加藤雅夫

220px-Radiation_warning_symbol_svg.png

環境省(Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)を図ることを任務とする。(Wikipedia

動画: 坂本龍一「カーボンオフセット」(下川町・足寄町・滝上町・美幌町)

カーボンオフセット大賞 についてのニュースブログ記事(Google)
環境省 についてのニュースブログ記事(Google)

カーボンオフセット大賞(環境省) – 美幌音楽人 加藤雅夫 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地球の温暖化防止対策(網走、北見、美幌)

ポスト京都議定書(Post-Kyoto Protocol)とは、京都議定書の削減対象期間である2008年~2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されている、気候変動枠組条約の「新たなる目標」の通称。(Wikipedia

いぶき(GOSAT : ゴーサット、Greenhouse gases Observing SATellite)は、環境省、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。(Wikipedia

ポスト京都議定書 についてのニュースブログ記事(Google)
温室効果ガス についてのニュースブログ記事(Google)
地球温暖化対策 についてのニュースブログ記事(Google)

地球の温暖化防止対策(網走、北見、美幌) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省メールマガジン(12月15日配信)

Air__pollution_1.jpg

800px-Pollution_-_Damaged_by_acid_rain.jpg

環境問題(かんきょうもんだい、英: Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。(Wikipedia

環境問題 についてのニュースブログ記事(Google)

環境省(Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)を図ることを任務とする。(Wikipedia

環境省 についてのニュースブログ記事(Google)

環境省メールマガジン(12月15日配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省メールマガジン(12月12日配信)

環境省(Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)を図ることを任務とする。(Wikipedia

環境省 についてのニュースブログ記事(Google)

環境省メールマガジン(12月12日配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

メールマガジン配信サービス(環境省)

201111261200-00.png

環境省(かんきょうしょう、Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)を図ることを任務とする。(Wikipedia

美しい地球を守る「カーボン・オフセット」(環境省YouTubr)

環境省 についてのニュースブログ記事(Google)

メールマガジン配信サービス(環境省) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

794px-Bombus_terrestris01.jpg

608px-Solanum_lycopersicum_-_Tomato_flower_aka.jpg

800px-Tomaten_tomatoes_pomodori.jpg

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。北海道では、日本固有種である在来種のニホンザリガニの生息域と競合して圧倒している。(Wikipedia

セイヨウオオマルハナバチ(Bombus terrestris)は1980年代にオランダとベルギーで周年飼育法が確立され、農作物の花粉媒介昆虫として世界中で利用されている。 日本では1991年に静岡県農業試験場で初めて導入された。温室トマトの受粉に用いるため原産国であるオランダやベルギーから人工増殖コロニーが1992年頃から本格的に大量に輸入され始めた。セイヨウオオマルハナバチの導入によって、労力のかかる植物ホルモン剤処理を行わずに簡単にトマトの結実が可能となり、トマト生産の効率化に大きく貢献した。(Wikipedia

ウチダザリガニ についてのニュース、ブログ記事(Google
全国野生生物保護実績発表大会 についてのニュース、ブログ記事(Google

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

600px-Cambaroides_japonicus.jpg

がんばれ!美幌高校生: 美幌高校「生活科学科」の生徒たちが特定外来生物ウチダザリガニを使う肥料つくりにトライした。

写真: ウチダザリガニ(外来種) ニホンザリガニ(在来種)
動画: まるごと美幌町(北海道)

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・ザリガニ科に分類される北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。(Wikipedia

日本固有種のザリガニは、他のザリガニ類と区別するためにニホンザリガニあるいはヤマトザリガニとも呼ばれる。川の上流域や山間の湖沼の、水温20度以下の冷たくきれいな水に生息し、巣穴の中にひそむ。おもに広葉樹の落葉を食べる。名称:「ザリガニ」は江戸時代の文献から見られ、漢字表記では現在ではほぼ使われていないが「喇蛄」と書かれる。アイヌ語においても幾つかの呼称があるが、ホロカアムシペ(horkaamuspe)やホロカレイェプ(horkareyep)など「後ずさり」を意味する語源が見られる。(ニホンザリガニ – Wikipedia

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

がんばろうオホーツク管内、2011 国際森林年!

450px-Satellite_image_of_Hokkaido_Japan_in_May_2001.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

-thumb.jpg

平成23年(2011)は、国連が定めた国際森林年(the International Year of Forests)です。国際森林年は、世界中の森林の持続可能な経営・保全の重要性に対する認識を高めることを目的としています。

関連サイト:
林野庁/2011 国際森林年
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kaigai/2011iyf.html
United Nations Forum on Forests
http://www.un.org/esa/forests/
International Year of Forests, 2011
http://www.un.org/en/events/iyof2011/

International Year of Forests – Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/International_Year_of_Forests

国際森林年ニュースGoogle) 国際森林年に関するブログGoogle

がんばろうオホーツク管内、2011 国際森林年! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「世界遺産ウィーク」、知床観光圏からのお知らせ

rausu12.jpg

rausu11.jpg

「世界遺産ウィーク」知床観光圏からのお知らせ: 観光庁メールマガジン第192号 2010年7月7日配信。 写真は、羅臼の浜なすの花 / 森繁久弥扮するオホーツク老人Wa☆Daフォトギャラリー)。

「世界遺産ウィーク」、知床観光圏からのお知らせ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

熱烈歓迎!北海道オホーツク地域情報発信サイト「オホーツク発掘ブログ」

080709LOGOMARK.jpg

080709tsukutsuku.jpg

熱烈歓迎!北海道オホーツク地域情報発信サイト「オホーツク発掘ブログ」をご紹介いたします。オホーツクAI推進協議会事務局は、オホーツク総合振興局にある。

※写真
① オホーツクのロゴマーク
② オホーツクのキャラクター「つくつくオホーツクん」

熱烈歓迎!北海道オホーツク地域情報発信サイト「オホーツク発掘ブログ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る