オホーツク カテゴリのアーカイブ

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 (2018年 甲子園)

Ballball.jpg

400px-Wiffle_bat_and_ball.jpg

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 (2018年 甲子園)

関連記事

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(だい100かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんきねんたいかい)は、2018年8月5日から阪神甲子園球場で行われている全国高等学校野球選手権大会である。深紅の大優勝旗が新調され、3代目となる。また平成時代最後の大会となる。キャッチフレーズは「本気の夏、100回目。」 (第100回全国高等学校野球選手権記念大会 – Wikipedia)

関連サイト

第100回全国高校野球選手権大会のホームページ

NHK 甲子園 – 全国高校野球選手権大会

関連エントリ

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅,夫

高校野球 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

我あり 甲子園 (北海道 美幌高校 野球部)

bi_bo.jpg

春の甲子園 夏の甲子園
我あり 甲子園 (北海道 美幌高校 野球部)

関連記事

北海道美幌高等学校(ほっかいどうびほろこうとうがっこう、Hokkaido Bihoro High School)は、北海道網走郡美幌町にある公立(道立)の高等学校。沿革 / 2011年 – 北海道美幌農業高等学校と合併に伴い、当校を(旧)美幌農業高の校舎へ移転。 (北海道美幌高等学校 – Wikipedia)

選抜高等学校野球大会(せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、毎年3月下旬から4月にかけて兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球の大会である。略称はセンバツ。通称は「春の大会」「春の高校野球」「春の甲子園」ともいわれる。英文名称はNational High School Baseball Invitational Tournament。主催は毎日新聞社、公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)。大会旗および優勝旗の色は紫紺。5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている。 (選抜高等学校野球大会 – Wikipedia)

全国高等学校野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)とは朝日新聞社と日本高等学校野球連盟が兵庫県西宮市・阪神甲子園球場にて毎年8月に主催している日本の高校野球大会。5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている(このうち下1桁が0の回では一部の都道府県で参加可能な高校が拡大される)。大会旗および優勝旗の色は赤。優勝旗は深紅色なので「深紅の大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」などと表現される。 (全国高等学校野球選手権大会)

関連サイト

北海道 美幌高校ホームページ

日本高等学校野球連盟ホームページ

関連エントリ

高校野球北北海道大会(美幌・藤田勇輝) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道美幌高校の本間悟監督に育成功労賞 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌高校野球部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月18日 高校野球記念日 (1915年 日本)

800px-Summer_Koshien_2009_Final.jpg

8月18日 高校野球記念日 (1915年 日本)

関連記事

記念日 / 8月18日 高校野球記念日 / 1915年のこの日、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会した。地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝した。第10回から甲子園球場が会場になり、1948年から全国高校野球選手権大会となった。8月18日 歴史 / 1915年 第1回全国中等学校優勝野球大会が開催。 (8月18日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月18日 できごと / 1915年 – 第1回全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高等学校野球選手権大会)が開幕。8月18日 記念日・年中行事 / 高校野球記念日(日本)1915年8月18日に、高校野球の前身である第1回全国中等学校優勝野球大会の開会式が大阪の豊中球場で行われたことに由来。 (8月18日 – Wikipedia)

第1回全国中等学校優勝野球大会(だい1かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1915年8月18日から8月23日まで大阪府の豊中グラウンドで行われた全国中等学校優勝野球大会である。 (第1回全国中等学校優勝野球大会 – Wikipedia)

関連サイト

日本高等学校野球連盟ホームページ

関連エントリ

高校野球記念日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高校野球 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 B&G全国ジュニア水泳競技大会 (北海道美幌町 美幌水泳スポーツ少年団)

bi_bo.jpg

2018 B&G全国ジュニア水泳競技大会 (北海道美幌町 美幌水泳スポーツ少年団)

関連記事

道スポーツ交流交歓会で活躍 美幌水泳スポーツ少年団 16種目入賞 / 21人全員が自己ベスト更新 / 美幌水泳スポーツ少年団の選手達が、5日に上川管内和寒町で開かれた平成30年度B&G北海道ブロックスポーツ交流交歓会で、個人、リレー合わせて延べ16種目で入賞した。少年団の小中学生21人が出場した。小学生女子低学年背泳ぎ50メートルで東陽小4年女子児童、高学年背泳ぎ50メートルで美幌小6年女子児童が優勝するなど10人が延べ13種目で3位以内に入り、メダルを獲得。リレーでも計3種目で3位以内に入った。選手達は10日、しゃきっとプラザで平野浩司教育長に結果を報告。代表して美幌北中3年男子生徒が「皆でまとまり、強い選手やチームに食らいつくことができた」と述べ、平野教育長は「活躍を誇りに思う」とたたえた。入賞できなかった選手も、全員が自己記録を更新。子ども達を指導する男性は「週2回の練習に加え冬に近隣のプールに通ったり、陸上トレーニングなど自主練習を重ねた選手もおり、気合が入っていた」と評価した。(浩) (2018年8月16日の記事 経済の伝書鳩)

B&G全国ジュニア競技大会出場 美幌水泳スポーツ少年団 東陽小・4年女子児童 美幌中・2年男子生徒 美幌中・2年女子生徒 / 平野教育長を表敬、大きな意欲語る いざ全国へ / 美幌水泳スポーツ少年団の小中学生3人が、18日に東京都で開かれる2018B&G全国ジュニア水泳競技大会に出場する。東陽小4年女子児童がA区分(小学3・4年)女子自由形と背泳ぎに出場。美幌中2年男子生徒がC区分(中学生)の男子自由形、美幌中2年女子生徒がC区分女子自由形と背泳ぎにそれぞれ挑む。3人とも昨年の大会で参加標準記録をクリアして出場権を手にした。女子児童は「初めての全国大会。とても楽しみ」と笑顔で語る。男子生徒は「練習の成果を十分に発揮したい」、女子生徒は「慣れない50メートルプールなので不安もあるが、全力を出し切りたい」と抱負。3人ともに自己ベスト更新に大きな意欲を見せている。3人は10日、平野浩司教育長を表敬訪問。「50メートルプールなど戸惑う部分もあるかもしれないが、やってきたことを出し切って」と激励を受けた。(浩) (2018年8月16日の記事 経済の伝書鳩)

公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(こうえきざいだんほうじん ブルーシー・アンド・グリーンランドざいだん、英文名称:Blue Sea and Green Land Foundation、略称:B&G財団)は、青い海と緑の大地を活動の場として、海洋性レクリエーションをはじめとする自然体験活動などを通じて、次代を担う青少年の健全育成と幼児から高齢者までの心とからだの健康づくりを推進することを目的に設立された公益財団法人。元国土交通省所管。 (ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 – Wikipedia)

関連サイト

公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団ホームページ

関連エントリ

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌水泳スポーツ少年団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第36回北海道小学生陸上競技大会 (美幌町 美幌陸上クラブ)

bi_bo.jpg

第36回北海道小学生陸上競技大会 (美幌町 美幌陸上クラブ)

関連記事

発足以来最多の13種目で入賞 美幌陸上クラブの17人 / 道小学生陸上競技大会 自己新記録も続々 / 美幌陸上クラブの選手17人が、7月に函館市で開かれた第36回北海道小学生陸上競技大会の13種目で入賞(8位以内)を果たした。選手、種目数とも平成8年の発足以来最多だった。クラブの3~6年生36人が大会に参戦。100メートル、800メートル、走り幅跳び、4×100メートルリレーなどで男子6人、女子11人が入賞し、昨年の14人、9種目を上回った。入賞した13種目中12種目の選手が自己新を記録した。4年走り幅跳びで3メートル82センチで3位に入った北見小泉小男子児童は自己ベストを20センチ更新。「満足のいく成績。次は5年生の標準記録4メートルが目標」と笑顔を見せる。4年4×100メートルリレーは1分0秒38で3位。第2走者を務めた美幌小男子児童は「バトンの受け渡しをかなり調整して、皆で良い走りができた。早く1分を切りたい」とさらなるタイムを狙っている。クラブの代表は今回の結果について「北海道大会でしっかりと戦えることを目標に練習に取り組んだ結果。緊張せず、のびのびと競技ができた」とたたえている。(浩) (2018年8月7日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌陸上クラブ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌陸上クラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第56回北海道障がい者スポーツ大会 (美幌町身体障害者福祉協会)

bi_bo.jpg

第56回北海道障がい者スポーツ大会 (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

北海道障がい者スポーツ陸上… 昨年上回る8人入賞 5人が優勝 / 美幌町身体障害者福祉協会 / 美幌町身体障害者福祉協会の会員8人が、7月に岩見沢市内で開かれた第56回北海道障がい者スポーツ大会陸上競技で4位以内に入賞し、うち5人が優勝を果たした。協会は毎年のように大会に選手を送り出し、今年は昨年の7人入賞を上回る成績を挙げた。大会は競技ごとに肢体、聴覚など障がい別に細かい区分があり、男性(62)が1500メートル、男性(70)がソフトボール投げで優勝。男性(74)が走り幅跳び、女性(86)と女性(76)がジャベリックスロー(やり投げ)を制した。男性(68)がソフトボール投げ、男性(72)が砲丸投げでともに2位。女性(73)がソフトボール投げで4位に入った。(浩) (2018年8月9日の記事 経済の伝書鳩)

障害者スポーツ(しょうがいしゃスポーツ)とは、身体障害や知的障害などの障害がある人が行うスポーツのこと。既存のスポーツを障害者の要求に応じて修正したものが多い。アダプテッド・スポーツ(adapted sports、(障害者に)合わせたスポーツ)とも、パラスポーツ(para-sports、もう一つのスポーツ)ともいう。しかしながら、全部が健常者のスポーツの修正版ではなく、障害者のために考案された独自のスポーツもいくつか存在する。 (障害者スポーツ – Wikipedia)

関連サイト

北海道障がい者スポーツ協会のホームページ

関連エントリ

美幌の女性(64歳)、金・銀メダル獲得。 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町身体障害者福祉協会の会員10人が、メダルを獲得。(北海道障害者スポーツ大会) – 美幌音楽人 加藤雅夫

障害者スポーツ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 親睦ゲーム大会開催について (美幌町身体障害者福祉協会)

bi_bo.jpg

2018年 親睦ゲーム大会開催について (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

親睦ゲーム大会開催について / 初秋の候、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか。毎年、障害者の日(12月9日)を記念して開催しております親睦ゲーム大会を、下記の日程で開催することとなりました。参加される方は午前の部2種目、午後の部2種目を選んで、地区理事に申し込み下さる様お願い致します。会員皆様の多数のご参加を、お待ちしております。尚、ご不明な点は(電話0152-72-1165 担当 : 小西)までお問い合わせ下さい。とき : 平成30年10月7日(日曜日) / ところ : しゃきっとプラザ(集団健診ホール) / 受付 : 午前9時00分 / 開会式 : 午前9時15分 / 競技開始 : 午前9時30分 / 種目 : 午前の部 ミニボーリング・輪投げ・正確投げ・フライングディスク・スカットボール・室内ペタンク / 昼食 身障協で準備 / 午後の部 室内パーク・サイコロゲーム・ストライクナイン・玉入れ。準備の都合もありますので、理事は参加者を取りまとめのうえ、9月20日(木)ハガキ必着で、社会福祉協議会事務局へ返信を宜しくお願い致します。参加者が無い場合も「参加者なし」とハガキに記入して、必ず返信して下さい。 (平成30年7月31日 美幌町身体障害者福祉協会)

関連サイト

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 身障協日帰り研修旅行ご案内 (美幌町身体障害者福祉協会)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2018年 身障協日帰り研修旅行ご案内 (美幌町身体障害者福祉協会)

関連記事

身障協日帰り研修旅行(ご案内) / 盛夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今年度も日帰り研修旅行を下記の日程で計画いたしました。皆様お誘いの上、多くの方々のご参加を、お待ちしております。とき : 平成30年9月17日(月)。ところ : 清里焼酎醸造所 清里町羽衣62番地。斜里町知床博物館 斜里町本町42-2。昼食代 : 会員・家族等1人500円(当日受付けます)。集合場所 : しゃきっとプラザ前 午前9時00分。コミュニティセンター 午前9時10分。移動車両 : 美幌町多目的バス。持ち物 : 保険証・身障手帳・その他必需品。その他 : 当日、都合により欠席した場合、参加費については徴収いたしますので、ご了承下さい。参加される方は、裏面の案内チラシをご持参下さい。準備の都合がありますので、地区理事は、上記の参加者を取りまとめ9月5日(水)までの同封した葉書にて、事務局必着で申し込みをお願いいたします。参加者が無い場合も「参加者なし」とハガキに記入の上、必ず事務局へ返信して下さい。不明な点がありましたら、ご連絡下さい。社協 : 身障協事務局 0152-72-1165 (平成30年7月31日 美幌町身体障害者福祉協会)

関連サイト

清里焼酎醸造所ホームページ

斜里町知床博物館ホームページ

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

美幌町身体障害者福祉協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

800px-Smallcrane.jpg

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

関連記事

26日・ふれあい広場びほろ 桜満開に協力を、新イベント「みんなで描こう!ゆびアート」 / 第32回ふれあい広場びほろが26日(日)午前10時~午後1時に美幌町しゃきっとプラザで開かれる。町内の保健、福祉、ボランティアなど36機関・団体でつくる実行委員会が主催する。昨年までのTシャツファッションショーに代わるメーンイベントは「みんなで描こう!ゆびアート」。桜の木が描かれた1.8メートル四方の木の板に、来場者に指で花びらを描いてもらう。実行委は「子どもからお年寄りまで参加して、満開の桜を完成させてほしい」と呼び掛ける。また、子どもの参加を促そうと「あつまれKIDS!つみあげてGO!」コーナーも設ける。大小の箱を積み上げるなどして得点を競い、高得点を出した子どもに景品をプレゼントする。このほか、折り紙などの「ふれあい体験」、手話やペーパークラフトなどの「まなび体験」、健康チェックなどの「健康」の各コーナーを開設。焼き鳥などの屋台も出店する。問い合わせは実行委事務局の美幌町社会福祉協議会(TEL 0152-72-1165)へ。 (2018年8月11日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

しゃきっとプラザ | 美幌町

ふれあい広場 | 場美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ふれあい広場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 信時潔 (海ゆかば)

800px-Sunflowers.jpg

日本の作曲家 信時潔 (海ゆかば)

関連記事

『海行かば』(うみゆかば)とは、日本の国民歌謡の一つ。軍歌として分類されることもある。詞は、『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」(『国歌大観』番号4094番。『新編国歌大観』番号4119番。大伴家持作)の長歌から採られている。作曲された歌詞の部分は、「陸奥国出金詔書」(『続日本紀』第13詔)の引用部分にほぼ相当する。信時潔の作品 / 当時の大日本帝国政府が国民精神総動員強調週間を制定した際のテーマ曲。信時潔がNHKの嘱託を受けて1937年(昭和12年)に作曲した。信時の自筆譜では「海ゆかば」である。 (海行かば – Wikipedia)

信時 潔(のぶとき きよし、Kiyoshi Nobutoki、1887年(明治20年)12月29日 – 1965年(昭和40年)8月1日)は、大正・昭和時代日本の作曲家、音楽学者、チェロ奏者。大阪市出身。略歴 / 牧師・吉岡弘毅(元津山藩士の外交官で明治初期の日朝外交を担当)の子として大阪市北区中之島に生まれ、幼少より賛美歌に親しんだ。東京音楽学校助教授を勤めたのち、留学先のドイツでゲオルク・シューマンに師事、帰国後に東京音楽学校教授となる。主な作品には、国民唱歌『海ゆかば』(大日本帝国海軍の将官礼式用儀制曲『海ゆかば』とは同名異曲)などがある。校歌・社歌・団体歌等の作曲も数多く手がけ、生涯で少なくとも1000曲以上を数える。太平洋戦争後は作品数が減るが、これは『海ゆかば』が軍国主義に利用され、学徒出陣の際に用いられたことに対抗できなかったことを恥じたものだとも言われる。 (信時潔 – Wikipedia)

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。 (美幌海軍航空隊 – Wikipedia)

関連サイト

信時潔研究ガイド (明治生まれ、大正-昭和中期の作曲家・信時潔 に関する研究情報ページです Research guidance pages about Kiyoshi Nobutoki (1887-1965), Japanese composer.)

太平洋戦争中、“第二の国歌”といわれた軍歌「海行かば」に作曲家・信時潔のキリスト教信仰 – クリスチャントゥデイ : キリスト教ニュース

海ゆかば – NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

関連エントリ

海ゆかば の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

信時潔 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Nobutoki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る