北海道美幌町と愛知県名古屋市の東山動植物園

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

北海道美幌町と愛知県名古屋市の東山動植物園

関連記事

東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん Higashiyama Zoo and Botanical Gardens)は、愛知県名古屋市千種区東山元町の東山公園内にある市営動植物園。1937年(昭和12年)に開園した。2015年度の年間入場者数は、日本国内で上野動物園に次ぐ約258万人となっている[2]。2005年から2009年までの5年間は、北海道の旭山動物園に次ぐ3位だった。2017年現在、飼育種類数は日本一、敷地面積も日本最大級である。概要 / 正式名称: 名古屋市東山公園 動植物園。歴史 / 動物園 / 1890年(明治23年)に、動物商の今泉七五郎により公開された「浪越教育動物園」を起源としている。市立動物園としては今泉から譲渡された動物を元として、鶴舞公園において1918年(大正7年)に「名古屋市立鶴舞公園付属動物園」として開園したものが始まりである。手狭になったため、当時新設された東山公園へと昭和12年1月に移転し東山動物園に改名。開園当初は「東洋一の動物園」とも呼ばれていた。第二次大戦前には、ゾウ・キリン・ライオン・トラなど700種1200点という動物数を誇る大動物園となる。戦中、上野動物園や天王寺動物園と同様、空襲によって暴れだしたら問題だということで多くの動物が殺されたり(戦時猛獣処分)、餌不足により餓死するなどし、終戦まで生き延びたのは5種26点(ゾウ2頭、チンパンジー1頭、カンムリヅル2羽、カモ20羽、白鳥1羽)だけであった。しかし北王英一園長などの努力があり、日本国内では唯一ここの2頭のゾウだけが終戦時まで生き延びたため、戦後になるとゾウを見ようと全国から小中学生団体が詰め掛けた(象列車の項目も参照)。(東山動植物園 – Wikipedia

美幌町(びほろちょう)は、名古屋市東山動物園と交流がある。同動物園で飼育されていた世界最長寿のヒグマ「美幌」(1985年、38歳没)による縁。(美幌町 – Wikipedia

関連サイト

e59ca8e3828ae38197e697a5e381aee7be8ee5b98cii.jpg

名古屋市立東山動植物園のヒグマ「ピポロ」(昭和23年来園~昭和61年)が世界最長寿記録を達成して死亡した。その後、北海道美幌町からエゾヒグマ2頭を送った。オスは「ピポロⅡ世」メスは「美幌Ⅱ世」と名付けられた。

東山動植物園情報 エゾヒグマの美幌IIが死亡しました | 名古屋のビジネスホテル 金山プラザホテルスタッフブログ

東山動植物園|東山動植物園の歴史 – 名古屋市

東山動植物園 – 名古屋市

東山動植物園オフィシャルブログ

名古屋市東山動植物園 (@higashiyamapark) | Twitter

東山動植物園 – ホーム | Facebook

関連エントリ

北海道美幌町と愛知県名古屋市とのご縁について…東山動物園で飼育されていた世界最長寿ヒグマ「美幌(びほろ)」38歳に美幌の子供たちは毎年夏休みにイモやハチミツを届けて交流を続けました。

北海道美幌町「エゾヒグマ」名古屋市立東山動植物園 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東山動植物園 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

動物園 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る