ボイジャー の検索結果: 5 件

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

関連記事

プラネタリウムトークショー(北見市/告知) 2月16、17日・北網圏北見文センで 佐治 晴夫氏迎え / NASA・ボイジャー計画に携わり / NASAの宇宙探査機ボイジャー計画に関わった経験を持つ佐治晴夫氏によるプラネタリウムトークショーが2月16日(土)と17日のいずれも午後1時半~3時半、北網圏北見文化センターで開かれる。 理学博士の佐治氏は現在、JAXA宇宙連詩編纂委員会委員長、丘のまち美瑛郷土学館美宙天文台の台長などを務める。 トークショーは「時をかける宇宙探査機ボイジャー~地球外知的生命との遭遇を夢みて」をテーマに、ボイジャーのゴールデンレコードに収録された秘蔵音源、画像を紹介し、宇宙の神秘について語る。 対象は中学生以上で、家族と一緒の場合は小学5、6年生も聴講可能。中高生対象の先行予約が19~31日。一般募集は2月1日開始。申し込みはセンター(0157・23・6700)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

佐治 晴夫(さじ はるお Saji Haruo、1935年 – )は鈴鹿短期大学名誉学長。理学博士。元学校法人享栄学園第五代理事長。大阪音楽大学大学院客員教授。玉川大学客員教授。東京都出身。立教大学理学部物理学科卒、東京大学大学院物理学専攻。東京大学物性研究所、松下電器東京研究所、横浜国立大学、NASA客員研究員、玉川大学教授、県立宮城大学教授などを経て、2004年より2013年まで鈴鹿短期大学学長。その後、鈴鹿短期大学名誉教授、鈴鹿短期大学名誉学長就任。 1/fゆらぎを扇風機など家電製品に応用。家庭用ビデオの規格のVHSにおいて3倍モード(EP)開発者の一人。 アメリカ航空宇宙局|米航空宇宙局(NASA)による、ボイジャーのゴールデンレコードにJ.S.バッハのプレリュードとC52の音の収録を提案 宇宙研究の成果を平和教育へのリベラルアーツであると位置付け、全国の学校への授業行脚などで知られる。 JAXAの宇宙連詩編纂(へんさん)委員会委員長。 Web春秋にて「14歳のための時間論」を連載。 2013年11月17日には、ホテルオークラにてダライ・ラマ法王と科学者との対話「宇宙・生命・教育」を開催。 自然科学と人文科学との対話に力を注いでいる。 (佐治晴夫 – Wikipedia)

関連動画

佐治晴夫 Saji Haruo

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北網圏北見文化センター

関連エントリ

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record) – 美幌音楽人 加藤雅夫

佐治晴夫 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Haruo Saji の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record)

ET_Moon.jpg

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record)

関連記事

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record)、またはボイジャー探査機のレコード盤とは、1977年に打ち上げられた2機のボイジャー探査機に搭載されたレコードである。パイオニア探査機の金属板に続く、宇宙探査機によるMETI(Messaging to Extra-Terrestrial Intelligence)=Active SETI(能動的な地球外知的生命体探査)の例である。地球の生命や文化の存在を伝える音や画像が収められており、地球外知的生命体や未来の人類が見つけて解読してくれることを期待している。ボイジャー探査機が太陽以外の恒星近傍(その恒星まで1.6光年離れた地点)へ到達するには4万年を要するため、もしボイジャーの方向に地球外知的生命体がいたとしてもそこに到達するまでには長い時間がかかる。背景 / 2013年時点で、ボイジャーは海王星軌道以遠に出た3番目と4番目の人工構造物である。1972年、1973年に打ち上げられたパイオニア10号とパイオニア11号は、遠い未来に宇宙旅行者に発見されたときのために、発射の時刻と場所を記した金属板を積んでいた。そして、アメリカ航空宇宙局 (NASA) は、ボイジャー1号とボイジャー2号に、さらに総合的で電子的なメッセージを積載した。それは一種のタイムカプセルで、われわれの世界を異星人に伝えてコミュニケーションを図ったものだった。「これは小さな、遠い世界からのプレゼントで、われわれの音・科学・画像・音楽・考え・感じ方を表したものです。私たちの死後も、本記録だけは生き延び、皆さんの元に届くことで、皆さんの想像の中に再び私たちがよみがえることができれば幸いです。」—アメリカ合衆国大統領・ジミー・カーター (ボイジャーのゴールデンレコード – Wikipedia)

The Voyager Golden Records are two phonograph records that were included aboard both Voyager spacecraft launched in 1977. The records contain sounds and images selected to portray the diversity of life and culture on Earth, and are intended for any intelligent extraterrestrial life form, or for future humans, who may find them. The records are considered as a sort of a time capsule. Although neither Voyager spacecraft is heading toward any particular star, Voyager 1 will pass within 1.6 light-years’ distance of the star Gliese 445, currently in the constellation Camelopardalis, in about 40,000 years. Carl Sagan noted that “The spacecraft will be encountered and the record played only if there are advanced space-faring civilizations in interstellar space, but the launching of this ‘bottle’ into the cosmic ‘ocean’ says something very hopeful about life on this planet.” Background Edit / The Voyager 1 probe is currently the farthest human-made object from Earth. Voyager 1 has reached interstellar space, the region between stars where the galactic plasma is present.[4] Like their predecessors Pioneer 10 and 11, which featured a simple plaque, both Voyager 1 and Voyager 2 were launched by NASA with a message aboard—a kind of time capsule, intended to communicate to extraterrestrials a story of the world of humans on Earth. This is a present from a small, distant world, a token of our sounds, our science, our images, our music, our thoughts and our feelings. We are attempting to survive our time so we may live into yours. — President Jimmy Carter (Voyager Golden Record – Wikipedia)


関連エントリ

ボイジャー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ボイジャーのゴールデンレコード の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Voyager の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Voyager Golden Record の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

関連記事

山崎 直子(やまざき なおこ、Naoko Yamazaki、旧姓:角野(すみの)、1970年(昭和45年)12月27日 – )は、宇宙飛行士。宇宙政策委員会委員(2012年7月 – )、女子美術大学客員教授(2014年4月 – )。千葉県松戸市生まれ。来歴 / プラネタリウムやボイジャーが送ってきた画像、アニメの宇宙戦艦ヤマトなどから影響を受け、またチャレンジャー号爆発事故のニュースを受け「亡くなった宇宙飛行士たちの意思を引き継いで、宇宙の素晴らしさを子供たちに伝えたい」と思い、宇宙を志した。2012年7月に宇宙政策委員会委員、2014年に女子美術大学客員教授、2018年に星取県宇宙部長に就任した。(山崎直子 (宇宙飛行士) – Wikipedia

Naoko Yamazaki (山崎 直子 Yamazaki Naoko, born December 27, 1970) is a former Japanese astronaut at JAXA, the second Japanese woman to qualify for the program. The first was Chiaki Mukai. Early life / Yamazaki was born Naoko Sumino in Matsudo City. She spent two years of her childhood in Sapporo. After graduating from Ochanomizu University Senior High School in 1989, Yamazaki earned a Bachelor of Science degree with a major in Aerospace Engineering from the University of Tokyo in 1993, and earned a Master of Science degree with a major in Aerospace Engineering in 1996. JAXA career / Yamazaki was selected as an astronaut candidate in February 1999 by the National Space Development Agency of Japan (NASDA, now JAXA), attended the ISS Astronaut Basic Training program beginning in April 1999, and was certified as an astronaut in September 2001. Since 2001, Yamazaki has participated in ISS Advanced Training and supported the development of the hardware and operation of the Japanese Experiment Module. In May 2004, Yamazaki completed Soyuz-TMA Flight Engineer training at the Yuri Gagarin Cosmonauts Training Center in Star City, Russia. NASA experience / In June 2004, Yamazaki arrived at the Johnson Space Center in Houston, Texas to begin Astronaut Candidate Training school. She was assigned to the Astronaut Office Robotics Branch. In November 2008, JAXA announced that Yamazaki would become the second Japanese woman to fly in space on STS-131, scheduled to launch in 2010. On April 5, 2010 Yamazaki entered space on the shuttle Discovery as part of mission STS-131. She returned to Earth on April 20, 2010. Yamazaki retired from JAXA on August 31, 2011. (Naoko Yamazaki – Wikipedia

直子(なおこ、14925 Naoko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。日本人宇宙飛行士の山崎直子に因んで名付けられた。なお小惑星14925番から14927番までは、1999年2月に国際宇宙ステーション滞在要員として選抜された3人を記念して2007年6月に命名された。(直子 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

山崎直子:JAXAの宇宙飛行士 – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター ー JAXA

JAXA|山崎直子 初めての宇宙飛行に向けて~子どもに宇宙の素晴らしさを伝えたい​~

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ganbare! Japanese Astronauts ー 美幌音楽人 加藤雅夫

山崎直子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Naoko Yamazaki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日)

NASA_sealsvg.png

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 1 and 2″. (August 25)

375px-Voyager_spacecraft.jpg

150px-Saturn_planet_large.jpg

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー2号」は 土星に最接近した。(1981年 8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 2″ was closest approach to Saturn. (August 25, 1981)

375px-Voyager_spacecraft.jpg

180px-Neptune.jpg

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー2号」は 海王星に最接近した。(1989年 8月25日)
Spacecraft of the United States “Voyager 2″ was closest approach to Neptune. (August 25, 1989)

375px-Voyager_2.jpg

450px-Solar_sys8.jpg

ボイジャー1号が太陽から約190億kmの地点で、人工物として太陽圏を離脱した初めての人工物となりました。(2012年 8月25日)
At a point about 19 ​​billion km from the sun, Voyager 1 became the artifact was the first to leave the heliosphere as artifacts. (August 25, 2012)

アメリカの 宇宙探査機 「ボイジャー 1・2」。(8月25日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今、今後の沖縄が熱い!(沖縄の和僑会からです)

259px-Shitahaku_kejo.jpg

main01.gif

和僑会(わきょうかい)は、香港・中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織で、香港・深セン・上海・北京・北海道・東北・東京・名古屋・関西・京浜多摩・岡山・九州・沖縄・タイ王国・シンガポール・インドネシア・広州・東莞・台湾に設立。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。世界17地域で行われている各和僑会の活動は、和僑会ラウンドテーブルで確認ができる。(Wikipedia

和僑会からのメールマガジン:

海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」(第206号)が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

今、今後の沖縄が熱い!(沖縄の和僑会からです) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る