マンドリン カテゴリのアーカイブ

大晦日の音楽です。(世界的)

330px-Ussr-robertburns1956_2.jpg

1200px-Geburtshaus_RobertBurns_3_10x15.jpg

友誼萬歲
작별 (민요)
Auld Lang Syne

「オールド・ラング・サイン」(もしくは「オールド・ラング・ザイン」、Auld Lang Syne)はスコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。 古くからスコットランドに伝わっていた歌で、現在に至るまで、特に年始、披露宴、誕生日 などで歌われる。 タイトル: オールド・ラング・サイン Auld Lang Syne はスコットランド語で、英訳すると逐語訳ではold long since、意訳ではtimes gone byとなる。 日本では「久しき昔」などと訳す。 詞: 歌詞を現在伝わる形にしたのは、スコットランドの詩人のロバート・バーンズである。 各国のAuld Lang Syne: 「オールド・ラング・サイン」のメロディは、スコットランドだけでなく、その他の国にも浸透している。(wiki/オールド・ラング・サイン

大晦日の音楽です。(世界的) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

フェルナンド・ソル作曲の 「パストラル」(ギター音楽)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo_2.jpg

315px-Meister_des_Vergilius_Romanus_001.jpg

Fernando_Sor.jpg

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

フェルナンド・ソル作曲の 「パストラル」(ギター音楽)
Fernando Sor composer “Pastoral” (Guitar Music)

フェルナンド・ソル作曲の 「パストラル」(ギター音楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月16日、アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日です

img_history30_03_2.jpg

bi_bo_2.jpg

『アニーローリー』(Annie Laurie)は、代表的なスコットランド民謡として知られる楽曲。ウィリアム・ダグラス(William Douglas 1672? – 1748)の詩をもとにして作られた。作曲はスコットランドの女流音楽家ジョン・ダグラス・スコット夫人(Alicia Scott)。 【日本語詞】 この日本語詞は、緒園凉子のものをもとに、原詞の表現を加味して作成したものである。他にも堀内敬三、藤浦洸、茂原二郎の訳詞がある。(wiki/アニーローリー

12月16日
アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日

12月16日、アニーローリー (Annie Laurie)の誕生日です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年12月)

450px-Lilypond-screenshot-adeste.png

O Come All Ye Faithful
神のみ子は今宵しも (賛美歌111)

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年12月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day)

120px-Indosan_Nippon_Japanese_Temple.JPG

120px-Anandabodhi.jpg

300px-Saraca_indica_-_Lemaire.jpg

Pipal.jpg

800px-Birth_of_Buddha_at_Lumbini.jpg

12月8日
釈迦 が悟りを開いた日
Bodhi Day

Gautama Buddha (Bodhi Tree)
ゴータマ・ブッダの菩提樹
無憂樹: 釈迦が生まれた所にあった木。(Saraca asoca)
印度菩提樹: 釈迦が悟りを開いた所にあった木。(Ficus religiosa)
沙羅双樹: 釈迦が亡くなった所にあった木。(Shorea robusta)

Satori
悟り(さとり)は知らなかったことを知ること、気がつくこと、感づくことを言い覚りとも書く。宗教上の悟りは迷妄を去った真理やその取得を言う。(wiki/悟り

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年11月)

375px-Estudiantina_de_Mayenne.jpg

375px-Gibson_Mandolin_Family_National_Music_Museum_Vermillion_South_Dakota.jpg

Carlo Alberto Bracco
C. A. ブラッコ

C. A. Bracco (born early-1850s, Northern Italy; died 1903) was an Italian mandolinist, violinist and conductor, deserving notice by his compositions for mandolin band. While not a prolific composer, he was the author of several operettas and ballets which were produced in his native land. His published works were principally for mandolin and guitar or violin and piano, and were issued solely in Italy. Bracco was a cultivated musician and musical conductor in Genoa and Orvieto, Italy. In Orvieto he was conducted the municipal orchestra for several years, and in Genoa conducted the mandolin and guitar band, “Club Musicale Genovese”; he dedicated his symphonic overture I mandolini a congresso to the members of this band. Bracco was also conductor of the Philharmonic Society of Certosa, and the Banda Operaia Genovese.
en.wikipedia.org/wiki/C._A._Bracco

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年11月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート

img_history_index03-375x500.jpg

東京オペラシティ文化財団からメールニュースが送られてきました。

オンエア情報: 池辺晋一郎 70 歳 バースデー・コンサート
NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」 池辺晋一郎 交響曲第9番

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(MIDI/MP3)

Caspar_David_Friedrich_-_Mondaufgang_am_Meer_-_Google_Art_Project.jpg

451px-Beckwith_James_Carroll_A_Wistful_Look.jpg

マウロ・ジュリアーニ(Mauro Giuliani, 1781年7月27日 – 1829年5月8日)はナポリ王国のギタリスト・作曲家。19世紀初頭におけるクラシック・ギターのヴィルトゥオーゾの一人と看做されている。 作品: ジュリアーニは、ギター曲の作曲家として変奏曲形式を非常に好んだ。 ジュリアーニの作曲家としての業績は数多い。作品番号にして150曲のギター曲は、19世紀のギター曲のレパートリーの中核をなしている。きわめて難度の高い楽曲を、ギター独奏用に書いただけでなく、室内楽(ヴァイオリンやフルートとの二重奏曲)や協奏曲においても作曲した。 ジュリアーニの目立った作品といえば、3つのギター協奏曲(作品30、作品36、作品70)や、ギター独奏用の6つの幻想曲(作品119~作品124。ロッシーニのアリアを原曲とし、「ロッシニアーナ(Rossiniane)」と呼ばれる)、《ギター五重奏曲》作品65、イタリア様式による大序曲、ギター伴奏歌曲集などである。多くの交響楽をギター独奏用ないしはギター二重奏用に編曲しており、たとえばロッシーニの《セビリアの理髪師》序曲のトランスクリプションといった例がある。さらに、教育用の作品も数多く手がけており、中には今なおギター教師によって練習曲として利用されるものもある。
ja.wikipedia.org/wiki/マウロ・ジュリアーニ

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(MIDI/MP3) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北原白秋命日(11月2日)

A_picture_training_ship_investigation_ship_Unyou-maru_of_a_sailing_boat_type_stored_in_Tokyo_ocean_University_is_sailing_over_the_sea.jpg

Kitahara_Hakushu.jpg

北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年(明治18年)1月25日 – 1942年(昭和17年)11月2日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、活躍した時代は「白露時代」と呼ばれる近代の日本を代表する詩人である。 作品: 童謡集: からたちの花、トンボの眼玉。 童謡・作詞: 雨降り、ゆりかごのうた、砂山、からたちの花、この道、ペチカ、あわて床屋、待ちぼうけ、城ヶ島の雨、ちゃっきり節、雲鷹丸記念歌。
ja.wikipedia.org/wiki/北原白秋

北原白秋命日(11月2日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る