イタリア カテゴリのアーカイブ

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日

330px-Francisco_Tarrega.jpg

Francisco Tárrega
弗朗西斯科·塔雷加
프란시스코 타레가
Таррега, Франсиско

フランシスコ・タレガ(慣用的にタルレガ、またはアクセント記号を重視してターレガとも。Francisco Tárrega, 1852年11月21日 – 1909年12月15日)は、スペインの作曲家・ギター奏者。 略歴: ビジャレアル出身。1874年にマドリッド音楽院に進学。ギターのヴィルトゥオーソとして鳴らし、「ギターのサラサーテ」の異名をとった。バルセロナに定住して1909年に逝去。 作品と作風: タレガは、20世紀のクラシックギターを基礎付け、独奏楽器としてのギターに対して関心が増して行くきっかけを作った人物と見做されている。大ギタリストのアンドレス・セゴビアは、技巧がかったタレガ作品のほとんどを取り上げ、クラシック・ギターをヨーロッパ中のコンサートホールに送り込むのに多くのタレガ作品を利用した。 タレガは《アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra》《アラブ風奇想曲 Capricho Árabe》《ムーア人の踊り Danza Mora》などの自作のギター曲のほか、ベートーヴェンやメンデルスゾーン、ショパンらのピアノ曲をギター用に編曲した。友人のアルベニスのような同時代のスペイン人作曲家と同じく、当時の支配的なロマン派音楽の風潮にスペインの民族音楽の要素を取り込んだ。アルベニスのいくつかのピアノ曲(《アストゥリアス(伝説)》など)をギター用に編曲したものは有名。 タレガは、有名な旋律の数多い作曲家でもあり、その作品はしばしば広告放送や映画音楽などにも利用されている。 ja.wikipedia.org/wiki/フランシスコ・タレガ

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust

http://www.Brikcius.com - Festival Brikcius - cyklus koncertů komorní hudby v Domě U Kamenného zvonu / the chamber music concert series at the Stone Bell House - jaro & podzim 2013 / spring & autumn 2013

http://www.Brikcius.com - Anna Brikciusová: česká violoncellistka - projekt "Brikciusová Na Prádle" (básnické čtení "Brikciusová Na Prádle - Labyrint", z tvorby Anny Brikciusové v podání Jana Židlického a za hudebního doprovodu violoncellistky Anny Brikciusové. V rámci 15. ročníku festivalu Den poezie konaném u příležitosti oslav narození Karla Hynka Máchy)

プラハ(チェコ)のチェリスト František Brikciusから、2013年11月のニュースレターが送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

11月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(MIDI/MP3)

Caspar_David_Friedrich_-_Mondaufgang_am_Meer_-_Google_Art_Project.jpg

451px-Beckwith_James_Carroll_A_Wistful_Look.jpg

マウロ・ジュリアーニ(Mauro Giuliani, 1781年7月27日 – 1829年5月8日)はナポリ王国のギタリスト・作曲家。19世紀初頭におけるクラシック・ギターのヴィルトゥオーゾの一人と看做されている。 作品: ジュリアーニは、ギター曲の作曲家として変奏曲形式を非常に好んだ。 ジュリアーニの作曲家としての業績は数多い。作品番号にして150曲のギター曲は、19世紀のギター曲のレパートリーの中核をなしている。きわめて難度の高い楽曲を、ギター独奏用に書いただけでなく、室内楽(ヴァイオリンやフルートとの二重奏曲)や協奏曲においても作曲した。 ジュリアーニの目立った作品といえば、3つのギター協奏曲(作品30、作品36、作品70)や、ギター独奏用の6つの幻想曲(作品119~作品124。ロッシーニのアリアを原曲とし、「ロッシニアーナ(Rossiniane)」と呼ばれる)、《ギター五重奏曲》作品65、イタリア様式による大序曲、ギター伴奏歌曲集などである。多くの交響楽をギター独奏用ないしはギター二重奏用に編曲しており、たとえばロッシーニの《セビリアの理髪師》序曲のトランスクリプションといった例がある。さらに、教育用の作品も数多く手がけており、中には今なおギター教師によって練習曲として利用されるものもある。
ja.wikipedia.org/wiki/マウロ・ジュリアーニ

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(MIDI/MP3) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見市武道館で11月3日、「国際演武大会」(合気武道 至誠館)

Aiki.png

G_Blaize_Kokiu_Nague_2.JPG

Shihonage.jpg

合気(あいき)とは、武術、武道の用語。 合気道や大東流においては相手の身体の自由を奪う技術。 近現代に合気道等で現在有名な合気は、大東流合気柔術の武田惣角によって明治時代から衆目の前に現れた。 大東流では、技を行う上での根幹的技法群のいくつかを指して「合気」と名付けて、それを探求する傾向があるが、大東流から派生した合気道においては、合気は精神的な意味合いを持つ言葉として使用されることがある。
ja.wikipedia.org/wiki/合気

大東流合気武道 至誠館(北見)
Daito-ryu Aiki budo Kitami Shisei-kan

北見市武道館で11月3日、「国際演武大会」(合気武道 至誠館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

LA MUSICA E’ SACRA OPENING CONCERT

Faience_Plate_Garofano.jpg

Tintinnabulo_Imola.jpg

カルロ・フォルリヴェジ
カルロ・フォルリヴェジ(Carlo Forlivesi, 1971年10月23日 – )はイタリアの現代音楽作曲家。ボローニャ出身。 日本政府文部科学省給費生として、東京音楽大学大学院で湯浅譲二に師事する。またアイヌ音楽の研究に取り組み、論文を発表する。 武満徹作曲賞入選。 現在西欧で最も活動的な現代音楽作曲家である。近年パリに活動の拠点を移し、ヨーロッパで活動する。

イタリアの現代音楽作曲家カルロ・フォルリヴェジ(Carlo Forlivesi)から ニュースレター「LA MUSICA E’ SACRA OPENING CONCERT」が送られてきました。

LA MUSICA E’ SACRA OPENING CONCERT の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年9月)

Vercelli-Piazza_Cavour.jpg

485px-Map_of_region_of_Piedmont_Italy_with_provinces-itsvg.png

PMN-Mappa.png

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。日本および世界各国のMP3/ MIDI音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年9月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン

_002.jpg

450px-Ingrid_Bergman_1940_publicity.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

「あれを弾いて、マサオ。『時の過ぎ行くままに』を」
“Play it, Masao. Play ‘As Time Goes By.”

「君の瞳に乾杯」
“Here’s looking at you, kid.”

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

8月25日、マンドリンオーケストラで 細川ガラシャ

800px-Syouryuuj9.jpg

Osaka_Castle.jpg

細川 ガラシャ
細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢) / 明智 珠(明智 玉)(ほそかわ ガラシャ / あけち たま、永禄6年(1563年) – 慶長5年7月17日(1600年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の三女で細川忠興の正室。諱は「たま」(珠、玉)または玉子(たまこ)。キリスト教信徒(キリシタン)として有名。 明治期にキリスト教徒らが彼女を讃えて「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でもこのように呼ばれる場合が多い。 壮絶な最期: 「細川家記」の編著者は、彼女が詠んだ辞世の歌として、「散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ」と記している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/細川 ガラシャ

8月25日、マンドリンオーケストラで 細川ガラシャ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ドレミの日

Guido_van_Arezzo.jpg

Mano_guidoniana.jpg

800px-Plaque_of_Guido_Monaco_Arezzo.JPG

ドレミの日
6月24日、イタリアの修道士グイード・ダレッツォが「ドレミファソラシ」を利用した階名唱法を考案。(1024年)

ドレミの日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第64号」

LocMap_of_WH_Vatican_City.png

Francisco_20-03-2013.jpg

バチカン市国(バチカンしこく、ラテン語: Status Civitatis Vaticanæ、イタリア語: Stato della Città del Vaticano)、通称バチカンは、ヨーロッパにある国家で、国土面積は世界最小である。ヴァチカンやバティカン、ヴァティカンとも表記される。 日本の外務省は、ローマ教皇及びローマ教皇庁を総称した概念を法王聖座、ローマ教皇を国家元首とする独立国家をバチカン市国と呼び、その聖俗両面の総称をバチカンとしている。(Wikipedia

フランシスコ(羅: Franciscus、伊: Francesco、西: Francisco、英: Francis、1936年12月17日 – )は、第266代ローマ教皇(在位:2013年3月13日 – )。就任は3月19日であり、この日にサン・ピエトロ広場に於いて就任ミサを執り行った。(Wikipedia

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第64号(2013年6月21日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第64号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る