イタリア カテゴリのアーカイブ

2015年 ミラノ国際博覧会(Expo Milano 2015)

300px-Expo_2015_Logosvg.png

Flag_of_Italysvg.png

Flag_of_Japansvg.png

1200px-Caprese-1.jpg

Kyaraben_panda.jpg

2015年 ミラノ国際博覧会
(Expo Milano 2015)

ミラノ国際博覧会 (2015年)
ミラノ国際博覧会(milanoexpo-2015)は、2015年5月1日から10月31日までイタリアのミラノで行われる国際博覧会。 ミラノでの開催は、1906年以来109年ぶりとなる。 博覧会の概要: 博覧会テーマは、「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)」である。 日本政府公式参加について: ミラノ国際博覧会への参加については、平成24年3月27日の閣議了解により、農林水産省、経済産業省を幹事省、国土交通省を副幹事省とし、独立行政法人日本貿易振興機構を参加機関として公式参加する旨決定されている。(wiki/ミラノ国際博覧会_(2015年)

2015年 ミラノ国際博覧会(Expo Milano 2015) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2014年度主催公演ラインナップ/武満徹作曲賞ファイナリスト決定

Sugawara_no_Takasue_no_musume.jpg

Teika-sarashina-nikki-calligraphy.png

330px-Hamamatsu_Chunagon_2.jpg

東京オペラシティ文化財団からメールニュースが送られてきました。

2014年度 主催公演ラインナップ
2014年度 武満徹作曲賞ファイナリスト決定

2014年度主催公演ラインナップ/武満徹作曲賞ファイナリスト決定 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day)

120px-Indosan_Nippon_Japanese_Temple.JPG

120px-Anandabodhi.jpg

300px-Saraca_indica_-_Lemaire.jpg

Pipal.jpg

800px-Birth_of_Buddha_at_Lumbini.jpg

12月8日
釈迦 が悟りを開いた日
Bodhi Day

Gautama Buddha (Bodhi Tree)
ゴータマ・ブッダの菩提樹
無憂樹: 釈迦が生まれた所にあった木。(Saraca asoca)
印度菩提樹: 釈迦が悟りを開いた所にあった木。(Ficus religiosa)
沙羅双樹: 釈迦が亡くなった所にあった木。(Shorea robusta)

Satori
悟り(さとり)は知らなかったことを知ること、気がつくこと、感づくことを言い覚りとも書く。宗教上の悟りは迷妄を去った真理やその取得を言う。(wiki/悟り

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭

330px-Gentile_da_Fabriano_064.jpg

12月5日
聖ニコラオスの日の前夜祭
シンタクラースの日
クランプスの日

12月6日
ミラの聖ニコラウスの祝日

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年11月)

375px-Estudiantina_de_Mayenne.jpg

375px-Gibson_Mandolin_Family_National_Music_Museum_Vermillion_South_Dakota.jpg

Carlo Alberto Bracco
C. A. ブラッコ

C. A. Bracco (born early-1850s, Northern Italy; died 1903) was an Italian mandolinist, violinist and conductor, deserving notice by his compositions for mandolin band. While not a prolific composer, he was the author of several operettas and ballets which were produced in his native land. His published works were principally for mandolin and guitar or violin and piano, and were issued solely in Italy. Bracco was a cultivated musician and musical conductor in Genoa and Orvieto, Italy. In Orvieto he was conducted the municipal orchestra for several years, and in Genoa conducted the mandolin and guitar band, “Club Musicale Genovese”; he dedicated his symphonic overture I mandolini a congresso to the members of this band. Bracco was also conductor of the Philharmonic Society of Certosa, and the Banda Operaia Genovese.
en.wikipedia.org/wiki/C._A._Bracco

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年11月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート

img_history_index03-375x500.jpg

東京オペラシティ文化財団からメールニュースが送られてきました。

オンエア情報: 池辺晋一郎 70 歳 バースデー・コンサート
NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」 池辺晋一郎 交響曲第9番

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日

330px-Francisco_Tarrega.jpg

Francisco Tárrega
弗朗西斯科·塔雷加
프란시스코 타레가
Таррега, Франсиско

フランシスコ・タレガ(慣用的にタルレガ、またはアクセント記号を重視してターレガとも。Francisco Tárrega, 1852年11月21日 – 1909年12月15日)は、スペインの作曲家・ギター奏者。 略歴: ビジャレアル出身。1874年にマドリッド音楽院に進学。ギターのヴィルトゥオーソとして鳴らし、「ギターのサラサーテ」の異名をとった。バルセロナに定住して1909年に逝去。 作品と作風: タレガは、20世紀のクラシックギターを基礎付け、独奏楽器としてのギターに対して関心が増して行くきっかけを作った人物と見做されている。大ギタリストのアンドレス・セゴビアは、技巧がかったタレガ作品のほとんどを取り上げ、クラシック・ギターをヨーロッパ中のコンサートホールに送り込むのに多くのタレガ作品を利用した。 タレガは《アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra》《アラブ風奇想曲 Capricho Árabe》《ムーア人の踊り Danza Mora》などの自作のギター曲のほか、ベートーヴェンやメンデルスゾーン、ショパンらのピアノ曲をギター用に編曲した。友人のアルベニスのような同時代のスペイン人作曲家と同じく、当時の支配的なロマン派音楽の風潮にスペインの民族音楽の要素を取り込んだ。アルベニスのいくつかのピアノ曲(《アストゥリアス(伝説)》など)をギター用に編曲したものは有名。 タレガは、有名な旋律の数多い作曲家でもあり、その作品はしばしば広告放送や映画音楽などにも利用されている。 ja.wikipedia.org/wiki/フランシスコ・タレガ

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust

http://www.Brikcius.com - Festival Brikcius - cyklus koncertů komorní hudby v Domě U Kamenného zvonu / the chamber music concert series at the Stone Bell House - jaro & podzim 2013 / spring & autumn 2013

http://www.Brikcius.com - Anna Brikciusová: česká violoncellistka - projekt "Brikciusová Na Prádle" (básnické čtení "Brikciusová Na Prádle - Labyrint", z tvorby Anny Brikciusové v podání Jana Židlického a za hudebního doprovodu violoncellistky Anny Brikciusové. V rámci 15. ročníku festivalu Den poezie konaném u příležitosti oslav narození Karla Hynka Máchy)

プラハ(チェコ)のチェリスト František Brikciusから、2013年11月のニュースレターが送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

11月のニュースレター: チェコ(プラハ)チェリスト、František Brikciust の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る