北海道 カテゴリのアーカイブ

命を救う、「119番」

F1000007_2.JPG

F1000005.JPG

F1000004_4.JPG


119番(ひゃくじゅうきゅうばん)は、日本では消防機関への緊急通報用電話番号であり、火災の場合や、不発弾を発見した場合、救急が必要な場合に使う。119番に電話すると、消防本部の通信指令室や消防指令情報センターなどの指令台に接続される。(Wikipedia

写真(上)は、1年前(2010年11月9日)の美幌消防署の消防庁舎通信司令室。
写真(下)は、2年前(2009年11月9日)の美幌消防署の消防庁舎通信司令室。

動画(上)は、119番通報の手順。
動画(下)は、いつすべきか?119番。

119番 についてのニュースブログ記事(Google)

命を救う、「119番」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

がんばろう!日本と台湾の交流(津別町、二水鄉)

800px-TRA_ErShuei_Station.jpg

425px-Taiwan_ROC_political_division_map_Changhua_County_svg.png


二水郷(にすいきょう、台灣彰化縣二水鄉、Ershui)は台湾彰化県の郷。(Wikipedia

津別町(つべつちょう、Tsubetsu)は、北海道オホーツク総合振興局管内の網走郡にある町。(Wikipedia

写真(照片):二水駅(二水車站)。動画(影片):彰化質優白柚(ブンタン、ばんぺいゆ),二水獼猴(タイワンザル)自然保護區。

動画(YouTube)は、つべつ 緑のふるさと 津別町多目的活動センター(愛称:さんさん館

日台交流 についてのニュースブログ記事(Google)

がんばろう!日本と台湾の交流(津別町、二水鄉) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

新しい家族の「タンチョウ」交流、北海道と台湾

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第282号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道と台湾 についてのニュースブログ記事(Google)

新しい家族の「タンチョウ」交流、北海道と台湾 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

名のない道に、名前をつけよう。(日本の観光庁)

日本の観光庁(JTA)メールマガジン第396号(2011年11月4日配信)が送られてきました。日本全国及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

ランナーズインフォメーション研究所とは、観光庁が設立した研究所。2011年10月1日設立。(Wikipedia

名のない道に、名前をつけよう。(日本の観光庁) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

新コーナースタート!総理の語録(官邸かわら版)

live01.jpg

内閣広報室(首相官邸)からメール配信:首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/11/04)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

写真: 秋霜の摩周湖(摩周湖のWEBカメラ

野田首相 についてのニュースブログ記事(Google)

新コーナースタート!総理の語録(官邸かわら版) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

おめでとう!日本の文化人類学者山口昌男(文化功労者)

DSC09259b3.jpg

p_yamaguchi.jpg

山口 昌男(やまぐち まさお、Masao Yamaguchi、1931年8月20日 – 2013年3月10日 )は、元・札幌大学学長、東京外国語大学名誉教授。日本の文化人類学者。北海道美幌町出身。1984年から1994年まで磯崎新、大江健三郎、大岡信、中村雄二郎、武満徹と共に学術季刊誌『へるめす』の編集同人として活躍した。アジア・アフリカなど世界各地のフィールドワークを行い、両性具有・トリックスターをテーマとした著作で「中心と周縁の理論」を発表し評価が高い。受賞歴は、1996年に『「敗者」の精神史』で大佛次郎賞、2009年4月に瑞宝中綬章受章、2011年に文化功労者。(Wikipedia

文化功労者(ぶんかこうろうしゃ、Person of Cultural Merit)とは、日本において、文化の向上発達に関し特に功績顕著な者をいう。文部科学大臣が候補者の選考を文化審議会に諮問し、その選考した者のうちから文部科学大臣がこれを決定する。文化勲章よりも多くの者が選ばれ、文化勲章に次ぐ栄誉となっている。(Wikipedia

写真:天下絶景「北海道の美幌峠」 文化功労者の山口昌男(美幌町出身)

山口昌男 についてのニュースブログ記事(Google)

文化功労者 についてのニュースブログ記事(Google)

おめでとう!日本の文化人類学者山口昌男(文化功労者) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

あきらめの蔦から攻めダルマに(和僑ニュース)

Bodhidarma.jpg

main01.gif

390PX-~1.JPG

和僑会(わきょうかい)は、香港・中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織で、香港・上海・北京・シンセン(深圳)・東莞・シンガポール・タイ王国・インドネシア・台北・モンゴル・沖縄・九州・関西・名古屋・東京・東北・北海道に設立。世界20地域で行われている各和僑会の活動は、和僑会ラウンドテーブルで確認ができる。(Wikipedia

和僑 についてのニュースブログ記事(Google)

和僑会からのメールマガジン: 海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」(第153号)が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

あきらめの蔦から攻めダルマに(和僑ニュース) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町配食サービス(2011年11月)

Diaphragme.gif

03.jpg


音楽動画:美幌町「町歌」の作曲者武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」(指揮:小澤征爾/新日本フィルハーモニー交響楽団)。

美幌町配食サービス:美幌町の配食サービス事業は17年前から美幌町社会福祉協議会が実施している。高齢者と身障者や自力で調理のできない方などに食生活の充実(食の自立支援)と安否確認が目的です。
美幌町配食サービスの内容:配食は週2回(火曜/金曜、15:30ー16:00)。料金400円(所得によって200円)。配食の利用者82人。配食のボランティア52人(運転手9人)。火曜日の調理は中島食品。金曜日の調理は大西パン店。

配食サービスについてのニュースブログ記事(Google)
配食アンケートについてのニュースブログ記事(Google)

食中毒警報発令情報 – 北海道
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kak/she/keiho_H23.htm

美幌町配食サービス(2011年11月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(平成23年11月)

川柳「イランカラプテ」(2011年11月)開始します:イランカラプテ(Irankarapte)の意は「あなたの心にこんにちは」、川柳は17文字(5・7・5)自由詩。しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」などもどうぞお寄せください。(美幌白雲)

音楽動画: 武満徹「ノヴェンバー・ステップス」(Toru Takemitsu、November Steps)

音は私をつらぬいて 世界に輪のように つづいている」(武満徹)

“Sounds thread their way through me, and then out into the world, in uninterrupted loops.” (Toru Takemitsu)

イランカラプテ川柳(平成23年11月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

莫邦富の観光関連発言のご案内(莫邦富事務所)

莫邦富(Mo Bangfu、モー・バンフ、ばく ほうふ)は中華人民共和国出身の経済ジャーナリスト・作家。上海外国語大学日本語学科卒業後、同大学講師を経て、1985年来日。現代中国の問題や日中関係について日本のメディアで積極的に発言している。「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させたことで知られる。(Wikipedia

莫邦富についてのニュースブログ記事(Google)

莫邦富の観光関連発言のご案内(莫邦富事務所) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る