北海道人 カテゴリのアーカイブ

北見文化連盟のホームページが完成しました!

今日(8月1日)、北海道北見市の「北見文化連盟ホームページ」が完成しました。北見文化連盟加盟団体(洋楽・邦楽、文学・演劇、日本舞踊、美術工芸)の皆様に心よりお祝い申し上げます。(美幌音楽人 加藤雅夫)

北見文化連盟ホームページ kitami-cl.ciao.jp

北見文化連盟のホームページが完成しました! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

林白言文学賞(文芸北見)

800px-Potato_flowers.jpg

Magnolia_kobus_borealis1.jpg

PR00102116885.jpg

PR00102116888.jpg

PR00102116928.jpg

文学賞とは、優れた文学作品に対し与えられる賞の総称である。地方文学賞では、日本国内の地方自治体や地方新聞社、または地方の文芸協会などが実施する文学賞について示す。文学とは、言語表現による芸術作品の事をいう。(Wikipedia)

写真: じゃがいもの花(ジャガイモ) こぶしの花(辛夷)
文芸北見(創刊号) 文芸北見(第2号) 文芸北見(第41号)

林白言文学賞(文芸北見) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

600px-Cambaroides_japonicus.jpg

がんばれ!美幌高校生: 美幌高校「生活科学科」の生徒たちが特定外来生物ウチダザリガニを使う肥料つくりにトライした。

写真: ウチダザリガニ(外来種) ニホンザリガニ(在来種)
動画: まるごと美幌町(北海道)

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・ザリガニ科に分類される北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。(Wikipedia

日本固有種のザリガニは、他のザリガニ類と区別するためにニホンザリガニあるいはヤマトザリガニとも呼ばれる。川の上流域や山間の湖沼の、水温20度以下の冷たくきれいな水に生息し、巣穴の中にひそむ。おもに広葉樹の落葉を食べる。名称:「ザリガニ」は江戸時代の文献から見られ、漢字表記では現在ではほぼ使われていないが「喇蛄」と書かれる。アイヌ語においても幾つかの呼称があるが、ホロカアムシペ(horkaamuspe)やホロカレイェプ(horkareyep)など「後ずさり」を意味する語源が見られる。(ニホンザリガニ – Wikipedia

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

国際化学オリンピック(トルコ大会)

425px-Ankara_kolaj.jpg

おめでとう!メダル獲得: 国際化学オリンピック(IChO2011)トルコ大会の日本代表チーム。トルコ(アンカラ)で開催された「第43回国際化学オリンピック」に参加した日本の高校生が、金メダル等を獲得した。

写真: アンカラ(トルコ)

国際化学オリンピック(International Chemistry Olympiad, IChO)は、毎年7月に約10日間開かれる、高校生を対象とした化学の知識や問題を解く能力を競う国際大会である。2010年 日本大会(東京)、2011年 トルコ大会(アンカラ)、2012年 アメリカ合衆国大会(ワシントンD.C)。(Wikipedia

国際化学オリンピックのニュース(Google
国際化学オリンピックについてのブログ(Google

国際化学オリンピック(トルコ大会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

7月23日、気象台見学会(網走地方気象台)

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

526px-JMA_meteorological_observatory.jpg

気象台からのお知らせ: 7月23日(土)に気象台見学会を開催します。(網走地方気象台)

画像: 日本の地方気象台
地方気象台(ちほうきしょうだい)は、気象台の一種で、気象庁の地方支分部局の一つ。北海道に5ヶ所、沖縄県に3ヶ所、そのほか管区気象台や海洋気象台がない府県にそれぞれ1ヶ所ずつ置かれている。 (Wikipedia

7月23日、気象台見学会(網走地方気象台) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク・海上がっこう(網走セーリング協会)

gannbarou_nipponn.jpg

hokkaido_map.gif

2010gakkou_poster_m.jpg

7月24日、みなと観光交流センター(道の駅流氷街道網走)で網走セーリング協会「オホーツク・海上がっこうヨットセーリング体験乗船会」開催。 2011年7月24日は、地上波アナログテレビ放送を中止し、地上波デジタル放送に完全移行。(2011年問題、日本のテレビジョン放送)

セーリング(Sailing) ヨット(Yacht) ディンギー(Dinghy)

オホーツク・海上がっこう(網走セーリング協会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

国際技能競技大会(WorldSkills London 2011)

国際技能競技大会(WorldSkills Competition)は、ほぼ2年に一度、ワールドスキルズインターナショナル(WSI:WorldSkills International)によって開催される、参加国の職業訓練の振興と参加者の国際親善・交流を目的としている技能労働者の技能を競う大会。通称、技能五輪国際大会または技能オリンピック国際大会。 (Wikipedia

WorldSkills London 2011 – Wikipedia
YouTube – WSL2011’s Channel

国際技能競技大会(WorldSkills London 2011) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

子どもたちによる三味線「童夢会」(東梅孝泉)

DSC09259b3.jpg

green_t.jpg

img_1496449_51780992_0.jpg

日本民謡三絃道の初代・佐々木孝に師事、北海道民謡連盟大師範(三味線)東梅孝泉の指導を受けている「童夢会」が活躍してます。子供たちを応援してあげてください! (美幌音楽人 加藤雅夫)

子どもたちによる三味線「童夢会」(東梅孝泉) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

屯田兵〜家族のみた制度と生活(北見市の歴史)

KaitakushiSapporoHonchosha1873-restoration.jpg

Flag_of_Hokkaido_Development_Commission.jpg

開拓使(かいたくし)は、北方開拓のために明治2年(1869年)7月8日から明治15年(1882年)2月8日まで置かれた日本の官庁である。 (Wikipedia

屯田兵(とんでんへい)は、明治時代に北海道の警備と開拓にあたった兵士とその部隊である。 屯田兵は家族を連れて入地し、入地前にあらかじめ用意された家「兵屋」と、未開拓の土地とを割り当てられた。 屯田兵の生活規則は厳しかった。 屯田兵は西南戦争、日清戦争、日露戦争に参加した。 2004年10月22日に「屯田兵村と兵屋」として北海道遺産に選定されている。 (Wikipedia

屯田兵〜家族のみた制度と生活(北見市の歴史) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

七月コンサート~歌ふ(北見の声楽家・川口一子)

F1000004.JPG

022.jpg

450px-Lilium_concolor.jpg

きたみ芸術市場主催「川口一子リサイタル」(独唱川口一子、ピアノ小刀禰博子)が、7月19日(火)北見芸術文化ホール(音楽ホール)で開催されます。
全13曲を歌います: 見てござる、小鹿のバンビ、待ちぼうけ、芭蕉布、川の流れのように、サルビア、インシャラー、子守唄など
※ 収益の一部は、東日本大震災で被災された方々への義援金とさせていただきます。

写真: 7月1日の誕生花「姫百合」 花言葉「誇り」 (7月1日は、童謡の日)
※ 7月7日は、川の日(七夕伝説・天の川) 竹の日(竹取物語・かぐや姫)

七月コンサート~歌ふ(北見の声楽家・川口一子) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る