Sculpture in Brass, Hiroaki Kataoka, Kitami Wind Ensemble

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

スカルプチャ・イン・ブラス 片岡寛晶 北見吹奏楽団
Sculpture in Brass, Hiroaki Kataoka, Kitami Wind Ensemble

関連記事

全日本アンサンブルコンテスト出場 北見吹奏楽団 金管メンバー / 北見吹奏楽団の金管6重奏のメンバーが21日、神奈川県で開かれる第41回全日本アンサンブルコンテスト(職場・一般の部)に出場する。昨年までは8重奏で出場していたが今回、初めて6重奏で大舞台に挑む。6人は限られた練習時間の中で最後の仕上げに励んでいる。
3年連続 6重奏では初「いつも通りの楽しい演奏を」 いざ全国へ / 全日本アンサンブルコンテストは3~8人編成の楽団が練習の成果を競う。中学生から社会人まで4つの部門があり、職場・一般の部には各地区の代表22組が出場する。北見吹奏楽団は1月の北見地区管打楽器個人・アンサンブルコンクールの同部門で金賞を受賞。2月の北海道アンサンブルコンクールでも金賞を受賞し、道内2組の代表のひとつに選ばれた。全日本は3年連続6度目の出場となる。これまでは8重奏で出場していたが、今年は仕事の都合などで2人が欠け、初めて6重奏での出場となる。人数が少ない分、奏者個々の力量が問われるという。曲目は「スカルプチャー・イン・ブラス~金管6重奏のために」(片岡寛晶作曲)。仕事を持つ20~40代のメンバーが限られた練習の中で曲の完成度を高めている。同楽団の団長でチューバを担当する男性は「本番のステージでも、いつも通りの楽しい演奏を」。アンサンブルリーダーでトロンボーン奏者の男性は「初めての6重奏ですが、自分達にできる最高の演奏を披露したい」と意欲を見せる。(柏)(2018年3月9日の記事 経済の伝書鳩

片岡 寛晶(かたおか ひろあき Hiroaki Kataoka、1983年 – )は日本の作曲家・編曲家、打楽器奏者。 主な作品 / アンサンブル曲 / スカルプチャー・イン・ブラス ~金管6重奏のために。(片岡寛晶 – Wikipedia

関連サイト

第41回全日本アンサンブルコンテスト – 全日本吹奏楽連盟

北見吹奏楽団公式ウェブサイト | Kitami Wind Ensemble Web Site

北見吹奏楽団 – ホーム | Facebook

Kataoka Hiroaki – Facebook

関連エントリ

全日本アンサンブルコンテスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北見吹奏楽団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kitami Wind Ensemble の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hiroaki Kataoka の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る