美幌高校地域資源マテリアル班の びほろ豚トマトコッペ

bi_bo.jpg

Sow_and_five_piglets.jpg

004.jpg

美幌高校地域資源マテリアル班の びほろ豚トマトコッペ

関連記事

「びほろ豚トマトコッペ」発売 美高生が考案
17日から道内のコープさっぽろで 町内での試食会でも好評 「多くの人に食べてもらえたら」
美幌高校地域資源マテリアル班の生徒が考案した「びほろ豚トマトコッペ」が、17日から道内のコープさっぽろで期間限定販売される。美幌豚のパティ(ハンバーグ)と美幌産トマトのソースを使った一品で、発売に先駆けて6日に町内で開かれた試食会で出席者の好評を集めた。地域資源マテリアル班は、美幌豚の飼育やトマトなど野菜の栽培に取り組む2、3年生11人。美幌の魅力を子どもらに広める町の「美幌伝道大使」も務める。「トマトコッペ」は美幌豚とトマトなどを生かすメニューとして昨年、生徒達が考案。高校生が地元食材を使ったメニューの出来栄えを競う「第5回高校生チャレンジグルメコンテスト」(実行委員会主催)でコープさっぽろ賞を受賞し、商品化が決まった。17日から19日まで道内のコープさっぽろ104店、20日から3月12日まではオホーツク管内7店で298円(税抜)で販売される。美幌伝道大使推進協議会がしゃきっとプラザで開いた試食会には土谷耕治町長、協議会会長で美幌商工会議所の副会頭、生徒ら約30人が参加。土谷町長は「肉がやわらかく、トマトの酸味がほどよく効いている。美幌の特産品に育ってほしい」と出来栄えをたたえた。副班長の3年男子生徒は「朝早くの豚の世話など大変なことも多かったので、形にすることができてうれしい。多くの人に食べてもらえたら」とPRした。(浩)(2018年2月10日の記事 経済の伝書鳩

コッペパン
コッペパンとは、紡錘形で片手で持てる大きさの底の平たいパンである。形状はフランスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグバンズ(英: hot dog bun)と似ているが、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平によって考案され、日本独自の発展をしたパンである。 語源・起源 / 和製洋語であるが、「コッペ」の語源は確かではない。 アメリカで修行し、アメリカ式製パン法の普及に尽力した田辺玄平を祖とする丸十製パンによれば、大正8年(1919)に陸軍に納入するために開発した、食パン生地を使った小型パンをもってコッペパンの元祖とし、丸十の「十」にちなんで毎月10日を「コッペパンの日」としている。(コッペパン – Wikipedia

地域資源
地域資源(ちいきしげん)とは、自然資源のほか、特定の地域に存在する特徴的なものを資源として活用可能な物と捉え、人的・人文的な資源をも含む広義の総称。近年、ご当地ブーム、町おこし、地域ブランドに代表される地域活性化の試みにおいて特徴・素材となるものを地域資源として定義し、活用する考え方が広まっている。(地域資源 – Wikipedia

マテリアル(material)
英語で原材料の意味。原材料となるものを取り扱う企業の社名の一部として用いられる。(マテリアル – Wikipedia

関連サイト

コープさっぽろ賞 受賞!! – 美幌高校

美幌伝道大使 | 美幌町

高校生チャレンジグルメコンテスト | Just another WordPress site

高校生チャレンジグルメコンテスト – Facebook

高校生チャレンジグルメコンテスト (@Hokkai_Challcon) | Twitter

コープさっぽろ – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌高校地域資源マテリアル班 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る