北見市職員の雇用について(オホーツク地域自治体研究所)

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北見市職員の雇用について(オホーツク地域自治体研究所)

関連記事

北見市職員の53%が非正規雇用 オホーツク地域自治研が実態調査結果まとめ
道内35市で最低レベル 正規雇用への転換を市に提言
オホーツク地域自治研究所(理事長・美土路知之東京農業大学名誉教授)は2年間にわたる北見市職員の雇用の実態調査結果をまとめ、24日、市に提出した。職員の半数以上が非正規職員となっており、道内35市で最も低いレベルにあることが明らかになった。同研究所は正規雇用への転換を図るよう提言している。 総務省が行った2016年(平成28年)4月1日現在の調査によると、北見市の正規職員は再任用フルタイムを含めて1006人。嘱託職員、臨時職員、再任用短時間として雇用されている職員が1133人で、いわゆる非正規職員が53%を占めている。道内35市では北斗市の54.7%に次いで多く、35市平均の25.6%の2倍を超える割合。 調査は同研究所がプロジェクトを立ち上げ、非正規職員の聞き取り調査を含めて行われた。 報告書では、現在の非正規職員のうち100人を数年かけて正規職員に転換することで、自治体労働者の自己実現や業務への意欲向上、地域経済への波及効果が見込まれるなどと、提言している。 報告書の提出は同日、市役所北2条仮庁舎で行われ、渡部眞一副市長が対応した。(粟)(2018年1月29日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

全国の研究所ネットワーク – 自治体問題研究所

北見市ホームページ

北見市 | Facebook

関連エントリ

オホーツク地域自治研究所 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る