どんど焼き(北海道 美幌神社)

10005_2.jpg

どんど焼き(北海道 美幌神社)

関連記事

どんど焼き 美幌神社で15日に
美幌神社で15日、「どんど焼き」が行われます。旧年中の縁起物などを焼いてその煙を浴びることで1年間の無病息災を願う小正月(15日)の火祭り行事です。 神社駐車場で午前9時から火入れを行い、正午ごろまで燃やす予定です。 どんど焼きできるのは、お札、お守り、神棚、門松、しめ縄などです。付属するビニールなどは家庭で処分してください。 ほかに、鏡餅、みかん、年賀状、盆提灯などか持ち込まれるケースがありますが、これらは環境保全の面からも、自宅での処分をすすめています。 詳しくは美幌神社(電話0152・73・2318)に問い合わせてください。(フリーペーパーみつめて 2018年(平成30年)1月11日の記事

左義長
左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗で。 内容 / 1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。 民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。 とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。とんどを爆竹と当てて記述する文献もある。これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう。 子供の祭りとされ、注連飾りなどの回収や組み立てなどを子供が行う。またそれは、小学校などでの子供会(町内会に相当)の行事として、地区ごとに開催される。 地方によって焼かれるものの違いがある。(Wikipedia ー 左義長

関連サイト

美幌神社 www.hokkaidojinjacho.jp

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る