美幌神社 の検索結果: 8 件

新元号の こいのぼり提供 (北海道美幌町 美幌神社)

200px-100_views_edo_063

新元号の こいのぼり提供 (北海道美幌町 美幌神社)

関連記事

こいのぼり今年も見に来て 2019/03/26掲載(美幌町/告知)
美幌神社、4月13日から / 新元号の空に…提供も呼び掛け / 美幌神社(井上聡宮司)が、端午の節句に向けて家庭に眠っているこいのぼりの提供を呼び掛けている。子ども達の健やかな成長を願って毎年、境内に数多く揚げており、今年は4月13日(土)から5月11日(土)まで約400匹を揚げる計画。支援団体の美幌神社結の会が中心になって準備を進めている。 こいのぼりの設置は、子ども達の成長や町民の幸せを願って平成25年にスタート。数は年々増え、昨年は405匹が境内で大勢の町民らを出迎えた。 7年目の今年は3月中旬に準備作業を開始。保管場所から出して広げ、傷んだ個所がないかなどをチェックした。今年は、風であおられたこいのぼりがワイヤーなどに絡まないよう、こいのぼりのひもをホースでまとめるなど改良も重ねている。会長は「新しい元号で迎える初めての端午の節句。大勢の子どもらに楽しんでもらえたら」と話している。 こいのぼりの提供などは美幌神社(0152・73・2318)まで。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌神社 (北海道美幌町)

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

こいのぼり奉納(北海道美幌町 美幌神社)

400px-Koinobori4797.jpg

こいのぼり奉納(北海道美幌町 美幌神社)

関連記事

こいのぼり寄せて 美幌神社が今年も提供呼び掛け 400匹目標に / 美幌神社(井上聡宮司)が、端午の節句に向けてこいのぼりの提供を呼び掛けている。子ども達の健やかな成長を願って境内に飾っており、6年目の今年は昨年より40匹多い400匹を目標に広く協力を募っている。こいのぼりは子ども達の成長、町民の幸せを願う意味を込め、平成25年から飾っている。設置や撤収作業は支援団体の美幌神社結の会が協力。数は年々増え、昨年は360匹が参道脇などで春風を受けて泳ぎ、多くの親子連れが見物に訪れた。6年目の今年は4月15日に設置する予定で、参道脇などにさらに設置場所を広げ、400匹を目指す。経年で傷んだこいのぼりも多いことから、昨年に続いて提供を呼び掛ける。井上宮司は「家庭に眠っているこいのぼりがあれば、奉納いただけたら」と協力を求めている。詳しくは美幌神社(TEL 0152-73-2318)まで。(浩)(2018年3月9日の記事 経済の伝書鳩

美幌神社にこいのぼり泳ぐ 「結の会」が雪の中取り付け / 5月11日まで…設置場所増やし昨年より多く / 美幌神社(井上聡宮司)のこいのぼり設置作業が15日、境内で行われた。有志でつくる「結の会」が中心になり、雪が降る中、400匹を懸命に取り付けた。子ども達の健やかな成長を願って平成25年から端午の節句を前に揚げ、6年目。神社と結の会が3月からこいのぼりの募集や修繕、支柱やワイヤーの設置などさまざまな準備を進めてきた。今年は神社通側の参道に設置場所を増やし、昨年より40匹多いこいのぼりがスイスイと泳いでいる。作業日の15日は雪模様の寒い1日になったが、予定通り作業を実施。会員20人ほどがロープやワイヤーに1匹ずつ、同じ色が続かないよう配色に気を使いながらこいのぼりを取り付けた。ロープが切れるハプニングもあったが、半日をかけて完了させた。活動の中心になって設置場所を計画した結の会の男性は「参道、石段など場所によってこいのぼりの大きさを変えるなど見せ方にこだわった。多くの方に見ていただけたら」と話している。見学は自由。5月11日(金)まで。(浩)(2018年4月19日の記事経済の伝書鳩

端午(たんご)は五節句の一つ。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。端午の日には柏餅(かしわもち)を食べる風習がある。柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていった。(端午 – Wikipedia

こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言う。現在は、一般的にはグレゴリオ暦(新暦)5月5日に向けて飾られ、夏の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。 但し地方により、端午の節句を祝う時期が違うので、旧暦の端午やひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5日とする地方もある。 概要 / 本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになったが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となった。(こいのぼり – Wikipedia

関連サイト

美幌神社(北海道美幌町)

Satoshi Inoue (井上 サトシ) | Facebook

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

こいのぼり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2月11日は建国記念の日(国民の祝日)

413px-W_hukujusou5031.jpg

2月11日は建国記念の日(国民の祝日)

関連記事

11日・建国記念の日にお結びを 北見、網走、美幌神社が先着順に無料配布
北見神社、網走神社、美幌神社は「建国記念の日」を祝おうと2月11日、それぞれの神社内で先着順におむすびを限定配布する。 若手経営者でつくる日本青年会議所が昨年、建国記念の日の認知度を高めるため2月11日におむすびを食べようと呼び掛けるキャンペーンを始めた。日本が稲作の食文化から発展してきたことや、「お結び」という縁起のよさから企画した。 今年は取り組みに賛同する全国の神社など16カ所で行う。管内は3カ所。北見神社が100個、網走神社と美幌神社が各50個。いずれも午前11時半から配布する。無料。(成)(2018年2月9日の記事 経済の伝書鳩

11日・紀元節復活反対北見市民集会 「安倍改憲と歴史認識を問う」テーマに
紀元節復活反対北見市民集会が11日(日)午前10時から北見市卸町のサントライ北見で開かれる。 網走教組北見支部などで構成する実行委員会の主催。講師に、札幌弁護士会人権擁護委員会委員長の大賀浩一氏を招き「安倍改憲と歴史認識を問う」をテーマに講演を聞く。 参加は無料。当日直接会場へ。問い合わせは実行委事務局(TEL 0157-31-7551)へ。(2018年2月9日の記事 経済の伝書鳩

建国記念の日(けんこくきねんのひ)は、日本の国民の祝日の一つ、日本の建国を祝う日で、日付は2月11日。(Wikipedia ー 建国記念の日

紀元節(きげんせつ)は、古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日をもって定めた祝日。日付は2月11日。1873年(明治6年)に定められ、1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)の意向で廃止された。かつての祝祭日の中の四大節の一つ。 この2月11日の日付は、日本書紀で神武天皇が即位したとされる紀元前660年(神武天皇元年)1月1日 (旧暦)[2]の月日を、明治に入り新暦に換算したものである。紀元節廃止の後は復活の動きが高まり、1966年(昭和41年)に、2月11日は「建国記念の日」として国民の祝日となり翌年から適用された。(紀元節 – Wikipedia

関連サイト

国民の祝日について – 内閣府

北見神社

北見市鎮守 北見神社

北見神社 – Kitami, Hokkaido – Religious Center | Facebook

網走神社

網走神社 宮司 中島 淨晴 | Facebook

美幌神社

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

建国記念の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

紀元節 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

国民の祝日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

どんど焼き(北海道 美幌神社)

10005_2.jpg

どんど焼き(北海道 美幌神社)

関連記事

どんど焼き 美幌神社で15日に
美幌神社で15日、「どんど焼き」が行われます。旧年中の縁起物などを焼いてその煙を浴びることで1年間の無病息災を願う小正月(15日)の火祭り行事です。 神社駐車場で午前9時から火入れを行い、正午ごろまで燃やす予定です。 どんど焼きできるのは、お札、お守り、神棚、門松、しめ縄などです。付属するビニールなどは家庭で処分してください。 ほかに、鏡餅、みかん、年賀状、盆提灯などか持ち込まれるケースがありますが、これらは環境保全の面からも、自宅での処分をすすめています。 詳しくは美幌神社(電話0152・73・2318)に問い合わせてください。(フリーペーパーみつめて 2018年(平成30年)1月11日の記事

左義長
左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗で。 内容 / 1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。 民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。 とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。とんどを爆竹と当てて記述する文献もある。これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう。 子供の祭りとされ、注連飾りなどの回収や組み立てなどを子供が行う。またそれは、小学校などでの子供会(町内会に相当)の行事として、地区ごとに開催される。 地方によって焼かれるものの違いがある。(Wikipedia ー 左義長

関連サイト

美幌神社 www.hokkaidojinjacho.jp

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町)
May 2015 – Public Relations Bihoro (Bihoro town, Hokkaido)

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌神社 例大祭で神輿渡御。(美幌神輿会)

10005_2.jpg

美幌神社 例大祭で神輿渡御。(美幌神輿会)
Carrying of miniature shrines in Bihoro Shrine Festival. (Bihoro mikoshi Association)

美幌神社 例大祭で神輿渡御。(美幌神輿会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Bihoro Hometown Festival (北海道美幌町)

green_t.jpg

DSC09259b3.jpg

h20furusato04.jpg

h20furusato05.jpg

9月4日から3日間、第19回美幌ふるさと祭り(2010 Bihoro Hometown Festival)開催。(北海道美幌町)

写真: 夏景色の屈斜路湖美幌峠) 冬景色の屈斜路湖美幌峠) 
瑞治足柄奴保存会美幌町の文化財) 美幌神輿会櫟いちい) 
美幌ふるさと祭りの写真美幌町のホームページ

動画: まちのできごと ビデオ版美幌町のホームページ

Bihoro Hometown Festival (北海道美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

BIHORO MIKOSHI / 美幌神輿会「櫟(いちい)」設立

10005_2.jpg

hp_photo1.jpg

img_bihoro_song04_02.jpg

img_bihoro_song04_01.jpg

平成22年(2010年)7月6日、美幌神輿会「櫟(いちい)」が美幌神社(北海道美幌町)で設立した。「地域おこし」と「まちづくり」で、美幌町の経済や文化を活性化させたい。

BIHORO MIKOSHI / 美幌神輿会「櫟(いちい)」設立 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る