音楽 カテゴリのアーカイブ

マンドリンニュース 明治大学マンドリン倶楽部

1923年、明治大学の古賀政男(国民栄誉賞の作曲家)等が明治大学マンドリン倶楽部(マンドリンオーケストラ)を創設した。古賀政男は、東京音楽学校(東京芸術大学)出身の藤山一郎(国民栄誉賞の声楽家)が歌唱した「丘を越えて」(原曲はマンドリン合奏曲・ピクニック)を作曲。日本の明治大学マンドリン倶楽部はマンドリン音楽の大衆化と普及に大きく貢献している。(Wikipedia 参照

マンドリンニュース 明治大学マンドリン倶楽部 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

米良美一 谷川俊太郎を歌う ~武満徹さんの思い出に~

北海道オホーツクの紋別郡湧別町と網走市で、「武満徹さんの思い出」コンサートが開催される。出演はカウンターテノール歌手・米良美一、詩の朗読・谷川俊太郎、ピアノ演奏・谷川賢作、心に響く新たな空間を創る企画構成・武満真樹。

米良美一 谷川俊太郎を歌う ~武満徹さんの思い出に~ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」美ち奴

~1.JPG

夏休み・お盆休み、北海道各地では郷土色豊かな夏祭り・盆踊りのイベントが開催されています。日本の女性歌手・美ち奴(みちやっこ)と美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」を、美ち奴オールドファンの皆様にお知らせいたします。

美幌観光音頭は、昭和12年(1937)制作の「美幌小唄(二)」として伝わっていたもので、昭和14年(1939)に美幌観光協会の依頼により「美幌観光音頭」として帝蓄レコードでレコード化された。作詞・大塚郷湖、作曲・松田喜一、唄・美ち奴。

美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」美ち奴 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今年の伝統的七夕(旧七夕)は、2009年8月26日

この夏、天の川を見ましたか? 七夕に星を見よう! 日本の国立天文台が公表している 2009年の伝統的七夕(旧七夕)の日は、8月26日。 円館 金(えんだて きん)は、美幌町の天文家
今年の伝統的七夕(旧七夕)は、2009年8月26日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert

-2.jpg 003.jpg -1.jpg

台湾台中市に居住して国際的に活躍している中国伝統音楽・楽器の第一人で笛子名人・葉紅旗から、戈雅-仲夏之夜音樂會(ゴヤ-真夏の夜コンサート)お知らせニュースが届きました。

2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert
2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert の全文を読む

このページの先頭へ戻る

夏休み中です。健在です。

美幌音楽人 加藤雅夫(美幌町)は、夏休み中です。健在です。
ブログ記事更新を1週間さぼりました。
「加藤雅夫さん、お元気ですか?」と、心配メールが届きました。
「台湾 台中市でギター演奏しています。大丈夫です!元気です」と、冗談メールを送りました。 
夏休み中です。健在です。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヴィラ=ロボス没後50年記念「ブラジル風バッハ」全曲演奏会

090822_M.jpg

ヴィラ=ロボス没後50年《ブラジル風バッハ》全9曲一挙上演まで、ついに1ヶ月を切りました。独学で作曲を勉強し、パリから帰国した1930年から1945年の間に書かれたこの作品は、ブラジル固有の民俗音楽やポピュラー音楽に素材を求めながら、子どもの頃から尊敬しているJ.S.バッハのスタイルで書かれた作品です。様々な編成で書かれているため、同時に聴き比べることのできる非常に貴重なコンサートです。

「私の作品は返事を期待せずに書いた後世の人々への手紙である」 エイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos)
ヴィラ=ロボス没後50年記念「ブラジル風バッハ」全曲演奏会 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

藤森仁ギターリサイタル「From Rio de Janeiro To Buenos Aires」

fujimori_01.jpg

北海道および日本国内外で活躍するハート音楽院のギター教授・ギタリストの藤森仁氏が、ザ・ルーテルホール(札幌市)で 藤森仁ギターリサイタル「From Rio de Janeiro To Buenos Aires」を開催します。

ブラジル音楽のサンバとボサノヴァ、アルゼンチンのタンゴ音楽「リオデジャネイロからブエノスアイレスへ」ギターとフルート、どうぞお楽しみください。
藤森仁ギターリサイタル「From Rio de Janeiro To Buenos Aires」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

舞台版 笑の大学(笑之大學) 香港で上演

e240dc76e1f7bd22d800c0f2be55d388.jpg

「私の叙情的な時代」映画主演アンソン・ラムのメール→今日は舞台「笑の大学」香港版の初日です。僕は翻訳と共同演出に勤めますが、日本の演劇や文化を香港に紹介できる仕事で、とてもやりがいを感じまして、楽しくやっています。

笑の大学は三谷幸喜脚本による日本の演劇作品(映画版・ラジオドラマ版・舞台版)で、1996年度読売演劇大賞最優秀作品賞受賞。「笑の大学」香港版の台本翻訳は林沛濂(アンソン・ラム)。 
舞台版 笑の大学(笑之大學) 香港で上演 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中国人留学生PFF映画「私の叙情的な時代」任書剣

日本および世界の自主制作映画では最大の映画祭「第31回ぴあフイルムフェスティバル(PFFアワード2009)」に、中国人留学生の映画「私の叙情的な時代」が入選。グランプリ受賞なるか。映画監督は任書剣。映画主演は林沛濂(アンソン・ラム)。
中国人留学生PFF映画「私の叙情的な時代」任書剣 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る