中南米 カテゴリのアーカイブ

中林淳真「50歳からの青春」ギター出前コンサート

メキシコを代表するギタリスト ヘスス・ベニーテス(南米ペルー出身 メキシコギター協会会長)と、日本を代表する世界的なギタリスト 中林淳真(ギター界の長老)による、日本列島縦断コンサートのテレビ放映(YouTube)を発見しました!ご覧ください。

1986年(昭和61年)2月後半から6月初旬までの3か月半、日本列島縦断(南は鹿児島~北は北海道)102回のコンサートツアー「メキシコ災害チャリティー ギター出前コンサート」。日本の代表的ギタリスト 中林淳真と、インディオの血を引くメキシコのギタリスト ヘスス・ベニーテス。メキシコ災害チャリティーを兼ねたギター出前コンサート。わずか十数名の聴衆から数百名のコンサートまで、観客数のべ1万3千名は決して多い数とは言えないが、演奏家が聴き手のすぐ近くまで直接出向き、ひざ突き合わせて弾く「ギター出前コンサート」。かしこまって聴くクラシックコンサートとはまったく別の感動を伝えるに違いない。人生の半ばを過ぎた51歳と58歳のギタリストは、いったいどんな音色を日本の風景の中へ響かせたのか?そして、旅の中から2人が受け取ったものは?「走れ!ジプシー2世号」。
中林淳真「50歳からの青春」ギター出前コンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中林淳眞「80歳からの青春」セレナーデコンサート

フラメンコのスペインやラテンアメリカのメキシコなど世界各国を駆け巡る日本を代表する音楽家・世界最高峰のギタリスト中林淳真(82歳)が今年も日本全国・北海道で「セレナーデコンサート」を開始する。共演はトランペット古畑亜紀。

ギター&トランペットで奏でる初夏の調べ「中林淳真・古畑亜紀デュオコンサート」
中林淳眞「80歳からの青春」セレナーデコンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る