フランス カテゴリのアーカイブ

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています

120px-HumanRightsLogosvg.png

400px-P_catsvg.png

オホーツク総合振興局の自治体
1.北見市 / 2. 網走市 / 3. 紋別市 / 4,5. 大空町 / 6. 美幌町 / 7. 津別町 / 8. 斜里町 / 9. 清里町 / 10. 小清水町 / 12. 訓子府町 / 13. 置戸町 / 15. 佐呂間町 / 17. 遠軽町 / 18. 湧別町(上湧別地区) / 19. 湧別町(湧別地区) / 20. 滝上町 / 21. 興部町 / 22. 西興部村 / 23. 雄武町

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.PNG

Hokkaido_Abashiri_Br_16cl.png

殺処分
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。 動物の愛護と管理に関する法律第35条5項によって定められた、犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置第4で定められている「処分」とは、殺処分の他に譲渡処分とされており、飼い主への返還や里親募集業務による希望者への譲渡も含めた「愛護施設から出て行く全ての事例」を指している。特に子犬は生後よりある程度(2〜3か月)の日数が経っていて健康上の問題さえ無ければすぐにでも新たな飼い主が見つかる場合が多く、都市部などでは需要に対して供給が追いつかない状態でもある。

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています の全文を読む

このページの先頭へ戻る

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン

_002.jpg

450px-Ingrid_Bergman_1940_publicity.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

「あれを弾いて、マサオ。『時の過ぎ行くままに』を」
“Play it, Masao. Play ‘As Time Goes By.”

「君の瞳に乾杯」
“Here’s looking at you, kid.”

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

修道女マザー・テレサ誕生(August 26 1910)

MotherTeresa_094.jpg

400px-Hypoxis_angustifolia_MS_3546.jpg

1910年8月26日
修道女マザー・テレサ誕生。

マザー・テレサ
マザー・テレサ(Mother Teresa、1910年8月26日 -1997年9月5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。 テレサによれば、同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」ことであった。テレサは修道会のリーダーとして「マザー」と呼ばれるようになる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マザー・テレサ

修道女マザー・テレサ誕生(August 26 1910) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽、「ドビュッシーのシランクス」(8月22日)

CLAUDE~1.JPG

302px-PanandDaphnis.jpg

クロード・ドビュッシー
クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 – 1918年3月25日)は、フランスの作曲家。 幼少期: ドビュッシーは1862年8月22日の午前4時半にイヴリーヌ県のサン・ジェルマン=アン=レーに生まれた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/クロード・ドビュッシー

ルイ・フルーリー
ルイ・フルーリー(Louis Fleury, 1878年 – 1926年)は、フランスのフルート奏者。 クロード・ドビュッシーからフルート独奏曲《シランクス》を献呈されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ルイ・フルーリー

シランクス
『シランクス』(フランス語: Syrinx)は、クロード・ドビュッシーにより1913年に作曲された無伴奏フルート作品。19世紀末から20世紀前半に活躍したフランスの名フルート奏者、ルイ・フルーリーに献呈された。 シランクスとは、ギリシャ神話のニンフにしてアルテミスの従者、シュリンクスの名をフランス語読みにしたものである。彼女は牧神パンに一目惚れされてにじり寄られ、恐怖に駆られて逃げ惑ううちに葦に姿を変えたと言い伝えられている。パンはその葦を手折って葦笛シュリンクスパンフルートを作り、自らのトレードマークとした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/シランクス

今日の音楽、「ドビュッシーのシランクス」(8月22日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

上伊澤賢太「HEARTFUL!」(月刊少年シリウス)

Monthly_Shonen_Sirius_11_09_cover.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

bi_bo.jpg

月刊少年シリウス
『月刊少年シリウス』(げっかんしょうねんシリウス)は、講談社が発行する日本の月刊少年漫画雑誌。
http://ja.wikipedia.org/wiki/月刊少年シリウス

上伊澤賢太「HEARTFUL!」(月刊少年シリウス) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽。(8月15日)

_Vacation_by_Lon_Benett_01.jpg

_Vacation_by_Lon_Benett_39.jpg

702px-Chatham-Islands_map_topo_ensvg.png

699px-Oceania_laea_relief_location_map.jpg

十五少年漂流記
『十五少年漂流記』(じゅうごしょうねんひょうりゅうき 仏: Deux Ans de Vacances)は、ジュール・ヴェルヌが1888年に発表した少年向けの冒険小説で、無人島に漂流した少年達が力を合わせて生活していく物語を描いている。日本語版題名としては原題の直訳『二年間の休暇』も用いられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/十五少年漂流記

今日の音楽。(8月15日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

人々を愛することほど真に芸術的なことはない… (ゴッホ)

Van_Gogh_Self-Portrait_with_Straw_Hat_1887-Metropolitan.jpg

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853年3月30日 – 1890年7月29日)は、オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家。

人々を愛することほど真に芸術的なことはない。(ゴッホ)

人々を愛することほど真に芸術的なことはない… (ゴッホ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.33」

800px-MSC_Poesia_Vision_of_the_Seas__Mein_Schiff_2_in_Tallinn_13_June_2012.JPG

800PX-~1.PNG

クルーズ客船(クルーズきゃくせん、cruise ships)とは、乗客に船旅(クルーズ)を提供するための旅客船である。 宿泊設備を持つことは勿論、レストランやバー、フィットネスクラブやプールなどの設備を備え、 サービス要員や医師・看護師なども乗船しており、長期間の船旅を楽しめるようになっている。

北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.33」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.33」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

音楽のたまて箱(東京オペラシティから)

Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

神楽坂女声合唱団 – Wikipedia
神楽坂女声合唱団(かぐらざかじょせいがっしょうだん)は、2000年5月料理研究家の小林カツ代が結成したチャリティー合唱団。 メンバーは、女優、弁護士、政治家、ジャーナリスト、漫画家など各界で活躍する女性達から構成される。

東京オペラシティ文化財団(公益財団法人)からメールニュースが送られてきました。

音楽のたまて箱(東京オペラシティから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ベトナム国立交響楽団 – 日越外交関係樹立40周年の記念コンサート

667px-Sylvia_borin.jpg

logo_01.jpg

東京オペラシティ文化財団(公益財団法人)からメールニュースが送られてきました。

チケット発売:ベトナム国立交響楽団

ベトナム国立交響楽団 – 日越外交関係樹立40周年の記念コンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る