日本 カテゴリのアーカイブ

КВАРТЕТ “СКАЗ” сайт ансамбля

858_Z_5896542.jpg

今日は、ドラえもんと加藤雅夫の誕生日です。このウェブサイトも、開設2周年てす。モスクワ(ロシア)のバラライカ Quartet「SKAZ」Dmitry Belinskiy から、音楽の素晴らしいプレゼントです。

写真は、Quartet “SKAZ” の新しいCDです。皆様も、聴いてお楽しみください。ありがとうございます! 

КВАРТЕТ “СКАЗ” сайт ансамбля の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(九月)

人々の心をあたたかい言葉で幸福にしたいと願って、この「イランカラプテ川柳(九月)」を開始します。イランカラプテは「あなたの心にこんにちは!」という意味です。川柳は「5 7 5」17文字の自由詩のことです。しりとり川柳、あたまとり川柳、病み上がり川柳、福祉介護川柳、時事川柳。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」もOKです。皆さまのあたたかい言葉を、どうぞお寄せください!! Senryu “IRANKARAPTE” Masao Kato (Japan)

イランカラプテ川柳(九月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「台北室内合唱団」 東京 日本公演 News

ハンガリーとバルトーク国際合唱コンクール金賞総合優勝、2008年の世界合唱シンポジウムに出場するなど世界最高レベルの台北室内合唱団(台湾)初の日本公演が開催される。11月3日文化の日に東京・日本橋公会堂ホール。

「台北室内合唱団」 東京 日本公演 News の全文を読む

このページの先頭へ戻る

青春之聲 中国少年民族楽団擦弦オーケストラ 日本公演

20090930_flier_02_2.jpg 20090930_flier_b_02.jpg

中華人民共和国建国60周年を記念する中国少年民族楽団擦弦オーケストラ初来日コンサート「青春之聲」が、9月30日、東京・きゅりあん大ホールで開催。主催は日中文化交流協会、ラサ企画。後援は朝日新聞社、中国大使館文化部など。

チラシ ② チラシ

青春之聲 中国少年民族楽団擦弦オーケストラ 日本公演 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

マンドリンニュース 明治大学マンドリン倶楽部

1923年、明治大学の古賀政男(国民栄誉賞の作曲家)等が明治大学マンドリン倶楽部(マンドリンオーケストラ)を創設した。古賀政男は、東京音楽学校(東京芸術大学)出身の藤山一郎(国民栄誉賞の声楽家)が歌唱した「丘を越えて」(原曲はマンドリン合奏曲・ピクニック)を作曲。日本の明治大学マンドリン倶楽部はマンドリン音楽の大衆化と普及に大きく貢献している。(Wikipedia 参照

マンドリンニュース 明治大学マンドリン倶楽部 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町 新型インフル対策

2009年新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の世界的流行で、日本国内・北海道でも適切な対策が求められています。北見・網走・オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩によると、美幌町は新型インフルエンザ対策として、マスク10万枚を備蓄する方針を固めた。

これで、美幌残疾人(低視力・低肺)は、とても安心です。
この、美幌町の備蓄用マスク10万枚を、開発途上国に贈呈することが出来たら、もっと嬉しいです。

美幌町 新型インフル対策 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

米良美一 谷川俊太郎を歌う ~武満徹さんの思い出に~

北海道オホーツクの紋別郡湧別町と網走市で、「武満徹さんの思い出」コンサートが開催される。出演はカウンターテノール歌手・米良美一、詩の朗読・谷川俊太郎、ピアノ演奏・谷川賢作、心に響く新たな空間を創る企画構成・武満真樹。

米良美一 谷川俊太郎を歌う ~武満徹さんの思い出に~ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Haiku of The Day (Japan)

Haiku of The Day (Japan)
8月19日、俳句の日 (日本)
世界の平和と安定を願って、英語の俳句をひねり出しました。

Prayers for peace : 平和への祈り Masao Kato (Japan)
レクイエム 天に届けよ 夏花火 (美幌梅山)
Requiem ten-ni todoke-yo natsu-hanabi (Bihoro Baisan)
Requiem
Heaven sent
Summer fireworks

Haiku of The Day (Japan) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第3回「農林漁家民宿おかあさん100選」の募集について

農林水産省と観光庁は、農林漁家民宿の拡大と広く国民に理解してもらうため、「地域の取組みに対するオピニオンリーダー、自身の農林漁家民宿経営に成功し、地域活性化に影響力を発揮しているおかあさん」を公募しています。

第3回「農林漁家民宿おかあさん100選」の募集について の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」美ち奴

~1.JPG

夏休み・お盆休み、北海道各地では郷土色豊かな夏祭り・盆踊りのイベントが開催されています。日本の女性歌手・美ち奴(みちやっこ)と美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」を、美ち奴オールドファンの皆様にお知らせいたします。

美幌観光音頭は、昭和12年(1937)制作の「美幌小唄(二)」として伝わっていたもので、昭和14年(1939)に美幌観光協会の依頼により「美幌観光音頭」として帝蓄レコードでレコード化された。作詞・大塚郷湖、作曲・松田喜一、唄・美ち奴。

美幌町の歌「美幌小唄・美幌観光音頭」美ち奴 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る