アフリカ カテゴリのアーカイブ

「胴上げの時代から肩車の時代へ」(総理の語録)

450px-Hankaigarami.jpg

751px-SCA_and_Discovery_after_return_to_flight_2005.jpg

HuckepackK.jpg

493px-Yoshihiko_Noda-1_2.jpg

800px-TurtleWithBaby.jpg

野田総理の語録 についてのニュースブログ記事(Google)

内閣広報室(首相官邸)からメール配信: 首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/12/14)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

「胴上げの時代から肩車の時代へ」(総理の語録) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会)

~1_2.JPG

800PX-~1_3.JPG

Gogenbiwa.jpg

310px-Gifujyou5846.jpg


雅楽(ががく、Gagaku)とは、宮中や寺社などにおいて伝わる日本古来の音楽や舞。雅楽の原義は「雅正の楽舞」で、「俗楽」の対。5世紀前後から中国、南アジア、朝鮮半島など大陸から儀式用の音楽や舞踊が伝わるようになり、大宝元年の大宝令によってこれらの音楽とあわせて日本古来の音楽や舞踊を所管する雅楽寮が創設されたのが始まりであるとされる。日本と同様に中国の伝統音楽をとりいれたベトナムの雅楽(nhã nhạc)や韓国に伝わる国楽とは兄弟関係にあたると言える。室町時代になると応仁の乱が起こり京都が戦場となったため多くの資料が焼失し楽人は地方へ四散してしまい多くの演目や演奏技法が失われた。江戸時代に入ると江戸幕府が南都楽所(奈良)、天王寺楽所(大阪)、京都方の楽所を中心に禁裏様楽人衆を創設し、雅楽の復興が行われた。明治時代に入ると、三方楽所や諸所の楽人が東京へ招集され雅楽局(後の宮内省雅楽部)を編成することとなった。(Wikipedia

現代雅楽(げんだいががく)とは、日本古代の伝統音楽である雅楽の編成および一部の楽器を用いて現代に新しく作られた現代音楽である。特に武満徹の「秋庭歌一具」(1973年 – 1979年)は優秀な解釈により頻繁に演奏され、現代雅楽の欠かせないレパートリーとなっている。(Wikipedia

雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google
現代雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「ネイチャーミュージアム北海道」(北海道の魅力発掘)

1320645094_2.jpg

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

北海道人情報メールマガジン編集部から『メルマガ北海道人』第202号が送られてきました。北海道各地の皆様へご案内いたします。

ネイチャーミュージアム北海道 についてのニュース、ブログ記事(Google

無言館 についてのニュース、ブログ記事(Google

「ネイチャーミュージアム北海道」(北海道の魅力発掘) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

野田首相の「国家の信用」を守る責務(官邸かわら版)

800px-G20_svg.png

800px-G20_-_Cumbre_de_Cannes_-_20011103.jpg

内閣広報室(首相官邸)からメール配信:首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/11/08)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

G20 についてのニュースブログ記事(Google)

TPP についてのニュースブログ記事(Google)

野田首相 についてのニュースブログ記事(Google)

野田首相の「国家の信用」を守る責務(官邸かわら版) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

赤レンガ通信「韓国語、英語、中国語で北海道を紹介」(国際交流員)

201103270500-00.jpg

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.20」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道 についてのニュースブログ記事(Google)

赤レンガ通信「韓国語、英語、中国語で北海道を紹介」(国際交流員) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

おめでとう!日本の文化人類学者山口昌男(文化功労者)

DSC09259b3.jpg

p_yamaguchi.jpg

山口 昌男(やまぐち まさお、Masao Yamaguchi、1931年8月20日 – 2013年3月10日 )は、元・札幌大学学長、東京外国語大学名誉教授。日本の文化人類学者。北海道美幌町出身。1984年から1994年まで磯崎新、大江健三郎、大岡信、中村雄二郎、武満徹と共に学術季刊誌『へるめす』の編集同人として活躍した。アジア・アフリカなど世界各地のフィールドワークを行い、両性具有・トリックスターをテーマとした著作で「中心と周縁の理論」を発表し評価が高い。受賞歴は、1996年に『「敗者」の精神史』で大佛次郎賞、2009年4月に瑞宝中綬章受章、2011年に文化功労者。(Wikipedia

文化功労者(ぶんかこうろうしゃ、Person of Cultural Merit)とは、日本において、文化の向上発達に関し特に功績顕著な者をいう。文部科学大臣が候補者の選考を文化審議会に諮問し、その選考した者のうちから文部科学大臣がこれを決定する。文化勲章よりも多くの者が選ばれ、文化勲章に次ぐ栄誉となっている。(Wikipedia

写真:天下絶景「北海道の美幌峠」 文化功労者の山口昌男(美幌町出身)

山口昌男 についてのニュースブログ記事(Google)

文化功労者 についてのニュースブログ記事(Google)

おめでとう!日本の文化人類学者山口昌男(文化功労者) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

豆腐100万丁まであと47万5,032丁号(JICAメールマガジン)

541px-Paraguay_orthographic_projection_svg.png

img55948941.jpg

702px-Japanese_SilkyTofu_Kinugoshi_Tofu.jpg

独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA(ジャイカ))は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia

写真:大豆の花(おおすず大豆 がんばろう!青森

JICAについてのニュースブログ(Google)

豆腐100万丁まであと47万5,032丁号(JICAメールマガジン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

干ばつに苦しむ「アフリカの角」を救え!(MOFA)

550px-Medieval_ethiopia_map_on_world_sphere_svg.png

外務省(がいむしょう、英語:Ministry of Foreign Affairs; MOFA)は、日本の行政機関のひとつ。平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。(Wikipedia

国際情勢についてのニュースブログ(Google)
外務省についてのニュースブログ(Google)

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第42号(2011年10月19日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

干ばつに苦しむ「アフリカの角」を救え!(MOFA) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICAボランティア秋募集受け付け中

110926_01.jpg

JICAについて: 独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA(ジャイカ))は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia

JICAについてのニュースブログ(Google)

JICAボランティア秋募集受け付け中 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

沖縄県人の熱気とパワーに感服!(e-nikka編集長 色本信夫)

Okinawakenchizu.png

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2011年(平成23年)10月13日号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

動画は、第5回世界のウチナーンチュ大会公式テーマソング「ニライの彼方」 作詞・作曲:新垣雄一 歌:natchy (jbqqn443)。

沖縄県人の熱気とパワーに感服!(e-nikka編集長 色本信夫) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る