ヒグマ の検索結果: 52 件

津別町のメール配信システム ささえねっと@つべつ

497px-Trident_II_missile_image.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

津別町のメール配信システム ささえねっと@つべつ

関連記事

メール配信システム「ささえねっと@つべつ」は、子供やお年寄りの行方不明情報、日ごろの防災・防犯情報、町内でのイベント情報などのさまざまな情報から、希望する情報を配信するサービスです。このサービスは、メールを受信できる携帯電話やパソコンをお持ちの方であれば受信できますので、是非ご登録ください。 配信カテゴリ / 行方不明情報 行方不明者の捜索・発見情報をお届けします。防災情報 気象警報、地震情報、避難情報等の防災情報をお届けします。イベント情報 津別町内で開催予定のイベントの情報等をお届けします。ヒグマ情報 ヒグマの発見情報をお届けします。 (ささえねっと@つべつ – 津別町のホームページ)

関連サイト

津別町 つべつちょうTsubetsu Town – 津別町のホームページ

関連エントリ

ささえねっと@つべつ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 あなたとヒグマの共存のために (北海道)

2019 あなたとヒグマの共存のために (北海道)

関連記事

ヒグマ被害 10月は要注意 2019/09/24掲載(網走市/社会) 道が秋の特別期間で呼びかけ / 道のまとめたヒグマに関する過去30年のデータによると、ヒグマとの遭遇による死者・負傷者数は4月と10月が最も多かった。道は今月7日から10月31日までを「秋のヒグマ注意特別期間」としており、山菜やキノコ採りなどで入山する際は注意するよう呼びかけている。 死亡・負傷者が最多の時期 / 1989(平成元)年から2019年7月末までのデータによると、道内でのヒグマによる死亡・負傷者の総数は42人。月別でみると、4月と10月が10人と最も多く、5月の6人、9月5人と続く。データからは、春と秋に集中して人身被害が発生していることが分かる。 ヒグマによる人身被害発生時の被害者の活動内容を見てみると、「山菜・キノコ採り」が最も多く全体(42人)の64%(27人)を占めた。次いで「山林作業」14%(6人)、「農作業」「釣り」5%(いずれも2人)などとなっている。 過去10年の秋(9~10月)に道内で発生したヒグマによる人身被害は7件(負傷6人、死亡1人)。オホーツク管内では2014(平成26)年9月、滝上町の男性(76歳)が散歩中に襲われて負傷した。 道は「秋のヒグマ注意特別期間」に合わせ、ポスター掲示やリーフレットの配布などを通じて、注意を呼びかける。 「あなたとヒグマの共存のために」と題したリーフレットでは、クマとの事故をなくすためにはまず「ヒグマに出会わないこと」とする。〝遭遇防止策〟として、①クマの出没情報を収集②入山した際は音を出しながら歩く③薄暗い時は行動しない④クマの糞や足跡、食跡を見つけたらすぐ引き返す―よう促している。 毎年、網走市などにはクマの目撃情報が相次いで寄せられる。オホーツク管内において、秋は山菜、キノコ採りシーズンが本格化する。「私は大丈夫」という過信は禁物だ。ヒグマは有害鳥獣であるため駆除することはできる。しかし、まずはヒグマとの共存をめざすべきで、道も呼びかけているように、入山した際は人間の存在をクマに知らせ、〝クマエリア〟に入ったと思ったときは即座に引き返すなど、機敏な判断が求められる。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマに注意 あなたがヒグマの被害に遭わないために – 北海道のホームページ

ヒグマ注意特別期間について – 北海道のホームページ

関連エントリ

ヒグマ注意特別期間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヒグマ? アライグマ? タヌキ! (エゾタヌキ)

Traffic_light.gif

800px-Mm_Hand.jpg

ヒグマ? アライグマ? タヌキ! (エゾタヌキ)

関連記事

ぽっちゃりタヌキの障害物競走 2019/04/20掲載(北見市/話題)
ヒグマ出没の常呂町日吉で遭遇 / あわてて逃げるもネットに阻まれ グラフ / ヒグマ出没情報の取材のため12日、北見市常呂町日吉の市道日吉吉野線を訪れた。すると、道路沿いの林で何やら動くものが…。 子熊かと思ったがそうではない。アライグマかと思ったが、顔は似ているが動きがのんびりとしている。ぼちぼちと歩いて林を出て、道路まで10メートルほどに近づきようやく、こちらの存在に気づいた。 タヌキ(エゾタヌキ)はおっとりとした性格。でも記者と目が合ったこの時は、びっくり仰天の形相。あわてて逃げたがそこには鹿除けネットがあって…。 何を食べているのかフワフワの冬毛に同情すべきぽっちゃり体型。10センチ弱のネットのすきまをむりやり頭と胸は通したが、どうにもお尻が引っ掛かるようだ。2度、3度と勢いをつけ、ようやく障害物競走をクリアした。その後はこちらを振り向き振り向き、とことこと山のほうへ。化かすのは得意だが、運動会は苦手なようだ。 この日は近くでキタキツネも見かけ、生態系の豊かさを再認識する取材になった。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

100px-Tanuki_Crossing_(3146714424)

関連エントリ

200px-Tatebayashi_Taxidermy_Of_Raccoon_Dog_At_Morinji_1

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道北見市 常呂自治区) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道北見市 常呂自治区)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道北見市 常呂自治区)

関連記事

早くもヒグマ出没 2019/04/13掲載(北見市/社会・話題)
北見市常呂町日吉の市道沿い / 10日午後2時過ぎ、道道から300メートルほど入った北見市常呂町日吉の市道沿いで、親子とみられるヒグマが目撃された。ヒグマの出没には慣れっこの日吉地区 の住民も、車の走行が頻繁な道道付近で白昼堂々と現れたのには驚いている。積雪が少なく、これからの山菜採りシーズンは特に注意が必要だ。
親子連れが市街地付近で白昼堂々 山菜採りシーズン控え…特に注意を / 北見市常呂総合支所によると、10日午後2時15分ころ、常呂郵便局の配達員が道道北見常呂線から吉野地区に向かう市道沿いで、小さなヒグマを見掛けた。配達業務の帰りに同じ市道を通行すると、今度は大きなヒグマを目撃したと同支所に連絡があったという。 地元の猟友会に連絡し、現地を確認したところ、クマの足跡が確認されたことから注意看板を設置し、関係機関に通報した。 日吉の市街地に近く、道道沿いにガソリンスタンドがあり、そこから吉野浄水場に向かう市道に入って約300メートル付近。道道を通行する車両が、丸見えの個所で、しかも日中の親子連れ。地域住民は「日吉や吉野にはクマがいると思って生活している。でもずいぶん大胆」と話す。 同支所によると、常呂自治区の年間のヒグマの駆除数は一昨年が1頭で昨年はゼロ。人身事故は近年起きていない。「目撃情報は例年、5月の連休ころから寄せられるが、今年は早いのかもしれない」と警戒する。 冬眠から目覚めたヒグマは、フキなど軟らかな山菜を食べる傾向にあり、これからの山菜採りシーズンに、夢中になって採取する人間と出合い頭の遭遇が最も危険と言われる。 同支所は「クマの足跡やふんを見つけたらすぐに引き返し、連絡を」と注意を呼び掛けている。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマ目撃情報【常呂自治区】 | 北見市ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

北海道警察北見方面本部 – ヒグマの出没状況

関連エントリ

ヒグマの出没 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道網走市)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道網走市)

関連記事

ヒグマの道 解明へ 2019/04/10掲載(網走市/社会)
網走市が調査 本格化 / 網走市は、市内で目撃情報が相次ぐヒグマの出没ルートなどを解明する本格的な調査に乗り出す。近年、市街地でも出没情報が目立つことから、ヒグマの生態に詳しい知床財団に調査を委託するほか、関係者らを対象にした“最新情報”を学ぶ講習会も開催する。
市街地でも相次ぐ目撃情報 / ヒグマ生息実態調査は、市の独自事業として実施する。主な調査は、 (1)DNA分析による出没するヒグマの個体特定 (2)出没ルートの解明-だ。市は年度当初予算に関連事業費60万円を計上した。 (1)は、ヒグマの残した糞や肉片などから採取したDNAを基に、市内各地に出没するヒグマの頭数などを把握したい考え。例えば、市内A地点で採取したDNAと、市内B地点でのDNAが一致すれば、同一個体と判断でき、ある程度の出没ルートも絞ることができる。 (2)は、市内の数カ所に小型カメラを設置し、ヒグマの動向をチェックする。カメラに収録した画像を基に出没ルートをある程度把握できれば、効果的な人的被害の防止策や捕獲などにつながる。 近年、網走市内においてヒグマの出没件数は増加傾向にある。市が公表する関連情報によれば、平成26年度の出没件数15件に対し、28年26件、29年35件、30年28件と増えている。 昨年6月にはアパートなどのある天都山地区の住宅街に出没し、関係者を驚かせた。市の担当者は「予想のできない動向になっている」と懸念する。 市は調査のほか、地元猟友会、市職員などの関係者や一般市民を対象にした講習会も企画。今後、開催時期などを具体化し、ヒグマによる事故防止策に力を入れる考えだ。
網走市では幸い、ヒグマによる人的被害は発生していない。しかし、近年の出没増加ペースを踏まえると、今回のような調査は重要だ。ヒグマの生態に詳しい関係者は「市には単年度で調査を終えるのではなく、数年かけた上での詳細結果を市民の生命と財産を守ることにつなげてほしい」と期待を寄せている。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマの出没にご注意を | 網走市ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

北海道警察北見方面本部 – ヒグマの出没状況

関連エントリ

ヒグマの出没 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国立アイヌ民族博物館 (日本 北海道 アイヌ)

logo_01.gif

logo_02.gif

国立アイヌ民族博物館 (日本 北海道 アイヌ)

関連記事

アイヌ民族博物館(アイヌみんぞくはくぶつかん)は、北海道白老郡白老町にある博物館。アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでもあった。2018年3月31日まではポロトコタンと共に一般社団法人アイヌ民族博物館によって運営されていた。 概要 / アイヌ民族博物館は、アイヌ民族に関する有形・無形の資料を専門に展示・保存し、調査研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、白老町民はじめ広域の人々に利用してもらい、学術及び文化の発展に寄与することを目的としている。野外博物館の性格を持つ園内にはアイヌの住家であったチセやプ(食料庫)、ヘペレセッ(ヒグマの飼養檻)、チプ(丸木舟)などを復元・展示してコタン(集落)を再現している。博物館ではアイヌ民族の資料約5,000点、北方少数民族資料の約250点を収蔵しており、約800点を常設展示している。また、アイヌ絵や文書約150点、図書約7,500冊を所蔵している。文化伝承・保存事業としてイオマンテなどの伝統儀礼を実施ているほか、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開しており、アイヌ文化に触れることができる体験学習を行っている。 国の「民族共生象徴空間」整備に伴い2017年度末で閉館し、新たに「国立アイヌ民族博物館」が2020年に開設する予定である。運営を1本化する方針である国立アイヌ民族博物館の運営主体を目指すため、アイヌ文化振興・研究振興機構が一般財団法人アイヌ民族博物館を吸収合併する形で協議を進めている。なお、閉館後の拠点として旧白老町立社台小学校校舎を活用する予定にしている。 (アイヌ民族博物館 – Wikipedia)

関連サイト

国立アイヌ民族博物館 – ウポポイ(民族共生象徴空間)

関連エントリ

ウポポイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

国立アイヌ民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族共生象徴空間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

民族共生象徴空間 (日本 北海道 アイヌ)

400px-Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

民族共生象徴空間 (日本 北海道 アイヌ)

関連記事

アイヌ民族博物館(アイヌみんぞくはくぶつかん)は、北海道白老郡白老町にある博物館。アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでもあった。2018年3月31日まではポロトコタンと共に一般社団法人アイヌ民族博物館によって運営されていた。 概要 / アイヌ民族博物館は、アイヌ民族に関する有形・無形の資料を専門に展示・保存し、調査研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、白老町民はじめ広域の人々に利用してもらい、学術及び文化の発展に寄与することを目的としている。野外博物館の性格を持つ園内にはアイヌの住家であったチセやプ(食料庫)、ヘペレセッ(ヒグマの飼養檻)、チプ(丸木舟)などを復元・展示してコタン(集落)を再現している。博物館ではアイヌ民族の資料約5,000点、北方少数民族資料の約250点を収蔵しており、約800点を常設展示している。また、アイヌ絵や文書約150点、図書約7,500冊を所蔵している。文化伝承・保存事業としてイオマンテなどの伝統儀礼を実施ているほか、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開しており、アイヌ文化に触れることができる体験学習を行っている。 国の「民族共生象徴空間」整備に伴い2017年度末で閉館し、新たに「国立アイヌ民族博物館」が2020年に開設する予定である。運営を1本化する方針である国立アイヌ民族博物館の運営主体を目指すため、アイヌ文化振興・研究振興機構が一般財団法人アイヌ民族博物館を吸収合併する形で協議を進めている。なお、閉館後の拠点として旧白老町立社台小学校校舎を活用する予定にしている。 (アイヌ民族博物館 – Wikipedia)

関連サイト

国立アイヌ民族博物館 – ウポポイ(民族共生象徴空間)

関連エントリ

ウポポイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

国立アイヌ民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族共生象徴空間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町の 広報びほろ (2018年 10月号) 配信されました

bi_bo.jpg

.

美幌町の 広報びほろ (2018年 10月号) 配信されました。

関連記事

広報びほろ 平成30年度 10月号 / 内容 / 節電にご協力を / 新庁舎建設 / 狩猟期間、ヒグマ出没注意 / 第三者行為、税相続手続き / 総合計画審議会委員募集、消防庁舎 / インフルエンザワクチン費用助成 / 親子算数教室、ザリガニ交流会など / 気象台一口メモ、防災マップなど / 消費生活展、消費者力検定、矯正展 / 公証週間、労働衛生週間など / 里親制度、男女参画講演会など / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナセン・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 全国学力学習状況 / カレンダー (広報びほろ – 美幌町)

関連サイト

10月1日号広報掲載内容の訂正について(休日当番病(医)院) | 美幌町

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 秋のヒグマ注意特別期間について (北海道)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2018年 秋のヒグマ注意特別期間について (北海道)

秋のヒグマ注意特別期間 平成30年9月8日(土)~平成30年10月31日(水)

関連記事

ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。分布 / 日本ではエゾヒグマが北海道のみに生息する。 (ヒグマ – Wikipedia)

エゾヒグマ(蝦夷羆、えぞひぐま、学名:Ursus arctos yesoensis or U. a. ferox Temminck, 1844)は、ネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属に分類されるヒグマの亜種で、北海道に生息するクマである。日本に生息する陸上動物としては最大の動物である。 (エゾヒグマ – Wikipedia)

関連サイト

ヒグマによる人身被害を防ぐために(基本的注意事項) | 北海道

ヒグマに注意! | 北海道

ヒグマ注意特別期間について | 北海道

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

北海道警察ホームページ-ヒグマに注意-

関連エントリ

ヒグマ注意特別期間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 秋のヒグマ注意特別期間について (北海道美幌町)

Canis_lupus_lupus_qtl1.jpg

450px-Doubutunityuui-hyousiki.JPG

2018年 秋のヒグマ注意特別期間について (北海道美幌町)

秋のヒグマ注意特別期間 平成30年9月8日(土)~平成30年10月31日(水)

関連記事

ヒグマにご注意を! / ヒグマ出没情報にご注意ください! / 秋のヒグマ注意特別期間について / 秋になると、キノコ採りやハイキングなどで山野に出かける機会が多くなります。また、ヒグマも冬眠を控え、エサを求め活発に活動します。人とヒグマが山野で遭遇する確率が高くなり、人身被害の発生数が多くなることから「秋のヒグマ注意特別期間」が下記のとおり定められました。入山する際には十分気をつけてください。平成30年秋のヒグマ注意特別期間 / 平成30年9月8日(土)から平成30年10月31日(水)まで(54日間) (ヒグマにご注意を! | 美幌町ホームページ)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

関連サイト

美幌署事件・事故NEWS – 美幌警察署ホームページ

ヒグマの出没状況 北海道警察北見方面本部ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

関連エントリ

ヒグマ注意特別期間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る