イギリス王室 の検索結果: 1 件

イギリス王室の「王冠を賭けた恋」について

180px-Badge_of_the_House_of_Windsorsvg.png

イギリス王室の「王冠を賭けた恋」について

関連記事

6月3日 歴史 / 1937年 イギリス王室のエドワード8世が王位を捨て、離婚歴のあるシンプソン夫人と結婚式。「王冠をかけた恋」として話題に。(6月3日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月3日 できごと / 1937年 – 前イギリス王ウィンザー公がウォリス・シンプソンと結婚式を挙げる。(6月3日 – Wikipedia

エドワード8世(英語: Edward VIII、エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ・アンドルー・パトリック・デイヴィッド、Edward Albert Christian George Andrew Patrick David、1894年6月23日 – 1972年5月28日)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領(The British Dominions beyond the Sea)の国王、インド皇帝(在位:1936年1月20日 – 1936年12月11日)。ウィンザー朝の第2代国王。退位後の称号でウィンザー公爵(The Prince Edward, Duke of Windsor)としても知られる。離婚歴のある平民のアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚するためにグレートブリテン王国成立以降のイギリス国王としては歴代最短の在任期間わずか325日で退位した「王冠を賭けた恋」で知られている。国王時代 / 「私が次に述べることを信じてほしい。愛する女性の助けと支え無しには、自分が望むように重責を担い、国王としての義務を果たすことが出来ないということを。(But you must believe me when I tell you that I have found it impossible to carry the heavy burden of responsibility and to discharge my duties as King as I would wish to do without the help and support of the woman I love.)」。 来日 / 1922年にプリンス・オブ・ウェールズとして来日した。裕仁親王(後:昭和天皇)の訪欧の返礼として日本を訪問し、4月16日に新宿御苑にて観桜会に参加、4月17日に浜離宮の鴨場で鴨猟をしたほか、4月18日15時30分頃に、吹上御苑から日比谷公園へ向かう途中で、イギリス王族としては初めて靖国神社にて降神の祝詞に続いて玉串を捧げた。備考 / ウォリスとの経緯は、日本では『文藝春秋』の昭和25年10月号に「わが愛の物語・王冠を賭けた世紀の恋」と題した回想録が掲載された。(エドワード8世 (イギリス王) – Wikipedia

ウォリス・シンプソン(Wallis Simpson, The Duchess of Windsor, 1896年6月19日 – 1986年4月24日)は、ウィンザー公爵エドワード王子(元:イギリス国王エドワード8世)の妻。「王冠を賭けた恋」として知られるこの結婚のため、エドワード8世は退位してウィンザー公爵となり、彼女もウィンザー公爵夫人(The Duchess of Windsor)となった。(ウォリス・シンプソン – Wikipedia

『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』( – えいこくおうかんをかけたこい、W.E.)は2011年のイギリスのドラマ映画。 歌手で女優のマドンナによる監督2作目の作品で、イギリス国王エドワード8世とアメリカ人既婚女性ウォリス・シンプソンとのロマンス、いわゆる「王冠をかけた恋」を題材にしている。(ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 – Wikipedia

関連エントリ

イギリス王室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

王冠を賭けた恋 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る