幸福の木(good luck plant)について

Cage_PSF.jpg

幸福の木(good luck plant)について

関連記事

ちょっと・いい話(北見) 育てて18年…「幸福の木」初開花 / 留辺蘂・女性 義父の退院に合わせたように / 北見市留辺蘂の女性(51)が育てている幸福の木がこのほど初めて花を咲かせた。「我が家に来てから18年。初めて花が咲いたので嬉しいです」と家族を喜ばせている。4月から花芽を付けていて「もしかして…」と期待していたところ、数日前の夕方に強い香りとともに開花した。ちょうど入院治療中だった義父の病状が落ち着き退院するという嬉しいニュースがあった後の開花だったことから『幸福の木の花だけに…その事と関係があるのかな?』と家族の話題をさらっている。女性は「花はお世辞でもいい匂いとは言えませんが、咲いている間は楽しもうと思っています」と話している。(公)(2018年5月11日の記事 経済の伝書鳩

ドラセナ属(ドラセナぞく、学名Dracaena)は、スズラン亜科の属の一つ。リュウケツジュ(竜血樹)属ともいう。利用 / 強靭な生命力を持ち、インテリアとして気軽に栽培することが可能である。飲食店やオフィスなどでも多く見られ、クリーンなイメージで管理が容易なことから、公共施設や病院などでも見かけることがある。観葉植物として流通している種類としては、「コンシンナ」 「ソング・オブ・ジャマイカ」 「サンデリアーナ」などがあり、品種によって形状や葉の色などに微妙な違いがある。園芸品種・文化 / 中華文化圏、特に台湾では金運を呼ぶ植物とされており、何本も束にしてリボンと金色の鈴で装飾された鉢植えが縁起物の装飾品にされる。日本においても「万年竹」と称され愛されており、「縁起の良い植物」として世界的に人気が高い植物である。多くの類似品種があり、中には専門家以外の者では判断し難い種類も存在する。特にコルディリネ属(Cordyline)とよく似ているので、園芸上「ドラセナ」といわれるものの中にはコルディリネ属のものが含まれていることがある。「ティ」と呼ばれるハワイで幸運の象徴として儀礼用の装飾品などに古来より使用されるコルディリネ・テルミナリス・ティが「ドラセナ」として紹介されることもあるが、これは外見や縁起物としての扱いが類似していることから発生した誤認である。主な種 / D. fragrans 日本における「幸福の木」。ただし、本来の “goodluck plant” はCordyline terminalis Ti である。(ドラセナ属 – Wikipedia

コルディリネ属(コルディリネぞく、学名Cordyline)とは、リュウゼツラン科(APG植物分類体系ではキジカクシ科ロマンドラ亜科 Lomandroideae)の属の1つ。コルディリーネ属ともいう。和名はセンネンボク属。主な種 / コルディリネ・フルティコサ Cordyline fruticosa
観葉植物としてよく栽培されており園芸品種も多い。本種の園芸品種ヒロバ(C. terminalis ‘Hiroba’)は、本来のドラセナ(ドラセナ属)でないのにヒロバドラセナ、ヒロドラなどといわれている。 ティー(C. terminalis ‘Ti’)はハワイでは神聖な木とされ、玄関先によく植えられるほか、フラの衣装やレイ、髪飾り、また料理の素材などとしても用いられる。日本における「幸福の木(ドラセナ属のD. fragrans)」はこれが誤認されて定着したものである。(コルディリネ属 – Wikipedia

関連エントリ

幸福の木 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

good luck plant の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る