花はどこへ行った(ピート・シーガー)について

Tsutsuji.jpg

花はどこへ行った(ピート・シーガー)について

関連記事

「花はどこへ行った」(はなはどこへいった、原題 Where have all the flowers gone?)は、世界で一番有名な反戦歌とも言われるフォークの楽曲。アメリカンフォークの父とも形容されるピート・シーガーによる作詞作曲であり、シーガーの代表作でもある。「花はどこへ行ったの」と訳される場合もある。歌詞の構成・メッセージ / 「花はどこへ行った 少女がつんだ」→「少女はどこへ行った 男の下へ嫁に行った」→「男はどこへ行った 兵隊として戦場へ」→「兵隊はどこへ行った 死んで墓に行った」→「墓はどこへ行った 花で覆われた」と続き、再び冒頭の「花はどこへ行った 少女がつんだ」となる。最後には必ず「いつになったら わかるのだろう」という言葉で締められているため、「戦争がいつまでも繰り返され、いつになったらその愚かさに気づくのか?」というメッセージ、今度こそもう戦争は絶対に止めようという思いを込めて盛んに歌われることとなった。(花はどこへ行った – Wikipedia

ピート・シーガー(英語: Pete Seeger、1919年5月3日 – 2014年1月27日)はアメリカ合衆国のフォーク歌手である。20世紀半ばのフォーク・リバイバル運動の中心人物の一人である。第二次世界大戦前の1940年代から全国放送のラジオで活躍し、1950年代はじめにはウィーバーズの一員として一連のヒット作を出した。1960年代にはプロテストソングのパイオニアとして公の場に再登場し、国際的な軍縮、公民権運動を推進した。ソングライターとしては「花はどこへ行った (Where Have All the Flowers Gone?)」(ジョー・ヒカーソン(英語版)との共作)、「天使のハンマー (If I Had a Hammer)」(ウィーバーズのリー・ヘイズ(英語版)との共作)、「ターン・ターン・ターン (Turn! Turn! Turn!)」などの代表作を生み出した。スピリチュアル(霊歌)「ウィ・シャル・オーバーカム (We Shall Overcome)」を1960年代の公民権運動を象徴する歌にした立役者でもある。近年では環境問題について訴える活動を続けていた。90歳の誕生日 / 2009年5月3日、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンに、ブルース・スプリングスティーンやロジャー・マッギンからジョーン・バエズやアロー・ガスリー(英語版)まで、何十人ものミュージシャンたちが集まり、シーガーの90歳の誕生日を祝った。(ピート・シーガー – Wikipedia

330px-Sloop_Clearwater3_-_Photo_by_Anthony_Pepitone.jpg

375px-Pete_Seeger2_-_6-16-07_Photo_by_Anthony_Pepitone.jpg


関連エントリ

花はどこへ行った の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Where have all the flowers gone? の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ピート・シーガー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Pete Seeger の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る