International Guide Dog Day 国際盲導犬の日 について

03.jpg

994938_10151633979839449_969059276_n.jpg

International Guide Dog Day 国際盲導犬の日 について

毎年4月の最終水曜日 / 国際盲導犬の日(International Guide Dog Day) 1989年(平成元年)4月26日、国際盲導犬学校連盟が発足したことを記念して、1992年(平成4年)より同連盟が制定。今年の国際盲導犬の日は、2018年4月25日(水曜日)。

関連記事

盲導犬(もうどうけん)は、視覚障害者を安全に快適に誘導する犬。身体障害者補助犬の中でもっとも広く知られた存在である。日本語名の由来は「盲人誘導犬」。利用と法令 / 日本国内では道路交通法により、視覚障害者は公道を通行する際には、政令で定める杖(白杖)か、盲導犬を携帯しなければならない。また、身体障害者補助犬法により、仕事中の盲導犬は胴輪式のハーネスを着用しJ、そのハーネスのハンドルにそれが盲導犬であることを明示し、その利用者はその盲導犬を使用するための使用者証や身体障害者補助犬健康手帳を携帯しなければならない。また、訓練団体や利用者は盲導犬を清潔に保つ義務を持つ。これらを満たした盲導犬に対し、公に開かれた施設では正当な理由無く盲導犬の立ち入りを制限してはならない。しかし障害者差別解消法の施行から2017年4月で1年になるのを機に、日本盲導犬協会が全国の盲導犬利用者に170人の視覚障害者にアンケートしたところ、その1年間で55%が受け入れ拒否を経験したと回答した。レストランやバスだけでなく、市役所が会議室への入室を拒否した事例もあった。法律は盲導犬の受け入れ拒否を不当な差別として禁止しており、社会の理解が進んでいないことが浮き彫りとなった。また、盲導犬は道路の左側を歩くよう訓練されており、道交法でも左側通行が認められている。(盲導犬 – Wikipedia

Guide dogs, (also known as service animals, assistance animals or colloquially as seeing eye dogs), are assistance dogs trained to lead blind and visually impaired people around obstacles. Benefits of owning a guide dog / Studies show owning a pet or therapy animal offer positive effects psychologically, socially, and physiologically. Guide dogs especially come with a variety of benefits and help in many ways. They give a blind person more confidence, friendship, and security. Blind people who use service animals have increased confidence in going about day-to-day life and are comforted by a constant friend. Companionship offered by a service dog helps reduce anxiety, depression, and loneliness. Because animals offer support, security, and companionship, stress is reduced, which in turn improves cardiovascular health. “A number of studies identify pet ownership as a factor in improved recovery from illness and in improved health in general”. Guide dogs make it easier to get around, resulting in the person getting more exercise or walking more. People are more willing to go places and feel a sense of independence. Meeting people and socializing is easier, and people are more likely to offer a blind person help when there is a service animal present. The animals may also lead to increased interaction with other people. Animals are seen as “ice breakers” to a conversation with something to talk about. In many cases, guide dogs offer a life changing experience. They are more advantageous than long canes when one is in an unfamiliar place. The animal directs the right path, instead of poking around wondering if you might bump into something. Guide dogs make the experience of the unknown more relaxing. Getting from point A to point B using a guide dog is much faster and safer. Owners of guide dogs share a special bond with their animal. Many report that the animal is a member of the family, and go to their animal for comfort and support. The animal isn’t seen as a working animal, but more as a loyal friend. However it is important to remember that guide dogs are working animals and should not be distracted or treated as a normal animal while they are working. (Guide dog – Wikipedia

関連サイト

国際盲導犬の日 – 今日のことあれこれと・・・ – Gooブログ

関連エントリ

800px-Candles_in_the_dark.jpg

ロービジョン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

視覚障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

盲導犬 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

国際盲導犬の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

International Guide Dog Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る