サミュエル・モールスのモールス符号(エスオーエス SOS)

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

408px-Disability_symbols.svg.jpg

330px-SOSsvg.png


サミュエル・モールスのモールス符号(エスオーエス SOS)

関連記事

4月27日 誕生日 / 1791年 サミュエル・モールス (米:画家,電信機とモールス符号を発明) Samuel Finley Breese Morse (4月27日 今日は何の日~毎日が記念日~

サミュエル・フィンリー・ブリース・モールス(Samuel Finley Breese Morse、1791年4月27日 – 1872年4月2日)はアメリカの画家、発明家。モールス電信機を発明し、モールス符号に名を残した。画家としても名を成している。サミュエル・モースとも。(サミュエル・モールス – Wikipedia

Samuel Finley Breese Morse (April 27, 1791 – April 2, 1872) was an American painter and inventor. After having established his reputation as a portrait painter, in his middle age Morse contributed to the invention of a single-wire telegraph system based on European telegraphs. He was a co-developer of the Morse code and helped to develop the commercial use of telegraphy. (Samuel Morse – Wikipedia

モールス符号(モールスふごう、英語: Morse code)は、電信で用いられている可変長符号化された文字コードである。モールス符号を使った信号はモールス信号と呼ばれる。概要 / 日本語では、モールス符号の短点を「トン」(あるいは「ト」)、長点を「ツー」と表現することが多いため、俗に「トンツー」とも呼ばれる。短点と長点の組み合わせだけで構成されている単純な符号であることから、修得者は無線通信に限らず音響や発光信号でも会話や通信に活用している(投光・遮光が一挙動で自由に出来て信号を送れる、回光通信機を持つ大型船舶が存在する)。歴史 / アメリカ合衆国の発明家サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスは、1837年9月4日にニューヨーク大学で現在のものと全く異なった符号で電信実験を行い、ジョセフ・ヘンリー(プリンストン大学教授)の指導とアルフレッド・ヴェイルの協力の下、改良した符号と電信機との特許を1840年6月20日に取得した。さらに改良した符号により1844年5月24日に実際の送信実験に成功した。この名称は発明者にちなんだものである。(モールス符号 – Wikipedia

Morse code is a method of transmitting text information as a series of on-off tones, lights, or clicks that can be directly understood by a skilled listener or observer without special equipment. It is named for Samuel F. B. Morse, an inventor of the telegraph. In an emergency, Morse code can be sent by improvised methods that can be easily “keyed” on and off, making it one of the simplest and most versatile methods of telecommunication. The most common distress signal is SOS – three dots, three dashes, and three dots – internationally recognized by treaty. (Morse code – Wikipedia

SOS(エスオーエス)は、かつて船舶を中心に用いられていたモールス符号による遭難信号である。現代では遭難に限らず助けを求める合図として使用されることがある。(SOS – ウィキペディア

SOS is the International Morse code distress signal (▄ ▄ ▄ ▄▄▄ ▄▄▄ ▄▄▄ ▄ ▄ ▄). The SOS distress signal is a continuous sequence of three dots, three dashes, and three dots, with no spaces between the letters (notated by the overbar). In International Morse Code, three dots form the letter S, and three dashes make the letter O, so “S O S” became a way to remember the order of the dots and dashes. In modern terminology, SOS is a Morse “procedural signal” or “prosign”,[3] and the formal way to write it is with a bar above the letters or enclosed in angle brackets: SOS or . (SOS – Wikipedia

関連エントリ

255px-Samuel_Morse.jpg

サミュエル・モールス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Samuel Morse の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モールス符号 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Morse code の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

エスオーエス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

SOS の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る